文化本

文化本のまとめを紹介しています。日本文化、サブカルなど文化に関する情報や本がわかります。

神様に愛されて自分らしく幸せになる

自分は運がいいと信じることからはじめよう

■沖縄の神様・沖縄では、道ばたにころがる石、木の葉1枚、海のさざ波にまで、神様が宿っていると考え、話しかける・どの神様も「自分以外の、ほかの

愛謝愛謝
1244viewsお気に入り数:0
ニッポンの穴紀行 近代史を彩る光と影

穴にはいってこそ、その穴を作った人、その時代と対峙することができる

穴があったら入りたいという言葉もあるように、地下の穴という空間には世の流れから離れて逃避する場所として認識されている。しかし穴を知ることは別

いなば博人いなば博人
1006viewsお気に入り数:0
誰でもデザイン レイアウト・デザインのアイデア集

デザイン関係を目指す人へ

第1章 グリッド雑誌のレイアウト第2章 デザイン要素ロゴのデザイン書体の種類ノンブルのデザイン見出しのデザイン本文のデザインフォント第3章 

h94jksja09h94jksja09
809viewsお気に入り数:0
シェーの時代―「おそ松くん」と昭和こども社会 (文春新書)

「おそ松くん」から昭和カルチャーを読み解く!「シェーの時代」の文化史

はじめに漫画家・赤塚不二夫が昭和37年から連載を開始した漫画「おそ松くん」。これを原案としたテレビアニメ「おそ松さん」が大ヒットしたことによ

村崎ゆかり村崎ゆかり
1253viewsお気に入り数:0
東京水路をゆく ―艪付きボートから見上げるTOKYO風景

陸上から見るのとは180度違った視点から眺める東京の「水路風景」

こんな本著者が自分でボートを所有し、東京の水路を津々浦々まで航行して発見したこと。冒険的な楽しさのある本。行ってみたい(1)江戸川や中川を航

いなば博人いなば博人
1894viewsお気に入り数:0
みんなで読み解く漢字のなりたち8 記号からうまれた漢字/漢字に隠された東洋の知恵 みんなで読み解く漢字のなりたちシリーズ [kindle版]

漢字の本当の姿を知ると、漢字に込められた想いに気づくことができます

世界一わかりやすい漢字本の最終巻!シリーズ第8弾は「記号編」。「占」や「束」など、記号からうまれた漢字をご紹介。シリーズ最後の本作では統括編

あのちゃんあのちゃん
1591viewsお気に入り数:0
おじさんの組み立て方 [kindle版]

おじさんのこと可愛いって思ったことはありますか?

『おじさん』て聞いてあなたはどんなおじさんを想像する?もちろん、ダンディでかっこいいおじさんも中にはいるけれどほとんどのおじさんが、うざい、

あのちゃんあのちゃん
1850viewsお気に入り数:0
ON BOOKS(144) ヴォーカルの学び方

音の世界の感覚を身につける。

聴いておきたいヴォーカリスト一流のヴォーカリスト1.スタンダードナンバーの王様ナット・キング・コール、フランク・シナトラ2.オリジナルナンバ

rihitorihito
1437viewsお気に入り数:0
教科書でおぼえた名詩 (文春文庫PLUS)

想い出や教養のために

昭和20年代~平成8年の中学・高校国語の教科書に記載されていた詩,漢詩,訳詩,短歌,和歌,俳句を集めた一冊.知っている詩が必ずあるはず.巻末

カタカナカタカナ
1170viewsお気に入り数:0
茶柱が立つと縁起がいい―語り継ぎたい「日本の言い伝え」

あなたはいくつ知っていますか?

朝のクモは縁起がいいが、夜のクモは縁起が悪い夜、爪を切ると親の死に目に遭えない足袋を履いて寝ると、親の死に目に遭えないミミズに小便をかけると

kaerumamakaerumama
1768viewsお気に入り数:0
願いがかなう幸運象形文字──【特別付録】幸運象形文字カード&幸運象形文字御札

幸せと金運を引き寄せる象形文字

著者は願いをかなえるために色々やってきた。そしてたどり着いた結論が文字だった。著者は幼い頃に病弱だったが、良心が改名したことにより健康になっ

にゃおたろうにゃおたろう
3094viewsお気に入り数:0
いのちより大切なもの (Forest books)

口筆で描く世界的画/詩家のたどり着いた「いのちが自分を生かしてくれている」という境地

 本書は、群馬県名誉県民で画家/詞家の星野富弘氏が2011年3月11日に起きた東日本大震災後に出版した画/詩集である。 著者は1970年群馬

飛立知希飛立知希
1655viewsお気に入り数:0
本当は怖い京都の話

京都に行ったこともないけれど、怖い話ということで興味をひかれました。39個の話は実に興味深いです。

京都に行ったことがありません。でも、誰でも知っている京都。美しい都のイメージです。ただ、この本を読むとそんな場所は行きたくないなぁと感じさせ

enoenoenoeno
2187viewsお気に入り数:0
アートにとって価値とは何か

ギャラリストから見たアートの価値。

アートにとって価値とは何か?アートにとっての価値。それはきっと立場によって違うでしょう。作家、キュレーター、コレクター、ギャラリスト、観客。

国中千鶴国中千鶴
2022viewsお気に入り数:0
大野龍太郎の魚拓美―色彩美術画集

デッサンでも写真でもない 魚の生を写し取る情熱“魚拓”の美世界

◎魚拓って?魚拓とは、簡単に言うと手型の魚バージョンである。本物の魚に墨を付けて、紙に捺す。よく釣り具屋さんに飾ってあるあの魚型の版が、記録

なるやま君なるやま君
1771viewsお気に入り数:0
美しきエビとカニの世界 杉浦千里博物画図鑑

「日本一美しい図鑑」 まるで写真集、精密画家の描き出すエビとカニの美しさ

◎見惚れる図鑑細部まで緻密に描き込んだ絵を、細密画という。写真と見まごう程のリアリティと、鮮やかで完成された色合いは見る者を魅了する。そんな

なるやま君なるやま君
1966viewsお気に入り数:0
ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ

音楽の”聞かれ方”はどう変わったのか『ソーシャル化する音楽』(青土社、2013/2/25発行)

円堂都司昭(えんどうとしあき)1963年生まれ。文芸・音楽評論家。1999年、「シングル・ルームとテーマパーク-綾辻行人『館』論」で第6回創

ふりこふりこ
2509viewsお気に入り数:0
初音ミクはなぜ世界を変えたのか?

”初音ミク”は奇跡的なタイミングで生まれた『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?(2014/4/8)』

柴那典(しばとものり)1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。出版社ロッキング・オンにて『ROCKIN&#0

ふりこふりこ
2079viewsお気に入り数:1
神のみる夢 (合田和厚著作集)

合田和厚 神のみる夢 

合田和厚 神のみる夢内容合田氏による、透明感のある詩集。 

infoinfo
9566viewsお気に入り数:0
華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

横浜トリエンナーレ2014の関連本。

1950年代に書かれた未来像本を所持することが禁止された未来。本を燃やすことを仕事とする昇火士(ファイアマン)が主人公です。彼の妻は、いつも

国中千鶴国中千鶴
1629viewsお気に入り数:0