社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

ルービン回顧録

ロバート・E・ルービンの思想

政治家とは? いま、あなたの目の前に憧れの人がいるとしよう。その人が好きで好きでたまらない。でも、実際のところ、あなたがその人に何のアプロー

くまくまくまくま
1516viewsお気に入り数:2
遺品整理屋は見た! (扶桑社文庫)

遺品整理屋は見た!の書評・概要

本書の概要 孤独死が社会問題となる昨今、遺品整理を生業とする著者のドキュメンタリーです。孤独死の場合はすぐに発見されないことも多いので、発見

くまくまくまくま
1577viewsお気に入り数:1
徹底抗戦 (集英社文庫)

徹底抗戦の書評・概要

本書の概要 ニッポン放送株の買収の発端から、逮捕・拘留、本人の視点から見た事件の全体像などが語られている。拘置所内の描写は、佐藤優「獄中記」

くまくまくまくま
2000viewsお気に入り数:1
さらば財務省! 政権交代を嗤う官僚たちとの訣別 (講談社プラスアルファ文庫)

さらば財務省! 政権交代を嗤う官僚たちとの訣別の書評・感想

官僚サイドの回顧録 小泉構造改革、そしてその後の安部晋三政権の顛末を比較的に官僚サイドから描いた回顧録と言えるだろう。比較的と書いたのは、著

くまくまくまくま
2183viewsお気に入り数:3
政治家の殺し方

政治家の殺し方。なぜ元横浜市長中田宏はスキャンダルの餌食にされたのか。

概要 いくつものスキャンダル報道がなされた、元横浜市長、中田宏の著作 スキャンダル問題は主に3つあり、それらは裁判になりすべて事実無根との判

Ado NishimuraAdo Nishimura
2726viewsお気に入り数:5
一六世紀文化革命 2

一六世紀文化革命 2の概要

本書の概要 新しく発見された事実をラテン語が取り込まなかったことにより、学術言語として俗語が用いられるようになると、技術者による知識の開放が

くまくまくまくま
1605viewsお気に入り数:1
インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

インテリジェンス 武器なき戦争の書評・概要

本書の概要 外務省のラスプーチン、鈴木宗男衆議院議員の事件で有名になった佐藤優氏との対談集。著者がテレビで口にする、インテリジェンスというも

くまくまくまくま
1777viewsお気に入り数:0
テロリズムの罠 左巻  新自由主義社会の行方 (角川oneテーマ21)

明治維新後の日本

本書の構成 新自由主義をマルクスの視点から分析し、現在の政治情勢の推移する先に待っているかもしれない革命を阻止するという立場でまとめた論考の

くまくまくまくま
2317viewsお気に入り数:2
テロリズムの罠 右巻  忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)

特定派遣労働者の問題

本書の概要 第1部では、ロシア・中国に内在するロジックを解説し、第2部では、資本主義の欠陥を他者の論考を通じて明らかにし、新自由主義に対する

くまくまくまくま
1811viewsお気に入り数:1
日本人は原発とどうつきあうべきか

PHP研究所「日本人は原発とどうつきあうべきか」の出版社まとめ

あの「3・11」から間もなく1年(平成23年12月下旬現在)。この間、マスメディアは連日のように放射能被害の恐ろしさを煽り立ててきたが、放射

PHP研究所PHP研究所
2576viewsお気に入り数:1
メッテルニヒ

保守政治家、メッテルニヒ

本書の構成 オーストリア帝国の外相・宰相を務めたメッテルニヒの様々な出来事における判断を、他者の著作を引用しながら、おおよそ時系列順に紹介し

くまくまくまくま
2030viewsお気に入り数:2
北の後継者キムジョンウン (中公新書ラクレ)

北の後継者キムジョンウンと北朝鮮の将来

概要金正日に請われて、専属料理人として13年間北朝鮮で過ごした著者の語る北朝鮮の将来キムジョンウンは社会的関心が強かった◆十代で国のことを考

books_jp_botbooks_jp_bot
2181viewsお気に入り数:2
金正日と金正恩の正体 (文春新書)

北朝鮮の内幕がわかる本「金正日と金正恩の正体」

概要中国人の学者が解き明かす北朝鮮の内幕金正恩デビューの衝撃・2010年9月28日に行なわれた朝鮮労働党代表者会議において、金正恩が労働党中

books_jp_botbooks_jp_bot
2454viewsお気に入り数:2
金正日の正体 (講談社現代新書)

30年以上北朝鮮について取材し記事を書いてきた著者による金正日総書記に関する話がわかる本「金正日の正体」

概要30年以上北朝鮮について取材し記事を書いてきた著者による金正日総書記に関する話金正日総書記にはダブルがいる・ダブルとは影武者のこと・三人

books_jp_botbooks_jp_bot
2525viewsお気に入り数:2
儒教・仏教・道教 東アジアの思想空間 (講談社選書メチエ)

儒教・仏教・道教 東アジアの思想空間の書評・感想

本書の概要 本書のサブタイトルに言う東アジアとは、主に中国のことである。儒教による統治システムと、それに対するアンチテーゼとしての道教、そし

くまくまくまくま
2449viewsお気に入り数:3
水の世界地図 第2版 刻々と変化する水と世界の問題

水の世界地図 第2版の書評・感想

本書の概要 水の分布やその変動に関する供給サイドの話、生活・食糧生産・工業など需要サイドの話、汚染・生態系など水資源の棄損の話、そして未来に

くまくまくまくま
1785viewsお気に入り数:1
共通番号(国民ID)のすべて

共通番号(国民ID)のすべての書評

第1章 番号制度はなぜこれまで進まなかったのか国民IDの有力候補である「住民票コード」への過去の反対運動(住基ネット反対運動)と論拠、年金問

tombi-aburagetombi-aburage
3640viewsお気に入り数:3
女はなぜキャバクラ嬢になりたいのか? (光文社新書)

女はなぜキャバクラ嬢になりたいのか?キャバクラ嬢になりたい女性が増えた理由

概要最近増加しているキャバクラ嬢になりたい女性が増えた理由を解き明かす人から承認されたい◆女性のなりたい職業人気上位にサービス業 ・人に対す

books_jp_botbooks_jp_bot
9961viewsお気に入り数:5
都市をつくる風景

都市をつくる風景の書評

 「風景は社会・時代的な意義とは切り離して考えるべきだ。」様々な風景論がある中、風景学の第一人者が出した結論はこのようなものだったのではない

daichi kanazashidaichi kanazashi
2158viewsお気に入り数:2
ぼくらが夢見た未来都市 (PHP新書 676)

未来への展望

 この本はタイトル買いだった。珍しく1ページも見ずに購入した。本来なら手に取った段階で気付くべきだった。「ぼくらが夢見“る“未来都市」でない

daichi kanazashidaichi kanazashi
3340viewsお気に入り数:1