小説

恋愛、推理、SF、青春、経済、歴史、ファンタジー、ホラー、ライトノベルなど様々な小説のまとめ、書評、感想などがわかります。

ライヴ (角川文庫)

もし自分が参加者だったら

レースを完走すれば感染すると死に至るウイルスの特効薬が手に入る、そう聞かされてウイルス感染者の家族たちは非人道的ともいえる過酷なトライアスロ

odenchikuwaodenchikuwa
209viewsお気に入り数:0
君の膵臓をたべたい

私がこの本を読んだのも、選択

明るい彼女と暗い僕、そんな対照的な二人の四ヶ月の話彼女が膵臓の病気を患っていて余命一年だと知っているのは彼女の家族と、何故か僕僕は人との関わ

odenchikuwaodenchikuwa
200viewsお気に入り数:0
月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)

イリナが実在していたら…

いわゆる「ラノベ」の類は初めて読みました。ラノベといっても、アニメ調の挿絵が多いわけでもなく(イメージが浅くてすみません。。)、きちんとスト

enoenoenoeno
400viewsお気に入り数:0
櫛挽道守 (集英社文庫)

ぐいぐい引き込まれます。

登瀬は、木曽の腕利きの梳き櫛挽職人の娘である。幼い頃から、父吾助の技を見て育った登瀬は、その流れるような技に虜になり、いづれは、父の後をつい

kaerumamakaerumama
276viewsお気に入り数:0
田嶋春にはなりたくない

こんな人が間近にいたら??

田嶋春。通称、タージ。法学部で弁護士を目指している。とにかく、空気をよまない事で、学内では、有名人。色々と、伝説を生み出している。しかし、彼

kaerumamakaerumama
545viewsお気に入り数:0
白河夜船 (福武文庫)

サラが連れていた子は誰の子だったのか

【夜と夜の旅人】茂美は1年前に死んだ兄の芳裕が付き合っていたサラの手紙を読み、当時を思い出していた。サラはボストンの大学生で日本文化の研究の

rihitorihito
526viewsお気に入り数:0
白河夜船 (福武文庫)

植物人間の妻帯者に思いを寄せるのは許されるのか?

【白河夜船】主人公である寺子は付き合っている岩永からの電話のベルははっきり違って聞こえた。そんな岩永に岩子は「友達が死んだの」の一言を言いそ

rihitorihito
430viewsお気に入り数:0
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

まーちゃん、キミは何で、あの子たちを誘拐したんですか。

  「まーちゃん、世界で一番君を✖✖してる。嘘だけど」物語の始まり 御園マユ。 僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひ

ひかげぼん発掘ひかげぼん発掘
509viewsお気に入り数:1
ベイビー、グッドモーニング (角川スニーカー文庫)

つい先ほど、貴方は死ぬ予定でした。

「私は死神です。つい先ほど、貴方は死ぬ予定でした。でも誠に勝手ながら寿命を3日ほど延長させていただきました」 夏の病院。入院中の少年の前に現

ひかげぼん発掘ひかげぼん発掘
471viewsお気に入り数:1
サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY<サクラダリセット> (角川スニーカー文庫) [kindle版]

最近のライトノベルが忘れていた、純粋で綺麗で切ない学園異能小説

              リセット             たった、一言。         それだけで世界は三日分『死ぬ』あらすじ 能力者

ひかげぼん発掘ひかげぼん発掘
500viewsお気に入り数:1
坂の途中の家

今子育てに行き詰まってる女性に読んでほしい!できれば、小さなお子さんを持つ男性にも。

理沙子には、もうすぐ3歳になる文香がいる。穏やかで、真っ直ぐな人隣の夫、陽一郎と穏やかには見える毎日を過ごしていた。しかし、その日常は、理沙

kaerumamakaerumama
490viewsお気に入り数:0
蜜の残り (角川文庫)

毒のような恋を飲み干す、純粋な彼女たちの物語

歌人としても活躍している加藤千恵の短編小説。恋愛小説を数多く書いている彼女の作品のなかでも、『蜜の残り』に収録されている恋愛はどれも一際、苦

いさわいさわ
496viewsお気に入り数:0
謎の毒親

こんな父母に育てられたらと思うと恐ろしい

私は一人娘。親が年老いて産まれた子。世間一般では、「厳しい」から、箱入り娘という印象なのかもしれない。が、私の父母は、違った。そう、身体的虐

kaerumamakaerumama
627viewsお気に入り数:0
からくさ図書館来客簿 ~冥官・小野篁と優しい道なしたち~ (メディアワークス文庫)

導かれるあなたには道なしが憑いていますよ。

舞台は現代の古都京都。天道に行く資格があるにも関わらず、この世に未練が残り、人間に憑く道なしたちを、天道に導くため、冥府の役人小野篁は、後継

yurika.teramoto0707yurika.teramoto0707
464viewsお気に入り数:0
ソロモンの偽証 第I部 事件

真実はどこにあるのか。中学生が立ち向かう‼~ソロモンの偽証 第一部 事件~

1990年、珍しく東京で雪が降ったクリスマスイブの夜、城東第三中学校二年生の柏木卓也が学校で&#034;自殺&#034;した

yurika.teramoto0707yurika.teramoto0707
566viewsお気に入り数:0
茶畑のジャヤ: この地球を生きる子どもたち (鈴木出版の児童文学 この地球を生きる子どもたち)

茶畑のジャヤ 人の痛みを想像できるか

 周はクラスで一番勉強ができる男子。勉強ができることをやっかみ、からかうクラスの中心にいる健一郎にいじめられる。健一郎にさからえず、周をハブ

ヨルヨル
587viewsお気に入り数:0
流れ星が消えないうちに (新潮文庫)

流れ星が消えないうちに

忘れない、忘れられない。あの笑顔を。一緒に過ごした時間の輝きを。そして流れ星にかけた願いを――。高校で出会った、加地君と巧君と奈緒子。けれど

えみりえみり
457viewsお気に入り数:0
カエルの楽園

カエルの楽園 - 百田尚樹

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙

えみりえみり
592viewsお気に入り数:0
さよなら、ニルヴァーナ

神戸少年Aの物語。

作家志望の30歳冴えないOL、今日子。東京での生活にも疲れはてた頃、地元で母と同居する妹の第二子出産を機に、故郷に戻る事となった。その帰郷が

kaerumamakaerumama
643viewsお気に入り数:0
下町ロケット (小学館文庫)

パパなんて会社も仕事も、みんな自分のためなんでしょ

章立てプロローグ第1章 カウントダウン第2章 迷走スターダスト計画第3章 下町ドリーム第4章 揺れる心第5章 佃プライド第6章 品質の砦第7

ゆめゆめ
705viewsお気に入り数:0