マスコミ本

マスコミ本のまとめを紹介しています。ジャーナリズム、メディア論、情報操作などマスコミに関する情報や本がわかります。

ネットメディア覇権戦争 偽ニュースはなぜ生まれたか (光文社新書)

今賑わせている「偽ニュース(フェイクニュース)」の正体

私自身毎日のニュースはネットで見ることがほとんどである。速報はもちろんのこと、少しだけ詳しいニュースにしてもけっこうネットで見てしまうためで

kuramaekuramae
2286viewsお気に入り数:0
われらマスコミ渡世人 (祥伝社新書)

長らくマスコミの中で歩んでいった人々のはなし

マスコミの世界に生きる人は少なからずおり、長年に渡って活躍する人もいる。その中にはテレビに出ずっぱりの方もいれば、年に数冊上梓し、なおかつ週

kuramaekuramae
3225viewsお気に入り数:0
絵本とジャーナリズム (「絵本で子育て」叢書)

絵本もまたジャーナリズムなり

本にしても新聞にしてもニュースを伝える媒体の一つでもある。もっとも絵本でも「挿絵」や「風刺画」といったものまで存在する。その存在する絵本にも

kuramaekuramae
3150viewsお気に入り数:0
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏 (岩波新書)

国際ジャーナリズムはこうしてスクープを追った。

世の中には様々なメディアやジャーナリズムが存在する。そのジャーナリズムでもって新聞やテレビなどに広く伝えられるようになる。そのジャーナリズム

kuramaekuramae
4135viewsお気に入り数:0
売国官僚 (青林堂ビジュアル) [kindle版]

マスコミと結託し、日本国民を欺く売国官僚の活動と、その仲間たち!

著者がツイッターや雑誌などで書いた情報を書籍化したもので、情報資料ソースURL付き。テレビやニュースでは絶対に報じられない官僚達の売国活動の

芽土根土芽土根土
3497viewsお気に入り数:0
ニュースの裏を読む技術 「もっともらしいこと」ほど疑いなさい (PHPビジネス新書)

ニュースを読み取るためには、まず「裏」から!

新聞や雑誌、テレビ、さらにはインターネットを通じて毎日たくさんのニュースが流れる。中には深掘りするような内容もあるのだが、そのニュースをその

kuramaekuramae
7679viewsお気に入り数:0
仮説の検証 科学ジャーナリストの仕事

「科学ジャーナリスト」はどのような仕事か?何を伝えるのか?

私自身、昨年の小保方問題にて「科学ジャーナリズム」とは何なのかを考えるようになった。科学ジャーナリズムといえば、科学における新発見や事件など

kuramaekuramae
7407viewsお気に入り数:0
ハーフが美人なんて妄想ですから! ! - 困った「純ジャパ」との闘いの日々 (中公新書ラクレ)

日本人が持っている「ハーフ」の幻想とは?

皆さんは「ハーフ」というとどのような印象を持つだろうか。私の場合は、ハーフというとそれぞれの良いところのかいつまんだ「いいとこ取り」の印象を

kuramaekuramae
7209viewsお気に入り数:0
メディアのなかのマンガ―新聞一コママンガの世界 (ビジュアル文化シリーズ)

新聞やニュースにおける「マンガ」はどのような存在なのか?

「マンガ」というと日本が誇るべきポップカルチャーの一つである。それは間違いないのだが、ほかにも意味がある。例えば本書のように昨今の政治や社会

kuramaekuramae
7672viewsお気に入り数:0
5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?

果たしてメディアは生き残っていけるのか?

紙のメディアが右肩下がりとなり、それに取って代わるものとしてウェブメディアが隆盛してきている。しかしウェブメディアも数多くあり、質的にも玉石

kuramaekuramae
7494viewsお気に入り数:0
政府はこうして国民を騙す (現代ビジネスブック)

マスコミと政治と国民の関係と影響とは?

本書は民主党政権が終焉し、自民党が政権復帰して間もないときに出版されたため、民主党政権の総括とも言えるような一冊である。民主党政権では衆議院

kuramaekuramae
3810viewsお気に入り数:0
メディア・リテラシー論

本質的な意味で「メディア・リテラシー」とは何か?

「メディア・リテラシー」と言う言葉は私が中学・高校の時からずっとその言葉を聞く機会が多かったのだが、実際の所どのようにして行うのかはいまいち

kuramaekuramae
8829viewsお気に入り数:0
フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い

なぜ社会問題が先送りされるのか。なぜデモで騒ぐだけではダメなのか。「フクシマの正義」 著者:開沼博

2012年9月発行。福島を巡る課題を検討しながら、日本で社会問題が先送りされるメカニズムを明らかにする。正義を疑う分断を生み出すのは善意同士

折笠 隆折笠 隆
1874viewsお気に入り数:0
韓国インテリジェンスの憂鬱

過去最悪の日韓関係、その原因を韓国の知識人が赤裸々に語る!

日本と韓国は2015年6月、国交を結んでから50周年を迎える。しかし現在、日本には祝福ムードはまったくないし、それどころか日韓関係は過去最悪

吉田伸二吉田伸二
3163viewsお気に入り数:0
死のテレビ実験---人はそこまで服従するのか

死のテレビ実験 人はそこまで服従するのかの書評・感想

http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-1344.htmlこの作品は、国が全国民分買い上げて

黒夜行黒夜行
1559viewsお気に入り数:0
僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)

元NHKアナウンサーがメディアで本当に伝えたいこと

NHKで学んだこと革新こそ伝統なり就職活動、入社後の仕事、岡山放送局時代のことが鮮明に記されている章泊まり込みの新人研修/なぜ「NHK」だっ

iroirobookiroirobook
2322viewsお気に入り数:0
ニュースをみるとバカになる10の理由

ニュースをみれば事情通になれると思い込んでない?ニュースをみるとバカになる10の理由

ニュースをみるとバカになる10の理由1.ニュースに出ていることはすべて現実だと思い込む2.毎日新しいことが起きていると信じ込む3.ニュースを

books_jp_botbooks_jp_bot
1689viewsお気に入り数:0
中国を変えた最強メディア 微博(ウェイボー)の衝撃

メディア統制が厳しい中国における微博「中国を変えた最強メディア 微博(ウェイボー)の衝撃」の書評

メディア統制が厳しい中国における微博(ウェイボー)の影響力について力説。巻頭付近に、微博(ウェイボー)がどういう性質のソーシャルメディアなの

tombi-aburagetombi-aburage
1519viewsお気に入り数:0
テレビは見てはいけない (PHP新書)

テレビは見てはいけない理由「洗脳」

テレビは見てはいけない■テレビは洗脳装置として優秀 ・人は眼球から入ってきた視覚情報を視覚野で処理している ・視覚野は脳の後ろ側の1/3を占

books_jp_botbooks_jp_bot
2755viewsお気に入り数:0
グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本

日本は韓国経済に学んではいけない!韓国のグローバル化の真実

韓国のグローバル化を礼賛する財界、マスコミに騙されるな!日本は韓国経済に学んではいけない!結論・グローバル化により韓国国民は不幸になっている

atsushin_iatsushin_i
3331viewsお気に入り数:4