社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

「ポシェ」から「余白」へ: 都市居住とアーバニズムの諸相を追って

ポシェの継承、ポシェの描き方

ポシェの継承 一般的に言われる近代化というのは、中世以前の世界との断絶を含むある種の革命に近いイメージがある。産業の発展、人口の増加、もちろ

daichi kanazashidaichi kanazashi
2592viewsお気に入り数:1
環境と空間文化―建築・都市デザインのモチベーション

付け焼刃の「環境」。環境と空間文化の書評

付け焼刃の「環境」 冒頭で、末石冨太郎による「接頭(窃盗)環境学」という、現代の環境思想に対する批判が取り上げられている。今日、「環境生態学

daichi kanazashidaichi kanazashi
2451viewsお気に入り数:2
都市美―都市景観施策の源流とその展開

都市美≒集団美意識。政策としての都市美

都市美≒集団美意識 「私たちが眺める風景は、風景そのもののうちに美が存在しているのではない。風景を眺める主体の側に感得すべき美を認識する規範

daichi kanazashidaichi kanazashi
2703viewsお気に入り数:3
ジェイコブズ対モーゼス: ニューヨーク都市計画をめぐる闘い

戦略家ジェイコブズ、アメリカ大都市の決闘史

戦略家ジェイコブズ ジェイン・ジェイコブズは一介の主婦である、と言われているらしいが、そんな訳がない。権力を持たざる人物であることは間違いな

daichi kanazashidaichi kanazashi
2267viewsお気に入り数:5
都市のイメージ 新装版

都市のバランス、イメージの構造

都市のバランス 都市、あるいはそこに住む人にとっては「分かりやすさ」が不可欠である。1960年、いわゆる近代都市計画が主流であった当時、ケヴ

daichi kanazashidaichi kanazashi
2784viewsお気に入り数:4
公共性 (思考のフロンティア)

公共性の理想とジレンマ

「公共」の概要 公共性というものを深く考えたことが無かった自分にとって、全台増を把握するための導入として非常に分かりやすい本だった。というの

daichi kanazashidaichi kanazashi
2278viewsお気に入り数:2
環境ノイズを読み、風景をつくる。 (建築文化シナジー)

環境ノイズエレメント

イレギュラーの良さ ノイズというのは通常は雑音と訳され、処理対象となる情報以外の不要な情報のことをいう。翻って環境ノイズというのは、現在のあ

daichi kanazashidaichi kanazashi
2421viewsお気に入り数:3
「水」の力、「土」の力 ~足もとからの日本の国力再生と自立論~ (NEXTシリーズ)

小規模水力発電の意義を考える

概要 看板の、学問とビジネスの融合というのは見かけ倒しだったが、小規模水力発電の意義というものを考えさせてくれる上では役に立ちます。 キャッ

くまくまくまくま
1640viewsお気に入り数:1
知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

池上彰氏が、世界情勢のポイントを簡潔に解説! 知らないと恥をかく世界の大問題

概要池上彰氏が、世界情勢のポイントを簡潔に解説する。09年11月初版発行。新しい「世界の勢力地図」◆お金がアメリカから中東、インド、中国方面

折笠 隆折笠 隆
6770viewsお気に入り数:4
徹底抗戦 (集英社文庫)

ライブドア事件でのホリエモンの心中

検察とは検察官が「7対3で争う」と言う時は、10対0で争うと思っていると考えていい。検察は、マスコミを扇動するだけしておいて、国民に詳しい事

hisahisahisahisa
2513viewsお気に入り数:5
日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社プラスアルファ新書)

意外と日本の農業は凄かった!こんなに強い日本農業

about「日本の農業は弱い!!」というレッテルは農水省及び政府が掲げる「食料自給率向上政策」の思想に起因しているらしいです。TPPやらFT

TnkTnk
3118viewsお気に入り数:3
日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか

日本の著作権は厳しい理由。違反への厳罰化を支える論理

本書の論点 著作権は重要な権利だ。作品を消費するに当たっては、正当な対価を支払う必要がある。しかし正当な対価を支払えば、私的複製は消費者の権

くまくまくまくま
5236viewsお気に入り数:2
水の革命―森林・食糧生産・河川・流域圏の統合的管理

水についての日本の本当の課題は何か?

はじめに 啓蒙書というよりは研究書にどちらかというと近い。そういう意味で言うと、いま話題の世界的水問題を扱っていながら、あまり読まれることは

くまくまくまくま
1882viewsお気に入り数:2
それでも、日本人は「戦争」を選んだ

日本人が「戦争」を選んだ理由

どんな本? 日清戦争から始まる50年以上の連続した戦争状態に、なぜ明治維新後の日本は突入してしまったのか。そこに至るまでの国内事情を紹介しな

くまくまくまくま
2415viewsお気に入り数:5
日本の食と農 危機の本質 (シリーズ 日本の〈現代〉)

理想論からだけでは見えない、日本の「農業の真実」とは?

理想論からだけでは見えない、「農業の真実」とは? 親戚に農家の人がたくさんいて小さい頃は手伝いをさせられたりもしたので、農業にはそれなりに意

くまくまくまくま
2305viewsお気に入り数:1
イスラエル人とは何か―ユダヤ人を含む超える真実

宗教を抱えて生きるイスラエルの若者の真実の姿とは?見えてくる日本の真実

宗教を抱えて生きるイスラエルの若者の真実の姿とは? 本書の最後の方にあるイスラエル建国の父の一人の子孫のコメントを引用しよう。「僕らはしょっ

くまくまくまくま
3302viewsお気に入り数:3
原発賠償の行方 (新潮新書)

福島原発問題「原発賠償の行方」

概要弁護士である著者が、感情論を排し法的な視点から原発賠償を考察。法的根拠が不在のままで行われる政策や議論に警鐘を鳴らす。問題としては(1)

折笠 隆折笠 隆
2014viewsお気に入り数:1
考えない練習

仏教の考え方を利用した考えない練習のポイントまとめ

気になる部分座禅をしばらく続けて呼吸といったものを意識するようにしていると、そのうち、自分が普段どれだけ浅い呼吸をしていたかに気づくようにな

maikomaiko
3705viewsお気に入り数:4
私の夢・日本の夢―21世紀の日本 (PHP文庫)

PHP研究所による「私の夢・日本の夢―21世紀の日本」の出版社まとめ

この本について1977年に松下幸之助が提示した壮大な21世紀ビジョンとは?政治、経済、経営から教育、宗教、国土まで、理想の社会像を未来小説風

PHP研究所PHP研究所
2321viewsお気に入り数:1
僕が伝えたかったこと

ホリエモンが夢見たインターネットとテレビの融合の可能性

インターネットとテレビインターネット時代に対応するための、業態変換がテレビに求められているインターネットの特質は、「オンデマンド」。好きなと

hisahisahisahisa
2532viewsお気に入り数:4