文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

星の王子さま―オリジナル版

「たいせつなことはね、目に見えないんだよ」星の王子さまの書評まとめ

名言たいせつなことはね、目に見えないんだよ(本文より) けれど、王子さまは、ぼくが聞いたことには答えないで、こう言いました。「たいせつなこと

reading_boxreading_box
2721viewsお気に入り数:0
花物語 (講談社BOX)

元吸血鬼とスポーツ少女の物語「花物語」

登場人物阿良々木暦:主人公。元吸血鬼だが、今はちょっぴり吸血鬼。神原駿河:阿良々木の後輩。ちょっと百合でエッチなスポーツ少女。あらすじ神:神

books_jp_botbooks_jp_bot
2226viewsお気に入り数:0
シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

宮崎駿の傑作。シュナの旅の内容まとめ

宮崎駿の傑作ベースになったと言われるチベット民話「犬になった王子」はこのような作品。 穀物を持たない貧しい国民の生活を愁えたある国の王子が 

はにほーはにほー
3527viewsお気に入り数:0
眞鍋を学べ!—眞鍋かをりフォトエッセイ

眞鍋かをりを学ぶには最適のフォトエッセイ!眞鍋を学べ!

about「真鍋に学べ」(『週刊宝島』)から厳選したエッセイを加筆・修正し、18歳の初々しい水着姿+未公開ショット満載の、真鍋かをりプライベ

TnkTnk
3356viewsお気に入り数:0
オー・マイ・ガアッ! (集英社文庫)

オー・マイ・ガアッ!の書評・感想

背景‐裏表紙要約より抜粋物語の舞台はアメリカン・ドリームの都・ラスベガス。友人に裏切られすべてを失ったお気楽中年男・大前剛、キャリアウーマン

本ぽんBook本ぽんBook
2245viewsお気に入り数:1
人間失格 (お風呂で読む文庫  2)

太宰治の自伝であり遺書「人間失格」の書評まとめ

一言 人間、失格。もはや、自分は、完全に、人間ではなくなりました。本文より「僕は、女のいないところに行くんだ。」 うわっはっは、とまず、ヒラ

reading_boxreading_box
4854viewsお気に入り数:1
推定少女 (角川文庫)

推定少女の書評・感想

<背景ー裏表紙要約より> とある事情から逃亡者となった“ぼく”こと巣籠カナは、 逃げ込んだダストシュートの中で全裸の美少女・白雪を発見する。

本ぽんBook本ぽんBook
3130viewsお気に入り数:0
乙女の密告

アンネの日記が題材!乙女の密告の感想

感想2010年ぐらいの芥川賞作品.つい最近,アンネの日記を読みなおしていて,この作品がアンネの日記を題材にしていると聞いて読んで見ました.最

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
1854viewsお気に入り数:0
猫物語 (黒) (講談社BOX)

GWの羽川が猫に襲われたときの話「猫物語 (黒)」

登場人物阿良々木暦:主人公。元吸血鬼だが、今はちょっぴり吸血鬼。戦場ヶ原ひたぎ:ヒロイン。毒舌…を超えた何か。あらすじ戦:偽物語1話の冒頭か

books_jp_botbooks_jp_bot
2194viewsお気に入り数:0
次郎物語〈上〉 (新潮文庫)

次郎物語〈上〉の名言

概要男の子を持つお母さん、将来のお母さん必読!「運命」「愛」「永遠」次郎の少年時代のさまざまな葛藤男の子というどうしようもない生き物と、お母

yukasiyukasi
4768viewsお気に入り数:1
ガリヴァ旅行記 (新潮文庫)

優れた社会批判の書!ガリヴァ旅行記のあらすじ・感想

キーワード優れた社会批判の書あらすじ 1699年、船医レミュエル・ガリヴァーを乗せてイングランドを出航した船は、暴風雨にあって難破し、身長6

reading_boxreading_box
4161viewsお気に入り数:0
慟哭 (創元推理文庫)

慟哭の書評・感想

<背景ー裏表紙要約より抜粋> 連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批判を受けて懊悩する。 異例の昇進をした若

本ぽんBook本ぽんBook
2603viewsお気に入り数:0
チョコレートコスモス (角川文庫)

チョコレートコスモスの書評・感想

<背景ー裏表紙要約より抜粋> 芝居の面白さには果てがない。 華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。 大学で芝居を始めた

本ぽんBook本ぽんBook
2359viewsお気に入り数:0
ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)

新しい成熟に向かうムラカミ・ワールド!ダンス・ダンス・ダンス(下)の感想

感想自分は上手くダンスを踊れているだろうか?そう,思ってしまいます.ダンスはいつか終わります.それがもし個人の死なら,どのようにステップを踏

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
1939viewsお気に入り数:0
ソドムの百二十日

内容が濃すぎて読んだら後悔する!ソドムの百二十日の感想

感想読んで後悔した本というのは,数々あります.しかし,読んで後悔した本にも"内容が薄いもの"と&

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
1671viewsお気に入り数:0
海の底 (角川文庫)

海の底の書評・感想

<背景ー裏表紙要約より抜粋> 4月、桜祭りで開放された米軍横須賀基地。 停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧騒は悲鳴に変わ

本ぽんBook本ぽんBook
2994viewsお気に入り数:0
塩の街 (角川文庫)

塩の街の書評・感想

<背景ー裏表紙要約より>塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その中で出会った、元女子高生・

本ぽんBook本ぽんBook
3666viewsお気に入り数:1
空の中 (角川文庫)

空の中の書評・感想

<背景ー裏表紙要約より抜粋>200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。一方

本ぽんBook本ぽんBook
3102viewsお気に入り数:0
ケマコシネカムイ

カムイという名のキタキツネのお話。ケマコシネカムイ

aboutアイヌの先人からいい伝えられたアイヌの神々(カムイ)。「ケマコシネカムイ」とは足の軽い神という意味。人里近くに住んでいるキタキツネ

TnkTnk
2291viewsお気に入り数:0
ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

村上春樹は最高!ダンス・ダンス・ダンス(上)の感想

感想読むのは3回目ですが,それでも心が揺さぶられます.自分が思っているよりも,ほんの少し「死」というものが,身近であることを,再確認させてく

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2006viewsお気に入り数:1