福島原発の本

福島原発の本のまとめを紹介しています。福島原発事故の問題や課題などがわかる情報や本を探すことができます。

フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ

毎日新聞記者・日野行介氏にだけ語った ロシア研究者による「歪められたチェルノブイリ・データ」

 3.11から6年目を迎える福島原発事故。多発する甲状腺癌に政府が「チェルノブイリ・データ」を都合よく歪め、原発事故と健康被害の因果関係を否

飛立知希飛立知希
1624viewsお気に入り数:0
プロメテウスの罠 明かされなかった福島原発事故の真実: 1 (プロメテウスの罠シリーズ)

プロメテウスの罠の書評・感想

本書は、朝日新聞紙上で2011年10月から連載がスタートし、現在も連載が続いている「プロメテウスの罠」をまとめ加筆修正し単行本にしたものです

黒夜行黒夜行
1499viewsお気に入り数:0
ホットスポット ネットワークでつくる放射能汚染地図

ホットスポットの書評・感想

本書は、NHKで5月15日に放送された「ネットワークでつくる放射能汚染地図」という番組の取材班による、福島原発事故の取材を描いたノンフィクシ

黒夜行黒夜行
1353viewsお気に入り数:0
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日(門田隆将)の書評・感想

これは、日本を「最悪」から救った男たちの物語だ。著者は、本書のスタンスをこう書いている。『本書は、原発の是非を問うものではない。あえて原発に

黒夜行黒夜行
1013viewsお気に入り数:0
プロメテウスの罠 3 福島原発事故、新たなる真実 (プロメテウスの罠シリーズ)

プロメテウスの罠3の書評・感想

本書は、「プロメテウスの罠1」「プロメテウスの罠2」と続く、朝日新聞誌上での連載を書籍化した作品です。本作は、2012年6月9日から2012

黒夜行黒夜行
1110viewsお気に入り数:0
プロメテウスの罠 4: 徹底究明! 福島原発事故の裏側

プロメテウスの罠4の書評・感想

想像力は及ばない。読めば読むほどにそう思わされる。「わかった気になる」ことの恐ろしさを感じさせられる。知れば知るほど、「知らなかったこと」が

黒夜行黒夜行
1032viewsお気に入り数:0
原発事故と農の復興: 避難すれば、それですむのか?!

原発事故と農の復興(小出裕章他)の書評・感想

本書は、2013年1月20日に都内で行われた公開討論会の内容をベースに書籍化されたものです。パネラーは、反原発の研究者・小出裕章氏。有機農業

黒夜行黒夜行
956viewsお気に入り数:0
暮らしを守る 放射能の基礎知識

なぜ放射能は福島第一原子力発電所から漏れたのか?

放射能はなぜ漏れたのか?原子力発電所の原子炉では、ウラン燃料が核分裂して猛烈な熱を発生します。その際、放射能(放射性物質)もウランが小さく分

本で人生は変わる本で人生は変わる
2659viewsお気に入り数:0
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

PHP研究所「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」の出版社まとめ

2011年3月11日、福島第一原発事故。暴走する原子炉。それは現場にいた人たちにとって、まさに「死の淵」だった。それは自らの「死の淵」だけで

PHP研究所PHP研究所
1914viewsお気に入り数:0
のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録

福島第一原発二十キロ圏内で保護活動をするカメラマンが撮りためた、助けを待ち続ける動物たちの写真集。

人間を待ち続け、人間の都合で死にゆく動物たち 著者の太田康介さんは報道カメラマンとして、アフガニスタン、カンボジア、旧ユーゴスラビア連邦など

飛立知希飛立知希
2065viewsお気に入り数:1
プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実

原発事故を追った朝日新聞連載シリーズ。「プロメテウスの罠」のポイントまとめ

印象に残った箇所などをまとめ。・福島の地元住民が国や県からは何も知らされず、膨大な放射能被爆をしていた。・研究所に辞表を叩き付けて、放射能測

eringieringi
2069viewsお気に入り数:0
プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実

読んでいる間、僕はずっと悔しかった! プロメテウスの罠の書評・感想

読んでいる間、僕はずっと悔しかった悔しい。悔しい。悔しい。悔しすぎる。自分でも抑えきれないようなこの衝動的な悔しさは、読み終わるまで、いや読

黒夜行黒夜行
2357viewsお気に入り数:0
福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたこと

福島の原発事故をめぐっての書評・概要

本書の概要 2011年3月11日の福島第一原発の炉心溶融・水素爆発事故を受けて、どうして日本で原子力発電が推進されてきたのか、その歴史的な経

くまくまくまくま
1828viewsお気に入り数:0
官邸から見た原発事故の真実 これから始まる真の危機 (光文社新書)

原発事故問題、今後の課題は「官邸から見た原発事故の真実」

概要著者は原子力工学の専門家として内閣官房参与に就任し、原発事故対策を担当。その体験を振り返りながら、今後連鎖的に起こりうる原発事故のリスク

折笠 隆折笠 隆
2489viewsお気に入り数:2
日本人は原発とどうつきあうべきか

PHP研究所「日本人は原発とどうつきあうべきか」の出版社まとめ

あの「3・11」から間もなく1年(平成23年12月下旬現在)。この間、マスメディアは連日のように放射能被害の恐ろしさを煽り立ててきたが、放射

PHP研究所PHP研究所
2719viewsお気に入り数:1
原発賠償の行方 (新潮新書)

福島原発問題「原発賠償の行方」

概要弁護士である著者が、感情論を排し法的な視点から原発賠償を考察。法的根拠が不在のままで行われる政策や議論に警鐘を鳴らす。問題としては(1)

折笠 隆折笠 隆
2254viewsお気に入り数:1
まやかしの安全の国  ―原子力村からの告発  角川SSC新書 (角川SSC新書)

日本には原発を保持するだけの能力がない! 「まやかしの安全の国ー原子力村からの告発」

概要著者は社会技術システム安全研究所長。技術や組織などさまざまな角度から原発の事故解析と安全研究を行ってきた。過去を含めた原発事故の分析を行

折笠 隆折笠 隆
2838viewsお気に入り数:3
内部被曝の真実 (幻冬舎新書)

科学者として言う。国は徹底した測定、除染を行う責任がある

概要著者は東京大学アイソトープ総合センター長。放射線防護に詳しい。原発事故で南相馬市の除染に携わる。科学者としての責務に基づき、危機の認識徹

折笠 隆折笠 隆
2695viewsお気に入り数:2
原発社会からの離脱――自然エネルギーと共同体自治に向けて (講談社現代新書)

日本が原発をやめられないのは、日本人の知性が貧困なためである

原発依存をやめられない日本の構造的欠陥を洗い出し、エネルギーシフトによる新しい社会システムのあり方を提示する。原発を選んだ日本人/変わらない

折笠 隆折笠 隆
3608viewsお気に入り数:2
原発のウソ (扶桑社新書)

原発を容認した大人は、福島だけに被害を押し付けるな「原発のウソ」

概要京大原子炉実験所助教・小出裕章氏が、原発の諸問題を追及する。福島第一原発はこれからどうなるのか■楽観ムードがあるが現状は極めて危険で、大

折笠 隆折笠 隆
8598viewsお気に入り数:4