科学本

科学本のまとめを紹介しています。生物学、物理、数学、歴史、哲学など科学に関する情報や本がわかります。

もうダマされないための「科学」講義 (光文社新書)

ニセ科学やデマに騙されないための正しい知識。食品から放射能まで

3・11以降重要性を増してきた、科学リテラシー。大阪大学サイバーメディアセンター教授・菊池誠氏らが講義形式で解説する。科学と科学ではないもの

折笠 隆折笠 隆
2984viewsお気に入り数:3
一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル

一般意志2.0を理解するための15のポイント!

まとめ作者注記見出し括弧内はまとめ作者によるものです。書籍において、章題は「第*章」とのみ書かれています。序文本書は、情報技術が民主主義を実

小鳥小鳥
14706viewsお気に入り数:3
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)

武士の家計事情。武士は何に金を使っていたのか?

1つの社会経済体制が大きく崩壊するとき、人はどのように生きるのか(作者あとがきから)バブル崩壊、官僚制の失敗、家計の不安といった今を過去に投

はにほーはにほー
2127viewsお気に入り数:0
「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫)

アインシュタインの相対性理論の大枠をつかもう!

はじめに理系の大学生であるなら、相対性理論がどういうものか知っておきたいと思い購入。500円で相対性理論が分かると考えれば、安いもの。コスト

weekweek
3236viewsお気に入り数:1
ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方

ベッドルームで群論をの感想

感想日常に隠されている数学的事象を鮮やかに特定し,考察する名著だと思います.久しぶりに数学的な深い考察ができてよいリフレッシュになりました.

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
2105viewsお気に入り数:0
映画(シネマ)じかけの倫理学(エチカ)

有名映画から学ぶ「論理学」

論理学とは倫理学とは、哲学の中のひとつのジャンル。哲学が「世界とは何か」というような広範囲に渡って考える学問であるのに対し、倫理学は「人間は

hisahisahisahisa
2467viewsお気に入り数:4
映画(シネマ)じかけの倫理学(エチカ)

哲学が学べる映画たち

はじめに倫理学ってなに?第一章本当に強い人って誰?『青い春』×フランクル第二章大人になるってどういうこと?『ハリー・ポッターと死の秘宝パート

hisahisahisahisa
2960viewsお気に入り数:0
外交 (UP選書)

外交の書評・概要

本書の概要 外交官という職業が成立するまでの経緯と外交官の仕事を、主にイギリスの例を通じて説明している。初版が第二次大戦前なので、若干、内容

くまくまくまくま
1707viewsお気に入り数:1
超訳「哲学用語」事典 (PHP文庫)

気になる哲学用語を辞書的に分かりやすく説明!

はじめに哲学用語を辞書的に分かりやすく説明。その数約150語。辞書として使うもよし、読むもよし。言葉のできた背景についても説明があり、より解

weekweek
3283viewsお気に入り数:5
栄光から崩壊へ―オランダ東インド会社盛衰史

オランダの東インド会社の問題点、会計制度の不備

本書の位置づけ タイトルを素直に読めば、連合オランダ東インド会社(VOC)の盛衰について書かれているはずであり、実際にいくつかの点については

くまくまくまくま
2225viewsお気に入り数:2
殿様の通信簿 (新潮文庫)

殿様の通信簿の書評・感想

本書の意義 著者の作品の一つの特徴は、現代から史料を通じて過去をのぞき推察するという、歴史研究の一端を垣間見せてくれることにあると思う。1冊

くまくまくまくま
2639viewsお気に入り数:1
磁力と重力の発見〈3〉近代の始まり

磁力と重力の発見により形而上から形而下へ

「発見」とは何を指すのか? 大航海時代を経て、ついに磁力と重力の発見の時を迎える第3巻。 ここでいう「力の発見」という言葉に疑問を感じる方も

くまくまくまくま
1647viewsお気に入り数:3
磁力と重力の発見〈2〉ルネサンス

磁力がもたらした学問の変化と大航海時代の関係、思弁的文献的現象論から実験的現象論へ

本書の構成 本シリーズは、物理学史でほとんど省みられることがなかったという、中世ヨーロッパの磁力観について、数々の文献による根拠を挙げながら

くまくまくまくま
1938viewsお気に入り数:2
磁力と重力の発見〈1〉古代・中世

磁力とキリスト教、磁力発見におけるイスラム世界の役割

本書の構成 本シリーズは、物理学史でほとんど省みられることがなかったという、中世ヨーロッパの磁力観について、数々の文献による根拠を挙げながら

くまくまくまくま
2060viewsお気に入り数:2
一六世紀文化革命 1

一六世紀文化革命!大量生産社会への移行

本書の概要 前著「磁力と重力の発見」では十七世紀科学革命を扱った著者であるが、本著では科学革命の下地を作った十六世紀に起こった社会の変化を、

くまくまくまくま
2094viewsお気に入り数:3
ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下)の書評・概要

本書の概要 この作品では、アントニウスとクレオパトラがダメな人間として描かれている。アントニウスは、軍団長としては有能だが政治センスがない人

くまくまくまくま
1696viewsお気に入り数:1
参謀は名を秘す―歴史に隠れた名補佐役たち (日経ビジネス人文庫)

参謀は匿名であれ!日本で優れた参謀の例

ポイント◆日本の歴史上「智謀の人」といわれた人々、彼らは果たして本当に名参謀・名軍師といえるのか? ○バトル(局地戦)には勝ったが、ウォー(

shinyashikisshinyashikis
2050viewsお気に入り数:4
日本の海産プランクトン図鑑 DVD付

日本の海産プランクトン図鑑の書評・感想

本書の構成 山口県岩国市にある微小生物園、ミクロ生物館が監修した、実際に日本近海で採集出来るプランクトンのカラー図鑑である。索引ベースで17

くまくまくまくま
1938viewsお気に入り数:2
マリー・ルイーゼ〈下〉―ナポレオンの皇妃からパルマ公国女王へ (文春文庫)

マリー・ルイーゼの人物像 後編

母親としてのマリー・ルイーゼ ナポレオンとの間の子ども、フランツ(後のライヒシュタット公爵)と別れ、マリー・ルイーゼは、イタリアのパルマ公国

くまくまくまくま
1896viewsお気に入り数:2
マリー・ルイーゼ〈上〉―ナポレオンの皇妃からパルマ公国女王へ (文春文庫)

マリー・ルイーゼの人物像 前編

マリー・ルイーゼって誰? ヨーロッパ大陸がナポレオンという一代の英雄にして戦争屋により蹂躙され、かつてヨーロッパを支配していた王朝が右往左往

くまくまくまくま
1814viewsお気に入り数:2