文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

宇宙の迷路

PHP研究所による「宇宙の迷路」の出版社まとめ

「香川元太郎の迷路絵本」シリーズ第8弾、今回のテーマは「宇宙」。迷路絵本シリーズは、歴史・自然などの学習要素が数多くもりこまれた絵の中に迷路

PHP研究所PHP研究所
3266viewsお気に入り数:1
「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号))

村上春樹が日常生活や音楽、恋愛相談まで直接答えたエッセイ 「そうだ、村上さんに聞いてみよう」

一言概要村上春樹の日常生活や小説を書くこと翻訳をすること映画や音楽を楽しむことそして,恋愛相談まで,読者から届いた282個の質問に,村上春樹

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
3097viewsお気に入り数:5
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911テロによって父親を失った9歳のオスカーの冒険「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の書評まとめ

概要2005年にアメリカで出版された現代小説の邦訳本。9.11テロによって父親を失った9歳の少年<オスカー>の冒険と、2種類の手紙(祖父から

yondereadyonderead
2987viewsお気に入り数:0
ボーイニートガール (モーニングKC)

著者加藤寛之が教える!ボーイニートガールの見どころまとめ

まえがき「卒業」この春ぼくは、5年かけて大学を卒業しました。卒業式の日の夜、ゼミの先生が送別会を開いてくれました。卒業生がひとりひとり挨拶を

加藤寛之加藤寛之
4418viewsお気に入り数:5
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911の同時多発テロがきっかけとなった。父と子供の感動の小説

概要歴史的な悲劇から、希望に溢れる神話が生まれた─全米ベストセラー、人気若手作家による9・11文学の金字塔、ついに邦訳。9歳の少年オスカーは

hisahisahisahisa
3922viewsお気に入り数:1
レインツリーの国 (新潮文庫)

『図書館内乱』と同時進行で書き上げられた青春恋愛小説「レインツリーの国」のレビュー

はじめに『図書館内乱』に出てくる小説を実際に小説化したもので、実際は『図書館内乱』と同時進行で書き上げられた青春恋愛小説である。レビューお互

pele_kunpele_kun
2543viewsお気に入り数:1
失踪日記

失踪日記の5つのポイント

この本に求めるポイントこういう生き様を観察すると思って読んでください。自分の人生と照らし合わせられますか?そして、あなたに真似ができますか?

すっきりすっきり
2190viewsお気に入り数:1
希望をはこぶ人

別の見方で悩みを解決するヒントを教える本「希望をはこぶ人」

はじめに ホームレスからベストセラー作家になった著者による、半自伝的な小説です。さまざまな悩みを抱えた人々に、ジョーンズという老人が別のもの

gogogogo
3048viewsお気に入り数:3
どろんここぶた (ミセスこどもの本)

どろんここぶたの絵本ストーリー

 こぶたはお百姓のおじさんとおばさんにとってもかわいがられていました。そんなこぶたの大好きなことは、やわらかーいどろんこの中に座ったまま沈ん

usamiya_shotenusamiya_shoten
4188viewsお気に入り数:1
絵本 小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと

絵本版「小さいことにくよくよするな!」から学ぶくよくよしなくなるポイント

はじめに小さいことにくよくよするな!の絵本版です。以下響いた言葉をまとめさせていただきます。ポイント・小さいことにくよくよするな!・人のため

JackJack
3413viewsお気に入り数:3
真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)

真夜中のパン屋さんの書評・感想

良い小説は、小説に出てくる人物が生きている。人だけじゃなく、街もモノも景色も全て。まるでどこかに居るかのように描かれている。真夜中のパン屋さ

ikechan0201ikechan0201
3105viewsお気に入り数:2
おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2

おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2の書評・感想

はじめに村上春樹のananでの連載エッセイをまとめたものタイトルは2つのエッセイのタイトルから来ている。ゆるエッセイだけど1つのエッセイの長

santa monicasanta monica
2366viewsお気に入り数:1
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

100万回生きたねこの絵本ストーリー

 100万年死なないとらねこがいました。100万回も死んで、100万回も生きて、100万人の飼い主にかわいがられました。そのとらねこが死んだ

usamiya_shotenusamiya_shoten
3940viewsお気に入り数:2
すベてがFになる (講談社文庫)

すベてがFになるより真額田四季と犀川創平の名言紹介

●感想久々に読み返してみたこの作品。真額田四季の圧倒的な存在感、犀川創平の素晴らしい認識・思考力、西之園萌絵の芸術的な発想力。物語のスピード

kobataku_tkkobataku_tk
4835viewsお気に入り数:2
QED ベイカー街の問題 (講談社ノベルス)

QED ベイカー街の問題の書評・感想

●感想蘊蓄よりも、「ミステリー」に比重が置かれていた。ミステリーとしての出来は、「普通」かな。多少無理がある気がしなくはない。杉の都合の良い

kobataku_tkkobataku_tk
1993viewsお気に入り数:1
カリブ海のドン・キホーテ フィデル・カストロ伝

「弱者救済」という信念を貫き通した英雄!カリブ海のドン・キホーテ「フィデル・カストロ伝」

はじめにキューバ?カリブ海の共産主義の国だよね。カストロ?独裁者の人だよね。という先入観を持っていましたが、この本を読んでそれが偏見に満ちて

deshimardeshimar
4428viewsお気に入り数:2
ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

ろくべえまってろよの絵本ストーリー

 犬のろくべえが深い穴に落ちてしまいました。穴をのぞく子どもたちにろくべえの鳴き声は届きますが、穴の中は暗くてろくべえの姿は見えません。みつ

usamiya_shotenusamiya_shoten
5159viewsお気に入り数:1
いとしのウルトラマン

いとしのウルトラマンの目次と感想

はじめに「おまえうまそうだな」や「きょうはなんてうんがいいんだろう」など沢山素敵な絵本を書かれている宮西達也さんのウルトラマンシリーズの代表

JackJack
2491viewsお気に入り数:2
ぎょうれつのできるすうぷやさん

ぎょうれつのできるすうぷやさんの絵本ストーリー

 山の動物たちが鼻をくんくんさせながら集まってきました。おいしそうなにおいをたどっていくと、知らない家の門にぶつかりました。そこには「入るべ

usamiya_shotenusamiya_shoten
2701viewsお気に入り数:1
オウエンとムゼイ なかよしのことば

オウエンとムゼイ なかよしのことばの絵本ストーリー

 2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震による大津波は、6400キロ離れたアフリカのケニアの海岸にも押し寄せました。その大津波によ

usamiya_shotenusamiya_shoten
2649viewsお気に入り数:1