生物学本

生物学本のまとめを紹介しています。生物の生態系、遺伝子、時間などワクワクする生物学の情報や本がわかります。

風と光合成―葉面境界層と植物の環境対応 (自然と科学技術シリーズ)

風が植物に与える影響をまとめた専門書.

風が植物の光合成におよぼす影響をまとめた学術専門書.1990年初版.現在絶版.理学や化学的な内容というより,より作物生産の現場に近い,植物の

katakanakatakana
291viewsお気に入り数:0
つり人 2016年9月号 (2016-07-25) [雑誌] [kindle版]

ウナギこそ環境指標魚

特集この夏は高原の釣り宣言涼やかにねらうヤマメ・アマゴ・イワナ編集長が冒頭ページで自身の少年時代を回顧する。セミが鳴き始め、夏がはじまる。近

strawberry-essencestrawberry-essence
506viewsお気に入り数:0
クマゼミから温暖化を考える (岩波ジュニア新書)

セミの生態を学ぶとともにその神秘にも触れる

著者は、京都大学大学院理学研究科の教授。先月、京都大学総合博物館で行われた企画展「虫を知りつくす」~京都大学の挑戦~の特別講演会「昆虫アカデ

strawberry-essencestrawberry-essence
523viewsお気に入り数:0
先生、キジがヤギに縄張り宣言しています!

動物行動学を研究している鳥取環境大学教授が遭遇する動物珍事件集 第5弾

子どものイソギンチャクはカタツムリのように這って動くのだ!他大学に移動された教授の研究室から、海産動物入りの水槽を引き取ることになった。嬉々

katakanakatakana
819viewsお気に入り数:0
先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

動物行動学を研究している鳥取環境大学教授が遭遇する動物珍事件集 第8弾

先生!シリーズ第8弾。著者、小林教授の紹介とゼミ生から小林教授が受け取ったメッセージ帳が一部記載されており、教授の人柄がうかがえる。森のダニ

katakanakatakana
789viewsお気に入り数:0
なぜシロクマは南極にいないのか: 生命進化と大陸移動説をつなぐ

生物地理学から読み解く 生命の進化 と 大陸移動説

動植物の分布から導き出された進化論進化論の発表前,人々は自然神学(全ての生物は神が適時適所に創造し,配置している)を信じていた.その場合,同

katakanakatakana
828viewsお気に入り数:0
先生、カエルが脱皮してその皮を食べています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

動物行動学を研究している鳥取環境大学教授が遭遇する動物珍事件集 第4弾

ヒキガエルも脱皮する,そして皮を食べるのだ著者は子供時代,森で脱皮するヒキガエルに遭遇した.ヒキガエルはシャツでも脱ぐように皮を脱ぎながらそ

katakanakatakana
930viewsお気に入り数:0
平気で暴力をふるう脳

脳が暴走し、暴力に至るメカニズムを解く衝撃の書

 本書はキレやすい若者から性犯罪、DV人間の究極の暴力行為である戦争に至るまで、神経生理学と心理学の知見をもとに暴力的な人間が作られてしまう

飛立知希飛立知希
927viewsお気に入り数:1
新版 農業の基礎 (農学基礎セミナー)

新規農業参入を希望している方、本気で家庭菜園に取り組みたい方に。

著者の多くは農業高校の教諭。実践的かつ科学的な本。農業初心者の入門・総論理解、実務ポイント理解に最適。農業系高校および大学1ー2回生にもオス

katakanakatakana
833viewsお気に入り数:0
DIF(ディフ)で花の草丈調節―昼夜の温度差を利用する

化学薬品を使わない花や野菜の草丈調整術

はじめに(概要)DIFは、thedifferencebetweendaytemperatureandnighttempertureのdiff

katakanakatakana
873viewsお気に入り数:0
ネコの本音の話をしよう (ワニブックスPLUS新書)

ネコはロックンロールが好き!?『ネコの本音の話をしよう』

ネコを知る幸せごはんは食べたい時に「何度でもたべたい」 ネコは、人間のように決まった時間に食事をする習慣はありません。本当は好きな時にいつで

ヨルヨル
1048viewsお気に入り数:0
プリオン説はほんとうか? (ブルーバックス)

狂牛病は再燃するのか?

<プリオン説は本当か> 羊のスクレイピー、牛の狂牛病、人間のヤコブ病・・・これらはすべて「伝達性スポンジ脳症」と呼ばれる感染性の脳に起こる疾

kimidori608kimidori608
886viewsお気に入り数:0
カリスマ講師の日本一成績が上がる魔法の生物基礎ノート

生物が苦手な人に。

生物基礎の授業ノート一言で表すならばこんな感じ。基礎・基本が危うい人に、あるいは高校生物の復習をしたい人にお勧めです。特徴ページの左側が説明

SoyaSoya
2038viewsお気に入り数:0
イカの心を探る―知の世界に生きる海の霊長類 (NHKブックス No.1180)

イカは海の「霊長類」

 イカは身近なわりにデリケートで養殖ができず、短命である(平均寿命1年)。 巨大な脳と巨大な目を持ち高度な「知能」を持っていると考えられる。

kimidori608kimidori608
2023viewsお気に入り数:0
時間の分子生物学 (講談社現代新書)

時間の生物学は面白い!生物の様々なリズムと周期

生物たちは日常生活をさまざまなリズムで過ごしていますたとえば、朝起きて夜眠るという一日単位のリズムや、月曜日から学校や会社にでかけて週末は休

かんながいいかんながいい
1539viewsお気に入り数:0
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物の最先端を、面白く知ろう

 この本は、生命科学分野「遺伝子工学分野」や、科学者の具体的な研究生活(経済的処遇)について知ることが出来る専門的な本でもあるけど、生物学的

violetReadervioletReader
26072viewsお気に入り数:0
フューチャー・イズ・ワイルド

カラーCGで観る未来のいきもの図鑑

生命と進化について荒唐無稽にならないために。可能性の枠内におさまるように。過去についての知識が心強い味方となって想像力を支えてくれた遺伝子プ

NaosukeNaosuke
888viewsお気に入り数:0
極限世界のいきものたち

極限世界に住むすごい生き物を紹介!

人間とは、都合よく、バランスよく、進化してきた種なのです。サイガステップに住むウシの仲間。巨大な鼻が空気を適温にし、極寒の地域でも生息。カン

kaerumamakaerumama
1316viewsお気に入り数:1
遺伝子の不都合な真実: すべての能力は遺伝である (ちくま新書)

人の生活における遺伝子の影響

  努力すれば、誰でも勉強ができるようになり、就職できるのか。  今まで、長い間、議論されることのなかった遺伝子と学歴や収入の関係を、外国の

賑町書店賑町書店
1605viewsお気に入り数:0
動的平衡2 生命は自由になれるのか

生物の本質を語る著者の5つの視点

 生命の本質は、自己複製ではなく、絶え間のない流れ、すなわち動的平衡にあると語る著者の考えをまとめた本。そこから、注目のネタをまとめました。

violetReadervioletReader
28315viewsお気に入り数:0