日本の政治家の本

日本の政治家の本のまとめを紹介しています。政治家の思想や考え方などがわかる情報や本を探すことができます。

人間チャーチルからのメッセージ 不安な豊かさの時代に生きる私たちへ

偉大な英政治家ウィンストン・チャーチルの人生観や政治観、生き方をエピソードを交えて記す

 経済格差社会の拡大から、これから先の人生が見えないわれわれ日本人。東アジアを取り巻く国際環境の不透明感が増す日本。今こそ、20世紀の偉大な

sislersisler
4709viewsお気に入り数:0
十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争

中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争

中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争権力闘争こそが、中国共産党を永続させるための原動力なのではないか――。共産党の歴史を振り返ると、1921年の

violetReadervioletReader
8121viewsお気に入り数:0
伊藤博文―知の政治家 (中公新書)

彼が作ろうとした国家とは、それ自体が知を循環させるひとつのフォーラムだったのではないか

第1章 文明との出会い 1 「博文」の誕生 2 制度へのまなざし 3 急進から漸進へ―岩倉使節団の体験第2章 立憲国家構想―明治憲法制定とい

さといもさといも
2684viewsお気に入り数:0
ドキュメント副知事――猪瀬直樹の首都改造・一八〇〇日

猪瀬直樹とは?ドキュメント副知事の書評・感想

猪瀬東京都知事の副知事時代を詳細に記した一冊。今後の東京都政の方針がうかがえるかもしれない。地下鉄一元化、東電との激しい交渉、東京水道プロジ

b100mb100m
1358viewsお気に入り数:1
小沢主義 志を持て、日本人

ぶっ壊し政治家小沢一郎の「小沢イズム」

「どぶ板選挙」こそ、民主主義の原点新人候補の選挙活動時のセリフ=「自身の今までの仕事の経験を政治に生かしたい」大事なことではあるが、これだけ

halmahalma
2796viewsお気に入り数:0
小泉官邸秘録

小泉官邸秘録の書評・概要

分かりやすい構成 ミーハー的でいやだなぁ等という複雑な思いを抱きつつも、興味に負けて購入してしまった一冊。感想を一言で言うなら、面白いもしく

くまくまくまくま
2107viewsお気に入り数:0
田中角栄の昭和 (朝日新書)

田中角栄の昭和の書評・概要

1、概説、書評日本の首相はこのところ毎年のように替わり、確たる政策もなく、人気もない。かつて日本において絶大な人気を誇る首相が昭和に時代にい

attorney at usattorney at us
2368viewsお気に入り数:0
橋下主義(ハシズム)を許すな!

橋下主義(ハシズム)を許すな!の書評・感想

橋下氏のリアルタイムな政治活動がある今、読むべき本本書は、3人の論客(内田 樹、山口二郎、香山リカ)による、鼎談というスタイルをとっている。

kawacyankawacyan
2539viewsお気に入り数:0
剛腕維新

ぶっこわし政治家「小沢一郎」が考える政治

小沢一郎が考える政治戦後日本が経済発展を目標に掲げて邁進してきた陰で、一部の不心得者だけでなく、政治家や官僚、企業エリートといった指導層にま

hisahisahisahisa
3703viewsお気に入り数:1
さらば財務省! 政権交代を嗤う官僚たちとの訣別 (講談社プラスアルファ文庫)

さらば財務省! 政権交代を嗤う官僚たちとの訣別の書評・感想

官僚サイドの回顧録 小泉構造改革、そしてその後の安部晋三政権の顛末を比較的に官僚サイドから描いた回顧録と言えるだろう。比較的と書いたのは、著

くまくまくまくま
2465viewsお気に入り数:3
政治家の殺し方

政治家の殺し方。なぜ元横浜市長中田宏はスキャンダルの餌食にされたのか。

概要 いくつものスキャンダル報道がなされた、元横浜市長、中田宏の著作 スキャンダル問題は主に3つあり、それらは裁判になりすべて事実無根との判

Ado NishimuraAdo Nishimura
2947viewsお気に入り数:5
政治家の殺し方

政治家の殺し方の書評・感想

地方自治体の首長と言えば、石原東京都知事、橋下大阪府知事や東国原元宮崎県知事などが真っ先に浮かび、ついで松沢元神奈川県知事とか森田千葉県知事

Taka@中小企業診断士(業務休止中)Taka@中小企業診断士(業務休止中)
3614viewsお気に入り数:2
官僚の責任 (PHP新書)

東北大震災から考える官僚の責任

震災復興より政権延命をとった菅政権。千年に一度の大震災を絶好の政権浮揚につなげようと政治主導をアピールしていく。しかし、それをアピールすれば

Orange_100_Orange_100_
2449viewsお気に入り数:1