文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

聖域捜査 (集英社文庫)

生活安全特捜隊、結城警部。決して派手ではない事案にも、いろいろな背景が見えてくる。

警視庁、生活安全部、生活安全特捜隊の班長を務める、結城警部。彼は入庁以来刑事を志していたが、意に反して、地域課・交通課勤務が十数年。警部昇任

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
317viewsお気に入り数:0
コーヒーが冷めないうちに

あなたならどの日に戻りたいですか?

とある街の、地下には、レトロな雰囲気を残した喫茶店がある。その喫茶店には、ある席に座ると、自分の戻りたい過去に戻れるという都市伝説が囁かれて

kaerumamakaerumama
486viewsお気に入り数:0
図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

あり得ない設定だが、違和感なく引き込まれる。堂上教官が素敵すぎ。

近未来の日本。「有害」図書の検閲が法律で認められるようになり、書店や図書館で、「良化特務機関」なる政府組織により、本が狩られるように。それに

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
437viewsお気に入り数:0
ストロベリーナイト (光文社文庫)

最初はえぐい、我慢して読み進むと・・・。

警視庁捜査一課の女性警部補、姫川玲子が主人公。若くして「姫川班」主任を務める玲子だが、心に闇を持っていた。そして、猟奇的殺人事件が舞い込む。

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
392viewsお気に入り数:0
神去なあなあ夜話 (徳間文庫)

こんな田舎でのんびりとすごしてみたい

平野勇気、20才。横浜育ちの俺は、高校卒業後、いろいろあって、去年から三重県中西部の神去村に住んでいる。仕事は、山仕事、林業。毎日山に入って

kaerumamakaerumama
409viewsお気に入り数:0
歌舞伎町ダムド (中公文庫)

ここでつながる、「ジウ・サーガ」シリーズ

この本は「歌舞伎町セブン」の続編。歌舞伎町の治安維持を裏から支える七人の非合法刺客が「セブン」。その「セブン」が新たな敵と対峙する。その過程

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
435viewsお気に入り数:0
ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

とんでもない世界の幕開け

この本は、壮大な「ジウサーガ」シリーズの序章である。ここでは警視庁特殊犯捜査係(SIT)の二人の女性警察官が主人公。感性豊かで加害者・被害者

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
397viewsお気に入り数:0
検証捜査 (集英社文庫)

神谷警部補は西島秀俊さんで!!

大好きな「警視庁捜査一課警部補」が活躍する、警察関係の小説。今回の主役は、神谷警部補。実力派だが一匹狼、陰のある四十一歳。私の脳内では、神谷

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
334viewsお気に入り数:0
にっこり にこにこ (講談社の幼児えほん)

笑うことを覚える本

ねこさん にゃーんにっこり にこにこいぬさん わーんにっこり にこにこねずみさん ちゅーうにっこり にこにこやぎさん めえーにっこり にこに

rihitorihito
358viewsお気に入り数:0
ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

子どもが取りつかれる不思議な本

ぷーんぷくぷくぷくぷくんぷぷぷぷぷぷどどどーんごぶごぶごぼごぼじゃわじゃわじゃわじゃわーぷぷぷぷわぷわぷわぷわざぶざぶざぶんさわさわさわさわ

rihitorihito
502viewsお気に入り数:0
優しい死神の飼い方 (光文社文庫)

自惚れるな!人間。~温かい「死」への向き合い方~

「大重版出来!」このポップに魅せられてなんとなく手に取ったこの本がこんなにも心揺さぶられる物語だとは思わなかった。 私たち人間の世界では通称

anne45号anne45号
354viewsお気に入り数:0
ライヴ (角川文庫)

もし自分が参加者だったら

レースを完走すれば感染すると死に至るウイルスの特効薬が手に入る、そう聞かされてウイルス感染者の家族たちは非人道的ともいえる過酷なトライアスロ

odenchikuwaodenchikuwa
461viewsお気に入り数:0
ねこざかなのはなび

こんやは、さざえじまの花火大会です。ねこざかなはわくわくして、花火があがるのをまちます

さざえじまの花火を見に、イカやカメ、ペンギン、魚たちも集まっています。日が暮れてくると、サメたちに囲まれてしまいます。花火どころじゃないと思

hiryuuhiryuu
272viewsお気に入り数:0
ねむるねこざかな

おおきなたこぼうずにおいかけられたねこざかな。たこぼうずをだましてにげようとしますが・・・

たこぼうずに追いかけられたねこざかな、急いで砂浜に上がり、岩陰にかくれて、さかなねこに変身。たこぼうずが追いかけてくると、魚がいない、あきら

hiryuuhiryuu
289viewsお気に入り数:0
ねことさかなでねこざかな

ねこはさかながすきでした、さかなもねこがすきでした

ねこはときどき さかなのなかに入ってねこざかなになります。ふたりはいつもなかよしです。浜辺であそんでいると、テントを発見。近くに行ってみるこ

hiryuuhiryuu
287viewsお気に入り数:0
くらげの おつかい―日本昔話より (日本むかしばなしライブラリー)

日本の動物昔話 くらげのおつかいなのにサルとカメが・・・

日本むかしばなしのサルのいきぎものお話です。サルとカメは仲良しで、一緒に遊び、山のもの海のものを分け合って食べていました。ある日龍宮の姫様が

hiryuuhiryuu
236viewsお気に入り数:0
君の膵臓をたべたい

私がこの本を読んだのも、選択

明るい彼女と暗い僕、そんな対照的な二人の四ヶ月の話彼女が膵臓の病気を患っていて余命一年だと知っているのは彼女の家族と、何故か僕僕は人との関わ

odenchikuwaodenchikuwa
473viewsお気に入り数:0
アッチとボンとなぞなぞコック (ポプラ社の新・小さな童話)

おばあちゃんのトマトを守るため、おばけのアッチとのらねこボンは、なぞなぞコックとなぞなぞ勝負。

アッチは、レストラン ヒバリのおばけコックです。のらねこのボンは仲良しのアッチのためにおいしいものを探しています。森の中の畑でおいしいトマト

hiryuuhiryuu
313viewsお気に入り数:0
カステラやさんときんいろのおさかな (おはなしだいすき)

お魚に化けて湖で遊んでいたら釣り人に釣られてしまった、さぁたいへん!

カステラやさんの子供ナナとイタチのハナママは仲良し。ある日助けを求めてやってきた。ハナママとナナは、釣り人に釣られてしまった子供たちを助けま

hiryuuhiryuu
278viewsお気に入り数:0
おかのうえのカステラやさん (おはなしだいすき)

入院したパパにかわって、カステラを焼くお手伝いにきてくれたのは?

丘の上のカステラやさんは、ナナのパパのお店です。パパが入院してしまったので、ナナがカステラ焼きに挑戦します。森で助けたことのあるイタチのハナ

hiryuuhiryuu
291viewsお気に入り数:0