文学・小説

小説、日本文学、海外文学、エッセイ、ノンフィクションなど文学・小説に関するまとめ、書評、感想などの情報や本がわかります。

処刑少女の生きる道(バージンロード) ―そして、彼女は甦る― (GA文庫)

分かりやすい物語

 日本人を中心とした異世界人が召喚されてくる世界で、神官のメノウは処刑人として活動していた。歴史上、この世界に災厄を振りまいてきた異世界人を

くまくまくまくま
241viewsお気に入り数:0
アロワナを愛した容疑者 警視庁いきもの係

薄と須藤の、漫才にも似た掛け合いも健在。とにかく、楽しめる作品です。

人気シリーズ、「警視庁生きもの係」の5作目。「タカを愛した容疑者」「アロワナを愛した容疑者」「ランを愛した容疑者」の3つが収められている。読

aki3@LAaki3@LA
456viewsお気に入り数:0
昨日がなければ明日もない

待望の、探偵「杉村三郎シリーズ」の最新刊。人の悪意は、すぐ目の前にある…。

待望の杉村三郎シリーズの最新刊。「絶対零度」「華燭」、そして表題になっている「昨日がなければ明日もない」の三編が収められている。どれも、心の

aki3@LAaki3@LA
821viewsお気に入り数:0
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫) [kindle版]

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか第8巻のあらすじと感想

プロローグ 進撃の軍神一章 とある武神への恋歌二章 パルゥムの求婚三章 とある鍛冶神への恋歌四章 愛しのボディーガード五章 街娘の秘密六章 

まるをまるを
1022viewsお気に入り数:0
盤上の向日葵

白骨死体と共に埋められていた将棋の駒。その駒の出どころを探して、刑事二人が靴をすり減らす。

後半まで被害者の身元は明かされない。誰を、誰が殺したのか。山中から発見された白骨死体。死体と共に、高価な将棋の駒が埋められていた。それは、数

aki3@LAaki3@LA
1201viewsお気に入り数:0
幸SACHI

オッサン刑事、寺沢の新しい相棒は、妊娠八カ月の妊婦だった…。

所轄、海坂署に誕生した、少々風変わりなコンビ。中年刑事、寺沢の新しい相棒となったのは、警視庁捜一から異動してきた一ノ瀬明子。彼女は、シングル

aki3@LAaki3@LA
1489viewsお気に入り数:0
黒の狩人 下 (2)

新宿には「鮫」だけじゃない、佐江もいる。

「北の狩人」、「砂の狩人」ときて、今回の狩人は、前二作で脇役として主役の魅力を存分に引き出していた新宿署組織犯罪対策課警部補の佐江だ。中国人

aki3@LAaki3@LA
1850viewsお気に入り数:0
殺人鬼がもう一人

不穏な結末が苦手な方、ご用心…。

東京にありながら、警察庁の姥捨山、あるいは流刑地などとわれている辛夷ケ丘署。「問題はあるがクビにするほどでもなく、上司の説得に応じて大人しく

aki3@LAaki3@LA
2248viewsお気に入り数:0
ワルキューレ-巡査長 真行寺弘道 (中公文庫)

決して出世しない。いまだにヒラのまま。刑事、真行寺は自由人なのです。

五十三歳にしてヒラの巡査長、真行寺弘道の活躍を描く、「巡査長」シリーズの3作目。主人公が異端なら、毎回、物語の展開も異色である。元モデルで聾

aki3@LAaki3@LA
2419viewsお気に入り数:0
リボルバー・リリー

リリーの圧倒的な存在感と、魅力。カッコよすぎる…。

肩を撃たれ、腿を撃たれ、尻を撃たれながら、満身創痍の二人は、前へ前へと駆け抜ける。かつて「最も排除すべき日本人」と称された諜報員、小曾根百合

aki3@LAaki3@LA
2708viewsお気に入り数:0
福家警部補の報告 (創元推理文庫)

恐ろしさとやさしさを併せ持つ。日本一タフでネチッこい女刑事。

名作、「福家警部補シリーズ」の3作目。出だしは、いつも殺人の実行から…。つまり、犯人がすでにわかっている、いわゆる倒叙ミステリーものと初めて

aki3@LAaki3@LA
2511viewsお気に入り数:0
ジゼル

バレエを観たくなります

ジゼルとは、ロマンティック・バレエの代表作。男性に騙され結婚直前に亡くなった、娘たちが、妖精ウィリとなり、大夜の森に迷い込んだ男性を死ぬまで

kaerumamakaerumama
2666viewsお気に入り数:0
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7 (GA文庫) [kindle版]

英雄の覚悟

プロローグ 神は無慈悲な淫都の王一章 順風満帆?二章 走れクラネル三章 狐兎憂悶四章 ヨシワラ×ウタカタ五章 殺生石六章 英雄切望七章 ゴッ

まるをまるを
2546viewsお気に入り数:0
絆回廊 新宿鮫Ⅹ

新宿署の一匹狼、鮫島。これほど新宿という街が似合う男はいないだろう。

鮫島は、「白髪の大男が警官を殺すために拳銃を手に入れようとしている」という情報を掴む。その男は殺人の罪で服役し、二十二年ぶりに出所したばかり

aki3@LAaki3@LA
2370viewsお気に入り数:0
あまがえると銀杏の木

実話をもとに書かれた、平和への願い。未来に伝わることを信じて――

従軍記者が残したセピア色の写真に込められた平和への想いを未来に伝えるために。幼くして母を亡くした四郎は、厳格な父の教えに従い、自ら志願して満

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
2796viewsお気に入り数:0
ドルチェ

生きる者のために真相を追う、所轄の女刑事、魚住久江。

魚住久江シリーズの一作目で、表題作を含む六編が収録されている。今は練馬署強行犯係に属する魚住は、池袋署時代に本庁捜一に抜擢され二年つとめた。

aki3@LAaki3@LA
2246viewsお気に入り数:0
明日の子供たち (幻冬舎文庫)

仕事にやりがいか欲しい

90人の子供が住んでいる家がある。「あしたの家」という名の児童養護施設だ。三田村慎平は、その施設に新しく赴任する事となった。児童養護施設のド

kaerumamakaerumama
2567viewsお気に入り数:0
宝くじが当たったら

本当に信じれる人とは?

中堅食品会社の経理課勤務、年収四百万円の32歳、新堂修一、平均的な年越しを行う予定だったのだが、毎年恒例の年末のイベント、宝クジの当選確認が

kaerumamakaerumama
2268viewsお気に入り数:0
枯葉色グッドバイ (文春文庫)

「アルバイトをしませんか?」。所轄の女刑事が助手に雇ったホームレスは、警察学校時代の教官だった。

羽田のマンションで家族三人が惨殺された事件では、たまたま友人宅に出かけていた高校生の長女、美亜が生き残っていた。事件から半年ほどたって、美亜

aki3@LAaki3@LA
2435viewsお気に入り数:0
ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

時代の常識を疑え

スパイの話。天皇陛下の為に命を惜しまない。自国のために命を厭わない。それが当たり前の頃の日本での、スパイ養成学校と、その卒業生たちの行き先に

相生あるか相生あるか
2500viewsお気に入り数:0