政治本

政治本のまとめを紹介しています。日本の政治、国家、軍事など政治に関する情報や本がわかります。

国家の品格 (新潮新書)

グローバリズムに疑問を抱いたらぜひ読みたい一冊。国家の品格

一言でいえば、「日本人」らしさを取り戻そう!という想いのつまった一冊。アメリカに追随した、合理主義、資本主義の結果が、今の日本を異常にしてし

YonesuYonesu
1474viewsお気に入り数:0
医療構造改革と地域医療―後期高齢者医療と財政問題から日本の医療を考える

今だから振り返る 混合診療の即時解禁を求めるアメリカ資本主導の医療行政内政干渉

 本書は世紀の悪制、後期高齢者医療制度の狙いと背景を財政面から鋭く分析し、現代の医療政策に警鐘を鳴らす良書である。 連続的な診療報酬の低下を

飛立知希飛立知希
1254viewsお気に入り数:0
2052 ~今後40年のグローバル予測

正しい道を選べない。「2052 ~今後40年のグローバル予測」の書評

 ローマ・クラブ「成長の限界」を下敷きとして、最も実現可能性が高いと著者が思うシナリオ一本に絞り、今後40年間において、世界がどういう方向に

くまくまくまくま
1332viewsお気に入り数:0
バカに民主主義は無理なのか? (光文社新書)

民主主義で意識したい3つのこと

 民主主義は「善いモノ」?という疑問を持ったことはありませんか? そういう疑問について、3つのテーマからまとめてみました。民主主義で意識した

violetReadervioletReader
31761viewsお気に入り数:1
暗殺国家ロシア: 消されたジャーナリストを追う (新潮文庫)

暗殺国家ロシア(福田ますみ)の書評・感想

『1993年の「ノーバヤガゼータ」の創刊以来、17年の間に、2人の記者が殺害され、同じく記者1人が不審死を遂げ、契約記者2人、さらに顧問弁護

黒夜行黒夜行
1494viewsお気に入り数:0
2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

これは一般大衆向けの読み物ではない 2030年世界はこう変る

"GLOBALTRENDS2030"米国国家情報会議編「本書を誤読する人と精読する人では大きな差がつくだ

NaosukeNaosuke
6256viewsお気に入り数:2
1分間でわかる政治学―ニュースの「ウラ」まですぐ解ける!

小学生でもわかる政治学

本の内容知っておくべきことは何か?国ってなに?憲法は変えるべきか?軍隊はどうして必要なのか?国ってなに?そもそも国は必要だろうか日本国憲法の

気になる本気になる本
2305viewsお気に入り数:2
改憲の何が問題か

自民党が、憲法について知られたくないすべてのこと

Ⅰ何が今問われているのか■国防軍創設国家の物理的暴力独占→軍隊戦前におけるコントロールの失敗草案に具体的コントロール方法は記載なし天皇の権威

attorney at usattorney at us
14740viewsお気に入り数:0
レイヤー化する世界 (NHK出版新書 410)

レイヤー化する世界 私たちを下から支配する、テクノロジーがつくる<場>

現代───第三の産業革命が起きているかつては先進国とそれ以外というウチとソトに分断されていた二十世紀の世界システムが、逆回転している先進国と

noriyo_tcpnoriyo_tcp
1840viewsお気に入り数:0
ウェブで政治を動かす! [kindle版]

ソーシャルメディアと政治

若い世代ほど選挙の投票率が低い。多くの人が「どうせ何も変わらない」と感じている。しかし、ソーシャルメディアを中心としたウェブは政治を動かせる

賑町書店賑町書店
2044viewsお気に入り数:1
希望の声―アラン・クレメンツとの対話

決して軍事独裁政権を憎まなかった非暴力主義の旗手

 1991年にノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー氏は、ミャンマーの希望として国民の期待を一心に担ってきたことで、あまりに有名である。

飛立知希飛立知希
2575viewsお気に入り数:0
自治体ICTネットワーキングー3.11後の災害対応・情報発信・教育・地域活性化

ネットワーク型の自治体ICTモデルの仮説提案。

基礎自治体(市区町村レベル)の住民向けサービスを、パブリッククラウドやオープンソースを活用した低コストかつオープンなアプリケーションとして構

tombi-aburagetombi-aburage
1594viewsお気に入り数:0
知っておきたい日本の皇室 (角川ソフィア文庫)

陛下はケータイやクレジットカードを持ってるの?天皇の乗る車のナンバーは?皇室の素朴な疑問に対する答え

1.皇室の方々の日々天皇・皇后はお互いに何と呼んでいる?→陛下、美智子手紙を出したり、電話をかけたりできる?→できる。但し手紙は侍従等の名前

attorney at usattorney at us
9392viewsお気に入り数:0
イラスト図解 農業のしくみ

農業の概要を知る!-魅力的な仕事か、それとも、将来性の無い、もうすぐ無くなってしまう産業か-

 農業は自然と触れ合う魅力的な仕事なのか、それとも、将来性の無い、もうすぐ無くなってしまう産業なのでしょうか? 農業に関する情報は、不正確な

bookmemobookmemo
1967viewsお気に入り数:0
「お手本の国」のウソ (新潮新書)

他国の「進んでいる」ところにも問題がある。

この本は世界の7か国から、日本人が素晴らしいと思っている政策などが、実はそれほど素晴らしくないという実態を明らかにしたもの。1.フランスでは

賑町書店賑町書店
3167viewsお気に入り数:0
国家論―日本社会をどう強化するか (NHKブックス)

国家論

 国家とはその本質において暴力装置であり、その実態は税金を取り立てることによって生活している官僚である。 国家は資本主義社会において強者と弱

kurosuke407kurosuke407
1549viewsお気に入り数:0
マイナンバー法のすべて: 身分証明、社会保障からプライバシー保護まで、共通番号制度のあるべき姿を徹底解説

3冊ほど読んだ中ではICT関係者に最も役に立ちそうなマイナンバー関連本。

書名に反して、マイナンバー「法」制度の説明ではない。むしろ現在の案を徹底的にこきおろし、制度運用・ICTアーキテクチャの観点からあるべき姿を

tombi-aburagetombi-aburage
1358viewsお気に入り数:0
「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム

戦争と死を考える13の名言

戦争と死を考えるための名言人が手元にあるものでなんとかやっていた時代、自力で生きていた時代、大地から穫れるものを食べ、地と神のはざまで生きて

本で人生は変わる本で人生は変わる
2266viewsお気に入り数:0
「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム

「killology(殺人学)」を創設した第一人者が解き明かす戦争心理分析

 著者のデーヴ・グロスマンは前作「戦争における『人殺し』の心理学」(ちくま学芸文庫)でピューリッツァー賞候補にもノミネートされ、「killo

飛立知希飛立知希
1845viewsお気に入り数:0
マイナンバーがやってくる~共通番号制度の実務インパクトと対応策

マイナンバーの知識を最新化したい方にオススメ「マイナンバーがやってくる」の書評

マイナンバー(共通番号、国民ID)の知識を最新化したい方にオススメ。2012/10月刊行の比較的新しい書籍。昨年までの制度検討の結果をふまえ

tombi-aburagetombi-aburage
1320viewsお気に入り数:0