家族本

家族本のまとめを紹介しています。育児、夫婦、介護、妊娠など家族に役立つ情報や本がわかります。

息子が人を殺しました 加害者家族の真実 (幻冬舎新書) [kindle版]

犯罪者と家族は別物だが,家族のみが果たしうる社会的責任もある

その時家族は家族に情報は入らない 家族が警察から任意同行を求められ,帰ってこない場合もあるが 多くは,報道により初めて夫や息子の逮捕を知る 

カタカナカタカナ
5062viewsお気に入り数:0
毒親の棄て方: 娘のための自信回復マニュアル

それを愛とはよべない

結びの章 ついに、いい母親と絆を作るいい母親を観察して学ぶ 適切な愛情を与えられずに育った娘の多くは、自分が子どもを持ったら、絶対になるまい

トモコトモコ
109662viewsお気に入り数:0
子ども ポケット音楽事典 楽器

ポケットサイズ

ポケットサイズの楽器図鑑で、一般的な楽器についての図と解説が書いてあります。なぜポケットサイズなのかはよくわかりません。

くまくまくまくま
5577viewsお気に入り数:0
キラキラ☆おうちスタディドリル 小学英語 アルファベット・ローマ字・英単語

きらきら装丁

きらきらの装丁で見ただけで女の子の興味を引きそうなデザインになっています。まずは興味を持つことが重要なのだと思います。

くまくまくまくま
4780viewsお気に入り数:0
4~6歳 アルファベット ABC (学研の幼児ワーク)

手に取りやすい

大判で手に取りやすく、興味をもって進められる様な構成になっていると思います。

くまくまくまくま
4238viewsお気に入り数:0
5歳 ちえ (学研の幼児ワーク)

手に取りやすい

大判で手に取りやすく、興味をもって進められる様な構成になっていると思います。

くまくまくまくま
4169viewsお気に入り数:0
6歳 ハイレベル ちえ 新装版 (学研の幼児ワーク)

手に取りやすい

大判で手に取りやすく、興味をもって進められる様な構成になっていると思います。

くまくまくまくま
4128viewsお気に入り数:0
4歳 ひらがな (学研の幼児ワーク)

手に取りやすい

大判で手に取りやすく、興味をもって進められる様な構成になっていると思います。

くまくまくまくま
3783viewsお気に入り数:0
2歳 もじ かず ちえ (学研の幼児ワーク)

手に取りやすい

大判で手に取りやすく、興味をもって進められる様な構成になっていると思います。

くまくまくまくま
3792viewsお気に入り数:0
3歳 ちえ (学研の幼児ワーク)

楽しみながら

楽しみながら、飽きないように手先を使う作業などを取り込んだドリルだと思います。

くまくまくまくま
3418viewsお気に入り数:0
胎児のときから歩む一生 (幻冬舎ルネッサンス新書)

感受性豊かな子に育ってくれますようにと願うママのための人生論。

子どものためを想うなら胎児のときから育てませんか?一生を八期に分け、それぞれの要点を捉えて考えていく。親が学ぶべき子供と自分自身のための人生

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
8605viewsお気に入り数:0
母を許せない娘、娘を愛せない母―――奪われていた人生を取り戻すために

「私らしく生きる」自立を身につける

第一章 それでも愛されたい娘たち娘は「どうして?」と母に問い続ける[ケース1]娘のすべてを否定する母との決別・罰としてご飯を作ってくれない母

トモコトモコ
2321viewsお気に入り数:0
こどもめいさくげきじょう~世界のおはなし21話~ (学研のにんぎょうげきえほん)

懐かしの人形劇シリーズ

世界名作童話を人形劇にした、懐かしの学研映画を8話(123分)収録したDVD付きの絵本です。現代では見ることがない様式だと思うので、子供より

くまくまくまくま
5232viewsお気に入り数:0
大人に刺さる幼稚園・保育園児の名言

「ママ、一生分の幸せを使っちゃってるよ」と言ったら、「でも幸せは まだまだこれからだよ」

この本で一番大事なこと 「愛ってなぁに」 ある結婚式で神父の誓いの言葉を受けて、子どもが親に向かって投げかけた言葉です。会場が笑いに包まれ、

トモコトモコ
3773viewsお気に入り数:0
私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活

レビー小体型認知症の人が見る世界とは

本書は51歳でレビー小体型認知症と診断された著者が、その体験について綴った、世界でも類い稀な手記です。レビー小体型認知症はアルツハイマー型認

こころとまなぶこころとまなぶ
4697viewsお気に入り数:0
自閉症と感覚過敏―特有な世界はなぜ生まれ、どう支援すべきか?

自閉症、ADHD、学習障害とは何か、その理解を感覚過敏という視点から一新しようとする画期的な書

書名の通り、自閉症と感覚過敏についての本でした。感覚過敏をテーマにした類書はいくつかありますが、これらは問題を感覚にしぼり、理解を深め、対処

こころとまなぶこころとまなぶ
6552viewsお気に入り数:0
大人の背中 大人が変われば子供も変わる

親の背中を見せることこそ「子育て」の真髄

「親の背中を見て子は育つ」と言うことわざがある。これは、「子供は、親のやっていることを見て、それがあたりまえのことと思って、自分の常識にして

kuramaekuramae
5879viewsお気に入り数:0
発達障害の子の立ち直り力「レジリエンス」を育てる本 (健康ライブラリー)

落ち込んでもまた立ち直る力「レジリエンス」を育てるために親ができること

落ち込んでもまた立ち直る力「レジリエンス」を育てるために親ができることをまとめた本です。*レジリエンスの定義はさまざま。立ち直る力、心の回復

こころとまなぶこころとまなぶ
6196viewsお気に入り数:0
マンガでわかる 魔法のほめ方 PT: 叱らずに子どもを変える最強メソッド (単行本)

こどもを叱る?褒める?あなたはどちらに時間を多くかけていますか?

もともとは注意欠如多動症(ADHD)がある子どもを持つ保護者のためのプログラムであるペアレントトレーニング(以下、PT)ですが、本書はそれを

こころとまなぶこころとまなぶ
6213viewsお気に入り数:0
合い言葉は「明るい不登校生」 [kindle版]

自分を危険なことから守るために学校から離れると決断できる子供を育てたと、お母さんは褒められるべき!

この本で一番大事なこと突然、ある朝、子供が布団の中から出てこない。「おなかが痛い」「頭が痛い」そりゃ風邪か腹痛か??熱はないし、でも病院に連

トモコトモコ
7642viewsお気に入り数:1