東日本大震災の本

東日本大震災の本のまとめを紹介しています。東日本大震災の現実や課題などがわかる情報や本を探すことができます。

日本の農業は“風評被害”に負けない (アスキー新書)

風評はいつでも起こりうるが、負けないことがとても大切である

東日本大震災を始め、農業・漁業などに関して災害が起こると、「風評被害」と言うのが起こる。風評被害について簡単に言うと、災害における無根拠な説

kuramaekuramae
8371viewsお気に入り数:0
PRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐

3.11を忘れない。PRAY FOR JAPANの印象的なメッセージまとめ

3.11を忘れない震災はまたいつかやってくる。過去の震災を忘れるのではなく、教訓として何を学ぶかが重要。沖縄は日本やアメリカといった共通の問

YonesuYonesu
2202viewsお気に入り数:0
プロメテウスの罠 5: 5 (【プロメテウスの罠シリーズ】)

プロメテウスの罠5の書評・感想

巻末の「終わりに」で記者の一人は、「取材中、お礼を言われるようになった」と書く。『ふくしまで取材をしていると、たびたび「読んでいますよ」と声

黒夜行黒夜行
1023viewsお気に入り数:0
遺体―震災、津波の果てに―

震災直後『遺体』と向き合い闘った人たちの記録

本書は、東日本大震災で壊滅的な被害を被った町の一つ、岩手県釜石市を舞台に、震災直後『遺体』と向き合い闘った人たちの記録です。釜石市は、ちょっ

黒夜行黒夜行
1090viewsお気に入り数:0
早稲田文学 記録増刊 震災とフィクションの“距離”

早稲田文学 記録増刊 震災とフィクションの”距離”(早稲田文学会)の書評・感想

本書は、2011年3月から9月の期間に15人の小説家が執筆し、期間限定で著作権を解除、転送自由のチャリティ作品として「早稲田文学」サイトで発

黒夜行黒夜行
860viewsお気に入り数:0
OCICA ~石巻 牡鹿半島 小さな漁村の物語~

OCICA 石巻の書評・感想

本書は、地震の爪痕が残る。宮城県石巻市牡鹿半島西部に位置する牧浜集落という小さな漁村を舞台にしたもbの語りだ。カキの養殖によって生計を立てて

黒夜行黒夜行
807viewsお気に入り数:0
遺体―震災、津波の果てに―

忘れてはならない津波被害の当時の現場の記録達「遺体」の書評・感想

東日本大震災から数日後の現場にフォーカスしたルポタージュ。なので、原発関連はほとんど触れられていない。しかし、僕はそういう本を探していた。医

Yuki_HinagoYuki_Hinago
1416viewsお気に入り数:0
遺体―震災、津波の果てに

3.11の津波直後の数週間の現状

釜石市の特徴・釜石市を舞台にしたのは、町の半分が被災を免れて残っていたことが大きい。陸前高田など町ごと壊滅した場所では、遺体捜索や安置所の管

shantishanti
1547viewsお気に入り数:0
震災復興 日本経済の記録

日本経済新聞の記者たちが「つくりたい」と訴えてできた震災報道を1冊にまとめた本「震災復興」

日本経済新聞の記者たちが「つくりたい」と訴えてできた震災報道を1冊にまとめた本。記者たちの取材秘話も収録。本を作る目的①大震災の発生とその後

babycocobabycoco
2782viewsお気に入り数:0
3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、福島の小中学生33人が撮影した「希望」

被災地の子どもが自ら撮った写真にメッセージつけて世界に発信するプロジェクト

被災地の子ども達が撮った「希望」、書いた「希望」被災地の子どもがプロの写真家のサポートのもと、自ら撮った写真にメッセージつけてまとめています

babycocobabycoco
2933viewsお気に入り数:0
3・11と1・17ー大震災ー―小林正典写真集

フォト・ジャーナリストが撮った2つの大震災~3.11と1.17

フォト・ジャーナリストが撮った3.11と1.17同じフォト・ジャーナリストが撮影した2つの大震災。興味深い視点。一瞬を保存写真なので、シャッ

babycocobabycoco
2546viewsお気に入り数:0
3・11被災地子ども白書

東日本大震災において、被災した子ども達が置かれた現在の状況とは

東日本大震災において、被災した子ども達が置かれた状況を当事者へのインタビューを通してまとめた一冊。被災地を訪れて、目に見える建築物や街並みで

babycocobabycoco
4562viewsお気に入り数:0
6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録  角川SSC新書 (角川SSC新書 130)

震災翌日から「壁新聞」をつくり、日々情報を発信し続けた「6枚の壁新聞」の書評・感想

震源に近い宮城県石巻市でもこの地震と津波により多くの人命を失い、ほとんどの建物が崩壊、もしくは海に流された。「石巻日日新聞」も被害を被ったが

kuramaekuramae
1865viewsお気に入り数:0
復興に命をかける

PHP研究所「復興に命をかける」の出版社まとめ

未曾有の大災害をもたらした東日本大震災。まもなく震災から1年が経過しようとしています。震災で壊滅的な被害を受けた宮城県では、現在、復興計画が

PHP研究所PHP研究所
2242viewsお気に入り数:1
遺体―震災、津波の果てに

圧倒的なノンフィクション。遺体―震災、津波の果てにの書評・感想

本書は、東日本大震災で壊滅的な被害を被った町の一つ、岩手県釜石市を舞台に、震災直後『遺体』と向き合い闘った人たちの記録です。釜石市は、ちょっ

黒夜行黒夜行
2342viewsお気に入り数:0
6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録  角川SSC新書 (角川SSC新書 130)

「6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録」 地元住民のため「手書きの壁新聞」

概要東日本大震災の津波で印刷不能となった、宮城の石巻日日新聞社。自らも被災する中、地元住民のため「手書きの壁新聞」で必死に発行を続けた。前半

折笠 隆折笠 隆
3496viewsお気に入り数:1