科学本

科学本のまとめを紹介しています。生物学、物理、数学、歴史、哲学など科学に関する情報や本がわかります。

江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)

「江戸しぐさ」は夢か現か?

「江戸しぐさ」に関する本は私もいくつか読んだことがある。その多くは礼儀作法や教育に関することについて取り上げられており、啓蒙の模範になるもの

kuramaekuramae
8411viewsお気に入り数:0
デジタルデトックスのすすめ  「つながり疲れ」を感じたら読む本

デジタルの時代だからでこそ「デトックス」を!

私自身、仕事をする際にパソコンやスマートフォンなどのガジェットを使うことが多い。もっとも仕事柄ほとんどそれに触れることが多く、やりとりを行う

kuramaekuramae
2415viewsお気に入り数:0
<香り>はなぜ脳に効くのか―アロマセラピーと先端医療 (NHK出版新書 385)

科学的にアロマセラピーを学ぶならこれ!!同じ香りでも、分子構造が違うのだよ!

この本で一番大事なこと トレッキングやハイキングに出かけていて、森の香りを嗅いでリフレッシュする人は多いでしょう。街中を歩いていて、おいしそ

hisap0hisap0
2513viewsお気に入り数:0
なぜ男は女より多く産まれるのか: 絶滅回避の進化論 (ちくまプリマー新書)

絶滅から逃れ生き残るのは「強い」もの、ではなく「環境変動に適応できた」もの

生物進化の原理1)絶滅回避:変化・変動する環境の中で絶滅を避ける2)強い個体の選択:絶滅回避が保障されている中で競争相手を排除して生き抜く従

カタカナカタカナ
2997viewsお気に入り数:0
ドラッカー名著集9 「経済人」の終わり

ファシズムは再来するか?〜ドラッカーが見抜いた全体主義の正体とは

◼️その特徴への誤解ファシズム全体主義の特徴として、①「残虐性」を指摘するもの、②「ブルジョア資本主義の最後のあがき」であるとする解釈、また

book beetlebook beetle
3991viewsお気に入り数:0
精神現象学 (上) (平凡社ライブラリー (200))

哲学書中の最難関!ヘーゲルの『精神現象学』には何が書いてあるのか?

近代哲学の集大成にして最高の叡智。そして難解を極める哲学の領域にあって最難関とされるのが、本書G.W.F.ヘーゲルの『精神現象学』である。こ

松井勇人松井勇人
4869viewsお気に入り数:0
一流の研究者に求められる資質

2014年に起こった問題から考える研究者の在り方

2014年最も話題となったのは、理研と小保方晴子氏の話題である。昨年のはじめにSTAP細胞が発見され、話題となったのだが、論文の中の画像引用

kuramaekuramae
5042viewsお気に入り数:0
新約聖書 新改訳 [kindle版]

新約聖書

一年前ぐらいに新約聖書を読んだのだが、結構楽しめて読めた。聖書は哲学にもかなり影響を与えている書物であり。もちろん歴史的にも相当な多きい影響

韓非韓非
673viewsお気に入り数:0
現代中国の父 トウ小平(上)

中国を近代化させた現代中国の父 鄧小平

社会主義だった中国に市場原理を導入してサマリアよりも一人辺りのGDPは下だった中国を経済発展させた鄧小平の伝記。毛沢東によって大躍進政策と文

韓非韓非
785viewsお気に入り数:0
キッシンジャー回想録 中国(下)

毛沢東死後の中国 鄧小平と江沢民

やはり私が予測した通りに鄧小平からのスタートだった。やはりさすがというべきか。ハーバード大学で大学史上でも優れた論文を書いていたと聞いたから

韓非韓非
756viewsお気に入り数:0
キッシンジャー回想録 中国(上)

中国の歴史と毛沢東時代

この本はキッシンジャーというユダヤ人が書いた本である。この人は親中派でありかなり日本を見下している人物なためにあまり好きではない。しかし彼に

韓非韓非
929viewsお気に入り数:0
ローマ帝国衰亡史〈3〉コンスタンティヌスとユリアヌス (ちくま学芸文庫)

コンスタンティウスとユリアヌス

この章ではコンスタンティウスの統治時代かたユリアヌスまでを書いている。コンスタンティウスはアウグスツゥウスの再来ともいうべき人物だ。勤勉、忍

韓非韓非
771viewsお気に入り数:0
曹操〈下〉―魏の曹一族 (中公文庫)

乱世を生きた曹操

曹操の青年時代からこの世を去るまでの小説。腐敗した国家の中で、自らの一族、そして全土の民の未来を見出すために様々な人物を交わり、駆け引きを経

韓非韓非
642viewsお気に入り数:0
『日本の歴史』楽しい歴史教科書

『日本の歴史』楽しい歴史教科書

20のTP(ターニングポイント)を見出し、設定TP1 邪馬台国の成立はじめて大きな国家が誕生したTP2 遣隋使をおくるはじめて正式な外交がは

purinpurin
825viewsお気に入り数:0
自由とは何か (講談社現代新書)

手段に過ぎない自由の目的化

そもそも何のための自由か。仮に自由になりえた時に、目指すべき価値とはなんなのか。生きる目的ともいえるこの価値は、語り得ぬものである。それゆえ

slainteslainte
594viewsお気に入り数:0
シブすぎ技術に男泣き!

ものづくり中小企業におけるエンジニア達の奮闘を描いたコミックエッセイ

「リクナビNEXTTech総研」 で連載していたコミックエッセイ。内容を大まかに3分類化し紹介。(1)ものづくり企業の紹介・マセマテック株式

カタカナカタカナ
1012viewsお気に入り数:0
日本の名城写真図鑑103 (双葉社スーパームック)

眺めて楽しい103の名城の写真図鑑

全ページカラー、お城の基礎知識紹介ページ有。2016年度から『週刊大衆』で連載していたものだそうです。初版年度、2017年財団法人日本城郭協

カタカナカタカナ
959viewsお気に入り数:0
Beyond Human 超人類の時代へ 今、医療テクノロジーの最先端で

思索のきっかけに

最先端の科学を素人でも理解できるように紹介する活動。しかし科学的な説明が大雑把で、哲学的な思索も不十分なので、満足度はそれほど高くない。第1

くまくまくまくま
1271viewsお気に入り数:0
小さな悩みを大きな愛にかえる まほろばマジック

小さな悩みを大きな愛にかえる まほろばマジック

明確な答えのない精神世界を、わかりやすい言葉と例えで解説。【善く生きる】をテーマにした、人生の参考書!producedbyギャラクシーブック

GALAXY BOOKSGALAXY BOOKS
1112viewsお気に入り数:0
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

何故サピエンスが繁栄したのか?

人間つまりサピエンスが何故他の動物とは違いここまで繁栄することができたのか?その疑問に対する考察が書かれている。書かれている内容は斬新な意見

ils.t.nils.t.n
1051viewsお気に入り数:0