社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

日本とフランス 「官僚国家」の戦後史 (NHKブックス No.1245)

日本とフランス、「官僚政治」といわれたスタイルの共通点と相違点とは?

常々日本は「官僚国家」ともいわれている。そもそも官僚が生まれたのは山縣有朋が政治の実権を握った時代からそのようになっている。もっともフランス

kuramaekuramae
3805viewsお気に入り数:0
月刊 福祉 2017年 08月号 [雑誌]

重度自閉症者が自立生活を送るために【月刊福祉2019年5月号】

タイトルの通り、月刊福祉2019年5月号を読んだのだが、なぜかAmazonでは2019年の同誌がヒットしない。かわりに2017年8月号の画像

book beetlebook beetle
5017viewsお気に入り数:0
古都税の証言―京都の寺院拝観をめぐる問題

京都と景観と税金と

京都は昔ながらの景観が売りなのだが、その売りが景観問題を引き寄せている要因となっている。その要因が「古都税」になって出てきており、それが京都

kuramaekuramae
7346viewsお気に入り数:0
恐山: 死者のいる場所 (新潮新書)

「生」と「死」の狭間の山・・・それは「恐山」

青森県の下北半島には有名な山がある。その名も「恐山」であり、「イタコ」が礼を呼び寄せる、あるいは死者のいる山であるようなイメージが強くある。

kuramaekuramae
7825viewsお気に入り数:0
乙女の絵画案内  「かわいい」を見つけると名画がもっとわかる (PHP新書)

アイドルの絵画案内

私自身「絵画」はあまり観ないのだが、絵画を観るとうまいというよりも、その絵の中にのめりこんでしまい、絵に込まれている表現やメッセージに溺れる

kuramaekuramae
7018viewsお気に入り数:0
密着 最高裁のしごと――野暮で真摯な事件簿 (岩波新書)

知っているようで知らなかった、裁判所のおしごと

民事・刑事ともに法律的に最終的な判断を下す場として「最高裁判所」がある。その裁判所の裁判官は長官も含め全部で15人いる。その15人は衆議院総

kuramaekuramae
6443viewsお気に入り数:0
国家の品格 (新潮新書)

国民の精神論を問う1冊

書かれている事柄が正しいかは別として、谷崎の陰翳礼賛に通じるこの手のわびさび讃歌、長渕剛的イデオロギーは一部の日本人に人気があると思う。人間

みつかみつか
5326viewsお気に入り数:0
ベビー・ビジネス 生命を売買する新市場の実態 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS)

人間の細胞売買が、とてつもなく大きなビジネスになっている事実

不妊治療の世界では今や車のパーツみたいに、世界的な流通で精子・卵子・胚・出産母体となる子宮・ホルモンなどが売買されて、各国地域の合法のもと商

みつかみつか
4807viewsお気に入り数:0
職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)

NHKスペシャルが追う振り込め詐欺

日本を代表するマスコミが120日間取材した結果がこの程度。金主の存在などの裏組織についての記載はなく、擦った1番名簿の収益性の高さ等にも触れ

みつかみつか
4656viewsお気に入り数:0
自衛隊の転機 政治と軍事の矛盾を問う (NHK出版新書)

自衛隊の取り巻く環境はいかに変わり、そしてこれからどう変わっていくのか?

日本国憲法では戦争放棄の条項があるのだが、あくまで交戦権の放棄だけであり、守るための部隊を設けろという規定はない。もっともGHQも日本国憲法

kuramaekuramae
5177viewsお気に入り数:0
動物たちの3.11 被災地動物支援ドキュメンタリー

あれから8年、あの震災の時、動物たちは・・・

あの日から8年迎えた。当時私は東京で働いていたのだが、その思い出は昨日のことのように覚えている。今日帰ることができるのか、なおかつ明日からい

kuramaekuramae
6559viewsお気に入り数:0
知っている人だけが勝つ 仮想通貨の新ルール (講談社+α新書)

仮想通貨にとどまらないブロックチェーンの可能性と、その現状

2018年5月の発行で、コインチェック事件にも言及がある。勉強になった部分を要約する。◼️コインチェックの人気の理由◼️2017年以降の仮想

book beetlebook beetle
6574viewsお気に入り数:0
産廃Gメンが見た 食品廃棄の裏側

今、話題となっている「食品ロス」の現状と対策

過去に節分にて売れ残った恵方巻が大量に廃棄されるニュースを見たことがある。最もそれに限らず、過剰に生産した野菜を廃棄するといったことは私が北

kuramaekuramae
3340viewsお気に入り数:0
徹底調査 子供の貧困が日本を滅ぼす 社会的損失40兆円の衝撃 (文春新書)

ドキュメンタリー番組でも取り上げられた、知られざる「子どもの貧困」について。

2016年の秋だったか忘れたのだが、NHKのドキュメンタリー番組にて貧困にあえぐ女子高生の姿が話題となった。その話題となった理由として貧困で

kuramaekuramae
3495viewsお気に入り数:0
戦艦武蔵 - 忘れられた巨艦の航跡 (中公新書)

巨艦「武蔵」の盛衰

日本の戦艦には「大和」「榛名」「金剛」など様々な名前が存在する。その中でも最も有名な戦艦の一つとして「武蔵」がある。その武蔵は1種類だけとい

kuramaekuramae
3464viewsお気に入り数:0
若者離れ 電通が考える未来のためのコミュニケーション術

いま、「若者の○○離れ」を考える。

「若者の○○離れ」という言葉が盛んに出てきている。特に出てきているのは「若者の人間離れ」…でなはなく、「車離れ」などが筆頭としてある。その他

kuramaekuramae
3936viewsお気に入り数:0
男はなぜこんなに苦しいのか (朝日新書)

知られざる男の「生きづらさ」

男は苦しい立場に立たされているという。その苦しい立場に立たされている男性はどうしてそうなったのか、そしてどのように脱し、救われる方が良いのか

kuramaekuramae
4793viewsお気に入り数:0
人間チャーチルからのメッセージ 不安な豊かさの時代に生きる私たちへ

偉大な英政治家ウィンストン・チャーチルの人生観や政治観、生き方をエピソードを交えて記す

 経済格差社会の拡大から、これから先の人生が見えないわれわれ日本人。東アジアを取り巻く国際環境の不透明感が増す日本。今こそ、20世紀の偉大な

sislersisler
4558viewsお気に入り数:0
雇用身分社会 (岩波新書)

雇用区分が「身分」となる社会。

雇用形態における「身分」があるのだという。それは一体どのようなものかと考えていくと、最近では「正社員」「契約社員」「派遣」「アルバイト」「パ

kuramaekuramae
4134viewsお気に入り数:0
矛盾社会序説 その「自由」が世界を縛る

矛盾社会序説 その「自由」が世界を縛る

【目次】01「かわいそうランキング」が世界を支配する02男たちを死に追いやるもの03「男性“避"婚化社会」の衝撃04外見の

本鹿 鋤本鹿 鋤
4233viewsお気に入り数:0