政治本

政治本のまとめを紹介しています。日本の政治、国家、軍事など政治に関する情報や本がわかります。

剛腕維新

ぶっこわし政治家「小沢一郎」が考える政治

小沢一郎が考える政治戦後日本が経済発展を目標に掲げて邁進してきた陰で、一部の不心得者だけでなく、政治家や官僚、企業エリートといった指導層にま

hisahisahisahisa
3776viewsお気に入り数:1
国をつくるという仕事

「草の根」の援助、リーダーシップのあるべき姿

本書のポイント 世銀の副総裁だった著者が在任中に出会った各国のリーダーやその国の人々との思い出をつづったもの。元々は雑誌連載だったらしいので

くまくまくまくま
2354viewsお気に入り数:0
構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌

構造改革の真実。政治とマスコミの関わり

本書のポイント いまや不況の現況とすらいわれている小泉構造改革の旗手の一人、竹中氏の回顧録。しかし、当時彼らがやったことは全て間違いだったか

くまくまくまくま
2327viewsお気に入り数:0
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれての書評・構成

本書のポイント 鈴木宗男氏が収監・仮釈放されたことで話題になっているかもしれないが、鈴木氏に関連して逮捕・起訴された外務省職員である著者が事

くまくまくまくま
2467viewsお気に入り数:0
体制維新――大阪都 (文春新書)

体制維新――大阪都の書評・感想

「良いことも悪いことも大阪から始まる」日本の問題は政治の問題でも人の問題でもなく仕組みの問題。大阪から新しい地方の仕組みを作る。その先に日本

Yuki_HinagoYuki_Hinago
7116viewsお気に入り数:1
選挙の経済学 投票者はなぜ愚策を選ぶのか

経済学の視点で選挙を見ると?

総括 正直言ってまだまだ模索中の考え方で、とても一般向けの本にするようなテーマではないと個人的には思うのだが、新しい経済学の形を考える上では

くまくまくまくま
2763viewsお気に入り数:2
満州移民 改訂版―飯田下伊那からのメッセージ

満州移民の現地の真実

総括 体験者が語ることでしか知ることができない世界がある。この本に書かれている世界もそのひとつだろう。日本の国家戦略によって送り出された移民

くまくまくまくま
2969viewsお気に入り数:0
民主主義が一度もなかった国・日本 (幻冬舎新書)

今の日本に保守などない、あるのは右翼だけ。日本に民主主義が一度もなかったという理由

日本の政治論点整理として。やや民主党ヨイショの傾向、外交問題についてのバイアスが気になるが、この部分を切り離して様々な論点整理のための本とし

はにほーはにほー
3962viewsお気に入り数:1
教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門

かんき出版まとめ!教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門の内容とは?

TPPはアメリカの罠なのか? 円高ドル安はいつまで続くのか? Googleによる情報支配は本当か? アメリカ経済は破綻しないのか?特殊な成り

かんき出版かんき出版
3813viewsお気に入り数:1
教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門

原田武夫による著者まとめ!教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門の内容紹介

この本の特長●外交官時代に北朝鮮担当として超大国アメリカに外交の最前線で対峙してきました。その中で直接体験した「アメリカ」を出発点に、読者の

原田武夫原田武夫
3813viewsお気に入り数:1
ルービン回顧録

ロバート・E・ルービンの思想

政治家とは? いま、あなたの目の前に憧れの人がいるとしよう。その人が好きで好きでたまらない。でも、実際のところ、あなたがその人に何のアプロー

くまくまくまくま
1635viewsお気に入り数:2
さらば財務省! 政権交代を嗤う官僚たちとの訣別 (講談社プラスアルファ文庫)

さらば財務省! 政権交代を嗤う官僚たちとの訣別の書評・感想

官僚サイドの回顧録 小泉構造改革、そしてその後の安部晋三政権の顛末を比較的に官僚サイドから描いた回顧録と言えるだろう。比較的と書いたのは、著

くまくまくまくま
2558viewsお気に入り数:3
政治家の殺し方

政治家の殺し方。なぜ元横浜市長中田宏はスキャンダルの餌食にされたのか。

概要 いくつものスキャンダル報道がなされた、元横浜市長、中田宏の著作 スキャンダル問題は主に3つあり、それらは裁判になりすべて事実無根との判

Ado NishimuraAdo Nishimura
3071viewsお気に入り数:5
インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

インテリジェンス 武器なき戦争の書評・概要

本書の概要 外務省のラスプーチン、鈴木宗男衆議院議員の事件で有名になった佐藤優氏との対談集。著者がテレビで口にする、インテリジェンスというも

くまくまくまくま
2003viewsお気に入り数:0
テロリズムの罠 右巻  忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)

特定派遣労働者の問題

本書の概要 第1部では、ロシア・中国に内在するロジックを解説し、第2部では、資本主義の欠陥を他者の論考を通じて明らかにし、新自由主義に対する

くまくまくまくま
2048viewsお気に入り数:1
メッテルニヒ

保守政治家、メッテルニヒ

本書の構成 オーストリア帝国の外相・宰相を務めたメッテルニヒの様々な出来事における判断を、他者の著作を引用しながら、おおよそ時系列順に紹介し

くまくまくまくま
2364viewsお気に入り数:2
北の後継者キムジョンウン (中公新書ラクレ)

北の後継者キムジョンウンと北朝鮮の将来

概要金正日に請われて、専属料理人として13年間北朝鮮で過ごした著者の語る北朝鮮の将来キムジョンウンは社会的関心が強かった◆十代で国のことを考

books_jp_botbooks_jp_bot
2404viewsお気に入り数:2
金正日と金正恩の正体 (文春新書)

北朝鮮の内幕がわかる本「金正日と金正恩の正体」

概要中国人の学者が解き明かす北朝鮮の内幕金正恩デビューの衝撃・2010年9月28日に行なわれた朝鮮労働党代表者会議において、金正恩が労働党中

books_jp_botbooks_jp_bot
2681viewsお気に入り数:2
金正日の正体 (講談社現代新書)

30年以上北朝鮮について取材し記事を書いてきた著者による金正日総書記に関する話がわかる本「金正日の正体」

概要30年以上北朝鮮について取材し記事を書いてきた著者による金正日総書記に関する話金正日総書記にはダブルがいる・ダブルとは影武者のこと・三人

books_jp_botbooks_jp_bot
2645viewsお気に入り数:2
水の世界地図 第2版 刻々と変化する水と世界の問題

水の世界地図 第2版の書評・感想

本書の概要 水の分布やその変動に関する供給サイドの話、生活・食糧生産・工業など需要サイドの話、汚染・生態系など水資源の棄損の話、そして未来に

くまくまくまくま
1980viewsお気に入り数:1