小説

恋愛、推理、SF、青春、経済、歴史、ファンタジー、ホラー、ライトノベルなど様々な小説のまとめ、書評、感想などがわかります。

琥珀のまたたき (講談社文庫)

社会と隔絶された場所で生きる兄弟の物語

 母との約束は大きな声を出さずに、塀の外に出ない事。それを忠実に守る三人兄弟の日常と、現在の様子が交互に織り交ぜられながら描かれている。 成

ils.t.nils.t.n
635viewsお気に入り数:0
七つの会議

相次ぐ製造業のコンプライアンス違反。弊社には対岸の火事なのか?

選書理由近々、野村萬斎氏主演で映画化されることを先日の『王様のブランチ』で知りました。番組内での作品紹介があまりに面白そうだったので、その日

うにみうにみ
3661viewsお気に入り数:0
任侠病院 (ジョイ・ノベルス)

利権が絡むとヤクザは怖いらしい

阿岐本組は東京の吹けば飛ぶようなちっぽけな組である。その、地域密着の組で代貸を務める日村誠司は、また、オヤジの悪い虫が動き出したようで、頭が

kaerumamakaerumama
4405viewsお気に入り数:0
任侠学園 (ジョイ・ノベルス)

ヤクザ✖️青春!?

阿岐本組は東京の吹けば飛ぶようなちっぽけな組である。その、地域密着の組で代貸を務める日村誠司は、また、オヤジの悪い虫が動き出したようで、頭が

kaerumamakaerumama
4379viewsお気に入り数:0
盤上のアルファ (講談社文庫)

将棋がさしてみたくなるかもしれない

秋葉隼介は、社会部の新聞記者である。協調性がなく、上司から疎まれていたが、それなりの実績を上げ、自分の仕事をこなしているはずだった。しかし、

kaerumamakaerumama
4385viewsお気に入り数:0
テロリストハンティング FUKUSHIMA MISSION

原発爆破 それは正義か犯罪か。 あなたは日本最大のタブーを読む覚悟があるか?

「原発爆破」日本最大のタブーに迫る、実録ハードボイルドアクション福島第一原発爆破を目論むオウム残党テロリストを排除するため工作員による潜入捜

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
3353viewsお気に入り数:0
蒼ざめた眠り (小学館文庫)

派手さはないが、濃密に重厚に描かれたハードボイルド小説の決定版!

主人公は廃墟カメラマンで元探偵の辰巳翔一。寂れた海辺の町で廃墟となったホテルの撮影中、中年女性ジャーナリストの絞殺死体を偶然発見した翔一。ひ

本鹿 鋤本鹿 鋤
3119viewsお気に入り数:0
てのひらの闇 (文春文庫)

丁寧に紡ぎ上げられたミステリー小説の決定版!

主人公は飲料メーカーの宣伝部課長、堀江雅之。 三月、早朝の雨の中、酔い潰れて六本木の道路脇のガードレールに寄りかかっていた堀江に、ドゥカティ

本鹿 鋤本鹿 鋤
6280viewsお気に入り数:2
深い疵 (創元推理文庫)

ナチズムがもたらした悲劇を基に書かれたドイツの傑作ミステリー!

 主人公は、ホーフハイム刑事警察署主席警部オリヴァーとピア警部。 2007年4月28日、頭部を撃ち抜かれた老人の屍体が自宅の玄関で発見される

本鹿 鋤本鹿 鋤
6717viewsお気に入り数:1
流れ星と遊んだころ (双葉文庫)

息つく暇もない技巧派ミステリーの傑作!

 主人公は居丈高な大スター「花ジン」こと花村陣四郎に奴隷のように仕えるマネージャー、北村梁一。 ある初秋の夜、新宿二丁目のバーの窓から侘しい

本鹿 鋤本鹿 鋤
7211viewsお気に入り数:2
私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

海外ミステリーの枠を咀嚼して生み出された国産長編ミステリーの傑作!

 主人公は中年私立探偵、沢崎。 夏の初めの昼下がり、西新宿のはずれにある自分の事務所を出て、愛車ブルーバードで豊島区目白にある依頼人の邸宅へ

本鹿 鋤本鹿 鋤
7760viewsお気に入り数:2
野獣死すべし(新潮文庫) [kindle版]

反逆のハードボイルド作家のデビュー作!

 主人公は敗戦で満州から引き揚げてきた大学院生、伊達邦彦。 子供の頃に経験した悲惨な戦争体験で、人間性を根底まで蹂躙されていた伊達は、大学生

本鹿 鋤本鹿 鋤
8127viewsお気に入り数:2
長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))

ハードボイルド小説の金字塔!

 <ダンサーズ>の前に停めらたロールスロイスの中で酔い潰れていたテリー・レノックスを、ふとしたきっかけで介抱することになった私立探偵フィリッ

本鹿 鋤本鹿 鋤
7731viewsお気に入り数:2
テロリストのパラソル (文春文庫)

丁寧に練り上げられた珠玉のミステリー!

 主人公は脛に疵持つアル中の中年男、島村。 晴れた日は、陽の当たる場所で最初の一杯をやることが日課になっている。 十月の或る土曜日も長く続い

本鹿 鋤本鹿 鋤
7686viewsお気に入り数:3
真夜中へもう一歩 (角川文庫)

スタイリッシュでお洒落なハードボイルド小説!

 八月下旬、神奈川県警捜査一課の刑事・二村永爾は、小峰一課長から電話で指示を受け、或るバーへ向かった。昼下がりの一杯を嗜めると思ってやってき

本鹿 鋤本鹿 鋤
7705viewsお気に入り数:1
風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)

爽やかなカタルシス

児童書で確固たる位置を築く作者による一般向け小説ひっそりと懸命に生きる人たちのお話

山田山田
6674viewsお気に入り数:0
新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

退廃的な生活の先に見たものは

 怠惰、暴力、セックス、薬物、退廃した生活を送っている主人公の目を通して起こった出来事が、まるで人ごとのように淡々と進んでいく。まるで読者の

ils.t.nils.t.n
6408viewsお気に入り数:0
水曜の朝、午前三時 (河出文庫 は 23-1)

誰かに愛されても、まだ大切な人・・・

 死に近付いて思い出すのは大阪万博。人類の進歩と調和という壮大なテーマのもと働いていた男女の一途な恋。儚く、脆いが故に美しい愛が、社会的な思

ils.t.nils.t.n
2159viewsお気に入り数:0
ヒートアイランド (文春文庫)

デュラララ!!が好きな人にオススメ

素人同士のケンカを見世物にし、金を稼ぐストリートギャングの頭、アキとカオルファイトに出場したチンピラの恨みを買ったこと、仲間がうっかりブラッ

山田山田
2128viewsお気に入り数:0
落穂拾ひ・聖アンデルセン (新潮文庫)

小山清『落穂拾ひ』 ~心に残る一文たち~

<作家>小山清は太宰治の徒弟として知られています。1952年(昭和27年)に『新潮』発表の「落穂拾ひ」などのほかに、『文學界』に発表した「小

サイトイサイトイ
2009viewsお気に入り数:0