推理・ミステリー小説

殺人事件や謎解きなどの推理・ミステリー小説のまとめ、書評、感想などがわかります。

すベてがFになる (講談社文庫)

森博嗣を初めて読むならこれ ー 『すべてがFになる』森博嗣

森博嗣のデビュー作であり、後に続く全10巻の「S&Mシリーズ」の1作目。ドラマ化やアニメ化もされ、20年以上経った今も人気の

yoheijimboyoheijimbo
188viewsお気に入り数:0
重力ピエロ

謎解きは遺伝子とアイデンティティー

遺伝子を取り扱う企業に勤める兄の泉水と、グラフィティアートを消すことを生業とする容姿端麗な弟の春。英語に訳すせばどちらも"

木靴屋木靴屋
405viewsお気に入り数:0
聖域捜査 (集英社文庫)

生活安全特捜隊、結城警部。決して派手ではない事案にも、いろいろな背景が見えてくる。

警視庁、生活安全部、生活安全特捜隊の班長を務める、結城警部。彼は入庁以来刑事を志していたが、意に反して、地域課・交通課勤務が十数年。警部昇任

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
278viewsお気に入り数:0
ストロベリーナイト (光文社文庫)

最初はえぐい、我慢して読み進むと・・・。

警視庁捜査一課の女性警部補、姫川玲子が主人公。若くして「姫川班」主任を務める玲子だが、心に闇を持っていた。そして、猟奇的殺人事件が舞い込む。

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
356viewsお気に入り数:0
歌舞伎町ダムド (中公文庫)

ここでつながる、「ジウ・サーガ」シリーズ

この本は「歌舞伎町セブン」の続編。歌舞伎町の治安維持を裏から支える七人の非合法刺客が「セブン」。その「セブン」が新たな敵と対峙する。その過程

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
389viewsお気に入り数:0
ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

とんでもない世界の幕開け

この本は、壮大な「ジウサーガ」シリーズの序章である。ここでは警視庁特殊犯捜査係(SIT)の二人の女性警察官が主人公。感性豊かで加害者・被害者

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
342viewsお気に入り数:0
検証捜査 (集英社文庫)

神谷警部補は西島秀俊さんで!!

大好きな「警視庁捜査一課警部補」が活躍する、警察関係の小説。今回の主役は、神谷警部補。実力派だが一匹狼、陰のある四十一歳。私の脳内では、神谷

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
264viewsお気に入り数:0
優しい死神の飼い方 (光文社文庫)

自惚れるな!人間。~温かい「死」への向き合い方~

「大重版出来!」このポップに魅せられてなんとなく手に取ったこの本がこんなにも心揺さぶられる物語だとは思わなかった。 私たち人間の世界では通称

anne45号anne45号
318viewsお気に入り数:0
ソロモンの偽証 第I部 事件

真実はどこにあるのか。中学生が立ち向かう‼~ソロモンの偽証 第一部 事件~

1990年、珍しく東京で雪が降ったクリスマスイブの夜、城東第三中学校二年生の柏木卓也が学校で"自殺"した

yurika.teramoto0707yurika.teramoto0707
643viewsお気に入り数:0
うつくしい子ども (文春文庫)

もし家族が殺人犯になったら?自分はどう行動するのが正しいのか

平凡な街で起きた女子小学生殺人事件エリート中学に通う<ぼく>。そんな彼の住む街で女子小学生が殺害された。しかもその殺害方法は首を絞め、遺体の

ゆめゆめ
846viewsお気に入り数:0
64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

「64」警察のテーマを全て盛り込む長編ミステリー。本の世界にのめり込みたい時に読む本

あらすじ14年前、少女が誘拐され、その犯人の指示に従い身代金わ受け渡したにもかかわらず、その少女は死体となって発見されるという事件が起きた。

KiraraKirara
1144viewsお気に入り数:0
マスカレード・ホテル (集英社文庫)

やっぱり東野圭吾が好き!

都内で連続殺人事件が起きていた。その連続殺人事件の現場には、謎の数字が残されており、その数字が示すのは、次の殺人事件の予告であり、それは、ホ

kaerumamakaerumama
1237viewsお気に入り数:0
幽霊塔

宮崎駿監督の口絵が面白い。

舞台は長崎。先ごろ地方裁判所の検事総長を辞した叔父が購入した時計塔(別名「幽霊塔」)で怪事件が重なるように起こる。主人公は北川光雄という高等

モーミンモーミン
1334viewsお気に入り数:0
エデンの命題 (光文社文庫)

ありがち、と思いきやかなりのびっくり着地点

「エデンの命題」と「ヘルター・スケルター」の2編を収録してあります。エデンの命題 あらすじ僕は、いわゆるアスペルガー症候群。砂漠のど真ん中に

みるく抹茶みるく抹茶
1193viewsお気に入り数:0
懐かしい骨 (双葉文庫)

子どもは、親の事見ているようで見ていない、見ていないようでしっかり見ている

あらすじ両親が亡くなり、実家を解体したところ物置の床下から、白骨死体が発見された。早紀子には、「その死体が誰のもので、だれが殺したか」わかっ

みるく抹茶みるく抹茶
1168viewsお気に入り数:0
禁猟区 (新潮文庫)

悪徳?警察官を主人公としたノワール小説。

道を踏み外した警察官の物語4編が収められています。禁猟区昔、補導した少年がいまやイケメンホスト。彼をナンバーワンにするために!と若山直子がや

みるく抹茶みるく抹茶
1426viewsお気に入り数:0
水車館の殺人 (講談社文庫)

館シリーズ、第二弾!これぞ、ミステリーの醍醐味です。

あらすじ事故で顔面を損傷し仮面をかぶった男と、美しい幼な妻が暮らす、通称「水車館」。普段は、夫婦と使用人だけのこの館に年1回客がやってくる。

みるく抹茶みるく抹茶
1162viewsお気に入り数:0
悪魔の百唇譜 (角川文庫)

あまりおどろおどろしくない、ライトな風味の金田一をお楽しみください

あらすじ車のトランクから発見された遺体の傍らには、トランプのクイーンが。彼女をゆすっていたらしい男も、同じように刺殺体で見つかりやはりトラン

みるく抹茶みるく抹茶
910viewsお気に入り数:0
盗まれて (中公文庫)

人と人の間には、いつも電話と手紙があった時代のミステリー。

電話と手紙が鍵を握る連作短編集です。・ひとひらの殺意兄は電話で叫んだ「部屋の中が桜でいっぱいだ!」兄の部屋には、絞殺された女と首を切った兄の

みるく抹茶みるく抹茶
815viewsお気に入り数:0
十角館の殺人 (講談社ノベルス)

閉ざされた別荘でいま、連続殺人の幕が開く… 秋の夜長に楽しむ純粋なミステリをどうぞ

あらすじ某大学ミステリ研究部の7人が、孤島の別荘に合宿にやってくる。この別荘では1年前、持ち主の夫婦と管理人夫婦が殺され、容疑者が逃亡したま

みるく抹茶みるく抹茶
844viewsお気に入り数:0