文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

にっこり にこにこ (講談社の幼児えほん)

笑うことを覚える本

ねこさん にゃーんにっこり にこにこいぬさん わーんにっこり にこにこねずみさん ちゅーうにっこり にこにこやぎさん めえーにっこり にこに

rihitorihito
324viewsお気に入り数:0
ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

子どもが取りつかれる不思議な本

ぷーんぷくぷくぷくぷくんぷぷぷぷぷぷどどどーんごぶごぶごぼごぼじゃわじゃわじゃわじゃわーぷぷぷぷわぷわぷわぷわざぶざぶざぶんさわさわさわさわ

rihitorihito
451viewsお気に入り数:0
優しい死神の飼い方 (光文社文庫)

自惚れるな!人間。~温かい「死」への向き合い方~

「大重版出来!」このポップに魅せられてなんとなく手に取ったこの本がこんなにも心揺さぶられる物語だとは思わなかった。 私たち人間の世界では通称

anne45号anne45号
317viewsお気に入り数:0
ライヴ (角川文庫)

もし自分が参加者だったら

レースを完走すれば感染すると死に至るウイルスの特効薬が手に入る、そう聞かされてウイルス感染者の家族たちは非人道的ともいえる過酷なトライアスロ

odenchikuwaodenchikuwa
424viewsお気に入り数:0
ねこざかなのはなび

こんやは、さざえじまの花火大会です。ねこざかなはわくわくして、花火があがるのをまちます

さざえじまの花火を見に、イカやカメ、ペンギン、魚たちも集まっています。日が暮れてくると、サメたちに囲まれてしまいます。花火どころじゃないと思

hiryuuhiryuu
232viewsお気に入り数:0
ねむるねこざかな

おおきなたこぼうずにおいかけられたねこざかな。たこぼうずをだましてにげようとしますが・・・

たこぼうずに追いかけられたねこざかな、急いで砂浜に上がり、岩陰にかくれて、さかなねこに変身。たこぼうずが追いかけてくると、魚がいない、あきら

hiryuuhiryuu
245viewsお気に入り数:0
ねことさかなでねこざかな

ねこはさかながすきでした、さかなもねこがすきでした

ねこはときどき さかなのなかに入ってねこざかなになります。ふたりはいつもなかよしです。浜辺であそんでいると、テントを発見。近くに行ってみるこ

hiryuuhiryuu
254viewsお気に入り数:0
くらげの おつかい―日本昔話より (日本むかしばなしライブラリー)

日本の動物昔話 くらげのおつかいなのにサルとカメが・・・

日本むかしばなしのサルのいきぎものお話です。サルとカメは仲良しで、一緒に遊び、山のもの海のものを分け合って食べていました。ある日龍宮の姫様が

hiryuuhiryuu
212viewsお気に入り数:0
君の膵臓をたべたい

私がこの本を読んだのも、選択

明るい彼女と暗い僕、そんな対照的な二人の四ヶ月の話彼女が膵臓の病気を患っていて余命一年だと知っているのは彼女の家族と、何故か僕僕は人との関わ

odenchikuwaodenchikuwa
424viewsお気に入り数:0
アッチとボンとなぞなぞコック (ポプラ社の新・小さな童話)

おばあちゃんのトマトを守るため、おばけのアッチとのらねこボンは、なぞなぞコックとなぞなぞ勝負。

アッチは、レストラン ヒバリのおばけコックです。のらねこのボンは仲良しのアッチのためにおいしいものを探しています。森の中の畑でおいしいトマト

hiryuuhiryuu
272viewsお気に入り数:0
カステラやさんときんいろのおさかな (おはなしだいすき)

お魚に化けて湖で遊んでいたら釣り人に釣られてしまった、さぁたいへん!

カステラやさんの子供ナナとイタチのハナママは仲良し。ある日助けを求めてやってきた。ハナママとナナは、釣り人に釣られてしまった子供たちを助けま

hiryuuhiryuu
238viewsお気に入り数:0
おかのうえのカステラやさん (おはなしだいすき)

入院したパパにかわって、カステラを焼くお手伝いにきてくれたのは?

丘の上のカステラやさんは、ナナのパパのお店です。パパが入院してしまったので、ナナがカステラ焼きに挑戦します。森で助けたことのあるイタチのハナ

hiryuuhiryuu
259viewsお気に入り数:0
ゆきのんのん ねこざかな

猫と魚でねこざかな!海を散歩中のねこざかな、すると大きな氷山が・・・

ねこざかながさんぽをしていると、大きな氷山がながれてきました。氷山の下で、クリオネに出会います。クリオネに案内されて、氷の穴をスーイスーイ!

hiryuuhiryuu
300viewsお気に入り数:0
かばんうりのガラゴ

ガラゴは旅するかばんやさんです。いつも右と左色の違う靴をはいてかばんをうって歩きます

こどもたちをつれて歩ける かばんをください。かえるがいいました。ガラゴはピアノの形のかばんをとりだして、おたまじゃくしと水をかばんにいれまし

hiryuuhiryuu
269viewsお気に入り数:0
おべんとうバス

みんな、乗り込んだかな?名前を呼ぶからお返事してね!

 さて、これからみんなが赤い「おべんとうバス」に乗ってどこかへ行きます。 みんな、乗り込んだかな?名前を呼ぶからお返事してね!  みかんやハ

kimidori608kimidori608
242viewsお気に入り数:0
おばさんのごちそう

料理上手なおばさんにごちそうを作ってもらう話…かとおもいきや。。。

 ぼくとわたしが料理上手なおばさんに、手料理をふるまってもらうことになりました。 おばさんは手際よく準備し、さて、あとはレンジや冷蔵庫のまえ

kimidori608kimidori608
309viewsお気に入り数:0
アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)

チャーリィとの交感

知的障害を持つチャーリィ・ゴードンは、脳神経の手術を行我、六歳くらいの知能のから徐々にIQ180以上の天才となっていく。経過観察というタイト

rinkasan55rinkasan55
344viewsお気に入り数:0
月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)

イリナが実在していたら…

いわゆる「ラノベ」の類は初めて読みました。ラノベといっても、アニメ調の挿絵が多いわけでもなく(イメージが浅くてすみません。。)、きちんとスト

enoenoenoeno
540viewsお気に入り数:0
櫛挽道守 (集英社文庫)

ぐいぐい引き込まれます。

登瀬は、木曽の腕利きの梳き櫛挽職人の娘である。幼い頃から、父吾助の技を見て育った登瀬は、その流れるような技に虜になり、いづれは、父の後をつい

kaerumamakaerumama
379viewsお気に入り数:0
聖の青春 (講談社文庫) [kindle版]

映画化もされましたが。キレイどこ取り?

29歳で夭逝した将棋棋士、村山聖の人生を描くノンフクション。ネフローゼを患った主人公。A級棋士のまま亡くなりました。A級棋士とはざっと160

sirasawa358sirasawa358
525viewsお気に入り数:0