政治本

政治本のまとめを紹介しています。日本の政治、国家、軍事など政治に関する情報や本がわかります。

言論外交―誰が東アジアの危機を解決するのか

東アジアにおける課題解決のための新しい民間外交の形

 迫りくる日中韓の東アジア危機を前に、今、新しい民間外交の形として「言論外交」が求められている。2013年10月26日から2日間に渡って北京

飛立知希飛立知希
2754viewsお気に入り数:0
新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

価値観で政治をやる首相の独り言

安倍晋三の人物像の表れ個々の社会的事件について、自信満々に言い切っているものの、本当に理解検証しているのか疑わしい。例えば、靖国問題について

attorney at usattorney at us
3281viewsお気に入り数:0
国会改造論 憲法・選挙制度・ねじれ (文春新書 920)

国会の「ねじれ」必要論

第1章・民意の暴走を食い止めるための二院制民主制も、多数派の利益のためのもの、すべての人の共通利益のためではないという点で専制、寡頭制と同じ

attorney at usattorney at us
3516viewsお気に入り数:0
改訂版 ロシアのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)

 学習や急な出張に必携!マンガを通じてロシアが分かる入門書

 「ソチ五輪パラリンピック」や混迷を極める「ウクライナ政変」で今、改めて注目が集まるロシア。本書は学生や多忙なビジネスパーソンにも短時間でロ

飛立知希飛立知希
3592viewsお気に入り数:0
伊藤博文―知の政治家 (中公新書)

彼が作ろうとした国家とは、それ自体が知を循環させるひとつのフォーラムだったのではないか

第1章 文明との出会い 1 「博文」の誕生 2 制度へのまなざし 3 急進から漸進へ―岩倉使節団の体験第2章 立憲国家構想―明治憲法制定とい

さといもさといも
2702viewsお気に入り数:0
国が亡びるということ

国が亡びるということ 

beat_sweetbeat_sweet
2483viewsお気に入り数:0
職業としての政治 職業としての学問 (日経BPクラシックス)

政治家にとって何よりも重要な資質は三つあります。情熱と責任感と判断力です。

PolitikalsBeruf講演のテーマについて政治/ポリティックという語国家とは何か支配の要件内的な正当性の三つの根拠支配に必要な二つの

さといもさといも
3126viewsお気に入り数:0
政治学講義

政治学講義:目次紹介

目次第一部第1章:政治と政治学政治の概念政治と権力政治学の方法第2章:政治理論の歴史ポリスと政治理論の誕生政治哲学の伝統実践的知識としての政

気になる本気になる本
4369viewsお気に入り数:1
秘密法で戦争準備・原発推進―市民が主権者である社会を否定する秘密保護法

軍靴の音が聞こえる戦争準備のための秘密保全法制

 本書は2013年12月13日に公布後も、特定秘密保護法(以下、秘密保全法)廃止に向けた反対国民大運動の先導者としてこの国の行く末を強く憂い

飛立知希飛立知希
3983viewsお気に入り数:0
なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)

なぜ韓国はパチンコを全廃できたのか(若宮健)の書評・感想

http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-2026.html本書は、日本のメディアが一切報道し

黒夜行黒夜行
1509viewsお気に入り数:0
秘密保護法は何をねらうか

秘密保護法で封殺される「知る権利」と「表現の自由」

 本書は2013年10月25日に安倍政権が国会に上程した、「特定秘密の保護に関する法律案(以下、秘密保護法案)」の問題点に極めて強い危機意識

飛立知希飛立知希
3674viewsお気に入り数:0
街場のアメリカ論    NTT出版ライブラリーレゾナント017

アメリカと日本

現代日本はどうして「こんな国」になったのか? ――という問いをたどると、一貫して「対米関係」を基軸に推移してきたことに思い至る。そこで仏文学

violetReadervioletReader
28986viewsお気に入り数:0
日本辺境論(新潮新書) [kindle版]

定期的に見直したい! 根底にある「辺境人」としての「日本人」の国民性を。

日本人らしさ比較からしか国家戦略を語れない国民性「世界第二位の経済大国として」アメリカと関係を構築したいという発言は変だ。それを誰も「変だ」

violetReadervioletReader
28934viewsお気に入り数:1
戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)

戦争とは残酷なものだ。戦争の真実

死の体感負傷者や死にゆく者の哀れな悲鳴が聞こえる。糞尿と血のにおい、肉の焼けるにおい、腐敗臭、それが混じり合って胸の悪くなる死臭を漂わせる。

織田信長になる男織田信長になる男
1999viewsお気に入り数:0
街場の憂国論 (犀の教室)

内田樹による天下の暴論『6選』

「先生、いったい日本はどうなってしまうんでしょう?」その疑問に天下の暴論で答えます!そう宣伝された本書ですが、その中から好きなフレーズを6つ

violetReadervioletReader
29934viewsお気に入り数:0
「靖国」と「千鳥ヶ淵」を考える (祥伝社新書328) (祥伝社新書 328)

なぜ日本は靖国以外にもうひとつの戦没者追悼施設を作ったのか?

<序章>終戦記念日という呼称 終戦記念日→記念日という呼称を用いているのは祝日、良い事だから 「記念日」をつけずに、単に終戦だけで十分<1章

attorney at usattorney at us
2045viewsお気に入り数:1
ロボット兵士の戦争

自己完結型ロボット兵器開発までの略歴 「リスクなき戦争」という甘い餌に騙されるな

著者のピーター・W・シンガー氏は米ブルッキングス研究所上級研究員で、21世紀防衛イニシアチブの責任者。国防総省および国務省、中央情報局(CI

飛立知希飛立知希
2165viewsお気に入り数:0
内閣政治と「大蔵省支配」―政治主導の条件 (中公叢書)

政治主導のあるべき姿がここにある!!

本書の構成○第1章・・・「官房型官僚」というこれまでほとんど指摘されてこなかった類型の官僚に触れて、大蔵省の「調査の政治」について説明。○第

halmahalma
1947viewsお気に入り数:0
四月、不浄の塔の下で二人は

四月、不浄の塔の下で二人は(平山瑞穂)の書評・感想

「正しさ」というのは、とても難しい。先日、ベトナムのジャングルの奥地である親子が保護された、というニュースを見かけた。何故彼らはそんなジャン

黒夜行黒夜行
1338viewsお気に入り数:0
宰相のインテリジェンス: 9・11から3・11へ (新潮文庫)

インテリジェンスの解釈が最重要

表紙がカッコ良くて本屋で手に取った。まず、インテリジェンスとは著者はこう定義する。「インテリジェンスとは、単なる極秘情報ではない。国家指導者

hiroshi128hiroshi128
1177viewsお気に入り数:0