社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

官僚の責任 (PHP新書)

PHP研究所による「官僚の責任」の出版社まとめ

たまたま通りかかると、深夜にもかかわらず煌々と灯りがともる霞が関界隈。「なんだかんだいっても、やっぱり官僚はたいへんだなぁ」——そう感じたこ

PHP研究所PHP研究所
2831viewsお気に入り数:2
ニーチェは見抜いていた ユダヤ・キリスト教「世界支配」のカラクリ

ニーチェと宗教

ニーチェ的宗教論キリスト教徒と社会主義者との共通点……それは、おのれが苦しんでいることの責めを誰かが負うべきであるということである……キリス

maikomaiko
3534viewsお気に入り数:2
絶望の国の幸福な若者たち

現代の若者を不幸だと決めつけるな「絶望の国の幸福な若者たち」

概要世代間格差など、一般的に「現代の若者は不幸」という見方がある。だが、当の20代は、自分たちを幸せと感じる人の割合が過去最高という。若者の

折笠 隆折笠 隆
4817viewsお気に入り数:6
どうする!依存大国ニッポン (ディスカヴァー携書)

世の中が変わらない理由。なぜ若い世代は政治家にだまされるのか?

なぜ政治家は若い世代を無視するのか?有権者に与えられた1票を行使しない以上、政治家にとっては棄権者はこの世に存在しないのと同じで、いない人の

1106.rsks1106.rsks
2279viewsお気に入り数:2
都市への権利 (ちくま学芸文庫)

都市の権利の歴史がわかる本「都市への権利」

がいよう 都市の権利というよりも、権利周辺のイデオロギーがどうやって構築されてきたかをめちゃんこ詳しく見ていく1冊。とくに後半の入り組みよう

BookLetterBookLetter
3048viewsお気に入り数:1
どうして、国を守らなければいけないの? (リュウ・ブックスアステ新書 102)

なぜ歴史教育が大切なのか?国を守るということ

なぜ歴史教育が大切なのか?歴史とは,その国の国民の拠り所となる.輝かしい歴史,英雄たちの活躍,名の無い民の奮闘,素晴らしい発見や発明,世界に

1106.rsks1106.rsks
2175viewsお気に入り数:2
内部被曝の真実 (幻冬舎新書)

科学者として言う。国は徹底した測定、除染を行う責任がある

概要著者は東京大学アイソトープ総合センター長。放射線防護に詳しい。原発事故で南相馬市の除染に携わる。科学者としての責務に基づき、危機の認識徹

折笠 隆折笠 隆
2393viewsお気に入り数:2
民主の敵―政権交代に大義あり (新潮新書)

民主の敵―政権交代に大義ありの書評・感想

はじめに政治家に求められる最低限の3つの資質。私自身、いまだにすべてを備えているとは言えません。落選も経験しましたし、数々の失敗を繰り返して

Orange_100_Orange_100_
2705viewsお気に入り数:1
完全自殺マニュアル

完全自殺マニュアルから11の自殺方法を紹介します。

まえがきこの本には一冊まるごと、自殺の方法だけが細かく細かく書かれている。この本は日本でただ一つの、コトバによる自殺装置だ。キーワードは「延

ThetaCpaThetaCpa
26371viewsお気に入り数:5
幸せなスピリーマン

スピリチュアルな漫画「幸せなスピリーマン」

はじめに著者、はづき虹映は一介のサラリーマンだったが阪神淡路大震災をきっかけにスピリチュアルの世界への道へ進むことになる。15年以上もの間「

mm
2529viewsお気に入り数:2
6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録  角川SSC新書 (角川SSC新書 130)

「6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録」 地元住民のため「手書きの壁新聞」

概要東日本大震災の津波で印刷不能となった、宮城の石巻日日新聞社。自らも被災する中、地元住民のため「手書きの壁新聞」で必死に発行を続けた。前半

折笠 隆折笠 隆
3467viewsお気に入り数:1
知らないと恥をかく世界の大問題2  角川SSC新書 (角川SSC新書)

知らないと恥をかく世界の大問題2の書評・感想

まえがき2011年、チュニジアの革命やエジプトの反政府運動。世界は大きく動いています。日本はどうか。歴史的な政権交代を成し遂げた民主党はその

Orange_100_Orange_100_
2663viewsお気に入り数:2
天皇の「まつりごと」―象徴としての祭祀と公務 (生活人新書)

天皇家の暮らしがわかる本「天皇の「まつりごと」―象徴としての祭祀と公務」

はじめに私たちは普段、天皇家に接する機会はほとんどない。テレビを通して目にすることはあるが、どうも別次元の人たちような気がしてしまう。私たち

kobataku_tkkobataku_tk
2296viewsお気に入り数:3
橋下徹 改革者か壊し屋か―大阪都構想のゆくえ (中公新書ラクレ)

橋下徹 改革者か壊し屋か―大阪都構想のゆくえの書評・感想

「大阪都知事」・橋下が、貧困都市を再生する!?茶髪でジーパンの熱血弁護士。型破りで斬新なアイデアで破綻危機の大阪を再建すべく掲げた「大阪都構

Orange_100_Orange_100_
2702viewsお気に入り数:3
官僚の責任 (PHP新書)

東北大震災から考える官僚の責任

震災復興より政権延命をとった菅政権。千年に一度の大震災を絶好の政権浮揚につなげようと政治主導をアピールしていく。しかし、それをアピールすれば

Orange_100_Orange_100_
2180viewsお気に入り数:1
キング牧師とマルコムX (講談社現代新書)

1960年代アメリカの代表的な黒人指導者「キング牧師とマルコムX」の黒人解放運動の物語

はじめに昨今、「ナショナリズム」が国内で高揚しているように思える。過度に賛成すると排斥的になってしまい、過度に反対すると自国の存在価値を失っ

kobataku_tkkobataku_tk
3220viewsお気に入り数:3
テレビは見てはいけない (PHP新書)

テレビに洗脳されてるかもよ?「テレビは見てはいけない」理由

はじめに日本では、国がテレビ局に営業許可を与えている。少数の巨大テレビ局が日本国民の「世論」を先導・形成している。それってけっこー危ないんじ

kobataku_tkkobataku_tk
8960viewsお気に入り数:3
ヴァギナ 女性器の文化史 (河出文庫)

至極真面目な生殖器の本「ヴァギナ 女性器の文化史」

ヴァギナの民族文化史・バウボの美女:紀元前5世紀、すでにヴァギナは擬人化されていた。・歴史のある時点では、女性の生殖器は、世界とすべての生命

masamiomasamio
30634viewsお気に入り数:7
ミニコミ2.0 ミニ・コミュニケーションとメディアの行方

これからのメディアはどうなるのか?ミニ・コミュニケーション2.0とメディアの行方

全体のまとめ本の区分としては「出版」「放送/空間」「インターネット」「メディア」となっており、それぞれの章で語り手・語り方(対談、インタビュ

whimsical_bonwhimsical_bon
2949viewsお気に入り数:3
禅とはなにか (講談社学術文庫 409)

禅とはなにかの書評・感想

「著者自身の「禅」と出会いも含め、「禅」のありかた、考え方、​実行のしかたが説かれたもの。考え方入門として禅のを探すと、実は意外に苦労する。

romaiyaromaiya
2603viewsお気に入り数:2