海外文学の本

海外文学の本のまとめ、書評、感想などがわかります。

怪物はささやく

愛されるということ

愛されるためには心の武器を捨てることである。主人公は自分を正当化するために、二つのことをしていた。1つ、助けを求めないこと2つ、皆に嫌われて

タカタカ
580viewsお気に入り数:0
夜と霧 新版

人間そして生きる意味とは。

<概要>第二次世界大戦期、歴史的な悲劇として語られているナチスドイツの強制収容所。数多くの悲劇が生まれていた強制

kazumamori425kazumamori425
695viewsお気に入り数:0
マハーバーラタ戦記―賢者は呪い、神の子は戦う

マハーバーラタには全てがある

マハーバーラタの読み方インド哲学の授業では、「マハーバーラタ」を読むのに、三通りの読み方があると言われています。一つ目は、物語そのものとして

クローバークローバー
804viewsお気に入り数:0
ぼくとテスの秘密の七日間 (文学の森)

家族って何だろう 『僕とテス秘密の七日間』

10歳のサミュエルは家族とテッセル島に1週間の旅行にきています。サミュエルは、看護師(イダ)の娘11才の女の子テスと出会います。テスはグッピ

ヨルヨル
893viewsお気に入り数:0
オズの魔法使い (新潮文庫)

君にもある、魔法の欠片は、こころのなかに

刊行100年後も色褪せることのない、不朽の名作ディズニーの映画化、挿入歌「虹の彼方に(OvertheRainbow)」のヒットでもおなじみの

coquilleycoquilley
1157viewsお気に入り数:0
ブロード街の12日間

当たり前を疑える強さ『ブロード街の12日間』【2015課題図書】

第一部泥さらい1854年ヴィクトリア朝ロンドン。主人公の少年イール(日本語でウナギの意味。あだ名。)は、街のワル、フィッシュアイ・タイラーか

ヨルヨル
1547viewsお気に入り数:0
ねじの回転 (光文社古典新訳文庫)

ねじの回転

序章 クリスマスイブに古い屋敷で階段譚を聞く、語り手の「私」。そこでダグラスという60歳に近い男性が、20年前に亡くなった彼より十歳上のとて

ヨルヨル
1682viewsお気に入り数:0
悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 (講談社現代新書)

ゴレンジャー・ガールたちにスーパー・ウッフンの高度な誘惑技術を学ばせる方法

ラルース大辞典のファム・ファタルの定義 「恋心を感じた男を破滅させるために、運命が送りとどけてきたかのような魅力をもつ女」第1講 健気を装う

さといもさといも
2163viewsお気に入り数:0
新訂 孫子 (岩波文庫)

孫氏の構成内容を紹介+行軍で大切なこと

孫子とは「孫子」十三篇は、中国の最も古い、また最もすぐれた兵書である。「孫子」のほかに「呉子」「司馬法」「尉練子」「李衛公問対」「黄石公三略

海荷lover海荷lover
1542viewsお気に入り数:0
貴婦人と一角獣 (白水Uブックス181)

実際にある美術品の謎に迫る。

想像しづらい部分もあるけれど。『貴婦人と一角獣』というタピストリーがあります。6枚一組の作品で、画面全体を彩る花や動物の模様(ミル・フルール

国中千鶴国中千鶴
755viewsお気に入り数:0
精選 新釈菜根譚―人生はくよくよしないほうがいい

毎日の小さな幸せに感謝したい。

毎日の小さな幸せの感謝したい。菜根譚とは中国明時代に書かれた処世術の本です。書かれた時期はちょうど政治が混迷していた時代でした。成立した時期

国中千鶴国中千鶴
681viewsお気に入り数:0
星の王子さま

胸に突き刺さるコトバがいっぱい!

小学生の頃、学校の課題図書になっていて一度読んだが、そのときは意味がわからないところが多くて、正直何が面白いのかさっぱりわからなかった。大人

7gaya.riko7gaya.riko
952viewsお気に入り数:0
ハチドリのひとしずく いま、私にできること

【ノーベル平和賞】受賞のマータイさんが世界に広めようとした、南アメリカの先住民に伝わる≪大切な≫お話

いま、私にできること ~南米アンデス地方の古くてあたらしいお話~ある時、森が火事になった。森の生き物たちは皆逃げて行った。だが、一羽のハチド

snufkinsnufkin
859viewsお気に入り数:0
テンペスト―シェイクスピア全集〈8〉 (ちくま文庫)

一二年の歳月がもたらしたもの「テンペスト―シェイクスピア全集〈8〉」の書評・感想

 ミラノ大公プロスペローは、弟のアントーニオによりその地位を簒奪され、アントーニオを後見したナポリ王アロンゾーの顧問官ゴンザーロの慈悲によっ

くまくまくまくま
652viewsお気に入り数:0
「青春」という名の詩―幻の詩人サムエル・ウルマン

D・カーネギー、マッカーサー、松下幸之助の愛誦した「青春の詩」に関する物語

青春の詩 byサムエル・ウルマン青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の持ち方を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦きょ

yuutayuuta
5185viewsお気に入り数:0
おとぎのかけら 新釈西洋童話集

おとぎのかけらの書評・物語紹介

人々がよく知る西洋童話をベースに、現代風にアレンジした、新釈西洋童話集。1.迷子のきまり(ヘンゼルとグレーテル)母親に虐待を受けている兄と妹

kaerumamakaerumama
1138viewsお気に入り数:0
エデンの東 新訳版 (3)  (ハヤカワepi文庫)

サミュエルの子供たちのエピソードも必見の1冊。エデンの東(3)

主役の世代交代が起こる本巻。思い入れていたキャラクターも老いで朽ちていく。サミュエルの子供たちのエピソードも必見の1冊。主要人物アダム(妻の

TnkTnk
1218viewsお気に入り数:0
最後だとわかっていたなら

最後だとわかっていたならから刺さった名言まとめ

(私に刺さった点)たしかにいつも明日はやってくるでももしそれがわたしの勘違いで今日で全てが終わるのだとしたらわたしは、今日どんなにあなたを愛

柳田裕一郎柳田裕一郎
834viewsお気に入り数:0
ホメロス 英雄叙事詩とトロイア戦争: 『イリアス』『オデュッセイア』を読む

放浪の末、故郷に帰る英雄の物語「ホメロス」の要約まとめ

要約 トロイ戦争が終わって10年の月日が流れた。知恵に富む、ギリシアの英雄オデュッセウスは、海神ポセイドンの怒りに触れ、故郷イタケに帰ること

reading_boxreading_box
2095viewsお気に入り数:0
イソップ寓話集 (岩波文庫)

人間の「経験」と「洞察」に関する宝庫「イソップ寓話集」の書評まとめ

作者紹介:イソップ 古代ギリシャの寓話作家。小アジアのフリュギアの生まれと伝えられる。サモスのイアドモンの奴隷となる。機知に優れていたため、

reading_boxreading_box
2297viewsお気に入り数:0