芸術・アート本

芸術・アート本のまとめを紹介しています。芸術やアートに関する情報や本がわかります。

ヴィスコンティ家のタロット

タロットはいかにして誕生したのか、その真髄に迫る。

1400年代イタリアの時代背景、流行、そして西洋絵画…それらを手がかりにタロットの歴史を紐解いた先に見えてくる、600年もの時を越えた「思想

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
956viewsお気に入り数:0
SEASCAPES

普遍的でありながらも独特

水平線の写真が並んでいる.日の出や日没などのドラマティックな構図はない.まるというかたちはもちろん,面や線といった概念も未形成な漠とした風景

slainteslainte
225viewsお気に入り数:0
神のくちづけ

神のくちずけ THE kiss of god

合田和厚待望の新詩集人は何故恋をするのか?長い時間をかけて逢いに来た貴方に今、風が動き出すその一瞬と出会う幸福をPROLOGUE夢とまどろみ

白い恋人白い恋人
813viewsお気に入り数:0
今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社知恵の森文庫)

類まれな文章力で自論にぐいぐいと引き込むちから強さの妙

「だれでも、子どものときには、人生ってもっとすばらしいものだと思っている。大きくなったら、と夢想していた。にもかかわらず─毎日毎日の生き方が

slainteslainte
397viewsお気に入り数:0
サロメ (岩波文庫)

銀の皿の上のヨカナーンの首に、くちづけをするのはサロメ。

時は西暦30年頃、舞台はイェルサレムのエロデ王の宮殿。サロメは王妃エロディアスの娘で、王エロデは義父にあたる。エロデは、サロメの実の父でもあ

rihitorihito
832viewsお気に入り数:0
誰でもデザイン レイアウト・デザインのアイデア集

デザイン関係を目指す人へ

第1章 グリッド雑誌のレイアウト第2章 デザイン要素ロゴのデザイン書体の種類ノンブルのデザイン見出しのデザイン本文のデザインフォント第3章 

h94jksja09h94jksja09
639viewsお気に入り数:0
ON BOOKS(144) ヴォーカルの学び方

音の世界の感覚を身につける。

聴いておきたいヴォーカリスト一流のヴォーカリスト1.スタンダードナンバーの王様ナット・キング・コール、フランク・シナトラ2.オリジナルナンバ

rihitorihito
1203viewsお気に入り数:0
いのちより大切なもの (Forest books)

口筆で描く世界的画/詩家のたどり着いた「いのちが自分を生かしてくれている」という境地

 本書は、群馬県名誉県民で画家/詞家の星野富弘氏が2011年3月11日に起きた東日本大震災後に出版した画/詩集である。 著者は1970年群馬

飛立知希飛立知希
1251viewsお気に入り数:0
アートにとって価値とは何か

ギャラリストから見たアートの価値。

アートにとって価値とは何か?アートにとっての価値。それはきっと立場によって違うでしょう。作家、キュレーター、コレクター、ギャラリスト、観客。

国中千鶴国中千鶴
1854viewsお気に入り数:0
大野龍太郎の魚拓美―色彩美術画集

デッサンでも写真でもない 魚の生を写し取る情熱“魚拓”の美世界

◎魚拓って?魚拓とは、簡単に言うと手型の魚バージョンである。本物の魚に墨を付けて、紙に捺す。よく釣り具屋さんに飾ってあるあの魚型の版が、記録

なるやま君なるやま君
1580viewsお気に入り数:0
美しきエビとカニの世界 杉浦千里博物画図鑑

「日本一美しい図鑑」 まるで写真集、精密画家の描き出すエビとカニの美しさ

◎見惚れる図鑑細部まで緻密に描き込んだ絵を、細密画という。写真と見まごう程のリアリティと、鮮やかで完成された色合いは見る者を魅了する。そんな

なるやま君なるやま君
1568viewsお気に入り数:0
ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ

音楽の”聞かれ方”はどう変わったのか『ソーシャル化する音楽』(青土社、2013/2/25発行)

円堂都司昭(えんどうとしあき)1963年生まれ。文芸・音楽評論家。1999年、「シングル・ルームとテーマパーク-綾辻行人『館』論」で第6回創

ふりこふりこ
2075viewsお気に入り数:0
神のみる夢 (合田和厚著作集)

合田和厚 神のみる夢 

合田和厚 神のみる夢内容合田氏による、透明感のある詩集。 

infoinfo
6855viewsお気に入り数:0
華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

横浜トリエンナーレ2014の関連本。

1950年代に書かれた未来像本を所持することが禁止された未来。本を燃やすことを仕事とする昇火士(ファイアマン)が主人公です。彼の妻は、いつも

国中千鶴国中千鶴
1465viewsお気に入り数:0
蒐集物語 (中公文庫)

民芸館に所蔵されている民芸品にまつわるエピソード。

物を正しく選んで、正しく買う。柳宗悦のエッセイです。収集したものについての経緯、そしてコレクションを形成するとはどういうことか、を書いている

国中千鶴国中千鶴
1347viewsお気に入り数:0
西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)

文字が読めない人がいる時代には、絵画が最大のメディア

絵というメディア絵にはメッセージが込められている絵にこめられたメッセージを読みとってはじめて、私たちはその絵が描かれた当時の人々の考え方を理

violetReadervioletReader
18364viewsお気に入り数:0
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)

美術の良し悪しのために、まず知っておきたいこと。

美術の良し悪しのために、まず知っておきたいこと。美は「好き」「嫌い」に近いもの。人が本能的に「美しい」と感じるような「絶対的な美」の存在が確

violetReadervioletReader
21242viewsお気に入り数:1
チームラボって、何者? [DVD付]

アートだけど、日本が世界の中で再び競争力を取り戻すためのヒントがここにある

最近メディアにこぞって取り上げられ、その特徴的な口調とキャラクターから本質とはズレた認識をされやすい猪子氏。その猪子氏が代表を務めるチームラ

hisato.nhisato.n
3205viewsお気に入り数:0
ジヴェルニーの食卓

今すぐ、美術館へgo!

美しい墓「芸術に多少なりとも理解のある家政婦」を探していた「マグノリアのマダム」。不幸にも両親を亡くして、孤児院育ちの「マリア」は美術学校を

kaerumamakaerumama
2891viewsお気に入り数:0
芸術起業論

芸術起業論。全ての人は起業家である。芸術には、世界基準の戦略が必要である。光を見る瞬間をどう作るか。

芸術起業論作品をヒットさせるには歴史に残るのは、革命を起こした作品だけ。アレンジメントでは生き残ることはできない。追従者は小銭を稼ぐことはで

violetReadervioletReader
25773viewsお気に入り数:0