哲学本

哲学本のまとめを紹介しています。論理、思想など哲学に関する情報や本がわかります。

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

人間は何をして生きればよいのか! 現代社会の停滞に捧ぐ答え

概要人間は、豊かさを目指して、技術を開発し、社会を発展させてきた。実際、豊かな社会ができあがってみると、どうだろうか。1日8時間、週5日働け

いさわいさわ
497viewsお気に入り数:0
世界十五大哲学―哲学思想史

【実況】哲学を始めよう#8 ジョン・ロック

第1編 哲学思想史1 http://bukupe.com/summary/146322 http://bukupe.com/summary/

spoomspoom
566viewsお気に入り数:0
世界十五大哲学―哲学思想史

【実況】哲学を始めよう#7 デカルト

第1編 哲学思想史1 http://bukupe.com/summary/146322 http://bukupe.com/summary/

spoomspoom
486viewsお気に入り数:0
世界十五大哲学―哲学思想史

【実況】哲学を始めよう#6 トマス・アクィナス【哲学】

第1編 哲学思想史1 http://bukupe.com/summary/146322 http://bukupe.com/summary/

spoomspoom
642viewsお気に入り数:0
世界十五大哲学―哲学思想史

【実況】哲学を始めよう#4 プラトン

第1編 哲学思想史1 http://bukupe.com/summary/146322 http://bukupe.com/summary/

spoomspoom
830viewsお気に入り数:0
世界十五大哲学―哲学思想史

【実況】哲学を始めよう#3 ソクラテス

第1編 哲学思想史1 http://bukupe.com/summary/146322 http://bukupe.com/summary/

spoomspoom
877viewsお気に入り数:0
世界十五大哲学―哲学思想史

【実況】哲学を始めよう#2

第1編 哲学思想史1 http://bukupe.com/summary/146322 哲学思想のあゆみ 哲学を学ぶにあたり、思想史を勉強す

spoomspoom
885viewsお気に入り数:0
世界十五大哲学―哲学思想史

【実況】哲学を始めよう#1 

第1編 哲学思想史1 哲学のすすめ 「哲学とは何か」という問いは答えられないものである。それは、哲学が確固たる前提を模索する活動だからだ。先

spoomspoom
921viewsお気に入り数:0
まんがと図解でわかるニーチェ (宝島SUGOI文庫)

ニーチェは、自分を悲劇の主人公にはしなかった

自分で価値観を創造して生きる、自分の内なる声に従って強く生きることを主張した。ニーチェの思想には「明るさ」があり、陰に反発するのではなく、陽

demomidemomi
865viewsお気に入り数:0
ライフサイエンスの哲学 (講談社学術文庫 91)

生活が逼迫すると、モラルはなくなる。

戦時中の経験・モラル 最初、ニューギニアへ行く前に中国にいたのですけれど、その頃は物資がまだたくさんあり、そういうときに、もう生きるのがイヤ

rihitorihito
1382viewsお気に入り数:0
人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか

抽象思考についての本。前半では抽象思考とはなんぞやということについて説明している。後半ではいかにして抽象的な思考力を身につけるか、そして発想

SassoonSassoon
1149viewsお気に入り数:0
ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)

【クリトン】ソクラテス曰く「善く生きることと美しく生きることと正しく生きることは同じである」

<クリトン> ソクラテスの幼少期からの親友であるクリトンは翌日にソクラテスが処刑されること察し、早朝に獄中にいるソクラテスの元へやってきた。

rihitorihito
1228viewsお気に入り数:0
ダライ・ラマ宗教を超えて

本来の人へ

謝辞 acknowledgments 本書を記すにあたり、『幸福論』(原題は「新たな千年紀」のための倫理)をはじめとする何冊かの前著と同じ編

former_four_newsformer_four_news
1003viewsお気に入り数:0
幸福論

祈り

 こういうものになれますように、今も、これからもずっと 保護をもたない人の保護役に 道に迷った人の案内役に 海を渡る人の船に 川を渡る人の橋

former_four_newsformer_four_news
884viewsお気に入り数:0
「ラットレース」から抜け出す方法

The Book On the Taboo Against Knowing Who You Are

1 INSIDE INFORMATION 誰も教えてくれないタブー 「ラットレース」という茶番 あたりまえを疑う 世界は身体の延長 新しい「

さといもさといも
1691viewsお気に入り数:0
日本文化のかくれた形

外来思想の共通的な『修正』パターン。集団内部の構造が厳格な上下関係(「垂直」の秩序)によって成り立つ

日本文化のかくれた形外来思想の『修正』パターンにこそ、日本人らしさがある。日本の多少とも体系的な思想や教義は内容的に言うと古来から外来思想で

violetReadervioletReader
19213viewsお気に入り数:0
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる

『現代の哲人』が明かす人生の答えが見つかる法則

本書は『TheBreakthroughExperience』(ザ・ブレイクスルー・エクスピリエンス)の翻訳書です。著者のドクター・ジョン・F

gorisangorisan
1548viewsお気に入り数:0
愛するということ

The ART of LOVING

第1章:・愛の性質と現代的認識の乖離:*現代的な愛の認識は本来のあり方とかけ離れている。本来的意味→現代的認識の乖離: 主題:「能力」→「対

lafiant.Klafiant.K
2332viewsお気に入り数:0
論語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)

古典は長い時間に耐えて生き残った書物。人生の大先輩がオススメする本が【論語】である。

古典は長い時間に耐えて生き残った書物長い歴史の中で後世に語り継ぎたい、残したいと人々が思ったから古典として残っている。すなわち読む価値がある

れもんきりんれもんきりん
3051viewsお気に入り数:0
日本の思想 (岩波新書)

マス・コミュニケーションのまっただ中におけるディス・コミュニケーション―「あるある」の構造

Ⅰ 日本の思想 日本思想史の包括的な研究がなぜ貧弱なのか 日本における思想的座標軸の欠如 自己認識の意味 いわゆる「伝統」思想と「外来」思想

さといもさといも
2254viewsお気に入り数:0