社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

国家と教養 (新潮新書)

教養なき国民が国を滅ぼす

目次第一章教養はなぜ必要なのか「グローバル・スタンダード」の背後にある、「アメリカの意図」を見抜けなかった日本。情報の取捨選択を可能にする「

芽土根土芽土根土
4819viewsお気に入り数:0
タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)

2016年にあったパナマ文書とタックス・ヘイブンの真実

2016年の3月末から4月にかけて世界中で「パナマ文書」が話題となった。その文書を巡ってアメリカ・西欧・日本の富裕層や政治関係者の名前が次々

kuramaekuramae
4845viewsお気に入り数:0
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)

まちづくりの実践者だから伝えられる、地方活性化のあるべき姿。

序章「学生社長ハゲる」著者の活動の原点が述べられている。もともとまちづくりに興味がなかった著者が、あるきっかけで商店街の活性化事業に関わるこ

nora-kuronora-kuro
4075viewsお気に入り数:0
生命保険とのつき合い方 (岩波新書)

付き合い方は生命保険を「知る」ことから

私自身は生命保険に入っていないし、現在それに加入する考えはないのだが、もしものことを考えて生命保険を選ぶとして、どのように付き合っていけば良

kuramaekuramae
3943viewsお気に入り数:0
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路

戦後の日本の課題や矛盾を浮き彫りにし、日本の低迷や没落の陰にひそむ真実を爽快に!認識できる書

序章賢いほどのバカはなし的確な理解か、利益の最大化か/「支配的な認識枠組み」の問題点/二型の賢さが行き着く果て/認識枠組みと経世済民/悪循環

芽土根土芽土根土
4325viewsお気に入り数:0
勲章 知られざる素顔 (岩波新書)

日本にある勲章の定義と変遷とは?

勲章というと毎年4月・11月に発表され、メディアでも取り上げられる。内容としては「●●小受章」や「△△大綬章」というような形がある。今となっ

kuramaekuramae
4987viewsお気に入り数:0
西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム [kindle版]

西洋自らの手で文明文化を自死させていく今の流れが分かる本

英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダ

芽土根土芽土根土
5927viewsお気に入り数:0
日本が世界一「貧しい」国である件について

著者から見た日本の「貧しさ」

本書のタイトルを見るに、経済的には「貧しい」かと言うとそうじゃないのかもしれないが、心的な「貧しい」のであれば、その通りの部分もあるのかもし

kuramaekuramae
6494viewsお気に入り数:0
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~

警視庁元刑事・通訳捜査官として長く外国人犯罪に携わった著者が、危機感とともに書き下ろした渾身の一冊!

日本は国際的な基準に基づくと、既に世界第4位の移民国家。にもかかわらず、インバウンド政策も社会福祉政策も、法律は抜け穴だらけで不正は横行、で

芽土根土芽土根土
6561viewsお気に入り数:0
春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界 (講談社学術文庫) [kindle版]

「四十八手」は、たんなる性戯や体位だけでなく、出逢いから始まる「色恋の物語」でもあった。

最初の浮世絵師と呼ばれ、切手の「見返り美人」の作者で知られている菱川師宣の『恋のむつごと四十八手』を、第1図から第48図まで一手ずつ丁寧に紐

芽土根土芽土根土
8034viewsお気に入り数:0
北海道が危ない! (扶桑社BOOKS) [kindle版]

北の大地、日本の食料倉庫である北海道を蝕む衝撃の実態!

アイヌをルーツとする著者が、現在のアイヌ利権によるアイヌ問題の数々、現在進行形の中国の脅威について述べた一冊。序章 沖縄だけではない、北海道

芽土根土芽土根土
7086viewsお気に入り数:0
[新装版]国難の正体 [kindle版]

目から鱗。マスコミが絶対に報じない世界を操るグローバリズムの正体とは!

グローバリズムの正体、それは、共産主義思想=超金融資本主義=ユダヤの基本的思想であるということを、歴史の事実をひとつづつ踏まえながら理解でき

芽土根土芽土根土
6580viewsお気に入り数:0
「表現の自由」入門

日本国憲法にもある「表現の自由」とは何か?

日本国憲法の第21条にて定められているものとして「表現の自由」がある。その自由はどのようにして担保するのか、そしてその表現の自由はどの範囲で

kuramaekuramae
4909viewsお気に入り数:0
蜷川幸雄の劇世界

名演出家・蜷川幸雄の演劇観とは?

「世界のニナガワ」と呼ばれ、数多くの芸能人を舞台に上げた演出の鬼・蜷川幸雄が2016年の5月に帰らぬ人となった。稽古や本番前のリハーサルなど

kuramaekuramae
889viewsお気に入り数:0
デジタル情報社会の未来 (岩波講座 現代 第9巻)

デジタル情報社会にだんだんとなってきているが、そこにある未来と闇は?

今となってはインターネットも含め様々な電子機械が生まれた。パソコンはもちろんのこと、タブレットなどのガジェットも生まれている。もちろんそれら

kuramaekuramae
1984viewsお気に入り数:0
日本人のここがカッコイイ! (文春新書)

日本人では気づかなかった、日本人の「カッコよさ」

日本人では気づくことのできない日本の良さは存在する。その良さは本書で取り上げるような外国出身で日本に滞在している方々でしかわからない部分もあ

kuramaekuramae
3842viewsお気に入り数:0
生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある

自殺を減らすにはまず「町」から

日本では毎年3万人以上の人が自殺をするという。なぜ自殺数が増えたのかというメカニズムは、「失われた10年」ないし「失われた20年」の時、それ

kuramaekuramae
4406viewsお気に入り数:0
日本の女性議員 どうすれば増えるのか (朝日選書)

女性議員を増やすための道とは

女性の社会進出は今も進んでいる。もちろん国会や都道府県・市町村の議会議員も女性議員が次々と誕生し、女性の首長・国務大臣も誕生してきている。し

kuramaekuramae
6199viewsお気に入り数:0
みんなが欲しかった! 行政書士 合格へのはじめの一歩 2019年度 (みんなが欲しかった! 合格へのはじめの一歩シリーズ)

基礎的法律知識

行政書士試験を受験するに当たっての、一般的な法律知識にフォーカスしたテキストです。

くまくまくまくま
6144viewsお気に入り数:0
20歳からの社会科 日経プレミアシリーズ

「おとな」の社会科授業

社会科の授業と言うと小中学校の授業を連想してしまう。高校以降になると「現代社会」や「日本史」「世界史」など多岐にわたり、「社会科」と言うよう

kuramaekuramae
7223viewsお気に入り数:0