文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

ぎょうれつのできるすうぷやさん

ぎょうれつのできるすうぷやさんの絵本ストーリー

 山の動物たちが鼻をくんくんさせながら集まってきました。おいしそうなにおいをたどっていくと、知らない家の門にぶつかりました。そこには「入るべ

usamiya_shotenusamiya_shoten
2326viewsお気に入り数:1
オウエンとムゼイ なかよしのことば

オウエンとムゼイ なかよしのことばの絵本ストーリー

 2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震による大津波は、6400キロ離れたアフリカのケニアの海岸にも押し寄せました。その大津波によ

usamiya_shotenusamiya_shoten
2259viewsお気に入り数:1
ブルー・ビーとまほうのとびら (青いハチのブルー・ビーシリーズ)

ブルー・ビーとまほうのとびらの絵本ストーリー

 青い模様のついたハチのブルー・ビーとてんとう虫のスッポキーは、ある日、森の妖精フィンフィンにふしぎな世界に連れて行ってもらいます。 妖精フ

usamiya_shotenusamiya_shoten
2170viewsお気に入り数:1
燃えよ剣

燃えよ剣の書評・感想

悲劇としての新撰組(再訪『燃えよ剣』)概要新選組副長土方歳三の生涯を隊長・近藤との関係と共に描いた司馬遼太郎の長編歴史小説。小説の従来の論評

アジアアジア
2528viewsお気に入り数:2
もったいないばあさん (講談社の創作絵本)

もったいないばあさんの絵本ストーリー

 ぼくがもったいないことをしていると、かならず「もったいなーい」と言ってもったいないばあさんがやってきます。 ぼくのおさらの上の食べ残し、お

usamiya_shotenusamiya_shoten
3266viewsお気に入り数:3
パパ、お月さまとって!

パパ、お月さまとって!の絵本ストーリー

 ある晩、モニカという女の子が寝室に行こうとすると、窓からお月さまがとても近くに見えました。モニカはお月さまと遊びたくなって、手をのばして「

usamiya_shotenusamiya_shoten
2476viewsお気に入り数:2
バスたろう はじめての うんてん (講談社の創作絵本)

バスたろう はじめての うんてんの絵本ストーリー

 かんたろうは駅にいるお父さんに傘を届けるために、初めてひとりでバスに乗ります。初めてひとりで乗るバス。あまりにドキドキしているので、へんな

usamiya_shotenusamiya_shoten
2044viewsお気に入り数:1
くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)

くれよんのくろくんの絵本ストーリー

 新品のクレヨンがありました。「退屈でいやになっちゃうなあ」といって黄色くんが箱から飛び出しました。画用紙を見つけた黄色くんはうれしくなって

usamiya_shotenusamiya_shoten
5185viewsお気に入り数:1
おまえうまそうだな (絵本の時間)

おまえうまそうだなの絵本ストーリー

 大昔のある日、広い荒原にたまごがぽつんとひとつありました。火山が噴火したとき、そのたまごからアンキロサウルスの赤ちゃんが生まれました。ひと

usamiya_shotenusamiya_shoten
3172viewsお気に入り数:2
カブトくん

カブトくんの絵本ストーリー

 こんちゃんは虫が大好きな男の子。一番好きな虫はカブトムシです。 冬のある日、こんちゃんはとても大きなカブトムシの幼虫をみつけ、家に持ち帰っ

usamiya_shotenusamiya_shoten
2748viewsお気に入り数:2
中原の虹 第一巻

中原の虹 第一巻の書評・感想

『蒼穹の昴』『珍妃の井戸』に次ぐ、中国を舞台にした時代小説。​それぞれの物語の登場人物が、時を超えてつながり、「ひとつの想​い」を実現してい

romaiyaromaiya
1772viewsお気に入り数:0
きことわ

きことわの書評・感想

登場人物は少女時代に葉山の別荘で出会った永遠子(とわこ)と貴​子(きこ)。幼いころにお互いの環境も知らず、ただ夏の日々を一​緒に過ごした。内

romaiyaromaiya
2440viewsお気に入り数:2
その日のまえに (文春文庫)

その日のまえにの書評・感想

[若干ネタバレあり]涙なくして読めない家族小説。感動とかいい​話とか、そんな生ぬるさはない。覚悟して生きるための通過儀礼を​いかにするか、読

romaiyaromaiya
2233viewsお気に入り数:1
植物図鑑

植物図鑑の書評・感想

ブクログ大賞をとったこの作品。表紙をめくると、草花の写真が巻​頭カラーであって、少し和む。そのほっこりした気持ちのまま進む​、物語。どこにで

romaiyaromaiya
2205viewsお気に入り数:3
ようこそ、ちきゅう食堂へ

ようこそ、ちきゅう食堂への書評・感想

読んでいるととにかくお腹が空く。『食堂かたつむり』でもそうだ​ったけれど、なんと食べ物の描写の上手な人なんだろうか。文字で​読むだけで、食事

romaiyaromaiya
1533viewsお気に入り数:1
ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見たの書評・感想

感想のっけからなんなんですけど、性描写が赤裸々。あらら……と始め​こそたじろぐけれど(笑)、生きるために人間は「性」をこんなに​も必要とする

romaiyaromaiya
2138viewsお気に入り数:1
切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話

「言葉を読むこと」と真剣に向き合う「切りとれ、あの祈る手を」

「言葉を読むこと」と真剣に向き合ったことがあるだろうか。すべてのものに、ちょっと気の利いた一言を差し込むことができる。それがなんの役に立つの

at_kiyosumiat_kiyosumi
1878viewsお気に入り数:0
クローズド・ノート (角川文庫)

クローズド・ノートの書評・感想

あらすじ堀井香恵は、文房具店でアルバイトと音楽サークルの活動に勤しむ、ごく普通の大学生。何か物足りないという思いを抱えたまま日々を過ごしてい

kananannnkananannn
2584viewsお気に入り数:1
方丈記 (岩波文庫)

方丈記の書評・感想

方丈の庵で書かれた三大随筆のひとつ。まず災害などの体験(安元大火、治承辻風、福原遷都、養和飢饉、元暦地震)を描いている。その後は著者の家系、

bookflowbookflow
2287viewsお気に入り数:2
1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1「青豆が拳銃ぶっ放す話」

青豆が拳銃ぶっ放す話

daiskipdaiskip
2463viewsお気に入り数:3