数学本

数学本のまとめを紹介しています。数学や数学者などの情報や本がわかります。

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!  細野真宏小学館

まえがき■なぜ経済を難しく感じてしまうか?多くの人たち:「情報の量が少ないから経済がよく分からない」⇒全体像という視点をもつことで少ない情報

graphiter88graphiter88
1069viewsお気に入り数:0
図解・ベイズ統計「超」入門  あいまいなデータから未来を予測する技術 (サイエンス・アイ新書)

図解・ベイズ統計「超」入門 あいまいなデータから未来を予測する技術 (サイエンス・アイ新書)

はじめに・ベイズの定理は「もとの確率」がデータによってどう変化するかを与える定理・この性質を利用して、経済学や心理学、人口知能の研究に応用さ

graphiter88graphiter88
3417viewsお気に入り数:0
数学で織りなすカードマジックのからくり

数学で織りなすカードマジックのからくりの書評・感想

内容に入ろうと思います。本書は、まさにタイトル通りの作品で、トランプを使ったカードマジックの内、「数理奇術」と呼ばれる、奇術の背景に数学的な

黒夜行黒夜行
1560viewsお気に入り数:0
考える人 2013年 08月号 [雑誌]

考える人 2013年夏号の書評・感想

「数学は美しいか」そんな問いかけに対して、本書にはこんな文章がある。『数学は美しい、美しければ愉しい。数学の美しさは、人間の考えの美しさだよ

黒夜行黒夜行
972viewsお気に入り数:0
暗算の達人

脅威の高速暗算テクニック

瞬間掛け算二桁の数×1132×11問題の二桁の数の各桁を3+2=5のように足しますそしてその5を3と2の間に入れて352とします。これが答え

megumegu
947viewsお気に入り数:0
整数論のための前菜

整数論のための前菜の書評・感想

本書は、暗黒通信団(円周率πを百万桁までただ羅列した本を出したりしている)が出版した、整数論に関する同人誌です。「コミケ」で販売されていたも

黒夜行黒夜行
696viewsお気に入り数:0
素数ゼミの謎

アメリカで大量発生!13年と17年周期で現れる素数ゼミの謎(とその英語名は?)

素数ゼミ(周期ゼミ)とは体長2〜3センチ100メートル四方(一万平方メートル)に40万匹!1平方メートルに40匹、10平方メートルの部屋なら

noriyo_tcpnoriyo_tcp
1224viewsお気に入り数:0
ちょっとわかればこんなに役に立つ 中学・高校数学のほんとうの使い道 (じっぴコンパクト新書 76)

「何のために」が分かれば数学はとてもおもしろい論理ゲーム

1.三角関数はどう使う?直接メジャーをあてて測れない距離の計算「計れること」よりも「計れるという事実を理解すること」「平面や空間において大き

読学読学
1479viewsお気に入り数:0
微分積分 (理工系の数学入門コース 1)

微分積分 和達三樹 (類書との違い)

昔から人気のある微分積分の参考書数学科の生徒より、工学や物理、その他の理系の生徒に向いている。(内容が実用的な範囲でシンプルにまとまっている

biobookbiobook
1535viewsお気に入り数:0
数学入門〈上〉 (岩波新書)

中学高校で学んだ数学の”理由”を解き明かす一冊「 数学入門〈上〉」

感想中学高校で「数学」の知識は得るけれども,それらの知識の「理由」は教えてもらえなかった.例えば,計算において,掛け算と割り算を優先して計算

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2046viewsお気に入り数:1
不完全性定理―数学的体系のあゆみ (ちくま学芸文庫)

不完全性定理―数学的体系のあゆみのざっくりまとめ

概要数学は不完全!?数学ポイント直観的な定義や説明がなくても証明はできる。集合の記法を知らないと,現代数学の論文は読めない。まぎわらしい言葉

hisahisahisahisa
1957viewsお気に入り数:1
完全なる証明

完全なる証明の書評・感想

本書は、とある数学の難問を解決したある天才数学者の話です。その難問とは、クレイ数学研究所というところがミレニアム問題という名で、解ければ10

黒夜行黒夜行
1676viewsお気に入り数:0
100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)

100年の難問はなぜ解けたのかの書評・感想

本作は、「NHKスペシャル」という番組の、ポアンカレ予想について扱った回を書籍化したものです。数学についてさほど知識のあるわけではないスタッ

黒夜行黒夜行
3359viewsお気に入り数:1
世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい数学入門の書評・感想

本作は、作家小川洋子と数学者藤原正彦との対談を収録した作品です。小川洋子は、「博士の愛した数式」という、記憶が僅かしか持続しない数学者の話を

黒夜行黒夜行
1771viewsお気に入り数:0
四色問題

四色問題の書評・感想

まずこの四色問題を解くにあたり、非常に重要な定理があるのでまずそれを書こう。この定理は次のように説明される。どんな地図にも、五個以下の隣国し

黒夜行黒夜行
2303viewsお気に入り数:0
世界最大の虫食い算 (文春新書)

世界最大の虫食い算の書評・感想

本作は、まあなんともアホくさいというか、それでいてとんでもないというか、まあ無茶苦茶なことを成し遂げたある青年の話です。まずざっと虫食い算の

黒夜行黒夜行
1732viewsお気に入り数:0
「無限」に魅入られた天才数学者たち

「無限」に魅入られた天才数学者たちの書評・感想

本作は、「無限」というものがいかにして数として認められるようになっていったのか、その歴史について描かれている本です。無限に関しては、カントー

黒夜行黒夜行
1874viewsお気に入り数:0
哲学的な何か、あと数学とか

情熱的学問入門!哲学的な何か、あと数学とかの書評まとめ

 悪魔のような数式に魅せられ人生を賭けた学徒たち! フェルマーの最終定理をめぐる ココロを揺さぶる物語―― 数学なんてつまらないと思っている

おろしんおろしん
2604viewsお気に入り数:1
ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方

ベッドルームで群論をの感想

感想日常に隠されている数学的事象を鮮やかに特定し,考察する名著だと思います.久しぶりに数学的な深い考察ができてよいリフレッシュになりました.

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
1794viewsお気に入り数:0
面白くて眠れなくなる数学

PHP研究所による「面白くて眠れなくなる数学」の出版社まとめ

数学は、とても身近なもので、日々の生活の至る所に存在している——。著者であるサイエンスナビゲーター桜井進さんが、講演などの様々な機会に、繰り

PHP研究所PHP研究所
3344viewsお気に入り数:2