文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

北の大地で: 看護と育児と鍼灸と (22世紀アート) [kindle版]

本を閉じた後、著者の手のひらの温度を背中に感じ、背筋がピンと伸びるような、人生のバイブル的一冊。

看護師・助産師・鍼灸師など、人を支える仕事に従事してきた著者の、波瀾曲折な半生を綴った自叙伝。「懸命に生きることで、明日は自然に開けるという

22世紀アート22世紀アート
7262viewsお気に入り数:0
ある奴隷少女に起こった出来事 (新潮文庫)

1800年代アメリカ南東部ノースカロライナ州に奴隷として生まれた少女の自伝

 1813―1897年アメリカで奴隷として生きた女性ジェイコブズの自伝。 日本では江戸末期から明治期にあたる(シーボルド事件~日清戦争)。 

カタカナカタカナ
7009viewsお気に入り数:0
あめだま 青蛙モノノケ語り

幻想的なホラーから不気味なホラーまで。全60のホラー短編集

プロローグ 顔が溶け始めてしまった。 手で押さえても、滴る皮膚と肉の混ざり合ったどろどろした物が隙間から流れ落ちてしまう。 困ったな、どうし

あいあい
8198viewsお気に入り数:0
女たちの避難所 (新潮文庫)

天災王国日本 明日はわが身なのかもしれない

椿原福子は、お昼間にスーパーに買い物に来ていた。その時、未曾有の大地震、東日本大震災が起きた。いつにない、激しい揺れに、勤め先の酒屋にむかう

kaerumamakaerumama
8316viewsお気に入り数:0
youthful days 2 orange 113-172 / 1885

苦悩と喪失の果てに見いだした、かけがえのないもの。

学園の人気者から一転。失意のどん底にいた悠希が見つけたもの――張り巡らされた策略と、衝撃の事実が明らかになる。長編青春小説、ついに完結!あの

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
8883viewsお気に入り数:0
youthful days 1 violet 001-112 / 1885

騒がしい青春の只中で、俺たちは何を見つけ出せるのだろう。

サッカー部部長、学祭の副委員長などを務める学園の人気者・悠希を陥れようとする謎の女性は一体誰か?出会いと別れが交差する青春ストーリー。学内で

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
8854viewsお気に入り数:0
ぼくの べんちに しろいとり (至光社国際版絵本)

いつしか失わない様に

自分のお気に入りのベンチにやってきた白い鳥を助けてあげる犬の話。初めは敵対的なのに、事情を知れば助けてあげるという善性は、世知長けるにつれ意

くまくまくまくま
7947viewsお気に入り数:0
罪人が祈るとき [kindle版]

我が子が自ら命を絶ったら、その時親は、、、

最愛の息子が、イジメを苦に自宅で、自殺をした。そして、血に染まった自殺の現場を目の当たりにした妻は、自分を責め続け、ついには精神を病んで、息

kaerumamakaerumama
7615viewsお気に入り数:0
竜巻ガール

アラサー、アラフォー女性あるある

竜巻ガール父親の再々婚相手には、自分と同級生の娘がいた。そしてその彼女は、ガングロのギャルだった。旋風マザーどうしょうもない父と俺を置いて母

kaerumamakaerumama
5713viewsお気に入り数:0
忌まわしい匣

本当に忌まわしい

ある女性の前に出現した「忌まわしい匣」から次々と現れる人達の不幸な話を、ショートショートで記したもの。しんでいく話の最後に生まれたものは。

soukisouki
5847viewsお気に入り数:0
神様のカルテ

人生は選択の連続

著者である夏川草介も信州大学医学部卒。その著者だからこそ描ける、命の物語。松本平の中ほどに位置する本庄病院に勤務する栗原一止(くりはらいちと

aj_bwaj_bw
5978viewsお気に入り数:0
蹴りたい背中

思春期の仕草、思考を独特の言葉で表現する

まずは最初の1ページから言葉の使い方のすごさを見せつけられる。[さびしさは鳴る。(中略)私はプリントを指で千切る。]]千切られたプリントとさ

aj_bwaj_bw
6645viewsお気に入り数:0
キャロリング

平凡な日常を過ごす最中、過去と、戦う。

小説のまとめはネタバレネタバレになりかねないので、好きなセリフをまとめます。好きなセリフ。・何かを恨みそうになるのを、全身全霊の力で踏みとど

omairichanomairichan
6866viewsお気に入り数:0
あめだま 青蛙モノノケ語り

懐かしい匂いがする本

20行程度の短編(というよりもっと短いか?)が、空き箱に詰めたビー玉が次から次へ転がりでてくるかのように、ページをめくる度に飛び出してくる本

youai744youai744
6939viewsお気に入り数:0
黒い家 (角川ホラー文庫) [kindle版]

日本における保険業界の闇とサイコパス

保険とサイコパスについての勉強になる。保険会社って、あれなんだね、自分から申し込んできた人にはちょっと警戒すべき?みたいな風潮あるんだね。む

omairichanomairichan
7153viewsお気に入り数:0
BLACK BLOOD BROTHERS〈5〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 風雲急告 (富士見ファンタジア文庫)

やっぱり、世の中の仕組みを裏で支えてるのは、骨のあるオヤジだと思うのですよ?

―こんな夜が、ずっと続くと思っていた―「ぼくたち、これからどうなるの?」コタロウは幼子のように呟く。あれから、一年が過ぎた。一年しか、保たな

hisap0hisap0
2749viewsお気に入り数:0
BLACK BLOOD BROTHERS〈4〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ 倫敦舞曲 (富士見ファンタジア文庫)

みんな。本を作るのって大変なんだゾ?

黒き血の絆。その、始まり。一八九五年、ロンドン。運命の歯車が、回る――次郎とケインは、敵の周囲網に突入する!「ごめんなさい、ジロー。―――わ

hisap0hisap0
2288viewsお気に入り数:0
BLACK BLOOD BROTHERS〈3〉―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区震撼 (富士見ファンタジア文庫)

さて。あとがきに書くことがありません。(いきなり)

「ジローは海になれるかな」今はいない彼女が、記憶の中で微笑む。――貴女に会いたい。運河の中で。ミミコの想いは水に溶け、重なった肌から血を介し

hisap0hisap0
2262viewsお気に入り数:0
BLACK BLOOD BROTHERS(2) ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区鳴動― (富士見ファンタジア文庫)

「いやあ。ぶっちゃけ、七年一緒だと、お互い飽きちゃったよね?」       てめえ(笑)。

斬って斬って斬ってーーそれでも狂気は去らない。斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬って斬っ

hisap0hisap0
2201viewsお気に入り数:0
いつでも会える

泣けます…、親子で泣ける絵本です。

みきちゃんのことが大好きだったシロ。楽しくて、嬉しくて、幸せだったシロ。ずっといっしょにいられると思っていたシロ。でも、みきちゃんがいなくな

あいあい
2321viewsお気に入り数:0