文化本

文化本のまとめを紹介しています。日本文化、サブカルなど文化に関する情報や本がわかります。

天の神様 VS 地獄の神様

「あるがままに生きる」ということ。考え方一つであなたの人生を変えることができるかもしれません。

「あるがままに生きる」ということ。さまざまな困難が待ち受ける現代で、自分を見失ってしまうこともあるでしょう。全てが嫌になり逃げ出してしまう前

propuspropus
3919viewsお気に入り数:3
大和屋物語――大阪ミナミの花街民俗史

かつて、大阪・ミナミは花街であった。そしてそこには「大和屋」があった。

花街というと様々な「遊び」を嗜むことができる場所である。その多くは京都・花街であるのだが、大阪にも花街は存在する。その場所は現在でいう所の「

kuramaekuramae
3766viewsお気に入り数:0
仕事が活きる 男の風水 (祥伝社新書 100)

ビジネスは「風水」で活きる!

私の住んでいる鎌倉の家の近くにはどういうわけかパワーストーンの店がいくつかある。「風水」に関連するグッズの一種であるのだが、そもそも「風水」

kuramaekuramae
4675viewsお気に入り数:0
春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界 (講談社学術文庫) [kindle版]

「四十八手」は、たんなる性戯や体位だけでなく、出逢いから始まる「色恋の物語」でもあった。

最初の浮世絵師と呼ばれ、切手の「見返り美人」の作者で知られている菱川師宣の『恋のむつごと四十八手』を、第1図から第48図まで一手ずつ丁寧に紐

芽土根土芽土根土
6816viewsお気に入り数:0
蜷川幸雄の劇世界

名演出家・蜷川幸雄の演劇観とは?

「世界のニナガワ」と呼ばれ、数多くの芸能人を舞台に上げた演出の鬼・蜷川幸雄が2016年の5月に帰らぬ人となった。稽古や本番前のリハーサルなど

kuramaekuramae
784viewsお気に入り数:0
神奈川のおきて カナガワを楽しむための49のおきて

他では分からない「神奈川」のイロハ

私自身、10年前から神奈川に住んでいる。住み始めてから今まで色々と触れることができたのだが、まだまだ知らないことが多い。そのこともあって神奈

kuramaekuramae
8417viewsお気に入り数:0
ピアノソロ 入門 ドレミ音名で弾ける みんなが選んだボーカロイド人気曲ランキング20~ナンセンス文学~

ボカロ曲のピアノ譜

ヤマハセレクトのボカロ有名曲のピアノ譜で、初心者向けにアレンジしてあるようです。

くまくまくまくま
4964viewsお気に入り数:0
ピアノソロ 中級 ANISON MUSE(アニソン・ミューズ) -STAR-

アニソンのピアノ譜

「水樹奈々」「坂本真綾」「May'n」「高橋洋子」のアニソンのピアノ譜です。偏りはあるけれど有名どころを揃えていると思いま

くまくまくまくま
4805viewsお気に入り数:0
まちの本屋

まちの本屋には大型書店にない「魅力」がある!

最近では大型書店が続々と出てきたことにより、地域に根付いた「まちの本屋」がドンドンと潰れている現状にある。しかし「まちの本屋」の中には独自の

kuramaekuramae
6184viewsお気に入り数:0
瞽女うた (岩波新書)

かつていた芸人「瞽女」の正体

瞽女(ごぜ)とは、「盲目の門付(かどづけ)女芸人。鼓・琵琶などを用いて語り物を語ったが,江戸時代以降,三味線の弾き語りをするようになった」(

kuramaekuramae
3298viewsお気に入り数:0
手塚治虫 知られざる天才の苦悩 (アスキー新書 111)

今明かされる、「漫画の神様」の苦悩

手塚治虫氏は戦後最初のヒット作となる「新宝島」をはじめ「鉄腕アトム」「火の鳥」「リボンの騎士」、そして来年1月にアニメとなって放送される「ど

kuramaekuramae
3088viewsお気に入り数:0
さくらももこの総天然色満足館 (SGコミックススペシャル)

絵は永遠に生き続ける

今年8月に死去したさくらももこのエッセイ付きイラスト集。ページを開くとそこにはさくらももこのあの幻想的な色使い、メルヘンタッチな世界が広がっ

さばねこくんさばねこくん
5458viewsお気に入り数:0
ひょっこりはんをさがせ!

ひょっこりはんをさがせ!

いま子供から大人まで大人気。大ブレーク中のお笑い芸人・ひょっこりはんによる初の書籍です。内容は、世界的な名作『ウォーリーをさがせ!』のように

syuyansyuyan
4958viewsお気に入り数:0
くらしの活銅学―健康と衛生に不可欠なミラクルミネラル

くらしに「銅」活かすのか?

私たちの生活の中で金属は切っても切れない関係にある。本書は「銅」について取り上げているのだが、例外なく親しまれている。その身近な存在である銅

kuramaekuramae
5976viewsお気に入り数:0
東京スカイツリー論 (光文社新書)

東京スカイツリーを都市から考える。

2012年に竣工し、オープンしたのが押上にある「東京スカイツリー」である。高さ634メートルに及ぶタワーには、観光名所として知られるだけでは

kuramaekuramae
6410viewsお気に入り数:0
「おっさんレンタル」日記

おっさんの「レンタル」とは?

「おっさんレンタル」とはいったいどのような存在なのか、そして「おっさんレンタル」をやっている中でどのような出会い・別れ・体験を行ってきたのか

kuramaekuramae
6451viewsお気に入り数:0
水の道具誌 (岩波新書)

水が流れ、辿ってきた文化の変遷

そろそろ梅雨の時期であるが、その時期が抜けると真夏になる。30度以上の気温が続く状況にある中で水や塩分は必要になってくる。そうじゃなくても、

kuramaekuramae
8173viewsお気に入り数:0
モンスーンアジアのフードと風土

モンスーン圏内の食文化とは?

日本をはじめとしたアジアの地域は「モンスーン」と呼ばれる「季節風」が吹いている。それにより四季折々の季節がはぐくまれ、多様な気候を彩ってきて

kuramaekuramae
8153viewsお気に入り数:0
ファミリーレストラン 「外食」の近現代史 (光文社新書)

ファミレスにも「歴史」あり

今となってはごく当たり前にある「ファミリーレストラン(ファミレス)」。元々レストランが家族と外食をすることから1970年代から始まったと言わ

kuramaekuramae
8621viewsお気に入り数:0
生類供養と日本人

「生前供養」という日本独特の文化とは?

「生類供養」とは本書のまえがきにて、「「生類」が何なのか、本来は厳密な規定が必要なのかもしれない。だがここでは、生きもの=動物と考えていただ

kuramaekuramae
10059viewsお気に入り数:0