マスコミ本

マスコミ本のまとめを紹介しています。ジャーナリズム、メディア論、情報操作などマスコミに関する情報や本がわかります。

記者会見ゲリラ戦記 (扶桑社新書)

記者会見ゲリラ戦記の登場人物一覧まとめ

「記者会見ゲリラ戦記」の付録(登場人物一覧)● 登場人物一覧をまとめました ● 記者会見開放、記者クラブ問題についてのルポ    著者プロフ

オキュパイオキュパイ
2025viewsお気に入り数:0
新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)

国民を騙し続けるマスメディアの実情を語る本「新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか 」

概要国民を騙し続けるマスメディアの実情を語る1冊なぜ新聞は同じ記事ばかりなのか?■番記者同士の談合によるもの ・日本では取材した人ではなく、

books_jp_botbooks_jp_bot
3462viewsお気に入り数:1
官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

官報複合体の要点・感想

<要点>・日本の報道機関は、記者クラブの設置に象徴されるように、権力側が流すプレスリリースを早く伝えることに力点が置かれており、その意味では

mako_mako_
2529viewsお気に入り数:0
うそ社説 〜菅直人の半減期は長いのか〜

プチ鹿島によるうそ社説

第一章「つぶやき」3・11その日から、ツイッター上で人々の連帯感が生まれていることを見て取り、自分なりに周囲を和ませるようなつぶやきを発信し

北島知司(モバイル・IT)北島知司(モバイル・IT)
2715viewsお気に入り数:0
街場のメディア論 (光文社新書)

メディアと知講義が元に!街場のメディア論の書評・感想

本書は、著者が大学で行った「メディアと知」という講義が元になっています。内容についてあーだこーだ書く前に。これはもう素晴らしいなんてもんじゃ

黒夜行黒夜行
2777viewsお気に入り数:3
原発報道とメディア (講談社現代新書)

安心・安全のためにジャーナリズムは何をすべきか? 「原発報道とメディア」

概要生活の基軸となる「安心・安全」を確保するために、ジャーナリズムは何をすべきか。3・11以降の原発報道を検証しながら、そのあり方を探る。安

折笠 隆折笠 隆
3470viewsお気に入り数:0
街場のメディア論 (光文社新書)

メディアを考える。街場のメディア論の書評

メディア、広告などの世界でパラダイムシフトが進行しているいま、数々のメディア論や広告進化論が、大量に出版されていますが、業界の人間にしかわか

naokikobayashinaokikobayashi
2393viewsお気に入り数:1
僕が伝えたかったこと

ホリエモンが夢見たインターネットとテレビの融合の可能性

インターネットとテレビインターネット時代に対応するための、業態変換がテレビに求められているインターネットの特質は、「オンデマンド」。好きなと

hisahisahisahisa
2683viewsお気に入り数:4
テレビは見てはいけない (PHP新書)

テレビに洗脳されてるかもよ?「テレビは見てはいけない」理由

はじめに日本では、国がテレビ局に営業許可を与えている。少数の巨大テレビ局が日本国民の「世論」を先導・形成している。それってけっこー危ないんじ

kobataku_tkkobataku_tk
9212viewsお気に入り数:3
ミニコミ2.0 ミニ・コミュニケーションとメディアの行方

これからのメディアはどうなるのか?ミニ・コミュニケーション2.0とメディアの行方

全体のまとめ本の区分としては「出版」「放送/空間」「インターネット」「メディア」となっており、それぞれの章で語り手・語り方(対談、インタビュ

whimsical_bonwhimsical_bon
3101viewsお気に入り数:3
ジャーナリズムが亡びる日―ネットの猛威にさらされるメディア

ジャーナリズムが亡びる日の書評・感想

これからの広告総じて、マス4媒体における広告費は低迷している。新聞広告は、広告の浸透率を計る手段がなく、読者層もしぼれないため、広告のムダ打

KaPiWaGiKaPiWaGi
2867viewsお気に入り数:1
サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア (ソフトバンク新書)

サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディアの書評・感想

新聞はどうなる?まずアメリカと日本の新聞業界の販売収入の違いを指摘している。アメリカの新聞社はその収益を多く広告収入に頼っているのに対して、

KaPiWaGiKaPiWaGi
2293viewsお気に入り数:3
メディアが世論を決める

メディアが世論を決めるの書評・感想

新聞とテレビー報道スタンスの違い新聞とテレビの報道のスタンスの違いについて、筆者は次のように分析する。日本新聞協会がさだめる新聞倫理網領では

KaPiWaGiKaPiWaGi
2330viewsお気に入り数:1
街場のメディア論 (光文社新書)

街場のメディア論の書評・感想

メディアはビジネス?まず著者は、情報を評価する場合の最優先の指標は「その情報を得ることで世界の成り立ちについての理解が深まるかどうか」である

KaPiWaGiKaPiWaGi
2737viewsお気に入り数:2
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)

日本のジャーナリズムと記者クラブの腐敗「ジャーナリズム崩壊」

概要フリージャーナリストの著者が、日本のジャーナリズムと記者クラブの腐敗を批判する。(08年7月初版)日本にジャーナリズムは存在するか?■日

折笠 隆折笠 隆
4952viewsお気に入り数:3
メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)

情報操作に惑わされるな! 「メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学」

◎基準の250倍もの残留濃度の冷凍ホウレンソウを1回、100グラムも食べたとしても、1日摂取許容量の半分にしかならない。厚労省は当初から「直

hisahisahisahisa
4093viewsお気に入り数:2
これが本当のマスコミだ―社員が教える企業ミシュラン

マスコミ希望の就活生へ! 「これが本当のマスコミだ―社員が教える企業ミシュラン」

はじめに就活時代に読んだ本。慶應SFC、日本経済新聞社記者を経て2004年2月MyNewsJapan(http://www.mynewsja

kinoshitaykinoshitay
2836viewsお気に入り数:3
ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命 (光文社新書)

ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命の書評・感想

ポイント上杉隆さんによるウィキリークスがもたらした世界の変化について、そしてなぜ日本はそれについていけてないのか、の解説本。感想上杉さんが書

hisahisahisahisa
2119viewsお気に入り数:0