歴史本

歴史本のまとめを紹介しています。日本史、世界史など歴史に関する情報や本がわかります。

天然ゴムの歴史: ヘベア樹の世界一周オデッセイから「交通化社会」へ (学術選書)

一発当てた以外、新事業すべてに失敗したウィッカムには正直、敬服せざるを得ない

ブラジルからアジアに移植(プラント・イントロダクション)され、再びアジアからブラジルに里帰りした天然ゴムの歴史。第5章ウィッカム、失敗に魅入

tombi-aburagetombi-aburage
1263viewsお気に入り数:0
ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)

こういう授業は日本でもやったらいいと思います。

日本史をどう教えるのか?本は北川さんがハーバードの先生になる前のどうして日本史を始めたのか、というところから始まります。彼女はバンクーバーの

国中千鶴国中千鶴
1276viewsお気に入り数:0
戦いの日本史  武士の時代を読み直す (角川選書)

戦国時代・中世への感覚が大きくかわる

第一章 平清盛と源頼朝――治承・寿永の内乱一 清盛落胤説と武力二 清盛と「平家」の本質とは三 東の源氏と西の平氏四 関東こそは約束の地五 京

恵美嘉樹恵美嘉樹
2517viewsお気に入り数:0
怖い絵3

人間の歴史がやはり一番怖い!絵から歴史を学ぶ!

1ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」ヘシオドス「神統記」2レーピン「皇女ソフィア」ピョートル一世の異母姉。摂政として君臨するも、修道院に幽閉

kaerumamakaerumama
2674viewsお気に入り数:1
織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代 (ソフトバンク新書)

戦国時代最大の財閥「比叡山」

比叡山は、戦国時代最大の財閥だった信長の仏教排斥において、その最大のものは比叡山延暦寺の焼き討ちであろう。元亀二(一五七一)年に行われたこの

あすかあすか
2605viewsお気に入り数:0
英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)

佐々成政を利用して宣伝効果を狙った豊臣秀吉のプロモーション力

佐々成政を利用して宣伝効果を狙った豊臣秀吉のプロモーション力を紹介します。佐々成政とは戦国時代に織田信長に使えた戦国武将。猪突猛進型の猛将と

本で人生は変わる本で人生は変わる
2329viewsお気に入り数:0
本当は間違いばかりの「戦国史の常識」 (ソフトバンク新書)

戦国史までは日本はすごかった! 家康の鎖国が日本をダメにした

戦国史には数々の間違いが「戦国史の常識」となってしまっています。しかし、家康の戦国時代までの日本はすごい文化を持っていました。家康の鎖国が日

本で人生は変わる本で人生は変わる
4802viewsお気に入り数:0
日本の「神話」と「古代史」がよくわかる本

イザナキとイザナミの日本史

イザナキとイザナミの日本史神世七代の最後に現われたイザナキとイザナミは、天の神(アメノミナカヌシ以下五柱の神々にあたる)から国土を固めよとの

本で人生は変わる本で人生は変わる
2088viewsお気に入り数:0
怖い絵2

絵画で学ぼう西洋史

1.レンブラン「テュルプ博士の解剖学実習」オランダ17c。「記念集団肖像画」その昔外科医と理髪師は同義語だった。2.ピカソ「泣く女」モデルは

kaerumamakaerumama
2056viewsお気に入り数:1
教科書には載っていない! 幕末の大誤解

歴史の裏側としての「江戸幕府の凄さ」と「幕末の有名人の素顔」

 幕末をネタに、歴史教科書とは異説を集めた本で、この本から得た、江戸幕府の凄さと、有名人達の素顔について、まとめてみました。江戸幕府の凄さ「

violetReadervioletReader
31880viewsお気に入り数:0
世界一わかりやすい世界史の授業

世界一わかりやすい世界史のカギは金太郎飴だった

世界史は金太郎飴最近では「わかりやすい人」という表現は、単純とか、奥がない、心の底が見えやすい……といった意味になるんでしょうか。確かに世界

本で人生は変わる本で人生は変わる
4914viewsお気に入り数:0
江戸商人の経営(ビジネス)戦略 (日経ビジネス人文庫)

江戸時代はすでに資本主義だった

 一般に「遅れた封建時代」だったと考えられている江戸時代には、実は高度な市場経済システムが成立しており、さまざまな業種で多様な市場競争が繰り

恵美嘉樹恵美嘉樹
12973viewsお気に入り数:0
織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代 (ソフトバンク新書)

信長の経済力よりも戦国時代の寺社がすごい!

鉄甲船は信長のマネー戦略の最高傑作信長は、軍事的な発明をいくつもしているが、その中でも最高傑作といえるのが、鉄甲船である。鉄は、当時、貴重品

本で人生は変わる本で人生は変わる
5249viewsお気に入り数:0
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)

元外務省・国際情報局長が語る、重要な戦後史6選

 元外務省・国際情報局長という日本の諜報部門のトップで、「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを破り、日

violetReadervioletReader
31629viewsお気に入り数:0
人生に悩んだら「日本史」に聞こう 幸せの種は歴史の中にある

先人の生き様から、エネルギーをもらおう!先人に学ぶ「夢」を叶える生き方

先人に学ぶ◉「夢」を叶える生き方1豊臣秀吉「天命追求型」目の前にある課題に対して、ひとつひとつ力を出し切ることによって次の扉が開き、新しいス

kaerumamakaerumama
2443viewsお気に入り数:0
戦国の城 (学研新書)

難攻不落の城「高天神城」

高天神城は山城大井川の南西、遠州灘に近いところに位置し、牧ノ原台地と小笠山陵にはさまれた独立丘陵で、標高132メートルの鶴翁山を中心に、放射

本で人生は変わる本で人生は変わる
4574viewsお気に入り数:0
東北─不屈の歴史をひもとく

今こそ知っておきたい「東北の5戦5敗の歴史」とそこから立ち上がる「不屈の歴史」

歴史専門の新聞記者が東北地方の縄文時代から戊辰政争まで、最新の考古学や歴史学の研究成果を取材した。仙台在住の作家、伊坂幸太郎氏が帯に推薦文を

恵美嘉樹恵美嘉樹
4542viewsお気に入り数:0
怖い絵

絵から学ぶ世界史!

作品1ドガ「エトワール、または舞台の踊り子」バレエとパトロンと踊り子。その昔、バレエは、オペラの添え物で一段格下とされていた。作品2ティント

kaerumamakaerumama
2074viewsお気に入り数:1
信長の城 (岩波新書)

信長のキッチンもわかった!千田嘉博「信長の城」

序章城跡から考える天下統一の時代1章 信長の城の原風景1 勝幡城 信長誕生の城の姿とは2 那古野城 横並びの権力構造3 清須城 織田家ゆかり

恵美嘉樹恵美嘉樹
1743viewsお気に入り数:0
日本人の魂と新島八重(小学館101新書)

己のためではなく、他者のために生きる「武士道」を貫いた八重

幕末の戊辰戦争でスペンサー銃を構えて戦った女傑がいた。後に同志社大学創設者の新島襄の妻となる新島八重である。本書は会津藩の戦いから新島襄との

飛立知希飛立知希
3069viewsお気に入り数:0