エッセイ本

エッセイ本のまとめ、書評、感想などがわかわかります。

3652―伊坂幸太郎エッセイ集

3652 伊坂幸太郎エッセイ集(伊坂幸太郎)の書評・感想

本書は、伊坂幸太郎がデビュー直後の2000年に「公募ガイド」から依頼されたエッセイから10年間の間に、様々な媒体に書かれてエッセイをまとめた

黒夜行黒夜行
1167viewsお気に入り数:0
陰翳礼讃 (中公文庫)

谷崎潤一郎のエッセイ集。 評論集とも言えるかもしれません。陰翳礼讃

日本の文化とは?いろいろなテーマを取り上げていますが、一貫しているのは新しく入ってきた西洋的なくらしを通して日本文化を見るという姿勢です。こ

国中千鶴国中千鶴
1376viewsお気に入り数:0
生きる―わたしたちの思い〈第2章〉

mixiの谷川俊太郎コミュニティに寄せられた生きるについての詩集

生きるということ生きるということ今生きているということすべての美しいものに出会うということそしてかくされた悪を注意深くこばむこと一人でいる一

megumegu
1110viewsお気に入り数:0
猫なんかよんでもこない。その2 (コンペイトウ書房)

猫好き作者のほのぼのコミックエッセイ。猫なんかよんでもこない。その2

猫なんかよんでもこない。その2概要作者の猫との共同生活を描いたコミックエッセイの2巻目で、笑い所があり、切ないシーンもあり、猫飼いならではの

violetReadervioletReader
30701viewsお気に入り数:0
猫なんかよんでもこない。 (コンペイトウ書房)

猫好き作者の心温まるコミックエッセイ。 猫なんかよんでもこない。

猫なんかよんでもこない。概要このマンガは、作者の実体験を描いたコミックエッセイで、目標を失った作者が、子猫2匹との共同生活の中で、そっと打ち

violetReadervioletReader
30464viewsお気に入り数:0
仙台ぐらし

仙台で発行しているローカル誌での連載エッセイと書き下ろし小説をまとめた刊行本「仙台ぐらし」

メモ・三月の地震があった時、仙台市街地にいた渡邉さんは、巨大な生き物に振るい落とされる振動を感じたという。・おまけに、初夏の夜になると蛍が群

経済本とかマンガとか経済本とかマンガとか
1473viewsお気に入り数:0
職業は武装解除

職業は武装解除の感想

本書の概要物騒なタイトルの本だが、働くということは何なのか、深く考えさせられる一冊。自分の人生をどう生きるか、著者の生き方がとても参考になる

beat_sweetbeat_sweet
1911viewsお気に入り数:0
十七歳

十七歳の概要・感想

概要「なんで学校行かなきゃならないんだ!」「なんでいじめられなきゃいけないんだ!」「なんで大人はわかってくれないんだ!」 子どもから大人へと

reading_boxreading_box
1845viewsお気に入り数:0
日本が好き!

「日本が好き!」のPHP研究所まとめ

概要日本人の働き方ってちょっと変だけど、やっぱりすごい!NHK『テレビで中国語』で人気の著者がありのままに見たニッポンを語る。段文凝さん、初

PHP研究所PHP研究所
2634viewsお気に入り数:0
困ります、ファインマンさん (岩波現代文庫)

R・P・ファインマンの伝記的エッセイ集「困ります、ファインマンさん」

本書の概要「事実に対する真摯さ」は、すべてのビジネスマン必読!ノーベル物理学賞受賞者「世界最高の頭脳」の一人とされるR・P・ファインマンの伝

yukasiyukasi
3337viewsお気に入り数:2
生きぞこない …… エリートビジネスマンの「どん底」からの脱出記

北嶋一郎の自伝本「生きぞこない …… エリートビジネスマンの「どん底」からの脱出記」の書評・感想

自己破産やうつ、自殺未遂など人生における「どん底」を味わった。「自分と同じ轍を踏んで欲しくない」著者は本書で自らをさらけ出すことによりそれを

kuramaekuramae
3425viewsお気に入り数:1
仙台ぐらし

仙台に現在も在住の伊坂幸太郎に学ぶ「仙台に住むことの魅力」

人気ミステリ作家で、出身大学のある仙台に現在も在住の伊坂幸太郎のエッセイ。「仙台の魅力」というよりも「仙台に住むことの魅力」が伝わってくる本

本好きず~みん本好きず~みん
2961viewsお気に入り数:1
村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

村上春樹の作品のテーマ転換の軌跡を覗ける作品「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」の感想

感想「死とセックス」に関しては絶対に書かないと誓った村上春樹が,ノルウェイの森というまさに「死とセックス」を主題においた作品を書いたのかを本

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2350viewsお気に入り数:1
ろくでなし 伝説のミスター麻雀、酒と女とカネの無頼75年

小島武夫の自伝「ろくでなし 伝説のミスター麻雀、酒と女とカネの無頼75年」の書評・感想

数十年にもわたってプロ麻雀の世界で魅せ続けてきた「ミスター麻雀」小島武夫。その男の「生きざま」とはいったいどうだったのだろうか。本書は最初で

kuramaekuramae
3555viewsお気に入り数:0
編集者という病い (集英社文庫)

なぜ見城徹が作られたのか?編集者という病いの書評・感想

見城徹は、文芸作品を中心とした編集者である。という説明で説明できるのは、見城徹の5%以下ぐらいだろう。それぐらい、見城徹という人は外れまくっ

黒夜行黒夜行
1896viewsお気に入り数:0
秋山仁の落ちこぼれは天才だ (講談社文庫)

名物数学者:秋山仁氏のハチャメチャ半生記「秋山仁の落ちこぼれは天才だ」

変わった格好の名物数学者:秋山仁氏のハチャメチャ半生記。「落ちこぼれも努力すればなんとかなる!」と元気になれる1冊です話の概要ヤギ3頭と通学

yuutayuuta
8045viewsお気に入り数:0
ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記

ブンブン堂のグレちゃんの書評・感想

本作は、現在漫画家として活躍する著者が、20歳前後の専門学校生だった頃にバイトをしていた古本屋での話をコミックエッセイという形でまとめたもの

黒夜行黒夜行
2199viewsお気に入り数:0
仙台ぐらし

伊坂幸太郎のエッセイ集!仙台ぐらしの書評・感想

本書は、伊坂幸太郎のエッセイ集です。他にも伊坂のエッセイは発売されていますけど、僕が伊坂のエッセイを読むのは、たぶんこれが初めてのはずです。

黒夜行黒夜行
2334viewsお気に入り数:0
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)

裁判長!ここは懲役4年でどうすかの書評・感想

本作は、フリーライターである著者が、娯楽として裁判を傍聴するのにのめり込んでしまったその記録ともいえるものです。裁判を傍聴した経験などない著

黒夜行黒夜行
2405viewsお気に入り数:0
ねにもつタイプ (ちくま文庫)

ねにもつタイプの書評・感想

本書は、翻訳家でありエッセイストであもある著者のエッセイです。一つのエッセイが4ページぐらいで、その内1ページが、クラフト・エヴィング商會の

黒夜行黒夜行
1878viewsお気に入り数:0