社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

くらしの活銅学―健康と衛生に不可欠なミラクルミネラル

くらしに「銅」活かすのか?

私たちの生活の中で金属は切っても切れない関係にある。本書は「銅」について取り上げているのだが、例外なく親しまれている。その身近な存在である銅

kuramaekuramae
5862viewsお気に入り数:0
東京スカイツリー論 (光文社新書)

東京スカイツリーを都市から考える。

2012年に竣工し、オープンしたのが押上にある「東京スカイツリー」である。高さ634メートルに及ぶタワーには、観光名所として知られるだけでは

kuramaekuramae
6291viewsお気に入り数:0
「ひきこもり」から子どもを救い出す方法

引きこもりの子たちをいかに脱出させるか

「ひきこもり」が社会問題として取り上げられて久しい。しかし最近「引きこもり」は子どもだけのものだけではなく、青年、さらには中年の引きこもりも

kuramaekuramae
5806viewsお気に入り数:0
郊外はこれからどうなる? - 東京住宅地開発秘話 (中公新書ラクレ)

「郊外」は成長するのか、それとも?

「郊外」はどこにでもあり、数多くの住宅が並んでいる。実際にヘッドタウンとしての「郊外」は人口を確保するために重要な場所としてあるのだが、そも

kuramaekuramae
6163viewsお気に入り数:0
新書532雇用崩壊と社会保障 (平凡社新書)

日本の雇用と社会保障はどうなるのか?

「雇用崩壊」はいつ起こったのかというと、バブル崩壊のイメージが持たれるのだが、本書で取り上げられているのは、「リーマンショック」による雇用崩

kuramaekuramae
6317viewsお気に入り数:0
ジビエを食べれば「害獣」は減るのか―野生動物問題を解くヒント

ジビエは害獣問題の解決へとなり得るのか?

ジビエとは、「狩猟の対象となり,食用とする野生の鳥獣。また,その肉。鶉(うずら)・野兎など。」(「大辞林第三版」より)]とある。狩猟と行って

kuramaekuramae
5679viewsお気に入り数:0
不可能を可能に――点字の世界を駆けぬける (岩波新書)

点字の技術の繁栄は並大抵ではなかった。

デパートや図書館などの建物にはありとあらゆるところに「点字」がある。点字が存在することによって目にハンディを抱える方々が自由に暮らせるような

kuramaekuramae
5662viewsお気に入り数:0
インド 第三の大国へ――〈戦略的自律〉外交の追求

インドは大国となるのか?それとも?

人口で10億人以上もいる国は中国のほかにもう1国ある。それは「インド」。インドはアジアを代表した一国であり、これから大きく成長する可能性を秘

kuramaekuramae
5793viewsお気に入り数:0
連邦国家 ベルギー――繰り返される分裂危機

W杯で戦ったベルギー、その国家事情とは?

ベルギーはヨーロッパの国々の中にある国だが、フランス、イギリス、オランダに挟まれていることから「ヨーロッパの十字路」という名がついている。そ

kuramaekuramae
7140viewsお気に入り数:0
「おっさんレンタル」日記

おっさんの「レンタル」とは?

「おっさんレンタル」とはいったいどのような存在なのか、そして「おっさんレンタル」をやっている中でどのような出会い・別れ・体験を行ってきたのか

kuramaekuramae
6327viewsお気に入り数:0
仮説の検証 科学ジャーナリストの仕事

「科学ジャーナリスト」はどのような仕事か?何を伝えるのか?

私自身、昨年の小保方問題にて「科学ジャーナリズム」とは何なのかを考えるようになった。科学ジャーナリズムといえば、科学における新発見や事件など

kuramaekuramae
6799viewsお気に入り数:0
仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか (中公新書)

なぜ日本は働きづらいのか

日本の出生率は下げ止まりになってはいるものの、高度経済成長期から見たら本書のタイトルにあるような事態になっている。とはいえ日本では世界第3位

kuramaekuramae
7263viewsお気に入り数:0
米朝首脳会談後の世界

米朝首脳会談「6.12」後の世界に通用する視座で闊達な議論を巻き起こす

 本書は「自衛隊を活かす会:21世紀の憲法と防衛を考える会」が2017年12月25日に主催した第15回シンポジウム「北朝鮮の核・ミサイル問題

飛立知希飛立知希
7669viewsお気に入り数:0
ハーフが美人なんて妄想ですから! ! - 困った「純ジャパ」との闘いの日々 (中公新書ラクレ)

日本人が持っている「ハーフ」の幻想とは?

皆さんは「ハーフ」というとどのような印象を持つだろうか。私の場合は、ハーフというとそれぞれの良いところのかいつまんだ「いいとこ取り」の印象を

kuramaekuramae
6973viewsお気に入り数:0
農山村は消滅しない (岩波新書)

一極集中にあっても農山村は生き残り続ける。

「市町村消滅論」という議論がまことしやかに流れてきており、本書でもそのことに対する批判を行っている。もっとも首都が東京に移った後から、東京の

kuramaekuramae
7033viewsお気に入り数:0
2040年の日本 飛躍する日本の豊かさ

決して非現実的ではない。明るく、豊かな日本の未来。

従来の議論をくつがえし、さまざまな提言を行う。これから生まれてくる子ども達が羨ましいような明るく豊かな"日本像&#

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
7466viewsお気に入り数:0
2040年の日本 データでしめす、日本の人口再増加

そう遠くない未来、日本の人口は必ず『増加』する。

国の統計データを分析、日本の人口が再増加することを予測する。これからの21世紀を生きる全ての人へ贈る、明るい未来への道標となる一冊。日本の人

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
7594viewsお気に入り数:0
議会は踊る、されど進む

市議会もウィーン会議の如く踊り、進まず。

「会議は踊る、されど会議は進まず」という言葉がある。この言葉は1814~15年に行われた「ウィーン会議」の状況を表している。本書は議会が騒い

kuramaekuramae
7231viewsお気に入り数:0
嘘と絶望の生命科学 (文春新書 986)

ブラック企業よりも?科学研究の現場とは…

本書が出版されたのは2014年の7月。この時期に起こったものとして「STAP細胞」をめぐる騒動が挙げられる。論文の掲載写真が別の実験から取っ

kuramaekuramae
8280viewsお気に入り数:0
子どもたちの笑顔のためにユニセフと歩んだ50年―日本ユニセフ協会半世紀

日本ユニセフ協会について深く知れる良著でした

設立から、50年目を経た日本ユニセフ協会。日本の「民間による途上国支援」の成長と発展の歴史の縮図ともいえるユニセフの歩みを知ることができます

op933978gig99op933978gig99
7375viewsお気に入り数:0