科学本

科学本のまとめを紹介しています。生物学、物理、数学、歴史、哲学など科学に関する情報や本がわかります。

天文年鑑 2019年版

科学者たちは超イオン水の氷を作る

6日に報告されたイギリスの"Independent"公式ウェブサイトによると、5000℃の高温でアメリカ

laseronsalaseronsa
3607viewsお気に入り数:0
LINE,Instagram,Facebook,Twitter やりたいことが全部わかる本 この一冊で今すぐはじめられる [kindle版]

目的別での操作方法

 主要なSNSの目的別での操作方法などを説明したマニュアル本です。内容的には基本的なことが多いと思うので、現状使えているユーザーには必要ない

くまくまくまくま
5295viewsお気に入り数:0
知れば知るほどおもしろい!  日本近代史のウラ側

これを読めば、日本近代史がぐっと身近になること間違いなし!

書籍紹介「近代史=つまらない」はもう終わり!歴史を学ぶことがきっと楽しくなる。平成世代に贈る、第3のテキスト。●廃藩置県で大名たちのクーデタ

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
5513viewsお気に入り数:0
平家物語 (まんがで読破) MD110

平家物語 (まんがで読破 MD110)

平安時代末期。平氏の棟梁・清盛の太政大臣任命を機に、武家から貴族へと勢いを強めはじめる平家。しかし、清盛の台頭を面白く思わない後白河法皇をは

syuyansyuyan
5193viewsお気に入り数:0
東大教授がおしえる やばい日本史

東大教授がおしえる やばい日本史

東大教授が、日本史の表と裏を教えます!歴史を変えた人物の「すごい」と「やばい」を見てみれば日本の歴史がざっくり分かる!◎卑弥呼、聖徳太子、紫

syuyansyuyan
3211viewsお気に入り数:0
知らないと怖い血管の話 (PHPサイエンス・ワールド新書)

「はたらく血管」からのメッセージ

人間の体内循環を担う重要な存在が「血管」にはある。その血管が何らかの異常をきたしてしまうと、高血圧をはじめとした生活習慣病にかかる引き金を患

kuramaekuramae
2844viewsお気に入り数:0
現代思想の断層―「神なき時代」の模索 (岩波新書)

「神は死んだ」後の哲学・思想の姿

今から9年ほど前に「ニーチェの言葉」がベストセラーになったのだが、そのニーチェの言葉の中に「神は死んだ」という言葉がある。元々の西欧思想はキ

kuramaekuramae
3311viewsお気に入り数:0
プラグマティズム―限りなき探究

「プラグマティズム」の定義と論争

プラグマティズムとは、「実用主義、道具主義、実際主義とも訳される考え方」(Wikipediaより)]とある。理想と相対し、現実的な見方のよう

kuramaekuramae
4481viewsお気に入り数:0
営業バンが高速道路をぶっ飛ばせる理由

営業バンが「速い」その理由。

営業バンとはいったいどのようなものなのか、簡単に言うと「バン」は「貨物車」であるという。そもそも貨物車というと列車で色々なものを運ぶ貨物列車

kuramaekuramae
4662viewsお気に入り数:0
キミに会いにきたよ

大人にも通じる応援メッセージ

自分自身の心の叫びみたいなものが徐々に開放されていく、その感覚をぜひ味わってほしい。控えめだけれど、ほのぼのと安らげる天使、TERUTERU

abyssabyss
731viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (河出文庫) [kindle版]

真理の再考

西洋哲学は「階段」であるのに対し、東洋哲学は「ピラミッド」である。それはどういうことかというと、西洋哲学は長い歴史の中で、究極の真理を求めて

abyssabyss
769viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門

一から学ぶ哲学

主要西洋哲学者31人の来歴・思想をまとめた本。この本のすごいところは、哲学知識を現代風に平易な言葉で書き綴っただけでなく、そのうえで作者が「

abyssabyss
860viewsお気に入り数:0
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

哲学の偉人たちが現代に蘇るとき

ある穏やかな春の日、17歳の児嶋アリサは、バイトからの帰り道にニーチェと名乗る男に話しかけられる。好きだった大学生が、部活の由美子先輩と仲良

abyssabyss
1332viewsお気に入り数:1
クマゼミから温暖化を考える (岩波ジュニア新書)

地球温暖化の分析はクマゼミから

「地球温暖化」の話はもう何十年も前から言われ続けてきており、未だに議論の対象になっている。もちろん温暖化を解決することは一筋縄ではいかず、原

kuramaekuramae
1273viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

東洋哲学とは「学ぶこと」ことでは決して理解に達することができないもの

西洋哲学は「階段」であるのに対し、東洋哲学は「ピラミッド」である。それはどういうことかというと、西洋哲学は長い歴史の中で、究極の真理を求めて

abyssabyss
1755viewsお気に入り数:0
死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)

あまり見ることのない視点から見た日本史

日本の刑法上、死刑は存在しており、年に何回かは死刑執行が行われる。ちなみに死刑執行の最終承認者は法務大臣であり、そのサインでもって死刑が執行

kuramaekuramae
2188viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門 (河出文庫)

「より強い論を求め、血を戦わせてきた男たちの情熱の物語」

主要西洋哲学者31人の来歴・思想をまとめた本。この本のすごいところは、哲学知識を現代風に平易な言葉で書き綴っただけでなく、そのうえで作者が「

abyssabyss
2366viewsお気に入り数:0
子どものための哲学対話

クジラは魚じゃないなんて、どうして言えるのか?

とある子供とその飼い猫「ペネトレ」との対話の記録。もちろんこの「ペネトレ」は著者永井均に代わって語るものであり、そういうところではほかの哲学

abyssabyss
2199viewsお気に入り数:0
iPS細胞はいつ患者に届くのか――再生医療のフロンティア (岩波科学ライブラリー)

iPS細胞が実用化されるまでには?

「iPS細胞」が発見したのは今から13年前、京都大学iPS細胞研究所所長・教授の山中伸弥氏だった。その後、iPS細胞に関する本も出始め、実用

kuramaekuramae
6449viewsお気に入り数:0
禅と日本文化 (岩波新書)

そもそも禅とは何か、禅と悟りとは同意語である。

この本は、1940年9月30日、昭和15年に第一刷発行、原著は1935年、1936年の2年間に渡って、英米の諸大学で行われた鈴木大拙の講演を

芽土根土芽土根土
4248viewsお気に入り数:0