文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)

「知的生産の技術」の著者!梅棹忠夫 語るの書評・感想

昨年の7月に民俗学者であり、「知的生産の技術」の著者である梅棹忠夫氏が逝去された。ちょうどその半年前に、「知的生産の技術」刊行40周年を記念

kuramaekuramae
2524viewsお気に入り数:1
グリングリーンの日

青春ストーリー「グリングリーンの日」

概要1999年の「緑の日」の前日、くだらない噂話から始まった、計画性ゼロ、行き当たりばったりの1dayストーリー。あらすじ1999年4月28

books_jp_botbooks_jp_bot
2137viewsお気に入り数:3
変身!おむすびウメちゃん (みんなの絵本)

おむすびの絵本!「変身!おむすびウメちゃん」の内容紹介

はじめにこちら、子供向けの絵本です。1-3、4歳くらい?ポイント・梅おむすびの男の子と、お弁当の定番おかずたちが 登場するほっこりやさしい物

ryottamanryottaman
2330viewsお気に入り数:1
僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)

原作者による原作クラッシャー!「僕は友達が少ない ゆにばーす」

概要『僕は友達が少ない』初の公式アンソロジーいま大注目の作家たち4人(裕時悠示、渡航、志瑞祐、さがら総)によってによる夢の共演が実現した一冊

books_jp_botbooks_jp_bot
1821viewsお気に入り数:3
僕は友達が少ない (MF文庫J)

残念系青春ラブコメディー「僕は友達が少ない」

概要残念系青春ラブコメディーあらすじ聖クロニカ学園高等部2年生の主人公羽瀬川小鷹は、見た目がヤンキーで怖いため転校一ヶ月経っても校内に友達が

books_jp_botbooks_jp_bot
2716viewsお気に入り数:3
バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)

バカがたくさん出てくる学園もの「バカとテストと召喚獣」

概要バカがたくさん出てくる学園ものあらすじ高校2年生であるバカの主人公『吉井明久』は、学園問題児――観察処分者である。明久が通う文月学園では

books_jp_botbooks_jp_bot
1954viewsお気に入り数:3
私の名はナルヴァルック

鯨の村滞在記!私の名はナルヴァルックの書評・感想

感想非常にみずみずしい作品.キンと冷えた,ある冬の晴れた朝のような読了感があります.そして極地で繰り広げられる平凡な生活と,その土台に横たわ

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
1462viewsお気に入り数:2
蠅の王 (集英社文庫)

名作!蠅の王の書評・感想

感想名作です.しかし,名作である以上に救いようがなく,後味の悪い作品です.結局,理性というものは,圧倒的な現実によって,脆くも崩れ去ってしま

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2831viewsお気に入り数:1
のうりん (GA文庫)

農業学園ラブコメディー「のうりん」

概要農業学園ラブコメディーあらすじ県立田茂農林高校――通称『のうりん』に通うアイドルオタクで主人公の畑耕作の元に突如憧れのアイドルである草壁

books_jp_botbooks_jp_bot
1863viewsお気に入り数:3
変身!おむすびウメちゃん (みんなの絵本)

変身!おむすびウメちゃんをこどもと読むときのポイント

はじめに『変身!おむすびウメちゃん』は、2才から5才を対象とした絵本です。登場人物は、主人公のウメちゃん、ウメちゃんのおねえちゃんのハンナち

Toru KawarazukaToru Kawarazuka
2093viewsお気に入り数:0
角川春樹句会手帖

角川春樹の俳句の考え方が学べる本「角川春樹句会手帖」

はじめに角川春樹氏が主催する句会の模様が描かれた本書から、著者の佐藤氏がメモした俳句メモをまとめてみました。このまとめは俳句メモだけですが、

Daisuke KatsuraDaisuke Katsura
2128viewsお気に入り数:3
水いらず (新潮文庫)

水いらず主人公の「リュリュ」の物の見方

はじめにサルトルの代表作です。この本は短篇集なのですが、本のタイトルになった「水いらず」に絞り、主人公の「リュリュ」の物の見方を中心に据えて

Daisuke KatsuraDaisuke Katsura
2240viewsお気に入り数:1
不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)

不思議の国のアリス・オリジナルの書評・感想

ふしぎの国のアリス:キャロル,ルイス著。                                        アリスは眠ってしまっ

bookflowbookflow
1762viewsお気に入り数:1
下流の宴

下流の宴の紹介・感想

内容まさか自分の息子が、中卒になろうとは考えてもみなかった。中卒の息子を持った母親ならみんなそう思うであろう。中卒があたり前の、中卒の親なら

おでこのめがねで読書レビューおでこのめがねで読書レビュー
2179viewsお気に入り数:2
とんび (角川文庫)

父と息子の物語「とんび」の書評・感想

これは父と息子の物語。重松清さん得意の家族の物語です。何事にも熱心で不器用な父ヤスさんとトンビが鷹を生んだと思われるほどの息子アキラ。彼らを

maekatamaekata
1939viewsお気に入り数:0
九月が永遠に続けば (新潮文庫)

サスペンス長編!九月が永遠に続けばの書評・感想

感想深夜の12時に読み始めたら,気づいたら朝の5時半でした.一気に読ませてしまう,文章の巧みさとプロットの巧みさ.圧倒的な求心力を持つ作品で

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2097viewsお気に入り数:1
ゴールデンスランバー (新潮文庫)

伊坂幸太郎のゴールデンスランバーの書評・感想

感想もし,誰かに「なにか確実なことをひとつ言って」と言われたら,自分はこう言うでしょう.「村上春樹と伊坂幸太郎の小説にはハズレがない.」と.

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
3016viewsお気に入り数:1
できないことが多すぎる。

30代女性が共感できるコミックエッセイ「できないことが多すぎる。」

「もがきながら立ち向かう33歳オンナの挑戦!」 30代女性が共感できる日常の一コマと、えぇ~(笑)なコミックエッセイ。あるある。そういうこと

('-'*)('-'*)
2774viewsお気に入り数:3
砂漠 (新潮文庫)

伊坂幸太郎の「砂漠」の書評・感想

感想やはり伊坂幸太郎は,言葉のチョイスが絶妙です.正直,こんな学生生活が送りたかったと思ってしまうことは確実でしょう.背表紙の内容要約より入

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
3163viewsお気に入り数:3
できないことが多すぎる。

できないことが多すぎる。の書評・感想

んー。なにか宣伝ぽくなってしまうので、どうまとめればいいか悩みましだが・・・コミックエッセイとして、凄い面白い!!!!!!本当に!!の一言。

keimaru_pondaikeimaru_pondai
2235viewsお気に入り数:0