科学本

科学本のまとめを紹介しています。生物学、物理、数学、歴史、哲学など科学に関する情報や本がわかります。

魔女狩り 西欧の三つの近代化 (講談社選書メチエ)

長らく続いた魔女狩りの歴史と近代化とは

中世~近世にかけて西欧を中心に横行した「魔女狩り」。18世紀あたりに科学の進化と魔女観・宗教観の変化により一気に衰退し、魔女狩りの概念がほと

kuramaekuramae
5382viewsお気に入り数:0
残念な「オス」という生き物 (フォレスト2545新書)

交尾が終わると爆発するオスがいる⁉︎

 生物のオス・メスについて書かれている本。いかにして生物は遺伝子を残そうとするのか、その中で身を張る悲しいオス達の姿が読み易い文体で、面白可

masamasa
5998viewsお気に入り数:0
宇宙はなぜこのような宇宙なのか――人間原理と宇宙論 (現代新書)

未だに謎の多い宇宙の「なぜ」?

宇宙はまさに不思議な世界である。年々解明されてはいるものの、解明するたびに新たな謎が出てきて、議論を呼ぶ。その宇宙はアリストテレスの時代から

kuramaekuramae
6878viewsお気に入り数:0
なんでもホルモン 最強の体内物質が人生を変える (朝日新書)

めくるめく「ホルモン」の不思議

「ホルモン」というと、私の故郷・旭川でも「塩ホルモン」などが名物であり、「ホルモンラーメン(モルメン)」なるものがB級グルメとして有名である

kuramaekuramae
5917viewsお気に入り数:0
数の発明 (岩波科学ライブラリー)

「数」は何をなして「発明」となり得るのか?

普段の生活の中でごく当たり前にある「数」。その数がどのようにして生まれたのかというと、正直言って良く分からない。しかも「数」とひとえに言って

kuramaekuramae
5946viewsお気に入り数:0
改訂増補 おさかなその世界 (22世紀アート) [kindle版]

長年、水産増養殖に携わってきた魚のプロによる「おさかな事典」!

思わず誰かに話したくなる!魚や水産の知識がいっぱい! 長年、水産増養殖に携わってきた魚のプロによる「おさかな事典」!アワビ漁師は芸能民……?

22世紀アート22世紀アート
7673viewsお気に入り数:0
ヒトはなぜ難産なのか――お産からみる人類進化 (岩波科学ライブラリー)

ヒトは難産である理由は「ヒトならでは」の特徴にあった

ヒトが子供を産むときには、肉体的負担がかかるといわれている。そのため「難産」と言われているのだが、もともと「出産」自体死ぬ可能性のあることが

kuramaekuramae
6843viewsお気に入り数:0
サイバーセキュリティ

セキュリティは進化する。それは国も法も然りである。

「セキュリティ」にまつわる話題は今も昔も存在しているのだが、セキュリティが進化するとともに、サイバー攻撃など、セキュリティの抜け穴を見つけて

kuramaekuramae
7609viewsお気に入り数:0
家庭でたのしむ科学の実験 (角川選書)

自由研究だからでこそ自宅で科学実験

「理系離れ」と言われて久しいが、そもそも理系の授業が難しいというよりも、「楽しさ」を教えていないのではないか、ということを勘ぐってしまう。中

kuramaekuramae
7943viewsお気に入り数:0
「ネイチャー」を英語で読みこなす(ブルーバックス)

英語で書かれた科学雑誌を読むことで、科学英語を勉強してやろう

この本で一番大事なこと新聞をにぎわす科学ニュースの多くが『ネイチャー』に発表される。『ネイチャー』は明治維新と同じころにイギリスで創刊された

トモコトモコ
8020viewsお気に入り数:0
時間はなぜ取り戻せないのか (PHPサイエンス・ワールド新書)

「時間」を物理の観点から読み解いてみると…

人は誰しも「過去に戻りたい」「時間を戻したい」という状況が何度かある。しかし実際は過ぎ去った時間を戻すことはできない。しかしなぜ「時間」を戻

kuramaekuramae
9560viewsお気に入り数:0
統計データが語る 日本人の大きな誤解 (日経プレミアシリーズ)

統計データを見て誤解を解こう

一昨年あたりからビジネス書コーナーに「統計」に関する本がたくさん出てきた。「ビッグデータ」と呼ばれるようなものの解析を行い、新しいアプローチ

kuramaekuramae
6396viewsお気に入り数:0
ねこの秘密 (文春新書)

知られざる「ネコ」の生態と歴史

散歩をしていると時々猫を見かける。私は猫好きなので、見つけるやいなや猫の声真似をして猫の反応を見て楽しんでしまう。地味と言ってしまえばそれま

kuramaekuramae
7694viewsお気に入り数:0
江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)

「江戸しぐさ」は夢か現か?

「江戸しぐさ」に関する本は私もいくつか読んだことがある。その多くは礼儀作法や教育に関することについて取り上げられており、啓蒙の模範になるもの

kuramaekuramae
8784viewsお気に入り数:0
デジタルデトックスのすすめ  「つながり疲れ」を感じたら読む本

デジタルの時代だからでこそ「デトックス」を!

私自身、仕事をする際にパソコンやスマートフォンなどのガジェットを使うことが多い。もっとも仕事柄ほとんどそれに触れることが多く、やりとりを行う

kuramaekuramae
2706viewsお気に入り数:0
<香り>はなぜ脳に効くのか―アロマセラピーと先端医療 (NHK出版新書 385)

科学的にアロマセラピーを学ぶならこれ!!同じ香りでも、分子構造が違うのだよ!

この本で一番大事なこと トレッキングやハイキングに出かけていて、森の香りを嗅いでリフレッシュする人は多いでしょう。街中を歩いていて、おいしそ

トモコトモコ
38272viewsお気に入り数:0
なぜ男は女より多く産まれるのか: 絶滅回避の進化論 (ちくまプリマー新書)

絶滅から逃れ生き残るのは「強い」もの、ではなく「環境変動に適応できた」もの

生物進化の原理1)絶滅回避:変化・変動する環境の中で絶滅を避ける2)強い個体の選択:絶滅回避が保障されている中で競争相手を排除して生き抜く従

カタカナカタカナ
3399viewsお気に入り数:0
ドラッカー名著集9 「経済人」の終わり

ファシズムは再来するか?〜ドラッカーが見抜いた全体主義の正体とは

◼️その特徴への誤解ファシズム全体主義の特徴として、①「残虐性」を指摘するもの、②「ブルジョア資本主義の最後のあがき」であるとする解釈、また

book beetlebook beetle
4499viewsお気に入り数:0
精神現象学 (上) (平凡社ライブラリー (200))

哲学書中の最難関!ヘーゲルの『精神現象学』には何が書いてあるのか?

近代哲学の集大成にして最高の叡智。そして難解を極める哲学の領域にあって最難関とされるのが、本書G.W.F.ヘーゲルの『精神現象学』である。こ

松井勇人松井勇人
5509viewsお気に入り数:0
一流の研究者に求められる資質

2014年に起こった問題から考える研究者の在り方

2014年最も話題となったのは、理研と小保方晴子氏の話題である。昨年のはじめにSTAP細胞が発見され、話題となったのだが、論文の中の画像引用

kuramaekuramae
5436viewsお気に入り数:0