哲学本

哲学本のまとめを紹介しています。論理、思想など哲学に関する情報や本がわかります。

僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って (DOBOOKS)

高学歴の哲学あるミニマリストが、自由を希求し自作の小屋暮らしで自己完結生活を実践

「いつか死ぬんだ!」って気が付ついたのは、わたしも著者とおなじく小学校の低学年の時その日運動会がおわり昂奮さめやまぬ日暮れ時、自分の&

みつかみつか
6402viewsお気に入り数:0
もしニーチェが短歌を詠んだら

ニーチェ、短歌を詠む。

ニーチェといえば西洋の哲学史の中で最も有名な哲学者の一人であるのだが、そのニーチェは様々な思想や名言を生み出し、なおかつそれが後世の哲学者に

kuramaekuramae
4047viewsお気に入り数:0
忘れられた哲学者 - 土田杏村と文化への問い (中公新書)

哲学者・土田杏村が遺したもの

日本の哲学者と言っても様々いるのだが、有名どころだと「哲学」の日本語の生みの親である西周や西田幾多郎、政治哲学ではあるものの丸山眞男がいる。

kuramaekuramae
6111viewsお気に入り数:0
ドラえもん 全45巻セット (クーポンで+3%ポイント)

【速報】青い狸を発見した。

AI搭載自立思考型ロボットが未来より送りこまれた。その名は”DORAEMON”彼の任務はある少年をサポートすること育児に無関心な父親。ヒステ

ペンギン丸ペンギン丸
7039viewsお気に入り数:0
現代思想の断層―「神なき時代」の模索 (岩波新書)

「神は死んだ」後の哲学・思想の姿

今から9年ほど前に「ニーチェの言葉」がベストセラーになったのだが、そのニーチェの言葉の中に「神は死んだ」という言葉がある。元々の西欧思想はキ

kuramaekuramae
3445viewsお気に入り数:0
プラグマティズム―限りなき探究

「プラグマティズム」の定義と論争

プラグマティズムとは、「実用主義、道具主義、実際主義とも訳される考え方」(Wikipediaより)]とある。理想と相対し、現実的な見方のよう

kuramaekuramae
4610viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (河出文庫) [kindle版]

真理の再考

西洋哲学は「階段」であるのに対し、東洋哲学は「ピラミッド」である。それはどういうことかというと、西洋哲学は長い歴史の中で、究極の真理を求めて

abyssabyss
916viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門

一から学ぶ哲学

主要西洋哲学者31人の来歴・思想をまとめた本。この本のすごいところは、哲学知識を現代風に平易な言葉で書き綴っただけでなく、そのうえで作者が「

abyssabyss
1016viewsお気に入り数:0
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

哲学の偉人たちが現代に蘇るとき

ある穏やかな春の日、17歳の児嶋アリサは、バイトからの帰り道にニーチェと名乗る男に話しかけられる。好きだった大学生が、部活の由美子先輩と仲良

abyssabyss
1559viewsお気に入り数:1
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

東洋哲学とは「学ぶこと」ことでは決して理解に達することができないもの

西洋哲学は「階段」であるのに対し、東洋哲学は「ピラミッド」である。それはどういうことかというと、西洋哲学は長い歴史の中で、究極の真理を求めて

abyssabyss
1868viewsお気に入り数:0
史上最強の哲学入門 (河出文庫)

「より強い論を求め、血を戦わせてきた男たちの情熱の物語」

主要西洋哲学者31人の来歴・思想をまとめた本。この本のすごいところは、哲学知識を現代風に平易な言葉で書き綴っただけでなく、そのうえで作者が「

abyssabyss
2525viewsお気に入り数:0
子どものための哲学対話

クジラは魚じゃないなんて、どうして言えるのか?

とある子供とその飼い猫「ペネトレ」との対話の記録。もちろんこの「ペネトレ」は著者永井均に代わって語るものであり、そういうところではほかの哲学

abyssabyss
2263viewsお気に入り数:0
禅と日本文化 (岩波新書)

そもそも禅とは何か、禅と悟りとは同意語である。

この本は、1940年9月30日、昭和15年に第一刷発行、原著は1935年、1936年の2年間に渡って、英米の諸大学で行われた鈴木大拙の講演を

芽土根土芽土根土
4354viewsお気に入り数:0
論語から人間学を学ぶ

いちばん分かりやすい!論語の実用本

普段聞き馴染みのない「論語」を再確認し、ぐっと身近にする語録集。論語の真骨頂『善いと思ったことは実行する』 論語・・・儒教の始祖である孔子と

さまりさまり
3672viewsお気に入り数:0
世界一騙されやすい日本人 ~演技性パーソナリティ時代の到来

日本人はどうしてこうも「騙されやすい」のか?

「騙されやすい」というと人によってとらえ方が違う。ネガティブなとらえ方だと金をとられてしまった、信じたのに裏切られてしまったというものがある

kuramaekuramae
3591viewsお気に入り数:0
保守問答

保守派を自称する浅学の輩、須らく西部邁の言を聞くべし

西部邁と中島岳志の対談。保守思想について縦横無尽な議論が展開される。論点は多岐にわたるが、興味を引いた部分のみ抜粋・要約する。(刊行は平成2

book beetlebook beetle
3584viewsお気に入り数:0
精神現象学 (上) (平凡社ライブラリー (200))

哲学書中の最難関!ヘーゲルの『精神現象学』には何が書いてあるのか?

近代哲学の集大成にして最高の叡智。そして難解を極める哲学の領域にあって最難関とされるのが、本書G.W.F.ヘーゲルの『精神現象学』である。こ

松井勇人松井勇人
5143viewsお気に入り数:0
新約聖書 新改訳 [kindle版]

新約聖書

一年前ぐらいに新約聖書を読んだのだが、結構楽しめて読めた。聖書は哲学にもかなり影響を与えている書物であり。もちろん歴史的にも相当な多きい影響

韓非韓非
759viewsお気に入り数:0
自由とは何か (講談社現代新書)

手段に過ぎない自由の目的化

そもそも何のための自由か。仮に自由になりえた時に、目指すべき価値とはなんなのか。生きる目的ともいえるこの価値は、語り得ぬものである。それゆえ

slainteslainte
772viewsお気に入り数:0
小さな悩みを大きな愛にかえる まほろばマジック

小さな悩みを大きな愛にかえる まほろばマジック

明確な答えのない精神世界を、わかりやすい言葉と例えで解説。【善く生きる】をテーマにした、人生の参考書!producedbyギャラクシーブック

GALAXY BOOKSGALAXY BOOKS
1182viewsお気に入り数:0