文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

どうすればいいのかな? (くまくんの絵本)

どうすればいいのかな?

小さい「くまくん」を主人公としたシリーズの第1作。このシリーズでは「くまくん」を通して、子どもたちの日常生活が描かれている。あらすじシャツを

matonmaton
431viewsお気に入り数:0
茶畑のジャヤ: この地球を生きる子どもたち (鈴木出版の児童文学 この地球を生きる子どもたち)

茶畑のジャヤ 人の痛みを想像できるか

 周はクラスで一番勉強ができる男子。勉強ができることをやっかみ、からかうクラスの中心にいる健一郎にいじめられる。健一郎にさからえず、周をハブ

ヨルヨル
561viewsお気に入り数:0
たいせつなこと (ほんやく絵本)

たいせつなこと

世の中にあるいろんなものには必ず大切なことがある。あなたにとって大切なこととはなんでしょう?あらすじりんごにとって大切なのはたっぷりまるいと

matonmaton
455viewsお気に入り数:0
いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)

いやだいやだ

ルルちゃんはなんでもすぐに「いやだ!」って言う女の子。そんな女の子に、お母さんが真っ向からしつけをするお話。あらすじ何でもすぐに、いやだいや

matonmaton
514viewsお気に入り数:0
おおきな木

おおきな木

絵は線画でモノクロで非常にシンプル。子どもから老人になっていく男の姿と、その度に姿を変えていく木の様子。それを同じ言葉を繰り返し使うことで、

matonmaton
414viewsお気に入り数:0
どうぞのいす (大きな大きな絵本)

どうぞのいす

あらすじうさぎさんが小さな椅子を作ります。作ったしるしに、椅子には短い尻尾を付けました。うさぎさんは椅子をどこに置こうか考えます。ちょっと考

matonmaton
301viewsお気に入り数:0
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

100万回生きたねこ

あらすじ主人公のねこは100万回の生まれかわりを繰り返していました。ある時は王様に飼われているねこだったり、船乗りに飼われていたり、サーカス

matonmaton
346viewsお気に入り数:0
はらぺこあおむし

はらぺこあおむし

あらすじ日曜日の朝にたまごからかえったあおむしはおなかがぺこぺこ。食べるものを探し始めます。月曜日にはりんごをひとつ、火曜日には梨をふたつ.

matonmaton
348viewsお気に入り数:0
流れ星が消えないうちに (新潮文庫)

流れ星が消えないうちに

忘れない、忘れられない。あの笑顔を。一緒に過ごした時間の輝きを。そして流れ星にかけた願いを――。高校で出会った、加地君と巧君と奈緒子。けれど

えみりえみり
429viewsお気に入り数:0
バーガーボーイ (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)

誰にだって嫌いなものはあるけれど、好きなものばかり食べてたら大変なことになっちゃうよ

ベニーは野菜がきらい にんじん きらい おまめ きらい ブロッコリー きらい 野菜なんかみーんなだいきらい!ベニーはハンバーガーがだいすき。

hiryuuhiryuu
525viewsお気に入り数:0
たまごがわれたら

ねこのみねこは、はらっぱで白いたまごをみつけました。何がでてくるのでしょうか!

ねこのみねこは、赤い靴を買ってもらいました。黄色い花飾りのついた靴でした。「うれしいな、誰かにみせたいな」みねこは靴を履いて外に出ました。急

hiryuuhiryuu
460viewsお気に入り数:0
フレーミーのあかいえさいれ (ピタゴラブック)

ピタゴラスイッチのフレーミー

フレーミーはこのあいだのお誕生日にあかいピカピカのえさいれをもらいました。あかくてぴかぴかのえさいれは、ドッグフードをいれても、骨をいれても

hiryuuhiryuu
357viewsお気に入り数:0
カエルの楽園

カエルの楽園 - 百田尚樹

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙

えみりえみり
531viewsお気に入り数:0
さよなら、ニルヴァーナ

神戸少年Aの物語。

作家志望の30歳冴えないOL、今日子。東京での生活にも疲れはてた頃、地元で母と同居する妹の第二子出産を機に、故郷に戻る事となった。その帰郷が

kaerumamakaerumama
626viewsお気に入り数:0
バムとケロのにちようび

バムとケロが一緒ならたいくつな日曜日も楽しいことばかり

雨の日の日曜日。しかたがないから、今日はうちで本を読もう。その前にケロちゃんが汚した部屋を片付けなくちゃ。きれいに片付けてこれでよしと思った

hiryuuhiryuu
518viewsお気に入り数:0
バムとケロのそらのたび

ひこうきにのって、おじいちゃんの家に行こう。

げつようびの朝、山のような小包が届いた。おくってくれたのはおじいちゃん。中身はなんと組み立てしきの飛行機。土曜日の夜にやっと完成。おじいちゃ

hiryuuhiryuu
414viewsお気に入り数:0
下町ロケット (小学館文庫)

パパなんて会社も仕事も、みんな自分のためなんでしょ

章立てプロローグ第1章 カウントダウン第2章 迷走スターダスト計画第3章 下町ドリーム第4章 揺れる心第5章 佃プライド第6章 品質の砦第7

ゆめゆめ
648viewsお気に入り数:0
永遠の0 (講談社文庫)

戦後70年。選挙権を持ち始めたら心に留めておきたい一冊

宮部久蔵 主人公「健太郎」はフリーライターの姉「慶子」の終戦60周年記念プロジェクトの手伝いとして情報を集めることになった。6年前、2人の祖

ゆめゆめ
497viewsお気に入り数:0
きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

赤ちゃんから幼児におすすめ、きんぎょがにげた

きんぎょがにげた。あれあれ?どこかな~?ページをめくると、金魚がイチゴにまぎれてかくれていて、食べられそうになると、あっ!またにげた!こんど

hiryuuhiryuu
454viewsお気に入り数:0
うつくしい子ども (文春文庫)

もし家族が殺人犯になったら?自分はどう行動するのが正しいのか

平凡な街で起きた女子小学生殺人事件エリート中学に通う<ぼく>。そんな彼の住む街で女子小学生が殺害された。しかもその殺害方法は首を絞め、遺体の

ゆめゆめ
683viewsお気に入り数:0