日本文学の本

日本文学の本のまとめ、書評、感想などがわかります。

掌の小説 (新潮文庫)

「傘についてのただこれだけのことで―。」川端康成の体験に基づく純粋な恋愛短編-雨傘-

あらすじ霧のような春雨の降る日。少年の父親の都合で離れることになってしまった少年と少女は写真館へお別れの写真を撮りに行く。一つの雨傘と純粋な

sumiresumire
5762viewsお気に入り数:0
谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)

奥深いフェチの世界

谷崎潤一郎のフェティシズムをテーマにした短編集。時には残酷に時にはマゾになる登場人物たちが魅力的。この作品を読んでいるとサドとマゾは表裏一体

さばねこくんさばねこくん
5444viewsお気に入り数:0
新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

「だから僕を愛してください」宮沢賢治の恋愛小説-シグナルとシグナレス-

あらすじ舞台はもちろん岩手県。シグナルとシグナレスは現在の東北本線とJR釜石線の遮断器。作中では東北本線が「本線」、JR釜石線は「軽便鉄道」

sumiresumire
6225viewsお気に入り数:0
永遠の0 (講談社文庫)

平和を生きる今の若者にこそ読んで欲しい!戦争とは何か。その真実を少しでも知ってほしい

あらすじ「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健

akahana555akahana555
1230viewsお気に入り数:0
海うそ

蜃気楼の先にある、たゆたう悠久の記憶

梨木果歩による、新たな物語り―喪失する歴史、ひとの記憶、信仰、自然の美しさ昭和初期、南九州の離島を舞台に、若き人文地理学の研究者が調査に訪れ

coquilleycoquilley
1493viewsお気に入り数:0
紺極まる

長野まゆみさんの描く男同士の恋愛はこんなにも潔白で慎み深い

帯紙より「先生は真木のことを好きでしょう。なんとなくそんな気がする。」希(のぞ)んでは不可(いけ)ない。だけどほんとうに欲しいものは――。長

水流苑真智水流苑真智
1906viewsお気に入り数:0
漁師の愛人

プリンとフリンと

少年とプリン給食においてレア度が高いプリンの日。その日に限って何故かプリンが盗まれる。目に見えぬ犯人のせいで、給食にありつけない、どころか担

本好きず~みん本好きず~みん
1125viewsお気に入り数:0
春の庭

日常生活の中に潜む魅力。

私たちはいかに見落としているか舞台となるのは、取り壊しが決まった世田谷のアパート。主人公の太郎は同じアパートに住む女性、西さんがある家に興味

国中千鶴国中千鶴
1702viewsお気に入り数:0
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (講談社文庫)

ただただ、圧巻のラスト

―まだ誰もそのことに気が付いていないだけで、本当の自分には特別な才能があり、誰よりも優れているのだ―と思ったことのある人はいないだろうか。本

oboshimeseoboshimese
1287viewsお気に入り数:0
パン屋再襲撃 (文春文庫)

パン屋再襲撃

1987年に刊行された村上春樹の短編小説。村上春樹の特徴を大きく反映しており、平易な文章でかつ複雑な隠喩を用いた小説となっている。「文章はリ

本好き本好き
3081viewsお気に入り数:0
想像ラジオ

耳を澄ませば、ラジオがそこから流れている。

ラジオの魅力を再認識する。本を開いた途端にラジオの放送が始まります。想像の中で聴くことのできる想像ラジオ。DJアークの軽快なトークが展開され

国中千鶴国中千鶴
3018viewsお気に入り数:0
銀の匙 (小学館文庫)

昔懐かしい日本の情景

某有名漫画と同じタイトルですが、作者が体験した子ども時代のことを書いた自伝的小説です。昔ながらの日本の下町の様子が描かれます。別にその時代を

国中千鶴国中千鶴
2925viewsお気に入り数:0
使ってみたい落語のことば (中公文庫)

使ってみたい落語のことば(長井好弘)の書評・感想

http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-2039.html本書は、内容の紹介は非常にあっさり

黒夜行黒夜行
1067viewsお気に入り数:0
俳句いきなり入門 (NHK出版新書 383)

俳句いきなり入門(千野帽子)の書評・感想

内容に入ろうと思います。本書は、「まったくの俳句未経験者、あるいは「俳句って年寄り臭い趣味でしょ」と思いこんでいる人、つまり俳句の「外」の人

黒夜行黒夜行
2012viewsお気に入り数:0
短歌という爆弾: 今すぐ歌人になりたいあなたのために (小学館文庫)

短歌という爆弾(穂村弘)の書評・感想

僕には、今でも空で言える短歌が一つだけある。今まで生きてきて、国語の授業や他の機会などで、ほどほどに人並みに短歌に触れてきたと思うが、これほ

黒夜行黒夜行
1978viewsお気に入り数:0
もういちど 村上春樹にご用心

内田樹流村上春樹論。「教訓」「秩序」「言い表せないこと」

『1Q84』やエルサレム・スピーチをウチダ先生はどう読んだのか?ハルキ文学の読み方がもういちど変わる!新たなテクストとともに『村上春樹にご用

violetReadervioletReader
28308viewsお気に入り数:0
斜陽 [kindle版]

戦後の没落貴族の物語。 斜陽の感想

戦後の没落貴族の物語。生まれ持った高貴さと繊細さによる苦悩、それに対するそれぞれの反抗と襲われるさらなる苦痛が描かれた作品。巻末の「太宰は明

yoshipekoyoshipeko
1552viewsお気に入り数:0
若きサムライのために (文春文庫)

三島由紀夫文の次代への遺言

男の生活と肉体は、危機に向って絶えず振りしぼられた弓のように緊張していなければならない―。平和ボケと現状肯定に寝そべる世相を蔑し、ニセ文化人

violetReadervioletReader
27487viewsお気に入り数:0
バイブルDX(デラックス) (ダ・ヴィンチブックス)

ちょっと奇蹟を信じてみたくなりました。

ちょっと奇蹟を信じてみたくなりました。現代のキリストを探して、その人の生き方をしるし、それを読んだ誰かの支えになるような聖書を作ろうとした編

国中千鶴国中千鶴
979viewsお気に入り数:0
シャガールと木の葉

シャガールと木の葉の一節紹介

子供には百千もの笑うわけがあるそれが大人にはただひとつにしか見えない子供が笑っているだけで大人は安心してしまうだが子供もまた苦しみを笑うすべ

megumegu
1107viewsお気に入り数:0