社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

習近平守護霊 ウイグル弾圧を語る (OR BOOKS)

人権なき独裁国家の暴挙に、いま、世界が声をあげ始めた

まえがき 全く困った隣人だ。まるで「超人ハルク」のようで、世界を護っているのやら、破壊しているのやらわからない。 安倍自民党は、「長いものに

maedamaeda
3305viewsお気に入り数:0
21世紀の日本最強論 (文春新書)

見方を変えれば日本は「最強」なんです!

日本が最強である理由は色々とある。もちろん様々な角度が存在するのだが、同じように最強の部分もあれば、最弱と呼ばれるような弱点も存在する。本書

kuramaekuramae
3231viewsお気に入り数:0
本気で日本侵略に動き出した中国 2020年に台湾侵攻、そして日本を分断支配 [kindle版]

中共軍のミサイル攻撃の標的にされ、心理戦、法律戦、歴史戦を仕掛けられている日本と台湾

2期目の習近平は、台湾併呑と尖閣強奪、沖縄の日本離反を狙い、さまざまな工作活動を活発化させている。その一方で、「一帯一路」戦略は各国の反発を

芽土根土芽土根土
3452viewsお気に入り数:0
週刊東洋経済 2018年11/3号 [雑誌]

「孤独」という名の死の病・・・年々深刻化する日本の現状

◼️基本データ/一人ぼっちが増加している◼️・全世帯に占める単身世帯の比率は、2015年は34.5%である。2040年には39.3%まで上昇

book beetlebook beetle
3773viewsお気に入り数:0
毛沢東の霊言 ―中国覇権主義、暗黒の原点を探る― (OR BOOKS)

建国と同時にチベット、ウイグルを占領し数千万もの人民を虐殺した男

まえがき共産主義がなぜ間違っているか。それは嫉妬心が集まれば「正義」となり、その「正義」が暴力的手段で支配階級を打ち倒し、結果「全体主義の悪

maedamaeda
4218viewsお気に入り数:0
母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます

今日も傍聴席にいます

殺人に「やむを得ない事情」があっていいのか__?裁判所で取材をする記者が、印象的で強く心に残った裁判の傍聴記録。29の刑事裁判の様子と判決内

キャベツ生活キャベツ生活
4768viewsお気に入り数:0
国家と教養 (新潮新書)

教養なき国民が国を滅ぼす

目次第一章教養はなぜ必要なのか「グローバル・スタンダード」の背後にある、「アメリカの意図」を見抜けなかった日本。情報の取捨選択を可能にする「

芽土根土芽土根土
4586viewsお気に入り数:0
タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)

2016年にあったパナマ文書とタックス・ヘイブンの真実

2016年の3月末から4月にかけて世界中で「パナマ文書」が話題となった。その文書を巡ってアメリカ・西欧・日本の富裕層や政治関係者の名前が次々

kuramaekuramae
4634viewsお気に入り数:0
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)

まちづくりの実践者だから伝えられる、地方活性化のあるべき姿。

序章「学生社長ハゲる」著者の活動の原点が述べられている。もともとまちづくりに興味がなかった著者が、あるきっかけで商店街の活性化事業に関わるこ

nora-kuronora-kuro
3888viewsお気に入り数:0
生命保険とのつき合い方 (岩波新書)

付き合い方は生命保険を「知る」ことから

私自身は生命保険に入っていないし、現在それに加入する考えはないのだが、もしものことを考えて生命保険を選ぶとして、どのように付き合っていけば良

kuramaekuramae
3703viewsお気に入り数:0
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路

戦後の日本の課題や矛盾を浮き彫りにし、日本の低迷や没落の陰にひそむ真実を爽快に!認識できる書

序章賢いほどのバカはなし的確な理解か、利益の最大化か/「支配的な認識枠組み」の問題点/二型の賢さが行き着く果て/認識枠組みと経世済民/悪循環

芽土根土芽土根土
4129viewsお気に入り数:0
勲章 知られざる素顔 (岩波新書)

日本にある勲章の定義と変遷とは?

勲章というと毎年4月・11月に発表され、メディアでも取り上げられる。内容としては「●●小受章」や「△△大綬章」というような形がある。今となっ

kuramaekuramae
4753viewsお気に入り数:0
西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム [kindle版]

西洋自らの手で文明文化を自死させていく今の流れが分かる本

英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダ

芽土根土芽土根土
5720viewsお気に入り数:0
日本が世界一「貧しい」国である件について

著者から見た日本の「貧しさ」

本書のタイトルを見るに、経済的には「貧しい」かと言うとそうじゃないのかもしれないが、心的な「貧しい」のであれば、その通りの部分もあるのかもし

kuramaekuramae
6206viewsお気に入り数:0
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~

警視庁元刑事・通訳捜査官として長く外国人犯罪に携わった著者が、危機感とともに書き下ろした渾身の一冊!

日本は国際的な基準に基づくと、既に世界第4位の移民国家。にもかかわらず、インバウンド政策も社会福祉政策も、法律は抜け穴だらけで不正は横行、で

芽土根土芽土根土
6251viewsお気に入り数:0
春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界 (講談社学術文庫) [kindle版]

「四十八手」は、たんなる性戯や体位だけでなく、出逢いから始まる「色恋の物語」でもあった。

最初の浮世絵師と呼ばれ、切手の「見返り美人」の作者で知られている菱川師宣の『恋のむつごと四十八手』を、第1図から第48図まで一手ずつ丁寧に紐

芽土根土芽土根土
6297viewsお気に入り数:0
北海道が危ない! (扶桑社BOOKS) [kindle版]

北の大地、日本の食料倉庫である北海道を蝕む衝撃の実態!

アイヌをルーツとする著者が、現在のアイヌ利権によるアイヌ問題の数々、現在進行形の中国の脅威について述べた一冊。序章 沖縄だけではない、北海道

芽土根土芽土根土
6683viewsお気に入り数:0
[新装版]国難の正体 [kindle版]

目から鱗。マスコミが絶対に報じない世界を操るグローバリズムの正体とは!

グローバリズムの正体、それは、共産主義思想=超金融資本主義=ユダヤの基本的思想であるということを、歴史の事実をひとつづつ踏まえながら理解でき

芽土根土芽土根土
6369viewsお気に入り数:0
「表現の自由」入門

日本国憲法にもある「表現の自由」とは何か?

日本国憲法の第21条にて定められているものとして「表現の自由」がある。その自由はどのようにして担保するのか、そしてその表現の自由はどの範囲で

kuramaekuramae
4656viewsお気に入り数:0
蜷川幸雄の劇世界

名演出家・蜷川幸雄の演劇観とは?

「世界のニナガワ」と呼ばれ、数多くの芸能人を舞台に上げた演出の鬼・蜷川幸雄が2016年の5月に帰らぬ人となった。稽古や本番前のリハーサルなど

kuramaekuramae
760viewsお気に入り数:0