文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

ナミヤ雑貨店の奇蹟

ほんわかしたら奇跡に浸りましょう。

翔太と敦也と幸平は、盗んできた車が突然とまってしまった。以前下見に来た時に見つけたという廃屋へと翔太が誘う。とりあえず、朝を迎えるまでの避難

kaerumamakaerumama
611viewsお気に入り数:0
七人の敵がいる (集英社文庫)

少子化対策とか女性の社会進出とか言ってる人達に読んでもらいたいかも

女は女の敵である義母義家族は敵である男もたいがい、敵である当然夫も敵である我が子だろうが敵になる先生が敵である会長さまは敵である

kaerumamakaerumama
786viewsお気に入り数:0
ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

小学生のぼくと不思議なお姉さんの物語

勉強熱心でいろんなことを知っている小学4年生の「ぼく」は、歯科医院で働くお姉さんと海辺のカフェでチェスをする。そんなある日街にたくさんのペン

cyclon_1122cyclon_1122
712viewsお気に入り数:1
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

夏への扉 の感想

爽やかなSF小説の代表として良く挙げられる一冊。ざっくり要約猫が出てきます。意外と理系チックな内容です。主人公が頑張ります。トリック的にはあ

cyclon_1122cyclon_1122
914viewsお気に入り数:1
細菌人間

あ、あれは、お父さんじゃない!!

家の庭に隕石が降ってきた。その穴からはえてきた草に襲われたお父さん。その日を境にお父さんがおかしくなった。ガソリンを隠れて飲んだりしていた。

紅羽夜紅羽夜
714viewsお気に入り数:0
偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫) [kindle版]

しゅららぼんとはなんぞや。

主人公、日出涼介は人の心を読む力がある。これは日出家の中でも一部の人間が不思議な力を持って生まれるからである。そして、不思議な力をもって生ま

善峰 凛善峰 凛
633viewsお気に入り数:0
そんな日もある: ほのぼのナースたちの日常 [kindle版]

ナースの日常、気になりませんか?

病気になると、必ずお世話になるナースの方々そんなナースの方々の裏側を覗いてみませんか?日常で誰もが体験するちょっとした「あるある」。これを元

あのちゃんあのちゃん
813viewsお気に入り数:0
日本ののら猫 [kindle版]

猫好きよ、あつまれ!!様々な猫たちがいろんな表情・しぐさであなたを癒します。

毛色も性格もバラバラ、無愛想なのに憎めない。どこか人間くさくて、親しみが持てる彼(彼女)たちの日常を、素敵な「ことば」と一緒につづりました。

あのちゃんあのちゃん
803viewsお気に入り数:0
オレがマリオ

ゆきずりの人に貰いしゆでたまご子よ忘れるなそのゆでたまご

俵万智の歌集。東日本大震災から始まり、被災し沖縄の石垣島に移り行く日々の歌。その短さから伝わる惨状、簡潔で心に真っ直ぐ入る言葉たち。歯切れの

紅羽夜紅羽夜
686viewsお気に入り数:0
ナイト&シャドウ

「だめだ、とても背中は任せられない」

日本のトップレベルのSPの首藤武紀。彼は厄介払いの口実にアメリカのシークレットサービスの研修に出ることになる。彼のお守り役のバーンは彼の能力

紅羽夜紅羽夜
709viewsお気に入り数:0
私、50歳で沖縄に移住しました。 [kindle版]

第二の人生、考えてみませんか?

40歳は、人生の折り返し『若くはない』というのが、50歳にして沖縄に移住するに至ったひとつのきっかけ。静岡に住む老親が二人とも入院し、介護の

あのちゃんあのちゃん
1104viewsお気に入り数:0
MOMENT (集英社文庫)

あなたの最期はどのようなのを望みますか?

大学生の僕は、実家の葬儀屋を継いだ幼なじみの森野(女)の紹介で病院の清掃員のバイトをしている。その病院には、死を間近にした患者の願い事をかな

kaerumamakaerumama
936viewsお気に入り数:0
十九才の地図 (河出文庫)

パンクロックを文学にしてみました(真顔)

銀杏BOYS(旧:GOINGSTEADY)が好きな方なら、これは必読です。・・・すみません、まったく銀杏ボーイズとの関連はないんですが、中身

つえもりつえもり
846viewsお気に入り数:0
第七官界彷徨 (河出文庫)

”大正デモクラシー”的サブカル女子解体新書

100年前に書かれた、当時の"サブカル女子"の日常と恋愛をつづった小説。黴の研究のため部屋で肥しを発酵さ

つえもりつえもり
823viewsお気に入り数:0
わたくし率 イン 歯ー、または世界

フシギ系女子の脳内を覗きたい? なら、これを。

大学や職場に一人はいるであろう、フシギ系女子。なにを考えているか分からない、けど、ちょっと気になるあの娘。そんな娘の脳内を描き切ったかのよう

つえもりつえもり
723viewsお気に入り数:0
先生のお庭番 (徳間文庫) [kindle版]

直木賞作家、受賞前の名作。江戸末期のオランダ商館医シーボルトとその庭師の交流の物語。※ネタバレあり!

長崎の植木屋で下働として働く熊吉は、オランダ語に憧れを持っていた。オランダ語通詞は当時花形職業で、女手一つで自分を育てた母が「お前の父は通詞

katakanakatakana
955viewsお気に入り数:0
64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

「64」警察のテーマを全て盛り込む長編ミステリー。本の世界にのめり込みたい時に読む本

あらすじ14年前、少女が誘拐され、その犯人の指示に従い身代金わ受け渡したにもかかわらず、その少女は死体となって発見されるという事件が起きた。

KiraraKirara
1052viewsお気に入り数:0
舟を編む

「舟を編む」 ほっこりした気分になりたい時におすすめの本

あらすじ玄武書房の敷地の一角にある別館に、同じ会社の人々にもあまり知られていない部署、辞書編集部がある。そこで、国語辞典「大渡海」をつくると

KiraraKirara
919viewsお気に入り数:0
Wonderful Story

犬にちなんだペンネームに改名(!?)した人気作家5人による犬をテーマにした5つの物語

伊坂幸太郎・大崎梢・木下半太・横関大・貫井徳郎――当代きっての人気作家5人が、「犬」にちなんだペンネームに改名(!?)して夢の競演。犬をテー

siratamasiratama
841viewsお気に入り数:0
シティ・マラソンズ

人気作家がアスリートのその後を描く三つの都市を走る物語

NY、東京、パリ。彼らは、再びスタートラインに立った純白のライン・・・三浦しをん社長の娘を監視するためにNYマラソンを走ることになった広和だ

siratamasiratama
734viewsお気に入り数:0