エッセイ本

エッセイ本のまとめ、書評、感想などがわかわかります。

合田和厚著作集 (3) クレセントラブ-恋愛幻想-

合田和厚 クレセントラブ

合田和厚クレセントラブを読んでほしい人けっこう遊んだ経験のある女性かつては素敵な恋愛をして、もう恋など縁がないと思っている年配の女性合田和厚

詩人詩人
1359viewsお気に入り数:0
ネコの真実

ネコ好きのための、ネコの気持ちが分かる本

日本のネコは幸せなの?キャットドクター20年のベテラン獣医師が提案する、ネコがちゃんと長生きするための処方箋。完璧な肉食動物のネコがなぜ人間

fujiwr.mfujiwr.m
1058viewsお気に入り数:1
東海のうたびと

一流の歌人が語る、一流の歌人の心

著者は歌人・加藤治郎加藤治郎は未来短歌会に所属し、1988年『サニー・サイド・アップ』で現代歌人短歌賞、1999年『昏睡のパラダイス』で寺山

fujiwr.mfujiwr.m
1012viewsお気に入り数:1
村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

 「作品というのは、その人をどこかで超えていないとおもしろくないはずですね(河合)」

 タイトルのとおり、小説家の村上春樹と、ユング派の心理学者である河合隼雄との対談本である。 内容は阪神大震災や、小説で「何」を癒すのか、小説

kimidori608kimidori608
534viewsお気に入り数:0
言えないコトバ (集英社文庫)

あるある!

言えないコトバおひや、チャリ、おもてなし、パンツ、思ってたより、おあいそ、S?M?、結婚しないんですか?、サプライズ、遠慮のかたまり、さばさ

kaerumamakaerumama
1380viewsお気に入り数:0
シズコさん (新潮文庫)

人はみな、どこか狂ってる

佐野洋子さんのエッセイ。絵本以外の佐野さんは初体験で、特に飾るでもなく、言葉もナマのままぶつけてくる印象。ご本人もそういう性格なのだろう、な

モーミンモーミン
1328viewsお気に入り数:0
センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダーという感性

センス・オブ・ワンダーという感性「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目をみはる感性」子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美

violetReadervioletReader
12498viewsお気に入り数:0
わたしの空気のつくりかた: 出すぎず、引きすぎず、現場を輝かせる仕事術

唐橋ユミさんの人柄の良さが滲み出ている一冊!

ならぬことはならぬものみだりに自己主張することは控えても、ダメ出しははっきりと意思表示しなさい、という会津の気風の中で、私は育ちました...

kanainakakanainaka
1465viewsお気に入り数:0
がんのお姫様

がんになったらお姫様並に自分を甘やかすこと

どこにでもいる50代の働く主婦が癌に・短大でジェンダーを教える教員だった・元々リューマチがあり、リューマチがひどいと思っていたら実は癌で、ス

本好きず~みん本好きず~みん
948viewsお気に入り数:0
がんばらない

地域医療・在宅医療の実態を綴る、医師の体験談

地域医療・在宅医療の実態を綴る、医師の体験談本当の意味での地域医療・在宅医療とは何なのか、癒しとなるホスピスケアとは、患者の自己決定とは何な

マキマキマキマキ
957viewsお気に入り数:0
ザ・万遊記 (集英社文庫)

北朝鮮まで行っちゃった

気になったところザスパ草津「ザ・スパ」直球すぎてかえって目くらましになっている高校野球とことん「教育」高校野球の応援選曲がおそろしく古いスペ

NaosukeNaosuke
2725viewsお気に入り数:0
ザ・万歩計 (文春文庫)

風が吹けばエッセイを書く

気になったところすべてが新鮮なファースト・コンタクト金魚の脳は三秒前の出来事しか覚えていない懲りもせず送られてきた手紙を食べ、律儀にまた手紙

NaosukeNaosuke
2709viewsお気に入り数:0
結局ゾロ目を見逃す

まえだりょうさんのエッセー集!

著者の履歴・・・まえだ/りょう1975年京都市生まれ。1987年箕面市立豊川北小学校卒業。1990年箕面市立第六中学校卒業。1993年大阪府

haraitasennseiharaitasennsei
2096viewsお気に入り数:0
結局ゾロ目を見逃す

実録、まえだりょう午前32時のまつたけ

ショートエッセイ1エッセイ1 名馬 ブクブクのこと 時限アラーム 自由 人の数だけ、バスの乗り方がある 何も着られなくて ~秋~ 前田に生ま

さといもさといも
2239viewsお気に入り数:0
男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章 (文春文庫)

アタシのイタリアン―ぶっちぎりで勝つ人間味のつくり方

第1章 頭の良い男について第2章 イタリア男、イギリス男に圧倒されるの巻第3章 古き皮袋に新しき酒を第4章 再び、古き皮袋に新しき酒を第5章

さといもさといも
1991viewsお気に入り数:0
天才シェフ 危機一髪 世界一流レストランの舞台裏で起きた40の本当のお話

相手は「食材」と「お客」というナマモノだ。

 アメリカを代表するシェフたちの、若き日の失敗談を集めたもの。 基本、どれも2Pぐらいと短いのですぐ読める。 料理は段取りが勝負、しかし相手

kimidori608kimidori608
1480viewsお気に入り数:0
ぐろぐろ (ちくま文庫)

ぐろぐろ(松沢呉一)の書評・感想

http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-2036.html本書は、『BURRN!』という音楽

黒夜行黒夜行
701viewsお気に入り数:0
真贋 (講談社文庫)

真贋(吉本隆明)の書評・感想

http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-2041.html本書は、ざっくり説明すると、吉本隆

黒夜行黒夜行
690viewsお気に入り数:0
お友だちからお願いします

小説家・三浦しをん空学ぶ、人生の楽しみ方

エッセー集から、心に残る部分をまとめました。小説家・三浦しをんから学ぶ、人生の楽しみ方ただ生きればいい。それだけ「遺伝子は、種の保存を最優先

violetReadervioletReader
24997viewsお気に入り数:0
はじめからその話をすればよかった

はじめからその話をすればよかった(宮下奈都)の書評・感想

エッセイをたくさん読んでいるわけではないからサンプリングの問題かもしれないけど、僕はエッセイというのは「思考」を切り取るものなんだと思ってい

黒夜行黒夜行
908viewsお気に入り数:0