世界史本

世界史本のまとめを紹介しています。ローマ、アメリカ、海賊など世界の歴史に関する情報や本がわかります。

世界一わかりやすい世界史の授業

13世紀はモンゴルの世紀

チンギス=ハン1206年、モンゴル人のテムジンはモンゴル高原を統一し、クリルタイ(部族長会議)でチンギス=ハンになりました。目標は「打倒、金

本が好き本が好き
2226viewsお気に入り数:0
天然ゴムの歴史: ヘベア樹の世界一周オデッセイから「交通化社会」へ (学術選書)

一発当てた以外、新事業すべてに失敗したウィッカムには正直、敬服せざるを得ない

ブラジルからアジアに移植(プラント・イントロダクション)され、再びアジアからブラジルに里帰りした天然ゴムの歴史。第5章ウィッカム、失敗に魅入

tombi-aburagetombi-aburage
1230viewsお気に入り数:0
怖い絵2

絵画で学ぼう西洋史

1.レンブラン「テュルプ博士の解剖学実習」オランダ17c。「記念集団肖像画」その昔外科医と理髪師は同義語だった。2.ピカソ「泣く女」モデルは

kaerumamakaerumama
2001viewsお気に入り数:1
世界一わかりやすい世界史の授業

世界一わかりやすい世界史のカギは金太郎飴だった

世界史は金太郎飴最近では「わかりやすい人」という表現は、単純とか、奥がない、心の底が見えやすい……といった意味になるんでしょうか。確かに世界

本で人生は変わる本で人生は変わる
4783viewsお気に入り数:0
怖い絵

絵から学ぶ世界史!

作品1ドガ「エトワール、または舞台の踊り子」バレエとパトロンと踊り子。その昔、バレエは、オペラの添え物で一段格下とされていた。作品2ティント

kaerumamakaerumama
2026viewsお気に入り数:1
フランス史10講 (岩波新書)

フランス史教科書読本に最適の一冊「フランス史10講」

 本書はフランク王国、百年戦争から絶対王政、フランス革命、19世紀の革命と、第一次・第二次世界大戦、「五月革命」など二千年余りの激動のフラン

飛立知希飛立知希
3932viewsお気に入り数:1
イーリアス

トロイ戦争の最後の数十日間を題材とするヨーロッパ最古の文学作品「イーリアス」の要約まとめ

概要トロイ戦争の最後の数十日間を題材とするヨーロッパ最古の文学作品である。本書の成立の背後には、口承叙事詩の長い伝統があったと推定されている

reading_boxreading_box
2233viewsお気に入り数:1
知れば知るほど面白い ツタンカーメンと古代エジプト王朝 (じっぴコンパクト新書)

3000年続いたエジプト王朝、いろいろな謎

マニアックなエジプトの本をまとめてみました。■3000年続いたエジプト王朝3000年も続いていたということ自体がまずすごいと思いました。そし

らくだイクメンらくだイクメン
2783viewsお気に入り数:1
中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史

アメリカ−日本図式を相対化し、中国−日本図式から考え直す

  これまで当たり前だと思われてきた歴史観がずいぶんと覆されつつある。こうした傾向は以前からあったともいえるが、近年、特にその傾向が著しいよ

hiderot1hiderot1
3154viewsお気に入り数:0
【図説】軍服の歴史5000年

私たちが着ている背広やコートの起源は軍服にあった!?イラストで見る軍服の歴史

CHAPTER1 ジャケットとズボン世界に初めて生まれた軍服とはどんなものだったのだろうか。全てはここから始まります。この章が本の中で一番の

鷹森雀ノ介鷹森雀ノ介
3447viewsお気に入り数:2
繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(下)

繁栄まとめ!マルサスの罠からカタクラシーの歴史

第6章  マルサスの罠を逃れる人口の傾向 食料が豊富な場合:人口が増え、分業化が進展する。 食料が希少な場合:人口が減り、専門化を断念。⇒人

nemoto nobuonemoto nobuo
3229viewsお気に入り数:1
繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(上)

繁栄まとめ!物々交換から自由交易の歴史

第1章  より良い今日過去と現在の比較。生活水準が急激に改善されている事について(フリン効果)。人間は「対抗的競争」の本能により、相対的にし

nemoto nobuonemoto nobuo
2531viewsお気に入り数:1
銃・病原菌・鉄 上下巻セット

銃・病原菌・鉄の要点・感想

<要点>・人類の歴史を考えると、ユーラシア大陸はアフリカ大陸やアメリカ大陸に比べて東西の広がりが大きく、農耕文化が適応地に伝播しやすいという

mako_mako_
4123viewsお気に入り数:0
文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

世界の地域格差の原因は人種の優劣ではなく、自然環境の違い。偶然にすぎなかった「銃・病原菌・鉄」

概要富や権力など、世界の様々な地域格差がどのようにして生じたかを考察。その主要因は人種の知的優劣ではなく、動植物の偏在や地形など環境の差異で

折笠 隆折笠 隆
4759viewsお気に入り数:2
憲法で読むアメリカ史 下 PHP新書 (319)

憲法で読むアメリカ史 下の書評とアメリカ歴史紹介!

1、概説・書評文庫本の割りにかなりの厚さと密度。大学の英米法の講義よりもボリュームありそう。だけど読みやすさはある。合衆国誕生の歴史について

attorney at usattorney at us
2793viewsお気に入り数:1
絵で見る十字軍物語

絵で見る十字軍物語の書評・感想

十字軍の始まりから終わりまでのダイジェストが、絵と地図と簡潔な説明でわかりやすく描写されています。ローマ人の物語を読み、ローマ建国後の地中海

maromaro
1675viewsお気に入り数:0
ローマ人の物語〈14〉パクス・ロマーナ(上) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈14〉の概要。なぜカエサルは暗殺されたのか?

本書の概要 偉大なカエサルからローマを引き継いだ青年オクタヴィアヌスの物語である。これを読み、カエサルとオクタヴィアヌスの違いに想いを馳せる

くまくまくまくま
2976viewsお気に入り数:0
ローマ人の物語〈12〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(中) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈12〉の概要。カエサル登場の背景

本書の概要 著者が最も愛しているであろう男、カエサルである。ほとんど衆愚政治と化してしまった元老院と対立し、少しでもローマを良くしようとする

くまくまくまくま
2215viewsお気に入り数:0
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) (新潮文庫)

ローマ人の物語 (6)の概要。覇権国家に生まれた新たな問題

本書の概要 カルタゴを滅ぼして地中海の制海権を押さえたローマに新たな問題が勃発。それは格差問題である。繁栄をもたらした一方で貧富の差が生まれ

くまくまくまくま
1990viewsお気に入り数:0
物語イタリアの歴史―解体から統一まで (中公新書)

物語イタリアの歴史の概要・感想と本書で紹介される10名の人物紹介!

概要 ローマ帝国の終焉から、イタリア王国の成立まで、イタリア1500年の歴史を10名の人物の物語を通して綴る。本書で紹介する10名の人物ガラ

starflyerstarflyer
2021viewsお気に入り数:0