文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動― (電撃文庫)

ダブル主人公

 吸血鬼と人間が覇権を争っている東欧を舞台に、物語は展開する。ヘルヴァイツ公国大公の孫カノン=ビャクダンは、母である白檀春海博士の残した対吸

くまくまくまくま
4197viewsお気に入り数:0
ホワイトラビット

泥棒、誘拐犯、なんでもござれ

兎田孝則の、大事な新妻綿子ちゃんが、誘拐された。誘拐したのは、兎田の属している誘拐グループのボス、稲葉だ。稲葉が言うには、会社の金を事務員を

kaerumamakaerumama
3182viewsお気に入り数:0
動物で読むアメリカ文学案内 (岩波ジュニア新書)

アメリカ文学を「動物」から読んでみる。

アメリカに限らず様々な文学があるのだが、その文学の中には作品によって「動物」が存在する。その動物は物語をどのようにして彩ったのか、本書はアメ

kuramaekuramae
2832viewsお気に入り数:0
エスペランサ(下)

【6作品同時刊行!】忘れるな、あの人々を!

希望の旗をひらめかせて、青いトラックが走る。東京、福島、神戸、佐賀、鹿児島を舞台に描くスペクタクル文芸大作地震、津波、原発事故……東日本を襲

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
4776viewsお気に入り数:0
エスペランサ(上)

【6作品同時刊行!】我らの行く末はどこにあるのだろう

2011年3月11日脆くも崩壊した社会その中でもがき、立ち上がる人々を描く東京、福島、神戸、佐賀、鹿児島を舞台に描くスペクタクル文芸大作 地

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
4652viewsお気に入り数:0
シネマチック・ロマン

【6作品同時刊行!】人は生きる空しさを埋めるのに愛の幻を見る

愛についてを描いた、美しい映画のような5つの短編小説航空会社の若いパイロットとアラサー人妻の客室業務員。彼のオートバイで二人は沖縄の海岸を走

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
4469viewsお気に入り数:0
遠い雪山の眩しさ

【6作品同時刊行!】男と女の切ない禁忌の絆

セクハラ被害の過去を持つ女性と、殺人のトラウマを背負う男性。ふとしたことで人生を踏み誤った男女の禁忌の絆を描く中編小説大学時代のセクハラを忘

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
4389viewsお気に入り数:0
ポマンダーの薫り

【6作品同時刊行!】マリーよ、君はどこにいるのだ。

愛のピアノ曲を残して去った、可憐なフランス娘よ――男女の心の共鳴を描く中編小説謎のフランス娘。マリーのピアノの音色には、三代にわたる心の傷の

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
4349viewsお気に入り数:0
歌詩集 愛しげな人々よ

【6作品同時刊行!】愛や恋のない人生なんて!

生存を確かめようとあがくとき、人は歌うほかはない。禁忌の行為もみずみずしく彩られた曲のない至上の歌詩集ただひとむきな愛、たどり着けぬ恋。……

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
4058viewsお気に入り数:0
天命に愧じず 浙江総督と倭寇王

人間のおぞましい本性を史実に忠実に、ていねいに描き出した歴史小説。

巨万の富を巡る、おぞましいまでの欲と怨念。三人の登場人物を中心に、多くの人々の思惑が渦巻いていく。中国、明の時代。豪商、官憲、倭寇、三つ巴の

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
3975viewsお気に入り数:0
あの日の歌をもう一度

青春の続きをここから始めよう。歳を重ねても変らない友情の物語。

「いい歳してたって音楽はやめられない」そんな人に贈る青春の物語。仕事、結婚に揺れる女性の等身大の日常を描く作品。仲間がいれば月並みな生活も煌

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
4095viewsお気に入り数:0
十角館の殺人 (講談社文庫)

十角形をした館で巻き起こる本格ミステリの名作

久しぶりに検索したら、新装版というのが出ているようです。初めて読んだのは15年以上前で、久々に読み返す。あらすじ、登場人物、犯人、全然覚えて

サイトイサイトイ
7051viewsお気に入り数:0
平成くん、さようなら

平成世代のリアリティ

舞台は安楽死が認められた、2018年の東京。主人公の恋人である「平成くん」は脚本家、テレビのコメンテータなどさまざまな顔をもつ、超合理的な平

aki_chikaaki_chika
7935viewsお気に入り数:0
桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

あの頃の痛み

 クラスの中心人物だと思われる桐島が突然部活を辞める。そこから始まる周りのクラスメイトたちの群像。 桐島は出てこない。名前だけ。それでも題名

相生あるか相生あるか
7808viewsお気に入り数:0
地図男 (角川文庫)

物語の可能性

 地図帳に物語を書き続けている浮浪者のような男。男は筆記で、地図帳の隅々に物語を書きこんでいく。 ページ数は短く、非常に薄い印象を受けるが、

相生あるか相生あるか
7523viewsお気に入り数:0
博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)

さくさくと、読めますよ

 福岡が舞台。人口の3パーセントが殺し屋という物騒な街、博多。そこで繰り広げられる殺し屋、復讐屋、拷問屋、情報屋といった物騒な仕事人たちが繰

相生あるか相生あるか
7429viewsお気に入り数:0
空白を満たしなさい

現在の自分は、どの自分ですか?

土屋徹生は、生き返った。3年前に亡くなった、夫が生き返った事に、当初妻は、困惑している様子だった。それもそのはず、徹生のの死因は自殺だった。

kaerumamakaerumama
4723viewsお気に入り数:0
みえるとか  みえないとか

「みえるとか みえないとか」を読んで。

「うちゅうもちきゅうもいっしょだな」宇宙飛行士である男の子がいろんな星を調査して出した結論である。いろんな星にはいろんな人がいた。後ろに目が

ともとも
3073viewsお気に入り数:0
熱帯

一冊の本に秘められた謎

 「熱帯」は誰もが読み終わる事ができずに消失してしまう小説である。そして読んだ人々によって内容に齟齬があり、誰もがその結末を知らない。「熱帯

masamasa
5462viewsお気に入り数:0
償いの雪が降る (創元推理文庫)

アレン・エスケンスの衝撃のデビュー作!

 主人公は、ミネソタ州の大学に通うジョー・タルボット。  ある日、授業の課題として身近な年長者から話を聞き、その人の伝記を書く課題が出される

本鹿 鋤本鹿 鋤
6117viewsお気に入り数:0