科学本

科学本のまとめを紹介しています。生物学、物理、数学、歴史、哲学など科学に関する情報や本がわかります。

エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版新書 356)

天然ガスの有効活用と、エネルギー源の分散化が大切! 「エネルギー論争の盲点」とは

概要著者は、エネルギー・環境問題研究所の代表を務めるエネルギーアナリスト。311以降の「原発vs再生可能エネルギー」という二項対立による解決

折笠 隆折笠 隆
3155viewsお気に入り数:2
世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

「永遠の真理を持つのは数学だけ」世にも美しい数学入門

「永遠の真理を持つのは数学だけ」「天才が生まれる条件」①何かに跪く心を持っている②美の存在③精神性を尊ぶ「<ゼロ>は、何もないことを表してい

kobataku_tkkobataku_tk
2550viewsお気に入り数:3
科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

理系≠科学。科学的とはどういう意味か

はじめにまず、理系≠科学であるということ。「5メートルの津波に対し、5メートルの堤防があれば安全」なのか否かは、理屈というか論理というか、自

TK_22TK_22
2460viewsお気に入り数:1
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)

君主篇と国家篇まとめ 「マキアヴェッリ語録」

はじめにこの本はマキャベッリの言葉、思想の抜粋になります。当時を生きた人々ならば誰もが知っているが、現代に生きる私たちは余り知らないような人

hisahisahisahisa
2012viewsお気に入り数:3
数学者のアタマの中

数学に詳しくない人でもわかる現代数学と数学者。

著者 カオス研究をはじめ数理物理学の分野で世界をリードしてきた数学者が、数学に詳しくない(文系)人間にも分かるような文章で、現代数学・数学者

kenakibakenakiba
2629viewsお気に入り数:4
織田信長の人間学 (講談社文庫)

織田信長の魅力は信長独自の価値観にあった!

信長の魅力はどこにあるのか戦国時代の人物の人気投票で1位。ワンマンであり、非道なことをしてきたと言われる人間が、何故人気者なのか?人気がある

ewigykewigyk
3409viewsお気に入り数:5
お厚いのがお好き?

フジテレビ深夜の教養番組「お厚いのがお好き?」に学ぶマキャベリ、ニーチェ、パスカル

はじめにフジテレビ深夜の教養番組「お厚いのがお好き?」。この番組の学習内容を、復習のため、そして新たに学ぶために編纂した本とのこと。いきなり

Sho1NakagawaSho1Nakagawa
2606viewsお気に入り数:4
節電社会のつくり方 スマートパワーが日本を救う! (角川oneテーマ21)

福島原発事故から考える。「節電社会のつくり方 スマートパワーが日本を救う! 」

今夏、電力需要量が可能供給量を上回る可能性が非常に高い。6月下旬の時点で、電力需用量はすでに供給量の9割にまで及んでいる。少なくとも東電管内

KaPiWaGiKaPiWaGi
1847viewsお気に入り数:3
時間の分子生物学 (講談社現代新書)

生物時計、概日周期のメカニズムとは

概要生物時計、特に概日周期のメカニズムを探る。睡眠との関連性も分析。(02年初版)なぜ生物時計が必要か■生物時計を必要とする主な理由は(1)

折笠 隆折笠 隆
8546viewsお気に入り数:8
自然に学ぶ粋なテクノロジー なぜカタツムリの殻は汚れないのか (DOJIN選書22)

自然のテクノロジーを見習う。「自然に学ぶ粋なテクノロジー なぜカタツムリの殻は汚れないのか」

我々が様々な環境問題に直面している今,早急な循環型社会の構築がのぞまれている.その一番の見本となるのが『自然』である.本書では,その自然のテ

shingorirappashingorirappa
2134viewsお気に入り数:4
働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

働かないアリに意義があるの書評・感想

ポイント女王を中心に社会生活を営んでいるアリやハチですが、実は人間のような指揮系統はない。女王も働きアリも上も下もなく、それぞれの役割を担っ

hisahisahisahisa
2245viewsお気に入り数:3
世界史をつくった海賊 (ちくま新書)

世界史をつくった海賊の書評・感想

ポイントこの本が扱っているのが、エリザベス女王お抱えの海賊たちだけだったから。でも、16世紀~18世紀のイギリスって国がどんな国だったのかっ

hisahisahisahisa
2430viewsお気に入り数:1
激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京まで (朝日新書)

激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京までの書評・感想

ポイント卑弥呼も聖徳太子も大化の改新も諸説あって結論は出ていない。永遠に結論はでないのかもしれない。そんなそれぞれの説を唱える人に話を聞きな

hisahisahisahisa
2149viewsお気に入り数:1
ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義 (PHPビジネス新書)

日本史から学ぶ商売の歴史

外向きのウミヒコと内向きのヤマヒコ・社会の雰囲気はウミヒコが「OPEN」、ヤマヒコが「CLOSE」・中国の力が弱まったときに、日本では「ヤマ

hisahisahisahisa
2004viewsお気に入り数:2
無境界―自己成長のセラピー論

「境界」と「アイデンティティ」

【あらすじ】(まえがきより)本書はわれわれが現在の体験をさまざまな部分に分割し、境界を設け、自分自身、他者、あるいは世界からいかにして絶えず

yuuya1986yuuya1986
2649viewsお気に入り数:0
渋沢栄一「論語」の読み方

渋沢栄一が教える「論語」のエッセンス

【あらすじ】(「BOOK」データベースより)孔子の生き方、つまり「論語」のエキスをそのまま日常生活、仕事に応用して成功した代表が、渋沢栄一で

yuuya1986yuuya1986
3665viewsお気に入り数:2
夜と霧 新版

夜と霧を読んで心に響いた名言

【あらすじ】(「BOOK」データベースなどより)ユダヤ人精神分析学者がみずからのナチス強制収容所体験をつづった本書は、わが国でも1956年の

yuuya1986yuuya1986
3307viewsお気に入り数:2
Newton (ニュートン) 2011年 04月号 [雑誌]

Newton (ニュートン) 2011年 04月号の書評・感想

Newtonの2011/4月号。私たちが生まれたときから未来は決定しているのだろうか?決定論と非決定論、この世界はどちらで成り立っているのだ

hisahisahisahisa
3083viewsお気に入り数:0
生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

生きることの意味を教えてくれる「生の短さについて」

人生とは・人生は短くなどありません。与えられた時間の大半を、私たちが無駄遣いしているにすぎないのです。・他人に人生の大半を奪われている人聞は

hisahisahisahisa
2630viewsお気に入り数:2