文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

ライトノベルよ、どこへいく―一九八〇年代からゼロ年代まで

ライトノベルの黎明期。ライトノベルから一般文芸へ

本書の構成 修士論文をベースにしたライトノベルの来歴に関する分析本。主に90年代の黎明期、00年代前半の爆発期、00年代後半の越境・拡大期に

くまくまくまくま
2265viewsお気に入り数:2
上海ベイビー (文春文庫)

上海ベイビーの書評・感想

ストーリー不能の彼氏をもつ上海ベイビーが妻子あるドイツ人と不倫をしてしまう。彼氏を愛しているが、自分の欲望は止められない。結果それが、彼氏を

hisahisahisahisa
1908viewsお気に入り数:2
きたきつねのしあわせ (いきるよろこびシリーズ)

幸せについて、キタキツネと考える一冊。 きたきつねのしあわせ

about手島圭三郎氏の絵本。「しまふくろういきる」と同じく「いきるよろこび」シリーズの一冊。キタキツネの寿命は5年。メスが死に、オスは日に

TnkTnk
1987viewsお気に入り数:1
恋物語 (講談社BOX)

詐欺みたいなやり取りが中心の恋物語

登場人物阿良々木暦:主人公。元吸血鬼だが、今はちょっぴり吸血鬼。戦場ヶ原ひたぎ:ヒロイン。毒舌…を超えた何か。あらすじ戦「そこにいるのは家で

books_jp_botbooks_jp_bot
4482viewsお気に入り数:3
女子高生店長のコンビニは楽しくない (ガガガ文庫)

女装をしてコンビニでアルバイトをする主人公?女子高生店長のコンビニは楽しくない

登場人物戸浪りんな(南里湊人):超地味な高校一年生16歳。本名は南里湊人で男。女装してコンビニでバイトとして働く支倉こもも:戸浪りんなのクラ

books_jp_botbooks_jp_bot
3026viewsお気に入り数:1
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上) (MF文庫ダ・ヴィンチ)

はがない!あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上)のあらすじ

概要幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道の6人。幼馴染である彼らは互いをあだ名で呼び合い、「超平

books_jp_botbooks_jp_bot
2928viewsお気に入り数:2
雷撃☆SSガール (講談社BOX)

雷撃☆SSガールの展開・感想

物語の展開 零細ダイレクトメール会社を経営する朝倉陣は、恋人に振られた日にキャバクラですごい美人に出会う。その女性、水ノ瀬凜は、傍若無人な振

くまくまくまくま
1721viewsお気に入り数:2
羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)

羽月莉音の帝国のあらすじ・概要まとめ

あらすじ 高校生が建国を目指して、資金集めのために起業する物語。スピード感は半端ないけれど、起業プロセスの勉強にもなります。物語の概要 羽月

くまくまくまくま
2034viewsお気に入り数:3
傷物語 (講談社BOX)

雑談おおすぎ!傷物語のあらすじ

登場人物阿良々木暦:主人公。元吸血鬼だが、今はちょっぴり吸血鬼。戦場ヶ原ひたぎ:ヒロイン。毒舌…を超えた何か。あらすじ戦「あら、そこにゴミが

books_jp_botbooks_jp_bot
3542viewsお気に入り数:6
もの食う人びと (角川文庫)

もの食う人びとの感想

感想旅行記?独白?ドキュメンタリー?とにかく重たかった。食をとおして世界の衝撃的な側面を突きつけられる。決してグルメな内容などではない。全部

sksk
1998viewsお気に入り数:0
ジョニーは戦場へ行った (角川文庫)

反戦の想いをこめた問題作!ジョニーは戦場へ行ったの書評・感想

感想もし,ジョニーの状態になったら,死んだ方がマシなのかを考えました.その答えは結局出せませんでしたが,人間の尊厳のほとんどを失ったジョニー

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2268viewsお気に入り数:2
猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

宝物のような長篇小説!猫を抱いて象と泳ぐの書評・感想

感想文章の空気感が非常に村上春樹に似ている気がした.平易な文章だけど,難解なプロットでストーリを構成しているところとか.そのお陰で,読みやす

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2518viewsお気に入り数:2
第四間氷期 (新潮文庫)

衝撃へと投げやる異色のSF長編!第四間氷期の書評・感想

感想安部公房は天才だと思います.『砂の女』や『箱男』といった人間の奥深くの構造を抉るような小説を数々発表していますが,あまり評価されていない

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
1836viewsお気に入り数:1
偽物語(上) (講談社BOX)

やっぱり雑談が8割!偽物語(上)

登場人物阿良々木暦:主人公。元吸血鬼だが、今はちょっぴり吸血鬼。八九寺真宵:ツインテールの小学生女子。自称プロデューサー。一応自縛霊のはず…

books_jp_botbooks_jp_bot
3966viewsお気に入り数:5
僕は友達が少ない (MF文庫J)

僕は友達が少ないのあらすじ・感想

概略残念系学園コメディタイトルの通り「友達が少ない」登場人物が「友達作り」を目的とした部活を作り、その活動記録が書かれている。略称は「はがな

tsugawa0925tsugawa0925
1856viewsお気に入り数:2
化物語(下) (講談社BOX)

雑談が8割!化物語(下)

登場人物阿良々木暦:主人公。元吸血鬼だが、今はちょっぴり吸血鬼。神原駿河:阿良々木の後輩。ちょっと百合でエッチなスポーツ少女。あらすじ神「神

books_jp_botbooks_jp_bot
3126viewsお気に入り数:2
化物語(上) (講談社BOX)

【RT希望】したくなる西尾維新のライトノベル「化物語(上)」

登場人物阿良々木暦:主人公。元吸血鬼だが、今はちょっぴり吸血鬼。戦場ヶ原ひたぎ:ヒロイン。毒舌…を超えた何か。あらすじ戦「ところで阿良々木く

books_jp_botbooks_jp_bot
4789viewsお気に入り数:3
トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

トム・ソーヤーの冒険のあらすじ・感想

あらすじ ミシシッピ川の畔の町、セント・ピーターズがこの物語の舞台である。主人公のトムは、ポリー夫人の家に住む、恐れることを知らないワンパク

reading_boxreading_box
4829viewsお気に入り数:2
小説 東のエデン (ダ・ヴィンチブックス)

この国の「空気」に戦いを挑んだひとりの男の子と、彼を見守った女の子のたった11日間の物語「東のエデン」

ストーリーこの国の”空気”に戦いを挑んだひとりの男の子と、彼を見守った女の子のたった11日間の物語あらすじ2010年。日本は11発のミサイル

books_jp_botbooks_jp_bot
2279viewsお気に入り数:2
梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)

「知的生産の技術」の著者!梅棹忠夫 語るの書評・感想

昨年の7月に民俗学者であり、「知的生産の技術」の著者である梅棹忠夫氏が逝去された。ちょうどその半年前に、「知的生産の技術」刊行40周年を記念

kuramaekuramae
2728viewsお気に入り数:1