青春小説

中学、高校など青春特有の甘酸っぱさが味わせる青春小説のまとめ、書評、感想などがわかります。

光

光(道尾秀介)の書評・感想

本書は、小学四年生の利一とその友人たちの日常と成長を描く物語。形式としては連作短編集に近いのですけど、作品全体としてはやはり長編という感じの

黒夜行黒夜行
1509viewsお気に入り数:0
濡れた太陽 高校演劇の話 (上)

濡れた太陽 高校演劇の話(前田司郎)の書評・感想

本書は、劇作家であり演出家であり俳優であり小説家でもある著者による、自らの高校時代の話をベースにした自伝的小説、だそうです。相原太陽は、中学

黒夜行黒夜行
1059viewsお気に入り数:0
ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て(山内マリコ)の書評・感想

本書は、都会から地方に戻ってきたり、ずっと地方にいて悶々としている人たちを描いた8編の短篇集です。連作短編集というほどの繋がりはないのだけど

黒夜行黒夜行
1460viewsお気に入り数:0
私を知らないで (集英社文庫)

私を知らないで(白河三兎)の書評・感想

主人公は、銀行員の父親を持つ中学二年生の「僕」(黒田慎平)。定期的に父親が異動になるため、これまでずっと転勤族として生きてきた。季節はずれの

黒夜行黒夜行
974viewsお気に入り数:0
終わらない歌

終わらない歌(宮下奈都)の書評・感想

本書は、高校二年の合唱コンクールを描いた「よろこびの歌」の続編で、「よろこびの歌」から3年後の面々が描かれていきます。「シオンの娘」御木本玲

黒夜行黒夜行
1254viewsお気に入り数:0
旅猫リポート

旅猫リポート(有川浩)の書評・感想

本書は、一匹の猫とその飼い主が、『結果的に旅をすることになる』物語です。野良猫として生きていきた、ある車のボンネットが気に入っていた。その車

黒夜行黒夜行
1793viewsお気に入り数:0
砂漠

「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考える若者

 普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂漠」

violetReadervioletReader
24031viewsお気に入り数:0
何者

何者(朝井リョウ)の書評・感想

つい先日卒業ライブを終えた友人であり同居人である光太郎は、まさにその流れのまま髪を黒く染めたらしい。就活が、始まる。ちょっと前に留学から戻っ

黒夜行黒夜行
1442viewsお気に入り数:0
幕が上がる

幕が上がる(平田オリザ)の書評・感想

高校の演劇部に所属する高橋さおりは、なんとなく、つまらない。部活が。うーん、つまらないというのでもないのか。なんか、物足りない。でも、こんな

黒夜行黒夜行
1211viewsお気に入り数:0
王妃の帰還

王妃の帰還(柚木麻子)の書評・感想

舞台は、お嬢様学校として知られている聖鏡女学園の中等部。お金を持っている父親と、専業主婦の母親というセットが基本で、「働いている母親なんて」

黒夜行黒夜行
1762viewsお気に入り数:0
いつまでも白い羽根 (光文社文庫)

いつまでも白い羽根(藤岡陽子)の書評・感想

木崎瑠美は、大学受験に失敗して、看護学校に入ることになった。嫌々だった。元々勉強は出来た。普通に大学に行くつもりだった。それなのにどうして、

黒夜行黒夜行
1257viewsお気に入り数:0
島はぼくらと

島はぼくらと(辻村深月)の書評・感想

舞台は、瀬戸内海に浮かぶ「冴島」。本土とフェリーで20分ほどのところにあり、朱里・衣花・新・源樹の四人は、冴島から毎日フェリーで本土の高校に

黒夜行黒夜行
1474viewsお気に入り数:0
わたしをみつけて

わたしをみつけて(中脇初枝)の書評・感想

僕も、全然いい子じゃなかった。周りからはきっと、いい子に見えていたと思う。そう見えるように意識していたから。学校でも、家でも。どんな場所でも

黒夜行黒夜行
1427viewsお気に入り数:0
スメル男 (講談社文庫)

かなり臭い男のブレイブストーリー(笑)

臭覚ゼロの男から東京全都を嘔吐させるほどの異臭が漂い始める。どうなる日本!?バイオ研究に励む親友が研究所で焼死した。この事件をきっかけに、主

nishimutobooknishimutobook
950viewsお気に入り数:0
しずかな日々 (講談社文庫)

古き良き日本の夏が、子供時代の思い出と共に蘇る「しずかな日々」の書評・感想

人生のターニングポイント。この主人公にとっては、小学5年生のクラス替えが、全ての始まりだった。母と二人の生活は、ひっそりとした孤独に包まれて

きゃろっちきゃろっち
1178viewsお気に入り数:0
あと少し、もう少し

中学生版、風が強く吹いている「あと少し、もう少し」の書評・感想

市野中学校陸上部は、毎年県大会に出場している。キャプテンの桝井は、中学最後の駅伝大会に向けて、鬼コーチ満田の元、頑張るつもりが、陸上に無縁の

kaerumamakaerumama
1077viewsお気に入り数:1
和菓子のアン

和菓子の奥深さにビックリ‼「和菓子のアン」の書評・感想

ぱっとしない顔に、ぽっちゃりとしたLサイズの体。そして、とくにやりたいこともないので、進学もせず。いわゆる、ニートの杏子。これでは、いかんと

kaerumamakaerumama
1371viewsお気に入り数:1
ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

賢くて変わった少年の研究の話!ペンギン・ハイウェイのまとめ

賢くて変わった少年の研究の話父と祖母の助言のまとめ父三か条(問題の解決のために)問題を分けて小さくすること見る角度を変えること似ている問題を

NaosukeNaosuke
1251viewsお気に入り数:0
しずかな日々 (講談社文庫)

小学校に上がりたての夏休みから4年後、僕はおじいさんに再会することになる。しずかな日々の書評・感想

注目すべき点この小説には「章」がないこと-主人公である[枝田光輝]くんが大人に成長していくところ内容主人公の[枝田光輝]の母親が自分の会社の

もあふりーもあふりー
1277viewsお気に入り数:0
ぼくは勉強ができない (新潮文庫)

「団体行動なんて、つまんないや」 ぼくは勉強ができないの書評・感想

中身時田秀美]こと、僕は 確かに成績が悪いよ。でも、 勉強よりも 素敵で大切なことっていっぱいあると思うんだよ。17歳の時田秀美は サッカー

もあふりーもあふりー
1330viewsお気に入り数:0