文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

砂漠 (新潮文庫)

伊坂幸太郎の「砂漠」の書評・感想

感想やはり伊坂幸太郎は,言葉のチョイスが絶妙です.正直,こんな学生生活が送りたかったと思ってしまうことは確実でしょう.背表紙の内容要約より入

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
3165viewsお気に入り数:3
できないことが多すぎる。

できないことが多すぎる。の書評・感想

んー。なにか宣伝ぽくなってしまうので、どうまとめればいいか悩みましだが・・・コミックエッセイとして、凄い面白い!!!!!!本当に!!の一言。

keimaru_pondaikeimaru_pondai
2235viewsお気に入り数:0
私のミトンさん

毎日新聞社出版局による「私のミトンさん」の出版社まとめ

 身長50センチのミトンさんは、アカネの秘密の同居人。わがままで謎の深いミトンさんと、そこに集うどこまでも優しく独創的な人々を描いたほの甘い

毎日新聞社出版局毎日新聞社出版局
2366viewsお気に入り数:0
最悪 (講談社文庫)

巻き込み小説!「最悪」の書評・感想

まえがき3人の主人公の最悪な状況が少しずつ交錯していき同じ事件の当事者となる。読者を巻き込み小説とは思えない臨場感がある作品。登場人物 01

カズト イトウカズト イトウ
2171viewsお気に入り数:1
黒い禊ぎ

黒い禊ぎのあらすじ・書評

あらすじ大学生の青木は、最近中古で購入した自慢のツードアの赤いセリカに、友達二人を乗せてドライブに行くのだが、高速道路で渋滞に巻き込まれ、途

nannannannan
2523viewsお気に入り数:1
1Q84 BOOK 1

村上春樹の話題作「1Q84 BOOK 1」の名言を紹介!

名言(好きな文)現実というのは常にひとつきりで、そういうことをしますと、そのあとの日常の風景が、なんていうか、いつもとはちっとばかし違って見

maikomaiko
2938viewsお気に入り数:1
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのあらすじ・書評

あらすじ10歳のオスカーは、好奇心が強く物知りでしたが、友達はあまり多くなかった。そのオスカーにとって、父親は良き理解者であり、そして一番の

nannannannan
2653viewsお気に入り数:0
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911の物語。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の書評・感想

概要歴史的な悲劇から、希望に溢れる神話が生まれた─全米ベストセラー、人気若手作家による9・11文学の金字塔、ついに邦訳。9歳の少年オスカーは

keimaru_pondaikeimaru_pondai
2523viewsお気に入り数:0
谷川俊太郎質問箱

谷川俊太郎質問箱の名言まとめ

一言概要日本を代表する詩人である谷川俊太郎氏が,一般の人からの数々の質問に,温かい言葉ときらめく感性で答える名著まとめ夜寝て見る夢と、将来の

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
1786viewsお気に入り数:1
レッドゾーン(上)

日本のモノづくり、ファンド、中国という国が題材の小説「レッドゾーン(上)」の書評・感想

この小説について中国の国家ファンドが日本のモノづくりの象徴である要である自動車会社を狙っている。現実起こりうるようなテーマの小説です。日本の

halha1halha1
1534viewsお気に入り数:1
シャイロックの子供たち (文春文庫)

シャイロックの子供たちのあらすじ・感想

あらすじある町の銀行支店起こった現金紛失事件。女子行員に疑いの目がかかるが、別の男が失踪・・・・?「たたき上げ」の誇り、格差のある銀行内の社

たかはし・ロビンソンたかはし・ロビンソン
2539viewsお気に入り数:1
吉本ばなな論―「フツー」という無意識

吉本ばなな論―「フツー」という無意識のざっくり感想

現在、Y県総合支学校教師の松本孝幸先生による、吉本ばななの魅力や、数あるお話が載っています。吉本ばなな論―「フツー」という無意識また松本孝幸

紫薔薇月姫紫薔薇月姫
1624viewsお気に入り数:0
走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ることから村上春樹の名言を紹介!

村上春樹の名言そして本当に価値のあるものごとは往々にして、効率の悪い営為を通してしか獲得できないものなのだ。たとえむなしい行為であったとして

maikomaiko
3916viewsお気に入り数:5
まんまるいけのおつきみ (講談社の創作絵本)

まんまるいけのおつきみの絵本ストーリー

 まんまる池の魚たちは、『魚は空気を吸うと死んでしまう』という言い伝えを信じて、池から顔を出したことがありません。 ある日、なまずのぽんたが

usamiya_shotenusamiya_shoten
2127viewsお気に入り数:1
宇宙の迷路

PHP研究所による「宇宙の迷路」の出版社まとめ

「香川元太郎の迷路絵本」シリーズ第8弾、今回のテーマは「宇宙」。迷路絵本シリーズは、歴史・自然などの学習要素が数多くもりこまれた絵の中に迷路

PHP研究所PHP研究所
2928viewsお気に入り数:1
「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号))

村上春樹が日常生活や音楽、恋愛相談まで直接答えたエッセイ 「そうだ、村上さんに聞いてみよう」

一言概要村上春樹の日常生活や小説を書くこと翻訳をすること映画や音楽を楽しむことそして,恋愛相談まで,読者から届いた282個の質問に,村上春樹

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2638viewsお気に入り数:5
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911テロによって父親を失った9歳のオスカーの冒険「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の書評まとめ

概要2005年にアメリカで出版された現代小説の邦訳本。9.11テロによって父親を失った9歳の少年<オスカー>の冒険と、2種類の手紙(祖父から

yondereadyonderead
2753viewsお気に入り数:0
ボーイニートガール (モーニングKC)

著者加藤寛之が教える!ボーイニートガールの見どころまとめ

まえがき「卒業」この春ぼくは、5年かけて大学を卒業しました。卒業式の日の夜、ゼミの先生が送別会を開いてくれました。卒業生がひとりひとり挨拶を

加藤寛之加藤寛之
4010viewsお気に入り数:5
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911の同時多発テロがきっかけとなった。父と子供の感動の小説

概要歴史的な悲劇から、希望に溢れる神話が生まれた─全米ベストセラー、人気若手作家による9・11文学の金字塔、ついに邦訳。9歳の少年オスカーは

hisahisahisahisa
3698viewsお気に入り数:1
レインツリーの国 (新潮文庫)

『図書館内乱』と同時進行で書き上げられた青春恋愛小説「レインツリーの国」のレビュー

はじめに『図書館内乱』に出てくる小説を実際に小説化したもので、実際は『図書館内乱』と同時進行で書き上げられた青春恋愛小説である。レビューお互

pele_kunpele_kun
2354viewsお気に入り数:1