社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたこと

福島の原発事故をめぐっての書評・概要

本書の概要 2011年3月11日の福島第一原発の炉心溶融・水素爆発事故を受けて、どうして日本で原子力発電が推進されてきたのか、その歴史的な経

くまくまくまくま
1717viewsお気に入り数:0
限界集落の真実: 過疎の村は消えるか? (ちくま新書)

限界集落とは、都会人が勝手に作り上げた悲哀物語に過ぎない「限界集落の真実」

概要著者は首都大学東京准教授で、地域社会学・環境社会学が専門。消滅予言的イメージが先行しがちな限界集落論に対し疑義を呈示。単なる高齢化問題で

折笠 隆折笠 隆
2711viewsお気に入り数:1
官邸から見た原発事故の真実 これから始まる真の危機 (光文社新書)

原発事故問題、今後の課題は「官邸から見た原発事故の真実」

概要著者は原子力工学の専門家として内閣官房参与に就任し、原発事故対策を担当。その体験を振り返りながら、今後連鎖的に起こりうる原発事故のリスク

折笠 隆折笠 隆
2255viewsお気に入り数:2
バカの理由(わけ) (役立つ初期仏教法話12)

仏教からバカの正体を学ぶ! 「バカの理由」

バカの正体 仏教では、「バカ」を「無智」という。 仏教における「無智」=「一切の生命の本質」  多宗教における「原罪」=「人間に限った問題」

Kchan_Kchan_
2880viewsお気に入り数:2
絶望の国の幸福な若者たち

若者論の系譜。もうやめて!若者論好きのオッサンのライフはもうゼロよ!

若者論の系譜今の若者論の特徴である「世代が共通する若者をひと括りにして語ること」の成立はそんなに古くない。1970年あたり。あと若者論といっ

はにほーはにほー
3398viewsお気に入り数:3
民主主義が一度もなかった国・日本 (幻冬舎新書)

今の日本に保守などない、あるのは右翼だけ。日本に民主主義が一度もなかったという理由

日本の政治論点整理として。やや民主党ヨイショの傾向、外交問題についてのバイアスが気になるが、この部分を切り離して様々な論点整理のための本とし

はにほーはにほー
3434viewsお気に入り数:1
カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)

カーニヴァル化する社会の意味

「明確な動機、目指すべき理念、依拠すべき統一的な物語を欠いたまま生きる私たちの生と未来は、果たして幸福なのか否か?歴史意識を欠いた生が所与の

はにほーはにほー
3892viewsお気に入り数:2
なぜ人は宗教にハマるのか (14歳の世渡り術)

なぜ人は宗教にハマるのかの書評・感想

Facebook上でのやりとりでなぜ人は盲目的にある特定の宗教を信じるのか?という話があり今回ちょうど良い機会だし宗教関連の本でも読んでみよ

Yuki_HinagoYuki_Hinago
3151viewsお気に入り数:4
新装開店「キャバクラ」の心理学―ハマってうれしい魔法の接客術!

なぜ人はキャバクラにはまるのか? キャバクラに学ぶ心理マーケティング

キャバクラの心理学若い女の子を求人雑誌のフロムAで募集するときだって「ホステス募集」より「キャスト募集」のほうが、幅広い層から応募がありそう

hisahisahisahisa
7520viewsお気に入り数:1
[オーディオブックCD] 売れっ娘ホステスの育て方

お笑い芸人の会話術を利用して売れっ子ホステスを育てるヒント

水商売水商売とは、アルコールを売り、店員との会話を楽しませるお店のこと水商売の歴史流れる水のように収入が不安定な商売。そこで「水商売」という

図書 館子図書 館子
2456viewsお気に入り数:1
オタクのことが面白いほどわかる本

オタクの8つの欲求、オタクの歴史

概要「オタクとはどのような人々か?いかに上手に付き合うかこれを読めば、オタクを「変わり者」と思わなくなります。10種類のオタクを概要・歴史・

はにほーはにほー
5514viewsお気に入り数:1
本人 vol.09

よく分からない男、ひろゆきがちょっと理解できる本。本人vol.09よりひろゆきインタビューを紹介!

about松尾スズキが監修するサブカル誌。多彩な才能を持つアーティストのコラムからサブカル界重鎮のコラムまで、幅広く、そして濃い内容が詰まっ

TnkTnk
3137viewsお気に入り数:1
仏教 第2版 (岩波新書)

シャカの実像を明らかにする!仏教 第2版のあらすじ・感想

キーワード シャカの実像を明らかにするあらすじ 宗教に関する多くの著書は、その信者又はその宗教に好意をよせる人によって書かれるため、客観的評

reading_boxreading_box
4744viewsお気に入り数:1
ユリイカ2011年8月号 特集=バンクシーとは誰か? 路上のエピグラム

アートに文脈を混ぜる天才のBanksyを知りたいならば読むべし!ユリイカ2011年8月号

about詩および批評を中心に文学、思想などを広く扱う芸術総合誌「ユリイカ」今月号の特集は「Banksy」「Banksy」とはロンドン発の覆

TnkTnk
2638viewsお気に入り数:0
教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門

かんき出版まとめ!教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門の内容とは?

TPPはアメリカの罠なのか? 円高ドル安はいつまで続くのか? Googleによる情報支配は本当か? アメリカ経済は破綻しないのか?特殊な成り

かんき出版かんき出版
3366viewsお気に入り数:1
教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門

原田武夫による著者まとめ!教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門の内容紹介

この本の特長●外交官時代に北朝鮮担当として超大国アメリカに外交の最前線で対峙してきました。その中で直接体験した「アメリカ」を出発点に、読者の

原田武夫原田武夫
3444viewsお気に入り数:1
憲法ってこういうものだったのか!

外国人の立場から見た日本国憲法

本書の概要 元文部官僚であり「ゆとり教育」推進の槍玉にあげられる寺脇研氏と、在日韓国人である東大教授の姜尚中氏という、憲法に宣誓した人と憲法

くまくまくまくま
2171viewsお気に入り数:1
他人を見下す若者たち (講談社現代新書)

他人を見下す若者たちの書評・概要

本書の概要 実績や他者からの評価に基づかない自身の有能感を「仮想的有能感」と名づけ、これを持つ若者が多くなったから日本社会には色々問題が起き

くまくまくまくま
2675viewsお気に入り数:0
科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている  (宝島社新書)

温暖化CO2犯人説は正しいか?

本書の構成 本書の内容は前半と後半で大きく異なっている。前半では、IPCCや各国政府、環境NGOなどがいう、CO2濃度上昇が気温上昇の主因で

くまくまくまくま
1682viewsお気に入り数:5
派遣のリアル-300万人の悲鳴が聞こえる (宝島社新書)

派遣のピンハネ問題。どうすれば解決するか?

本書の概要 派遣労働者からのインタビューも含め、派遣ビジネスと派遣労働の歴史と現状についての概要。派遣労働者を半ば騙して派遣会社が契約を結ん

くまくまくまくま
2073viewsお気に入り数:1