マスコミ本

マスコミ本のまとめを紹介しています。ジャーナリズム、メディア論、情報操作などマスコミに関する情報や本がわかります。

フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い

なぜ社会問題が先送りされるのか。なぜデモで騒ぐだけではダメなのか。「フクシマの正義」 著者:開沼博

2012年9月発行。福島を巡る課題を検討しながら、日本で社会問題が先送りされるメカニズムを明らかにする。正義を疑う分断を生み出すのは善意同士

折笠 隆折笠 隆
1296viewsお気に入り数:0
韓国インテリジェンスの憂鬱

過去最悪の日韓関係、その原因を韓国の知識人が赤裸々に語る!

日本と韓国は2015年6月、国交を結んでから50周年を迎える。しかし現在、日本には祝福ムードはまったくないし、それどころか日韓関係は過去最悪

吉田伸二吉田伸二
2387viewsお気に入り数:0
死のテレビ実験---人はそこまで服従するのか

死のテレビ実験 人はそこまで服従するのかの書評・感想

http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-1344.htmlこの作品は、国が全国民分買い上げて

黒夜行黒夜行
1134viewsお気に入り数:0
僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)

元NHKアナウンサーがメディアで本当に伝えたいこと

NHKで学んだこと革新こそ伝統なり就職活動、入社後の仕事、岡山放送局時代のことが鮮明に記されている章泊まり込みの新人研修/なぜ「NHK」だっ

iroirobookiroirobook
1718viewsお気に入り数:0
ニュースをみるとバカになる10の理由

ニュースをみれば事情通になれると思い込んでない?ニュースをみるとバカになる10の理由

ニュースをみるとバカになる10の理由1.ニュースに出ていることはすべて現実だと思い込む2.毎日新しいことが起きていると信じ込む3.ニュースを

books_jp_botbooks_jp_bot
1250viewsお気に入り数:0
中国を変えた最強メディア 微博(ウェイボー)の衝撃

メディア統制が厳しい中国における微博「中国を変えた最強メディア 微博(ウェイボー)の衝撃」の書評

メディア統制が厳しい中国における微博(ウェイボー)の影響力について力説。巻頭付近に、微博(ウェイボー)がどういう性質のソーシャルメディアなの

tombi-aburagetombi-aburage
1109viewsお気に入り数:0
テレビは見てはいけない (PHP新書)

テレビは見てはいけない理由「洗脳」

テレビは見てはいけない■テレビは洗脳装置として優秀 ・人は眼球から入ってきた視覚情報を視覚野で処理している ・視覚野は脳の後ろ側の1/3を占

books_jp_botbooks_jp_bot
2256viewsお気に入り数:0
グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本

日本は韓国経済に学んではいけない!韓国のグローバル化の真実

韓国のグローバル化を礼賛する財界、マスコミに騙されるな!日本は韓国経済に学んではいけない!結論・グローバル化により韓国国民は不幸になっている

atsushin_iatsushin_i
2533viewsお気に入り数:4
「当事者」の時代 (光文社新書)

弱者や被害者を勝手に代弁し、社会問題を断罪する「マイノリティ憑依」。その構造はいつ、どこで生まれた?

夜回りと記者会見権力とメディアの関係は単純ではない。例えば警察(権力)と新聞記者(メディア)。記者会見のようなオモテの共同体がありながら、夜

折笠 隆折笠 隆
2664viewsお気に入り数:0
”核”を求めた日本 被爆国の知られざる真実

日本は核兵器をつくれる。核廃絶を掲げながら核の力を求め続けていた日本。

「脱原発」や「反原発」を掲げる人、マスコミの偏向報道を批判する人に是非、読んでもらいたい1冊。「日本は核を求めた」という取材結果の重さをじっ

babycocobabycoco
9151viewsお気に入り数:0
記者会見ゲリラ戦記 (扶桑社新書)

記者会見ゲリラ戦記の登場人物一覧まとめ

「記者会見ゲリラ戦記」の付録(登場人物一覧)● 登場人物一覧をまとめました ● 記者会見開放、記者クラブ問題についてのルポ    著者プロフ

オキュパイオキュパイ
1516viewsお気に入り数:0
新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)

国民を騙し続けるマスメディアの実情を語る本「新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか 」

概要国民を騙し続けるマスメディアの実情を語る1冊なぜ新聞は同じ記事ばかりなのか?■番記者同士の談合によるもの ・日本では取材した人ではなく、

books_jp_botbooks_jp_bot
2661viewsお気に入り数:1
官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

官報複合体の要点・感想

<要点>・日本の報道機関は、記者クラブの設置に象徴されるように、権力側が流すプレスリリースを早く伝えることに力点が置かれており、その意味では

mako_mako_
2084viewsお気に入り数:0
うそ社説 〜菅直人の半減期は長いのか〜

プチ鹿島によるうそ社説

第一章「つぶやき」3・11その日から、ツイッター上で人々の連帯感が生まれていることを見て取り、自分なりに周囲を和ませるようなつぶやきを発信し

北島知司(モバイル・IT)北島知司(モバイル・IT)
2075viewsお気に入り数:0
街場のメディア論 (光文社新書)

メディアと知講義が元に!街場のメディア論の書評・感想

本書は、著者が大学で行った「メディアと知」という講義が元になっています。内容についてあーだこーだ書く前に。これはもう素晴らしいなんてもんじゃ

黒夜行黒夜行
2444viewsお気に入り数:3
原発報道とメディア (講談社現代新書)

安心・安全のためにジャーナリズムは何をすべきか? 「原発報道とメディア」

概要生活の基軸となる「安心・安全」を確保するために、ジャーナリズムは何をすべきか。3・11以降の原発報道を検証しながら、そのあり方を探る。安

折笠 隆折笠 隆
3085viewsお気に入り数:0
街場のメディア論 (光文社新書)

メディアを考える。街場のメディア論の書評

メディア、広告などの世界でパラダイムシフトが進行しているいま、数々のメディア論や広告進化論が、大量に出版されていますが、業界の人間にしかわか

naokikobayashinaokikobayashi
2061viewsお気に入り数:1
僕が伝えたかったこと

ホリエモンが夢見たインターネットとテレビの融合の可能性

インターネットとテレビインターネット時代に対応するための、業態変換がテレビに求められているインターネットの特質は、「オンデマンド」。好きなと

hisahisahisahisa
2148viewsお気に入り数:4
テレビは見てはいけない (PHP新書)

テレビに洗脳されてるかもよ?「テレビは見てはいけない」理由

はじめに日本では、国がテレビ局に営業許可を与えている。少数の巨大テレビ局が日本国民の「世論」を先導・形成している。それってけっこー危ないんじ

kobataku_tkkobataku_tk
8667viewsお気に入り数:3
ミニコミ2.0 ミニ・コミュニケーションとメディアの行方

これからのメディアはどうなるのか?ミニ・コミュニケーション2.0とメディアの行方

全体のまとめ本の区分としては「出版」「放送/空間」「インターネット」「メディア」となっており、それぞれの章で語り手・語り方(対談、インタビュ

whimsical_bonwhimsical_bon
2725viewsお気に入り数:3