社会本

社会本のまとめを紹介しています。法律、政治、宗教、文化、社会問題など社会に関する情報や本がわかります。

ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実 [kindle版]

GHQ制作の日本人洗脳番組『眞相箱』(NHKラジオ)の嘘宣伝がひと目でわかる

戦後占領期にGHQ(連合国最高司令部)が日本人に施したWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)という「戦争についての罪悪感

芽土根土芽土根土
1762viewsお気に入り数:1
農業と人間――食と農の未来を考える (岩波現代全書)

日本の農業と「食」の未来とは

日本人は農耕民族であるがゆえに農業は最も重要視されるべきなのかもしれない。しかしながら現在は工業が中心となり、農業の規模はだんだんと右肩下が

kuramaekuramae
2190viewsお気に入り数:0
18歳選挙権ガイドブック

18歳で選挙権を持つことになったら・・・

2016年の7月に参議院選挙にて18歳以上に選挙権が与えられ、なおかつ実際に18歳・19歳も投票が行われた。その選挙権の引き下げにはどのよう

kuramaekuramae
4596viewsお気に入り数:0
専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書)

女性の社会進出の今、なぜ専業主婦志向か?

以前若者に対するアンケートの記事を読んだことがあるのだが、その中でも将来なりたいものについて最も多かったのが「専業主婦」だった。しかし、実際

kuramaekuramae
6777viewsお気に入り数:0
23区格差 (中公新書ラクレ 542)

東京23区にあるさまざまな「格差」とは?

東京の中心部には23区がある。その23区には「格差」が存在するという。その存在する格差にはどのようなものがあるのか、要因と対策とはどのような

kuramaekuramae
6619viewsお気に入り数:0
地平線に  ―日中戦争の現実―

ほんとうの日中戦争がいま語られる。

作品内容戦争によって青春を犠牲にされた青年少尉の慟哭の物語。この戦争は一体なんだったのだろうか。戦争に翻弄され、砕け散った人々の叫びが、今こ

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
5436viewsお気に入り数:0
税金を払わない巨大企業 (文春新書)

税金を支払わなければならない世界で、支払わない企業もある。

本書のタイトルにもあるように日本有数と言われている巨大企業は税金を払っていないのか、その真相について迫っている一冊である。第1章「大企業は国

kuramaekuramae
5956viewsお気に入り数:0
自殺会議

自殺会議

生きてることに意味はないかもしれないけど、あなたが生きているだけで意味が生まれるのです。ろくでもない世間に目を向けるより、この本に目を向けて

syuyansyuyan
6539viewsお気に入り数:0
銀座にはなぜ超高層ビルがないのか: まちがつくった地域のルール (平凡社新書)

言われてみれば「なるほど」と思ってしまう、銀座の不思議なルール

本書のタイトルを見て、ふと「そうだ」と思ってしまった。銀座には数え切れないくらいいったことはあるのだが、高層ビルはあれど、30階以上にもなる

kuramaekuramae
6562viewsお気に入り数:0
ホモ・デウス 上下合本版 テクノロジーとサピエンスの未来 [kindle版]

テクノロジーの発展が人に何をもたらすのか

 本書は単なる未来の予測本ではない。現代まで何故サピエンスである人間が発展してきたのか、歴史等を通して考察されており、そこから人は今後どうな

ils.t.nils.t.n
5093viewsお気に入り数:0
インド児童労働の地をゆく (アジアを見る眼 112)

インドの児童労働の現状とは?

元々日本には「丁稚奉公」という概念があった。そもそも「丁稚」とは、「商家に年季奉公する幼少の者を指す言葉。職人のもとでは弟子、子弟とも呼ばれ

kuramaekuramae
5074viewsお気に入り数:0
売国官僚 (青林堂ビジュアル) [kindle版]

マスコミと結託し、日本国民を欺く売国官僚の活動と、その仲間たち!

著者がツイッターや雑誌などで書いた情報を書籍化したもので、情報資料ソースURL付き。テレビやニュースでは絶対に報じられない官僚達の売国活動の

芽土根土芽土根土
3181viewsお気に入り数:0
習近平守護霊 ウイグル弾圧を語る (OR BOOKS)

人権なき独裁国家の暴挙に、いま、世界が声をあげ始めた

まえがき 全く困った隣人だ。まるで「超人ハルク」のようで、世界を護っているのやら、破壊しているのやらわからない。 安倍自民党は、「長いものに

maedamaeda
3252viewsお気に入り数:0
21世紀の日本最強論 (文春新書)

見方を変えれば日本は「最強」なんです!

日本が最強である理由は色々とある。もちろん様々な角度が存在するのだが、同じように最強の部分もあれば、最弱と呼ばれるような弱点も存在する。本書

kuramaekuramae
3189viewsお気に入り数:0
本気で日本侵略に動き出した中国 2020年に台湾侵攻、そして日本を分断支配 [kindle版]

中共軍のミサイル攻撃の標的にされ、心理戦、法律戦、歴史戦を仕掛けられている日本と台湾

2期目の習近平は、台湾併呑と尖閣強奪、沖縄の日本離反を狙い、さまざまな工作活動を活発化させている。その一方で、「一帯一路」戦略は各国の反発を

芽土根土芽土根土
3391viewsお気に入り数:0
週刊東洋経済 2018年11/3号 [雑誌]

「孤独」という名の死の病・・・年々深刻化する日本の現状

◼️基本データ/一人ぼっちが増加している◼️・全世帯に占める単身世帯の比率は、2015年は34.5%である。2040年には39.3%まで上昇

book beetlebook beetle
3725viewsお気に入り数:0
毛沢東の霊言 ―中国覇権主義、暗黒の原点を探る― (OR BOOKS)

建国と同時にチベット、ウイグルを占領し数千万もの人民を虐殺した男

まえがき共産主義がなぜ間違っているか。それは嫉妬心が集まれば「正義」となり、その「正義」が暴力的手段で支配階級を打ち倒し、結果「全体主義の悪

maedamaeda
4152viewsお気に入り数:0
母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます

今日も傍聴席にいます

殺人に「やむを得ない事情」があっていいのか__?裁判所で取材をする記者が、印象的で強く心に残った裁判の傍聴記録。29の刑事裁判の様子と判決内

キャベツ生活キャベツ生活
4736viewsお気に入り数:0
国家と教養 (新潮新書)

教養なき国民が国を滅ぼす

目次第一章教養はなぜ必要なのか「グローバル・スタンダード」の背後にある、「アメリカの意図」を見抜けなかった日本。情報の取捨選択を可能にする「

芽土根土芽土根土
4549viewsお気に入り数:0
タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)

2016年にあったパナマ文書とタックス・ヘイブンの真実

2016年の3月末から4月にかけて世界中で「パナマ文書」が話題となった。その文書を巡ってアメリカ・西欧・日本の富裕層や政治関係者の名前が次々

kuramaekuramae
4600viewsお気に入り数:0