倫理本

倫理本のまとめを紹介しています。倫理学に関する情報や本がわかります。

ダライ・ラマ宗教を超えて

本来の人へ

謝辞 acknowledgments 本書を記すにあたり、『幸福論』(原題は「新たな千年紀」のための倫理)をはじめとする何冊かの前著と同じ編

former_four_newsformer_four_news
1371viewsお気に入り数:0
幸福論

祈り

 こういうものになれますように、今も、これからもずっと 保護をもたない人の保護役に 道に迷った人の案内役に 海を渡る人の船に 川を渡る人の橋

former_four_newsformer_four_news
1244viewsお気に入り数:0
進化倫理学入門 (光文社新書)

進化論で倫理学を基礎づけてみた!

進化 進化とは何か。 生物の世界では、突然変異によって、さまざまな形質を持つ個体が生じる。それらの個体のうち、自己の遺伝子を次世代に多く残す

filialbrilliantfilialbrilliant
2180viewsお気に入り数:0
暇と退屈の倫理学

なぜ退屈を感じるのか

暇と退屈が構成する問題点ラッセル・・・「事件が起こることを望む気持ちがくじかれたもの」が退屈であるスヴェンセン・・・「ロマン主義が退屈の原因

b100mb100m
1812viewsお気に入り数:0
暇と退屈の倫理学

「暇と退屈の倫理学」を読めば貴方は退屈しなくなる。人は退屈から逃れるために、どれだけのことをしているのか?

暇と退屈の問題点・人間は退屈が嫌だから、賭け事をしたり、戦争をしたり、名誉職を求めたりする。・人間は「部屋でじっとしていられないから」不幸に

hirona_onhirona_on
12137viewsお気に入り数:5
市場の倫理 統治の倫理 (日経ビジネス人文庫)

発展するための市場の倫理、安定させるための統治の倫理

発展するための倫理、安定させるための倫理について書いた本。市場の倫理          統治の倫理  ①暴力を締め出せ      ①勇敢であ

nemoto nobuonemoto nobuo
1990viewsお気に入り数:1
暇と退屈の倫理学

暇と退屈の倫理学の書評・感想

これは...!!久々に面白い本に巡り会いました。自分の中のうにょうにょしている部分を代弁してくれる一冊です。まず、こんなに堅いタイトルなのに

YosukeTakaiYosukeTakai
4876viewsお気に入り数:1
映画(シネマ)じかけの倫理学(エチカ)

映画から学ぶ哲学と倫理学

映画を交えて倫理学を教えてくれる本書。読んだ中で特に気になった章をまとめました。哲学や倫理学を学んだことがない人や読みやすいように、まとめの

halmahalma
3887viewsお気に入り数:0
映画(シネマ)じかけの倫理学(エチカ)

有名映画から学ぶ「論理学」

論理学とは倫理学とは、哲学の中のひとつのジャンル。哲学が「世界とは何か」というような広範囲に渡って考える学問であるのに対し、倫理学は「人間は

hisahisahisahisa
2568viewsお気に入り数:4
映画(シネマ)じかけの倫理学(エチカ)

哲学が学べる映画たち

はじめに倫理学ってなに?第一章本当に強い人って誰?『青い春』×フランクル第二章大人になるってどういうこと?『ハリー・ポッターと死の秘宝パート

hisahisahisahisa
3137viewsお気に入り数:0