政治本

政治本のまとめを紹介しています。日本の政治、国家、軍事など政治に関する情報や本がわかります。

インド 第三の大国へ――〈戦略的自律〉外交の追求

インドは大国となるのか?それとも?

人口で10億人以上もいる国は中国のほかにもう1国ある。それは「インド」。インドはアジアを代表した一国であり、これから大きく成長する可能性を秘

kuramaekuramae
5658viewsお気に入り数:0
連邦国家 ベルギー――繰り返される分裂危機

W杯で戦ったベルギー、その国家事情とは?

ベルギーはヨーロッパの国々の中にある国だが、フランス、イギリス、オランダに挟まれていることから「ヨーロッパの十字路」という名がついている。そ

kuramaekuramae
7067viewsお気に入り数:0
米朝首脳会談後の世界

米朝首脳会談「6.12」後の世界に通用する視座で闊達な議論を巻き起こす

 本書は「自衛隊を活かす会:21世紀の憲法と防衛を考える会」が2017年12月25日に主催した第15回シンポジウム「北朝鮮の核・ミサイル問題

飛立知希飛立知希
7488viewsお気に入り数:0
議会は踊る、されど進む

市議会もウィーン会議の如く踊り、進まず。

「会議は踊る、されど会議は進まず」という言葉がある。この言葉は1814~15年に行われた「ウィーン会議」の状況を表している。本書は議会が騒い

kuramaekuramae
7095viewsお気に入り数:0
民主党のアメリカ 共和党のアメリカ

二大政党制を貫いているアメリカの裏側とは?

アメリカの政治は民主党と共和党の「二大政党制」となっており、8年単位で政権交代が起こるケースが多い(場合によっては同じ政権が10年20年続く

kuramaekuramae
8397viewsお気に入り数:0
習近平帝国の暗号 2035

「北の非核化」を巡り米中朝が騙し合いの歴史を繰り広げる背景を理解する最適の書

 2035年までに中国を世界一流国にする。この「2035」という数字こそ、習近平の発する暗号、「習近平コード」である。党大会直前に、軍首脳を

飛立知希飛立知希
3254viewsお気に入り数:0
偽装の被爆国――核を捨てられない日本

米朝首脳会談前に必読の書!「二面性」で道半ばな日本の核廃絶への道

 北朝鮮の「非核化」を巡り、初の米朝首脳会談が調整されている。著者は今年「ねじれる日本の核政策:米国の傘の下での二面性と一貫性」という英字論

飛立知希飛立知希
3315viewsお気に入り数:0
日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ

日本と台湾の強い「絆」

日本と台湾の国交は「日中国交正常化」と同時に断絶してしまったのだが、政治的な国交を超えて、精神的な交流は今もなお続いている。その象徴的な出来

kuramaekuramae
2265viewsお気に入り数:0
日本の統治システムと選挙制度の改革

日本の政治体系の現状と課題

本書は衆議院総選挙をきっかけに選挙制度とは一体何なのか、そして現在起こっている選挙問題のあり方について問いただしている。第1章「議会類型・両

kuramaekuramae
3746viewsお気に入り数:0
人間チャーチルからのメッセージ 不安な豊かさの時代に生きる私たちへ

チャーチルの人物像を理解  人間的な人物に好感

 日本人アーティストの辻一弘氏が米アカデミー賞のメイクアップ&ヘアスタイリング賞を初受賞したことで話題を呼んだ映画「チャーチル ヒトラーから

churchillchurchill
7171viewsお気に入り数:0
世界はすでに破綻しているのか?

世界は破綻するのか?しないのか?

「破綻」というと企業特有のモノなのかと思っている方もいそうだが、実際に日本でも2006年に北海道夕張市が財政破綻をしたことにより、地方自治体

kuramaekuramae
9919viewsお気に入り数:0
ブラジル 跳躍の軌跡 (岩波新書)

BRICsの中で最もホットな国、それはブラジル

ブラジルというと中国やインド以上にホットな所として知られている。というのは、2014年にサッカーワールドカップが行われ。2016年には夏のオ

kuramaekuramae
11323viewsお気に入り数:0
ロシア 語られない戦争 チェチェンゲリラ従軍記 (アスキー新書 71)

メディアでは語られないロシアの戦争

ロシアというと4年前の2月にソチでオリンピックが行われた一方で、同年3月辺りからクリミア独立について欧米諸国と対立していると言う印象も捨てき

kuramaekuramae
10367viewsお気に入り数:0
ユーラシア胎動――ロシア・中国・中央アジア (岩波新書)

広大なユーラシアも揺れ動いている

かつては経済成長、あるいは発展の著しいところと言うと、日本や欧米諸国と言った所が中心だったものの、21世紀に入ると「BRICs」と呼ばれる国

kuramaekuramae
10020viewsお気に入り数:0
したたかな国キューバ―シジョンは揺れても倒れない

カストロ兄弟の政権禅譲のあらましがわかる一冊

キューバでは「カストロ体制」が続いている。2008年に長らく統べていたフィデル・カストロが健康状態の悪化を理由に退任し、新たにフィデルの弟で

kuramaekuramae
570viewsお気に入り数:0
北朝鮮は「悪」じゃない

米朝開戦を回避せよ!今こそ「朝鮮民主主義人民共和国」を見つめなおす時だ。

ー元自衛隊情報幹部が教える、北朝鮮のリアルな現実とはー拉致問題。繰り返される核実験。飛来するミサイル。悪の枢軸にして恐怖の独裁国家。何を考え

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
1309viewsお気に入り数:0
エマニュエル・マクロン フランスが生んだ革命児

彼は「現代のナポレオン」?自著『Revolution』から読み解く、フランス史上最年少大統領の戦略

国立行政学院(ENA)出身の超エリート、25歳年上の恩師と大恋愛の末に結婚、ロスチャイルド銀行で金融修業…異色の経歴を持つ、フランス史上最年

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
1000viewsお気に入り数:0
週刊ダイヤモンド 2017年 8/26 号 [雑誌] (自衛隊 防衛ビジネス 本当の実力)

自衛隊をめぐる不都合な真実

特集記事から、印象に残った箇所を抜粋・要約する。石破茂氏インタビューより・石破氏は防衛庁長官時代(小泉内閣)、「北海道にこんなに戦車が要るの

book beetlebook beetle
782viewsお気に入り数:0
別冊付録・CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2017年 04月号

気鋭のアメリカ通が解き明かす「トランプ大統領誕生の背景」

 特別企画として、町山智浩氏と越智道雄氏の対談が掲載されており、非常に興味深いのでまとめる。 内容は、2016年の大統領選挙についてで、アメ

book beetlebook beetle
1291viewsお気に入り数:0
検証・小池都政

「都民ファースト」は本当か?ポピュリズムの申し子 小池都知事の都政を緊急検証

本書は、東京都議会議員選挙を控え緊急出版された小池都政の検証本だ。東京都知事の小池百合子氏が推進してきた東京五輪関連事業の見直し、築地市場問

飛立知希飛立知希
1472viewsお気に入り数:0