青春小説

中学、高校など青春特有の甘酸っぱさが味わせる青春小説のまとめ、書評、感想などがわかります。

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

走れ、アオヤマ君!ペンギン・ハイウェイのあらすじ・名言

あらすじぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートをとるし、たくさん本を読むからだ。

kajan_skajan_s
2279viewsお気に入り数:0
天国はまだ遠く (新潮文庫)

癒し系小説

仕事や人間関係に疲れた女の子が主人公主人公は23歳の女性、千鶴。仕事に疲れて都会を離れ、田舎の民宿で自殺します。…したつもりが失敗。死ぬつも

omikiomiki
1395viewsお気に入り数:0
ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)

壁にぶつかりつつも、立ち向かっていく強さ

 落ちこぼれ高校に通う理穂、美咲、如月も三年生になって、進路の事を考えなくてはならなくなり、厳しい社会に出て行かなければいけない彼女たちの現

violetReadervioletReader
24331viewsお気に入り数:1
ガールズ・ブルー (文春文庫)

17の頃の気持ち

 精一杯に生き、悩みつつも、プライド高き落ちこぼれ高校生達の、切ない青春群像小説の中から、心に残る部分を抜き出してみました。いつまでも、心の

violetReadervioletReader
24390viewsお気に入り数:2
彼女について

よしもとばななさんの本。彼女についての書評・感想

はじめによしもとばななさんの本である。よしもとさんの本をいつも常に読んでいるわけではないけれど、たびたび手をとってきた。わたしにとって、よし

魚住すくも@大阪魚住すくも@大阪
1449viewsお気に入り数:0
バッテリー (角川文庫)

バッテリーの内容・感想

内容 日が暮れて、夕闇にすっかりのまれてしまった白球を夢中で追いかけた…。 将来なりたいものと問われれば、元気に「プロ野球の選手」と答えた。

reading_boxreading_box
1684viewsお気に入り数:0
サクラの音がきこえる―あるピアニストが遺した、パルティータ第二番ニ短調シ (メディアワークス文庫 あ 5-3)

サクラの音がきこえる―あるピアニストが遺した、パルティータ第二番ニ短調シの書評・感想

 加賀智也は、子どもの頃、当時は売れないピアニストだった父の西崎賢吾から絶対音感を身につけるための厳しい訓練をさせられ、大人になった今でも4

くまくまくまくま
1429viewsお気に入り数:0
風が強く吹いている

箱根駅伝を舞台に、大学生が燃えた!部員10人の弱小チームがどこまで、くいこめるのか? 風が強く吹いている

寛政大学4年生の清瀬灰ニ(ハイジ)は、待っていた。家賃3万円の破格のボロアパート、青竹荘の9室全部がいっぱいになることを。残すはあと一人。つ

kaerumamakaerumama
2635viewsお気に入り数:1
カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)

実によく在る夏の日のこと。そんな何かがここで終わった。 カゲロウデイズの書評・感想

内容「今日はもう何回目なんだろうか。昨日はもう何日目なんだろうか。」これは、ある年の8月14日、8月15日の二日の12時頃の物語。やけに煩い

もあふりーもあふりー
1870viewsお気に入り数:0
MOMENT (集英社文庫)

死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら?MOMENTの書評・感想

とある病院で出回る噂話。「死を間近にした患者の願い事を一つだけ叶えてくれる必殺仕事人がいる」もし、本当なら…“貴方は何を願いますか?”中身病

もあふりーもあふりー
4332viewsお気に入り数:1
少女は卒業しない

卒業式の翌日に校舎が取り壊される高校の七人の少女の物語「少女は卒業しない」の書評・感想

本書は、廃校が決まり、卒業式の翌日に校舎が取り壊されることが決まっているとある地方の県立高校。その卒業式の一日を、七人の少女の視点で描いた作

黒夜行黒夜行
3363viewsお気に入り数:2
カンニング少女 (文春文庫)

カンニング少女の書評・感想

高校三年の天童玲美は、中学時代からの親友の優等生・並木愛香に、とある相談をすることにした。たまたまその場に一緒にいた、メカオタクの平賀隼人と

黒夜行黒夜行
2196viewsお気に入り数:0
ふがいない僕は空を見た

これがデビュー作!?ふがいない僕は空を見たの書評・感想

本書は、本書収録の「ミクマリ」で、「女による女のためのR-18文学賞」を受賞した著者による、連作短編集です。本書がデビュー作です。普段ならそ

黒夜行黒夜行
2269viewsお気に入り数:0
ブラック・ジャック・キッド (新潮文庫)

ブラック・ジャック・キッドの書評・感想

小学生の織田和也は、とにかくブラック・ジャックのことが好きでたまらない。漫画は全巻セリフまで完璧に覚えてしまうほど読み込んでいるし、格好だっ

黒夜行黒夜行
1815viewsお気に入り数:0
みなさん、さようなら (幻冬舎文庫)

みなさん、さようならの書評・感想

この作品は、内容をひと言で簡単に言い表すことが出来ます。前にも書いたことあるけど、僕はこういう内容を完結にまとめられるストーリーというのが結

黒夜行黒夜行
1788viewsお気に入り数:0
鉄塔 武蔵野線 (ソフトバンク文庫 キ 1-1)

鉄塔 武蔵野線の書評・感想

ミハルは子供の頃から鉄塔に魅せられていました。休日の度に父親は東京のいろんな鉄塔を見せに電車に乗せてくれたりしたものですが、その素晴らしさに

黒夜行黒夜行
1810viewsお気に入り数:0
メタボラ (文春文庫)

メタボラの書評・感想

<僕>はジャングルのような鬱蒼とした森の中をひたすら駆け抜けている。なんだこれは。まるで他人の夢であるかのように現実感がない。とにかく、「コ

黒夜行黒夜行
2247viewsお気に入り数:0
愛とカルシウム (双葉文庫)

愛とカルシウムの書評・感想

主人公は、18歳の藤島環。環は、HDS(ハンプティ・ダンプティ・シンドローム)という、体中が外側から骨になっていくという、治療法の見つかって

黒夜行黒夜行
1803viewsお気に入り数:0
ひとがた流し (新潮文庫)

ひとがた流しの書評・感想

特に何が起こるわけでもない、淡々とした日常を描いているだけだからだ。北村薫としては珍しい。<日常の謎>系のミステリを書き続けてきた著者が、初

黒夜行黒夜行
2035viewsお気に入り数:0
マイナークラブハウスへようこそ!―minor club house〈1〉 (ピュアフル文庫)

マイナークラブハウスへようこそ!―minor club house〈1〉の書評・感想

本書は、「氷の海のガレオン」という伝説的な作品を残して以降長い間沈黙していた著者が書いた一風変わった学園小説です。舞台は、桃李学園という、文

黒夜行黒夜行
1929viewsお気に入り数:0