小説

恋愛、推理、SF、青春、経済、歴史、ファンタジー、ホラー、ライトノベルなど様々な小説のまとめ、書評、感想などがわかります。

世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)

知行合一、吉田松陰という人物

第1巻の物語は幕末の思想家であり、明治政府の礎となった人物たちを輩出した松下村塾の塾長吉田松陰の一生である。2巻以降は松陰に影響を受けた高杉

ils.t.nils.t.n
164viewsお気に入り数:0
重力ピエロ

謎解きは遺伝子とアイデンティティー

遺伝子を取り扱う企業に勤める兄の泉水と、グラフィティアートを消すことを生業とする容姿端麗な弟の春。英語に訳すせばどちらも"

木靴屋木靴屋
173viewsお気に入り数:0
豆の上で眠る

ぞわーっとくる。まさに「豆の上に布団を敷いて寝る」感じ。何かがつっかえる。

仲良し姉妹の万佑子と結衣子。ある日突然姉が行方不明に!そこからすべてが混乱の中へ。必死に姉を探すべく、とんでもない手段に出る母。それに従わざ

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
268viewsお気に入り数:0
聖域捜査 (集英社文庫)

生活安全特捜隊、結城警部。決して派手ではない事案にも、いろいろな背景が見えてくる。

警視庁、生活安全部、生活安全特捜隊の班長を務める、結城警部。彼は入庁以来刑事を志していたが、意に反して、地域課・交通課勤務が十数年。警部昇任

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
158viewsお気に入り数:0
コーヒーが冷めないうちに

あなたならどの日に戻りたいですか?

とある街の、地下には、レトロな雰囲気を残した喫茶店がある。その喫茶店には、ある席に座ると、自分の戻りたい過去に戻れるという都市伝説が囁かれて

kaerumamakaerumama
179viewsお気に入り数:0
図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

あり得ない設定だが、違和感なく引き込まれる。堂上教官が素敵すぎ。

近未来の日本。「有害」図書の検閲が法律で認められるようになり、書店や図書館で、「良化特務機関」なる政府組織により、本が狩られるように。それに

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
200viewsお気に入り数:0
ストロベリーナイト (光文社文庫)

最初はえぐい、我慢して読み進むと・・・。

警視庁捜査一課の女性警部補、姫川玲子が主人公。若くして「姫川班」主任を務める玲子だが、心に闇を持っていた。そして、猟奇的殺人事件が舞い込む。

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
183viewsお気に入り数:0
神去なあなあ夜話 (徳間文庫)

こんな田舎でのんびりとすごしてみたい

平野勇気、20才。横浜育ちの俺は、高校卒業後、いろいろあって、去年から三重県中西部の神去村に住んでいる。仕事は、山仕事、林業。毎日山に入って

kaerumamakaerumama
192viewsお気に入り数:0
歌舞伎町ダムド (中公文庫)

ここでつながる、「ジウ・サーガ」シリーズ

この本は「歌舞伎町セブン」の続編。歌舞伎町の治安維持を裏から支える七人の非合法刺客が「セブン」。その「セブン」が新たな敵と対峙する。その過程

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
204viewsお気に入り数:0
ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

とんでもない世界の幕開け

この本は、壮大な「ジウサーガ」シリーズの序章である。ここでは警視庁特殊犯捜査係(SIT)の二人の女性警察官が主人公。感性豊かで加害者・被害者

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
177viewsお気に入り数:0
検証捜査 (集英社文庫)

神谷警部補は西島秀俊さんで!!

大好きな「警視庁捜査一課警部補」が活躍する、警察関係の小説。今回の主役は、神谷警部補。実力派だが一匹狼、陰のある四十一歳。私の脳内では、神谷

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
172viewsお気に入り数:0
優しい死神の飼い方 (光文社文庫)

自惚れるな!人間。~温かい「死」への向き合い方~

「大重版出来!」このポップに魅せられてなんとなく手に取ったこの本がこんなにも心揺さぶられる物語だとは思わなかった。 私たち人間の世界では通称

anne45号anne45号
219viewsお気に入り数:0
ライヴ (角川文庫)

もし自分が参加者だったら

レースを完走すれば感染すると死に至るウイルスの特効薬が手に入る、そう聞かされてウイルス感染者の家族たちは非人道的ともいえる過酷なトライアスロ

odenchikuwaodenchikuwa
290viewsお気に入り数:0
君の膵臓をたべたい

私がこの本を読んだのも、選択

明るい彼女と暗い僕、そんな対照的な二人の四ヶ月の話彼女が膵臓の病気を患っていて余命一年だと知っているのは彼女の家族と、何故か僕僕は人との関わ

odenchikuwaodenchikuwa
278viewsお気に入り数:0
月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)

イリナが実在していたら…

いわゆる「ラノベ」の類は初めて読みました。ラノベといっても、アニメ調の挿絵が多いわけでもなく(イメージが浅くてすみません。。)、きちんとスト

enoenoenoeno
468viewsお気に入り数:0
櫛挽道守 (集英社文庫)

ぐいぐい引き込まれます。

登瀬は、木曽の腕利きの梳き櫛挽職人の娘である。幼い頃から、父吾助の技を見て育った登瀬は、その流れるような技に虜になり、いづれは、父の後をつい

kaerumamakaerumama
307viewsお気に入り数:0
田嶋春にはなりたくない

こんな人が間近にいたら??

田嶋春。通称、タージ。法学部で弁護士を目指している。とにかく、空気をよまない事で、学内では、有名人。色々と、伝説を生み出している。しかし、彼

kaerumamakaerumama
622viewsお気に入り数:0
白河夜船 (福武文庫)

サラが連れていた子は誰の子だったのか

【夜と夜の旅人】茂美は1年前に死んだ兄の芳裕が付き合っていたサラの手紙を読み、当時を思い出していた。サラはボストンの大学生で日本文化の研究の

rihitorihito
570viewsお気に入り数:0
白河夜船 (福武文庫)

植物人間の妻帯者に思いを寄せるのは許されるのか?

【白河夜船】主人公である寺子は付き合っている岩永からの電話のベルははっきり違って聞こえた。そんな岩永に岩子は「友達が死んだの」の一言を言いそ

rihitorihito
488viewsお気に入り数:0
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

まーちゃん、キミは何で、あの子たちを誘拐したんですか。

  「まーちゃん、世界で一番君を✖✖してる。嘘だけど」物語の始まり 御園マユ。 僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひ

ひかげぼん発掘ひかげぼん発掘
554viewsお気に入り数:1