歴史本

歴史本のまとめを紹介しています。日本史、世界史など歴史に関する情報や本がわかります。

武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)

武士の家計事情。武士は何に金を使っていたのか?

1つの社会経済体制が大きく崩壊するとき、人はどのように生きるのか(作者あとがきから)バブル崩壊、官僚制の失敗、家計の不安といった今を過去に投

はにほーはにほー
2247viewsお気に入り数:0
外交 (UP選書)

外交の書評・概要

本書の概要 外交官という職業が成立するまでの経緯と外交官の仕事を、主にイギリスの例を通じて説明している。初版が第二次大戦前なので、若干、内容

くまくまくまくま
1852viewsお気に入り数:1
栄光から崩壊へ―オランダ東インド会社盛衰史

オランダの東インド会社の問題点、会計制度の不備

本書の位置づけ タイトルを素直に読めば、連合オランダ東インド会社(VOC)の盛衰について書かれているはずであり、実際にいくつかの点については

くまくまくまくま
2502viewsお気に入り数:2
殿様の通信簿 (新潮文庫)

殿様の通信簿の書評・感想

本書の意義 著者の作品の一つの特徴は、現代から史料を通じて過去をのぞき推察するという、歴史研究の一端を垣間見せてくれることにあると思う。1冊

くまくまくまくま
2715viewsお気に入り数:1
磁力と重力の発見〈3〉近代の始まり

磁力と重力の発見により形而上から形而下へ

「発見」とは何を指すのか? 大航海時代を経て、ついに磁力と重力の発見の時を迎える第3巻。 ここでいう「力の発見」という言葉に疑問を感じる方も

くまくまくまくま
1777viewsお気に入り数:3
磁力と重力の発見〈2〉ルネサンス

磁力がもたらした学問の変化と大航海時代の関係、思弁的文献的現象論から実験的現象論へ

本書の構成 本シリーズは、物理学史でほとんど省みられることがなかったという、中世ヨーロッパの磁力観について、数々の文献による根拠を挙げながら

くまくまくまくま
2125viewsお気に入り数:2
磁力と重力の発見〈1〉古代・中世

磁力とキリスト教、磁力発見におけるイスラム世界の役割

本書の構成 本シリーズは、物理学史でほとんど省みられることがなかったという、中世ヨーロッパの磁力観について、数々の文献による根拠を挙げながら

くまくまくまくま
2313viewsお気に入り数:2
一六世紀文化革命 1

一六世紀文化革命!大量生産社会への移行

本書の概要 前著「磁力と重力の発見」では十七世紀科学革命を扱った著者であるが、本著では科学革命の下地を作った十六世紀に起こった社会の変化を、

くまくまくまくま
2331viewsお気に入り数:3
ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下)の書評・概要

本書の概要 この作品では、アントニウスとクレオパトラがダメな人間として描かれている。アントニウスは、軍団長としては有能だが政治センスがない人

くまくまくまくま
1846viewsお気に入り数:1
参謀は名を秘す―歴史に隠れた名補佐役たち (日経ビジネス人文庫)

参謀は匿名であれ!日本で優れた参謀の例

ポイント◆日本の歴史上「智謀の人」といわれた人々、彼らは果たして本当に名参謀・名軍師といえるのか? ○バトル(局地戦)には勝ったが、ウォー(

shinyashikisshinyashikis
2159viewsお気に入り数:4
マリー・ルイーゼ〈下〉―ナポレオンの皇妃からパルマ公国女王へ (文春文庫)

マリー・ルイーゼの人物像 後編

母親としてのマリー・ルイーゼ ナポレオンとの間の子ども、フランツ(後のライヒシュタット公爵)と別れ、マリー・ルイーゼは、イタリアのパルマ公国

くまくまくまくま
2069viewsお気に入り数:2
マリー・ルイーゼ〈上〉―ナポレオンの皇妃からパルマ公国女王へ (文春文庫)

マリー・ルイーゼの人物像 前編

マリー・ルイーゼって誰? ヨーロッパ大陸がナポレオンという一代の英雄にして戦争屋により蹂躙され、かつてヨーロッパを支配していた王朝が右往左往

くまくまくまくま
1925viewsお気に入り数:2
東西豪農の明治維新―神奈川の左七郎と山口の勇蔵 (塙選書)

明治維新における豪農の役割、近代化された豪農の役割

本書の目的 どこまでの機関を明治維新と呼ぶのかよく分からないが、本書が取り扱っているのは明治10年代周辺だ。旗本を領主に持っていた地域の豪農

くまくまくまくま
1967viewsお気に入り数:2
世界史 上 (中公文庫 マ 10-3)

世界史 上から先史時代からA.D.1500まで紹介!

内容マクニール「世界史」の上巻は、主要な4つの文明(中東、ギリシャ、インド、中国)を主役に据え、その成立と発展の過程として人類の歴史を描く。

qeiseqeise
2852viewsお気に入り数:3
磁力と重力の発見〈1〉古代・中世

磁力とキリスト教、物理学史の価値

はじめに 全共闘議長や河合塾講師として有名な著者の集大成と言っても良いと思う作品。魔術が科学となっていく過程が資料に基づいて詳細に語られてい

くまくまくまくま
2201viewsお気に入り数:1
21世紀の歴史――未来の人類から見た世界

現代フランスの思想家が語る!歴史を振り返ることで得られる未来像とは?

現代フランスの思想家が語る!歴史を振り返ることで得られる未来像とは? 人類の誕生から現在までの歴史を概観することによって教訓とすべき歴史的事

くまくまくまくま
2465viewsお気に入り数:1
銃・病原菌・鉄 上下巻セット

銃・病原菌・鉄のまとめ「住んでいた地域の違いが究極の要因であり、民族の能力差などはない」

前提となる問いなぜ、白人が他の民族を支配し、他の民族が白人を支配することにならなかったのか?結論(前提となる問いへの回答)「偶然」である。住

yamasita3yamasita3
3280viewsお気に入り数:0
銃・病原菌・鉄 上下巻セット

白人が銃の技術や鉄の精錬技術を持ち、病原菌の耐性を持っていた理由

問題提起「現在の人類の格差は何によって,生まれたのか?」この本は,そんな非常に根源的な質問に答えようとする内容.言い換えると,「なぜ現在の先

Atsushi SakaiAtsushi Sakai
3506viewsお気に入り数:5
21世紀の歴史――未来の人類から見た世界

ジャック・アタリが考える「21世紀の歴史」

はじめにまずはアタリの紹介。フランスの経済学者、思想家、作家。パリ政治学院卒業。経済学国家博士。初代欧州復興開発銀行総裁。(91年~93年)

kobataku_tkkobataku_tk
3741viewsお気に入り数:4
織田信長の人間学 (講談社文庫)

織田信長の魅力は信長独自の価値観にあった!

信長の魅力はどこにあるのか戦国時代の人物の人気投票で1位。ワンマンであり、非道なことをしてきたと言われる人間が、何故人気者なのか?人気がある

ewigykewigyk
4764viewsお気に入り数:5