生物学本

生物学本のまとめを紹介しています。生物の生態系、遺伝子、時間などワクワクする生物学の情報や本がわかります。

極限世界のいきものたち

極限世界に住むすごい生き物を紹介!

人間とは、都合よく、バランスよく、進化してきた種なのです。サイガステップに住むウシの仲間。巨大な鼻が空気を適温にし、極寒の地域でも生息。カン

kaerumamakaerumama
1942viewsお気に入り数:1
遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)

人の生活における遺伝子の影響

  努力すれば、誰でも勉強ができるようになり、就職できるのか。  今まで、長い間、議論されることのなかった遺伝子と学歴や収入の関係を、外国の

賑町書店賑町書店
1928viewsお気に入り数:0
動的平衡2 生命は自由になれるのか

生物の本質を語る著者の5つの視点

 生命の本質は、自己複製ではなく、絶え間のない流れ、すなわち動的平衡にあると語る著者の考えをまとめた本。そこから、注目のネタをまとめました。

violetReadervioletReader
30941viewsお気に入り数:0
人類が生まれるための12の偶然 (岩波ジュニア新書 626)

人類が生まれるための12の偶然とは?

1 宇宙を決定する「自然定数」が、現在の値になったこと基本の4つの力、中性子や陽子の質量といった「自然定数」の値は、どんな値になってもよかっ

kajan_skajan_s
2070viewsお気に入り数:3
やっぱりペンギンは飛んでいる!! (知りたい!サイエンス)

ペンギンはなぜペンギンなのか?ペンギンの雑学集!

ペンギンについてのあれやこれやを詳しく解説。写真もイラストも豊富。ペンギンの見分け方解説も非常に分かりやすい。コラムも楽しい。ペンギンはなぜ

鷹森雀ノ介鷹森雀ノ介
2770viewsお気に入り数:0
女と男のだましあい―ヒトの性行動の進化

なぜ男と女は騙し合うのか?進化からわかる人の性行動の秘密とは

嫉妬は生存と繁殖競争に適応するために生まれたわれわれの祖先が多くの「敵意に満ちた自然の力」と闘うのを助け、生存と繁殖に成功をおさめてきたさま

良本紹介します!良本紹介します!
3367viewsお気に入り数:0
遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)

人の行動は環境なのか遺伝なのかまたは両方なのか。「遺伝子の不都合な真実」の書評・感想

人の行動は環境なのか遺伝なのかまたは両方なのか。これは遺伝学側からの提示である。すごい挑発的なタイトル。物議を醸そうと釣ろうとしているのか?

Yuki_HinagoYuki_Hinago
2698viewsお気に入り数:0
性転換する魚たち―サンゴ礁の海から (岩波新書)

増殖だけが目的なら無性生殖のほうが効率がいい!繁殖面白生物学

繁殖とは有性生殖では親と少し違った遺伝子をもつことができる。これが無性生殖との大きな違いである。バクテリアはどうして接合という有性生殖をする

図書 館子図書 館子
2397viewsお気に入り数:1
人は感情によって進化した (ディスカヴァー携書)

人は感情によって進化した!人類社会と感情の進化の歴史

概要人類社会は感情の進化の歴史と共に歩んできた「野生の心」と「文明の心」■古い脳と新しい脳 ・古い脳:動物時代から形成された部位。感情を中心

books_jp_botbooks_jp_bot
2234viewsお気に入り数:0
みんなが知りたい男と女のカラダの秘密 セックスレスは問題なのか? (サイエンス・アイ新書)

みんなが知りたい男と女のカラダの秘密!男女の身体にまつわる面白いお話

概要ちゃんと教えてもらえなかった男女の身体にまつわるお話人には性別はなんであるの?■性別はなぜあるのか? ・無性生殖:単細胞などの性別を持た

books_jp_botbooks_jp_bot
12285viewsお気に入り数:1
なぜあの上司は虫が好かないか―ヒトを操るフェロモンの力 (Clickシリーズ)

なぜあの上司は虫が好かないか?実はフェロモンが原因だった!

概要知らず知らずに働く奥深いフェロモンに関してまとめた1冊フェロモンの基礎■フェロモンとは ・定義:「動物個体から放出され、同種他個体に&a

books_jp_botbooks_jp_bot
2285viewsお気に入り数:0
知性誕生―石器から宇宙船までを生み出した驚異のシステムの起源

人間の行動・思考・知能の基本原理は探索可能か?知性誕生のまとめ

プロローグ 混沌から秩序へ人間の行動・思考・知能の基本原理は探索可能か?第1章 「知」は力なり人間の行動・思考の説明として、理性によるものが

nemoto nobuonemoto nobuo
2652viewsお気に入り数:0
タナトスの子供たち―過剰適応の生態学

ヤオイとは何か

★1つにするか★5つにするかで迷う本「コミュニケーション不全症候群」の続編。ヤオイ、特に「初期段階=最も社会に対する毒性が強かった時代のヤオ

はにほーはにほー
2445viewsお気に入り数:0
性転換する魚たち―サンゴ礁の海から (岩波新書)

生物学って面白い! 資格情報で性転換する魚たち

性転換:1番大きな個体がオスに変わる実験1メスの単独飼育→不変実験2大オスと小メスの同居→不変実験3大メスと小オスの同居→大メスが性転換(小

hisahisahisahisa
4000viewsお気に入り数:1
日本の海産プランクトン図鑑 DVD付

日本の海産プランクトン図鑑の書評・感想

本書の構成 山口県岩国市にある微小生物園、ミクロ生物館が監修した、実際に日本近海で採集出来るプランクトンのカラー図鑑である。索引ベースで17

くまくまくまくま
1653viewsお気に入り数:2
種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

種の起源=「自然選択の方途による種の起源」とは

キーワード  進化の要因は自然選択であり、全ての生物は共通の祖先に遡る自然選択説 「種の起源」の正式な題は、「自然選択の方途による種の起源」

reading_boxreading_box
4072viewsお気に入り数:3
生物学的文明論 (新潮新書)

生物学的文明論のざっくりまとめ

しょっぱな ちょっと高等な知能を持った人間が、好き勝手に地球を搾取しているのは気のせい?地球は「人間だけ」で成り立っているわけじゃない。植物

BookLetterBookLetter
2125viewsお気に入り数:0
ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

動物のサイズなどの違いによる時間の早さの違い

一言概要生物のサイズ(大きさや体重)とその他の動物的機能・性能(時間感覚や代謝量,移動速度)の関係について述べた本まとめ動物において、何かを

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
4167viewsお気に入り数:7
時間の分子生物学 (講談社現代新書)

生物時計、概日周期のメカニズムとは

概要生物時計、特に概日周期のメカニズムを探る。睡眠との関連性も分析。(02年初版)なぜ生物時計が必要か■生物時計を必要とする主な理由は(1)

折笠 隆折笠 隆
8824viewsお気に入り数:8
自然に学ぶ粋なテクノロジー なぜカタツムリの殻は汚れないのか (DOJIN選書22)

自然のテクノロジーを見習う。「自然に学ぶ粋なテクノロジー なぜカタツムリの殻は汚れないのか」

我々が様々な環境問題に直面している今,早急な循環型社会の構築がのぞまれている.その一番の見本となるのが『自然』である.本書では,その自然のテ

shingorirappashingorirappa
2293viewsお気に入り数:4