文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

ネコの真実

ネコ好きのための、ネコの気持ちが分かる本

日本のネコは幸せなの?キャットドクター20年のベテラン獣医師が提案する、ネコがちゃんと長生きするための処方箋。完璧な肉食動物のネコがなぜ人間

fujiwr.mfujiwr.m
793viewsお気に入り数:1
累犯障害者 (新潮文庫)

障害者が犯罪を犯すには理由がある。それを知らずに障害者だから......と言わないで

あらすじ知的障害や精神障害があり、犯罪を繰り返し起こしてしまう人。出所後に福祉支援を受けられず、社会復帰できない人が多い。犯罪白書によると、

akahana555akahana555
697viewsお気に入り数:0
オーバーロード2 漆黒の戦士

漆黒の戦士、異世界で冒険者になる

物語ナザリック地下大墳墓執務室、任務出立の挨拶に来たシャルティアとアルベドがアインズを巡り醜い恋の争いを繰り広げる。あまりの酷さにアインズは

akahana555akahana555
420viewsお気に入り数:0
東海のうたびと

一流の歌人が語る、一流の歌人の心

著者は歌人・加藤治郎加藤治郎は未来短歌会に所属し、1988年『サニー・サイド・アップ』で現代歌人短歌賞、1999年『昏睡のパラダイス』で寺山

fujiwr.mfujiwr.m
747viewsお気に入り数:1
夜は一緒に散歩しよ (幽BOOKS)

黒史郎「夜は一緒に散歩しよ」の感想と評価

簡単なあらすじ[横田卓郎は妻を亡くし、娘の千秋と二人で暮らしていた。千秋は母の死後、奇妙な絵を描くようになる―人ではない、異形のものを。ある

butobuto
948viewsお気に入り数:0
窓から逃げた100歳老人

100歳の誕生日に窓から逃げ出したアラン。アランが駆け抜けた20世紀と巻き起こり続ける大事件の数々!

100歳の誕生日に老人ホームの窓から逃げ出したアランは、ついギャングのカートを持ち逃げする。偶然出会ったユーリウスとカートを開けると、中には

katakanakatakana
537viewsお気に入り数:0
酷道を走る

国道とは日本のインフラのトップに立つ存在であるはずなのだが…

愛すべき「酷道」を全身で感じ取ったレポート読んでいて驚いた酷道国道265号は福井県と岐阜県の県境を越える山道であり、すれ違えないような狭い道

いなば博人いなば博人
403viewsお気に入り数:0
わたしは生きてるさくらんぼ―ちいちゃな女の子のうた

私とアイデンティティ感覚

『私は生きてるさくらんぼ』という絵本がある。ちいさな女の子が、その日にみた景色、人々、色彩の中にとけこむように、「わたしは 木 わたしは 猫

thanks318thanks318
733viewsお気に入り数:0
夜と霧 新版

人間そして生きる意味とは。

<概要>第二次世界大戦期、歴史的な悲劇として語られているナチスドイツの強制収容所。数多くの悲劇が生まれていた強制

kazumamori425kazumamori425
758viewsお気に入り数:0
超高速!参勤交代 (らくらく本) [kindle版]

映画原作。老中の陰謀に知恵と心意気で立ち向かう貧乏小藩の奮闘。金がなくても知恵がある。痛快娯楽小説。

八代将軍徳川吉宗の治世東北の小藩湯長谷藩4代藩主内藤政醇は、貧しいながらも民を大切にし、よく湯長谷を治めていた。しかし、ある日江戸屋敷にいる

katakanakatakana
763viewsお気に入り数:0
村上春樹「象の消滅」英訳完全読解

父が「象の消滅」を読むことについての記録

私は村上春樹の短編、長編、エッセイ、インタビュー、ノンフィクションなどおよそほとんどの作品を読むのがとても好きである。ひきかえ私の父は数十年

thanks318thanks318
756viewsお気に入り数:0
侍の果て

江戸・寛政時代の庄内藩と仙台藩の武士と娘の恋と剣術の時代小説

 江戸・寛政改革の頃を背景に、苛政に喘ぐ庄内藩の農民を助ける仙台藩と庄内藩の若き剣士の恋と立ち回りの時代小説です。 遠藤吉四郎と片桐文之助と

churchillchurchill
753viewsお気に入り数:0
人生相談。

ダークな人生相談貴方もありますか?

居候している女性が出て行ってくれません職場のお客が苦手で仕方ありません隣の人がうるさくて、ノイローゼになりそうですセクハラに時効はありますか

kaerumamakaerumama
536viewsお気に入り数:0
マハーバーラタ戦記―賢者は呪い、神の子は戦う

マハーバーラタには全てがある

マハーバーラタの読み方インド哲学の授業では、「マハーバーラタ」を読むのに、三通りの読み方があると言われています。一つ目は、物語そのものとして

クローバークローバー
882viewsお気に入り数:0
ナミヤ雑貨店の奇蹟

ほんわかしたら奇跡に浸りましょう。

翔太と敦也と幸平は、盗んできた車が突然とまってしまった。以前下見に来た時に見つけたという廃屋へと翔太が誘う。とりあえず、朝を迎えるまでの避難

kaerumamakaerumama
632viewsお気に入り数:0
七人の敵がいる (集英社文庫)

少子化対策とか女性の社会進出とか言ってる人達に読んでもらいたいかも

女は女の敵である義母義家族は敵である男もたいがい、敵である当然夫も敵である我が子だろうが敵になる先生が敵である会長さまは敵である

kaerumamakaerumama
807viewsお気に入り数:0
ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

小学生のぼくと不思議なお姉さんの物語

勉強熱心でいろんなことを知っている小学4年生の「ぼく」は、歯科医院で働くお姉さんと海辺のカフェでチェスをする。そんなある日街にたくさんのペン

cyclon_1122cyclon_1122
732viewsお気に入り数:1
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

夏への扉 の感想

爽やかなSF小説の代表として良く挙げられる一冊。ざっくり要約猫が出てきます。意外と理系チックな内容です。主人公が頑張ります。トリック的にはあ

cyclon_1122cyclon_1122
940viewsお気に入り数:1
細菌人間

あ、あれは、お父さんじゃない!!

家の庭に隕石が降ってきた。その穴からはえてきた草に襲われたお父さん。その日を境にお父さんがおかしくなった。ガソリンを隠れて飲んだりしていた。

紅羽夜紅羽夜
740viewsお気に入り数:0
偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫) [kindle版]

しゅららぼんとはなんぞや。

主人公、日出涼介は人の心を読む力がある。これは日出家の中でも一部の人間が不思議な力を持って生まれるからである。そして、不思議な力をもって生ま

善峰 凛善峰 凛
659viewsお気に入り数:0