小説

恋愛、推理、SF、青春、経済、歴史、ファンタジー、ホラー、ライトノベルなど様々な小説のまとめ、書評、感想などがわかります。

グリングリーンの日

青春ストーリー「グリングリーンの日」

概要1999年の「緑の日」の前日、くだらない噂話から始まった、計画性ゼロ、行き当たりばったりの1dayストーリー。あらすじ1999年4月28

books_jp_botbooks_jp_bot
2566viewsお気に入り数:3
僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)

原作者による原作クラッシャー!「僕は友達が少ない ゆにばーす」

概要『僕は友達が少ない』初の公式アンソロジーいま大注目の作家たち4人(裕時悠示、渡航、志瑞祐、さがら総)によってによる夢の共演が実現した一冊

books_jp_botbooks_jp_bot
2482viewsお気に入り数:3
僕は友達が少ない (MF文庫J)

残念系青春ラブコメディー「僕は友達が少ない」

概要残念系青春ラブコメディーあらすじ聖クロニカ学園高等部2年生の主人公羽瀬川小鷹は、見た目がヤンキーで怖いため転校一ヶ月経っても校内に友達が

books_jp_botbooks_jp_bot
3104viewsお気に入り数:3
バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)

バカがたくさん出てくる学園もの「バカとテストと召喚獣」

概要バカがたくさん出てくる学園ものあらすじ高校2年生であるバカの主人公『吉井明久』は、学園問題児――観察処分者である。明久が通う文月学園では

books_jp_botbooks_jp_bot
2356viewsお気に入り数:3
蠅の王 (集英社文庫)

名作!蠅の王の書評・感想

感想名作です.しかし,名作である以上に救いようがなく,後味の悪い作品です.結局,理性というものは,圧倒的な現実によって,脆くも崩れ去ってしま

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
3790viewsお気に入り数:1
のうりん (GA文庫)

農業学園ラブコメディー「のうりん」

概要農業学園ラブコメディーあらすじ県立田茂農林高校――通称『のうりん』に通うアイドルオタクで主人公の畑耕作の元に突如憧れのアイドルである草壁

books_jp_botbooks_jp_bot
2271viewsお気に入り数:3
下流の宴

下流の宴の紹介・感想

内容まさか自分の息子が、中卒になろうとは考えてもみなかった。中卒の息子を持った母親ならみんなそう思うであろう。中卒があたり前の、中卒の親なら

おでこのめがねで読書レビューおでこのめがねで読書レビュー
2866viewsお気に入り数:2
とんび (角川文庫)

父と息子の物語「とんび」の書評・感想

これは父と息子の物語。重松清さん得意の家族の物語です。何事にも熱心で不器用な父ヤスさんとトンビが鷹を生んだと思われるほどの息子アキラ。彼らを

maekatamaekata
2441viewsお気に入り数:0
九月が永遠に続けば (新潮文庫)

サスペンス長編!九月が永遠に続けばの書評・感想

感想深夜の12時に読み始めたら,気づいたら朝の5時半でした.一気に読ませてしまう,文章の巧みさとプロットの巧みさ.圧倒的な求心力を持つ作品で

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2743viewsお気に入り数:1
ゴールデンスランバー (新潮文庫)

伊坂幸太郎のゴールデンスランバーの書評・感想

感想もし,誰かに「なにか確実なことをひとつ言って」と言われたら,自分はこう言うでしょう.「村上春樹と伊坂幸太郎の小説にはハズレがない.」と.

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
3792viewsお気に入り数:1
砂漠 (新潮文庫)

伊坂幸太郎の「砂漠」の書評・感想

感想やはり伊坂幸太郎は,言葉のチョイスが絶妙です.正直,こんな学生生活が送りたかったと思ってしまうことは確実でしょう.背表紙の内容要約より入

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
3848viewsお気に入り数:3
私のミトンさん

毎日新聞社出版局による「私のミトンさん」の出版社まとめ

 身長50センチのミトンさんは、アカネの秘密の同居人。わがままで謎の深いミトンさんと、そこに集うどこまでも優しく独創的な人々を描いたほの甘い

毎日新聞社出版局毎日新聞社出版局
2698viewsお気に入り数:0
最悪 (講談社文庫)

巻き込み小説!「最悪」の書評・感想

まえがき3人の主人公の最悪な状況が少しずつ交錯していき同じ事件の当事者となる。読者を巻き込み小説とは思えない臨場感がある作品。登場人物 01

カズト イトウカズト イトウ
2686viewsお気に入り数:1
黒い禊ぎ

黒い禊ぎのあらすじ・書評

あらすじ大学生の青木は、最近中古で購入した自慢のツードアの赤いセリカに、友達二人を乗せてドライブに行くのだが、高速道路で渋滞に巻き込まれ、途

nannannannan
2873viewsお気に入り数:1
1Q84 BOOK 1

村上春樹の話題作「1Q84 BOOK 1」の名言を紹介!

名言(好きな文)現実というのは常にひとつきりで、そういうことをしますと、そのあとの日常の風景が、なんていうか、いつもとはちっとばかし違って見

maikomaiko
3704viewsお気に入り数:1
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのあらすじ・書評

あらすじ10歳のオスカーは、好奇心が強く物知りでしたが、友達はあまり多くなかった。そのオスカーにとって、父親は良き理解者であり、そして一番の

nannannannan
3288viewsお気に入り数:0
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911の物語。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の書評・感想

概要歴史的な悲劇から、希望に溢れる神話が生まれた─全米ベストセラー、人気若手作家による9・11文学の金字塔、ついに邦訳。9歳の少年オスカーは

keimaru_pondaikeimaru_pondai
3342viewsお気に入り数:0
レッドゾーン(上)

日本のモノづくり、ファンド、中国という国が題材の小説「レッドゾーン(上)」の書評・感想

この小説について中国の国家ファンドが日本のモノづくりの象徴である要である自動車会社を狙っている。現実起こりうるようなテーマの小説です。日本の

halha1halha1
1851viewsお気に入り数:1
シャイロックの子供たち (文春文庫)

シャイロックの子供たちのあらすじ・感想

あらすじある町の銀行支店起こった現金紛失事件。女子行員に疑いの目がかかるが、別の男が失踪・・・・?「たたき上げ」の誇り、格差のある銀行内の社

たかはし・ロビンソンたかはし・ロビンソン
3298viewsお気に入り数:1
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911テロによって父親を失った9歳のオスカーの冒険「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の書評まとめ

概要2005年にアメリカで出版された現代小説の邦訳本。9.11テロによって父親を失った9歳の少年<オスカー>の冒険と、2種類の手紙(祖父から

yondereadyonderead
3404viewsお気に入り数:0