科学本

科学本のまとめを紹介しています。生物学、物理、数学、歴史、哲学など科学に関する情報や本がわかります。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

哲学の偉人たちが現代に蘇るとき

ある穏やかな春の日、17歳の児嶋アリサは、バイトからの帰り道にニーチェと名乗る男に話しかけられる。好きだった大学生が、部活の由美子先輩と仲良

abyssabyss
1647viewsお気に入り数:1
クマゼミから温暖化を考える (岩波ジュニア新書)

地球温暖化の分析はクマゼミから

「地球温暖化」の話はもう何十年も前から言われ続けてきており、未だに議論の対象になっている。もちろん温暖化を解決することは一筋縄ではいかず、原

kuramaekuramae
1440viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

東洋哲学とは「学ぶこと」ことでは決して理解に達することができないもの

西洋哲学は「階段」であるのに対し、東洋哲学は「ピラミッド」である。それはどういうことかというと、西洋哲学は長い歴史の中で、究極の真理を求めて

abyssabyss
1926viewsお気に入り数:0
死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)

あまり見ることのない視点から見た日本史

日本の刑法上、死刑は存在しており、年に何回かは死刑執行が行われる。ちなみに死刑執行の最終承認者は法務大臣であり、そのサインでもって死刑が執行

kuramaekuramae
2462viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門 (河出文庫)

「より強い論を求め、血を戦わせてきた男たちの情熱の物語」

主要西洋哲学者31人の来歴・思想をまとめた本。この本のすごいところは、哲学知識を現代風に平易な言葉で書き綴っただけでなく、そのうえで作者が「

abyssabyss
2677viewsお気に入り数:0
子どものための哲学対話

クジラは魚じゃないなんて、どうして言えるのか?

とある子供とその飼い猫「ペネトレ」との対話の記録。もちろんこの「ペネトレ」は著者永井均に代わって語るものであり、そういうところではほかの哲学

abyssabyss
2312viewsお気に入り数:0
iPS細胞はいつ患者に届くのか――再生医療のフロンティア (岩波科学ライブラリー)

iPS細胞が実用化されるまでには?

「iPS細胞」が発見したのは今から13年前、京都大学iPS細胞研究所所長・教授の山中伸弥氏だった。その後、iPS細胞に関する本も出始め、実用

kuramaekuramae
6623viewsお気に入り数:0
禅と日本文化 (岩波新書)

そもそも禅とは何か、禅と悟りとは同意語である。

この本は、1940年9月30日、昭和15年に第一刷発行、原著は1935年、1936年の2年間に渡って、英米の諸大学で行われた鈴木大拙の講演を

芽土根土芽土根土
4406viewsお気に入り数:0
論語から人間学を学ぶ

いちばん分かりやすい!論語の実用本

普段聞き馴染みのない「論語」を再確認し、ぐっと身近にする語録集。論語の真骨頂『善いと思ったことは実行する』 論語・・・儒教の始祖である孔子と

さまりさまり
3750viewsお気に入り数:0
空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? ドローンを制する者は、世界を制す

ドローンの現在と未来と日本

本書はドローンの可能性とどこの国がドローンを制するのかを取り上げている。ちなみにドローンと言うと最近では熊本地震における被害状況についてドロ

kuramaekuramae
7740viewsお気に入り数:0
日本鉄道史 幕末・明治篇 - 蒸気車模型から鉄道国有化まで (中公新書)

日本の鉄道黎明記

東京駅が開業して昨年で105年を迎えた。今から6年前のちょうど100周年の時には東京駅でセレモニーが行われたことは今も覚えている。しかし東京

kuramaekuramae
3576viewsお気に入り数:0
レバノン杉物語―「ギルガメシュ叙事詩」から地球温暖化まで (桜美林ブックス)

レバノン杉にて歴史を辿ってみた

レバノン杉とは、「西アジア原産のヒマラヤスギ属の針葉樹。樹形は端正な円錐形。シリア・レバノンなどに森林があったが乱伐された」(「広辞苑第六版

kuramaekuramae
3655viewsお気に入り数:0
災害復興の日本史 (歴史文化ライブラリー)

日本は災害に見舞われ続けた、その度に復興をしてきた足跡がある。

東日本大震災から7年の歳月が過ぎた。私は鎌倉に住んでいるのだが、震災当日は東京で働いていた。東京でも最大で震度5強、さらにその後も数度にわた

kuramaekuramae
4074viewsお気に入り数:0
先生、イソギンチャクが腹痛を起こしています!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学 (先生!シリーズ)

動物行動学を研究している鳥取環境大学教授が遭遇する動物珍事件集 第10弾

グレという魚の話 研究室の水槽に仲間を増やそうと海岸に出かけた小林教授とゼミ生達。 メジナとイソギンチャクを持ち帰ったものの、先住のルリスズ

カタカナカタカナ
3914viewsお気に入り数:0
エピジェネティクス――新しい生命像をえがく (岩波新書)

新しき生命像「エピジェネティクス」とは何か?

エピジェネティクスとは、「DNA一次配列の変化ではなく,ヒストンのアセチル化,DNAのメチル化などの細胞内部の分子的機構により,可変的に遺伝

kuramaekuramae
4288viewsお気に入り数:0
オオグソクムシの謎

一時期話題となった、オオグソクムシの知られざる「謎」

「オオグソクムシ」は2013年2月16日、愛知県蒲郡市の竹島水族館が、卵を孵化させることに日本で初めて成功したことが発端となり、一躍ブームと

kuramaekuramae
5202viewsお気に入り数:0
絵とき「バルブ」基礎のきそ (Mechanical Engineering Series)

「バルブ」について勉強したい各種業界の方、学生におすすめ!挿絵が多くてイメージしやすい専門書です

建築業界や産業機器業界、造船、飲食、医療業界などバルブはさまざまな用途で使われている。そんな業界に就職した方、また工学を勉強されている学生の

千住修士千住修士
5083viewsお気に入り数:0
世界一騙されやすい日本人 ~演技性パーソナリティ時代の到来

日本人はどうしてこうも「騙されやすい」のか?

「騙されやすい」というと人によってとらえ方が違う。ネガティブなとらえ方だと金をとられてしまった、信じたのに裏切られてしまったというものがある

kuramaekuramae
3651viewsお気に入り数:0
保守問答

保守派を自称する浅学の輩、須らく西部邁の言を聞くべし

西部邁と中島岳志の対談。保守思想について縦横無尽な議論が展開される。論点は多岐にわたるが、興味を引いた部分のみ抜粋・要約する。(刊行は平成2

book beetlebook beetle
3629viewsお気に入り数:0
中学校の歴史が1冊でしっかりわかる本

「歴史って暗記科目でしょ?」と思い込んでいる中学生や高校生!!

PART4▶近代国家のあゆみと国際社会35.アジア諸国ではどのような変化があったの?【流れを大つかみ】①ヨーロッパ諸国がアジアに進出し、領土

トモコトモコ
3525viewsお気に入り数:0